« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

電車男(^o^)最終回に萌え~♪

 電車男、とうとう終わりましたね~♪ 原作とは結構異なる部分が多かったけど、ポイントとなる部分は最終回も同じでしたね。 大人のキスまでいくとは思わなかったですが・・・。

 放送当日は仕事が忙しくて、途中から観ました。 告白シーンからだったと思います。 

 最初からみたのは翌日の祝日で、10話とセットで観ました。

 賛否両論あると思いますけど、僕はとてもハマリました。 2度3度と観ていくほど感動しました。 大概は、「ごくセン」のときみたいに、1回見て感動して、2度目は観ないってのが多かったんですが、このドラマはもう何回も観なおしました。 その度に涙が出てきます。 こんなのは、ドラマでは「101回目のプロポーズ」以来じゃないかなぁ~♪

 感動した場面は全部で3箇所ありました。

 1つ目は、エルメスが掲示板を読んでいるシーン。 電車男の想いがどんどん彼女の心に入っていって、最後に涙してしまうところがすごく印象的でした。 本当の意味で二人の心が結ばれたシーンです。

 2つ目は告白のシーン。 電車が上手く告白できず、エルメスがサポートして告白に導こうとしているのが、僕にはすごく心地よかったです。 お互い好きあっていたら、一方通行の告白ではなく、相手の導く姿があるのはかえって自然に思えました♪

 3つ目は1000レスのシーン。 1000レスに近づくにつれ、別れの寂しさがどんどんつたわってきて、車掌さんが、「電車、発車しま~す!」と言って、ホイッスルを鳴らすシーンは心打たれました。 僕は全体的にこの車掌さんと、カップルさんが好きでしたね。 阪神ファンも含めて、ポイントポイントでアクセントになっているんですよ。 

 当分はこの「電車男」を録画したDVDですごせそうです♪ 映画版の電車男も見てみたいなァ~♪

 レンタルショップに行ってみようかなぁ~♪ 

sto11_p_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

野球について語ろうよ

 星野SDの阪神残留が決まり、巨人の監督候補に江川氏の名前が上がるなか、僕の今一番の野球に関する関心事は、野球界が今のままのシステムでいいのかどうかです。

 セリーグ146試合、パリーグ136試合と、試合数が10も違うのには納得がいかないし、交流戦のやり方と時期、プレーオフのやり方にも疑問があります。

 いまのまま、セ6パ6でいくのなら、公式試合数は136ぐらいで同じにして、双方にプレーオフを行うべきです。 もっとも行く行くはセでもプレーオフをするそうですが、パのように上位3チームの争いにするのは反対です。 受け皿が広すぎます。 上位2チームで決着すべきです。 

 交流戦の試合数はいまのまま36試合でいいと思いますが、一時期にやるのはもったいないです。 春と秋に半分ずつ分けるべきです。 

 あと、もしセパにこだわらないのなら、アメリカ式に4チーム1リーグ制にして、3リーグ作って、各一位のチームとワイルドカード1チームの計4チームで日本一を決めたらどうでしょう。 公式戦のやり方やDH制といった問題はあるでしょうが、面白いとはおもいますよ。(^(エ)^)

 どんな形にするにしてもファンのことを考えた内容にしてほしいですね。

 清原選手はどこのチームでもいい、と言っているようですが、私の応援する楽天イーグルスにはあまり来てほしくないですね。 なんか足を引っ張られそうな気がします。

 ドラフトの事をいえば、辻内投手平田選手、楽天に来ないかなァ~♪ 彼らなら1年目で一軍昇格もありうると思いますよ♪ 是非、田尾監督を喜ばしてほしいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院選挙の行方は??(゜_。)?

 今日は衆議院選挙ですね。 皆さんはどの党と誰に入れるのか決めたんでしょうか?

 僕は今回の選挙は、郵政法案の賛否でなんらかの理由で反対票を投じた人達を、小泉さんが勝手に敵だとみなして、自分の味方を増やそうと画策しただけの選挙にしか見えません。

 反対者のなかには、小泉さんが決めようとしている郵政民営化の決議案が、郵政官僚寄りで、全然改革になっていないとして、再度の修正を望んで反対した人も少なからずいたと思います。  まだ煮詰めるには早いと・・・。

 でも、小泉さんは自分に反対したというだけで造反組と見なして、党の公認まで認めませんでした。 本人の考えを無視してね。

 まるでスターリンのようだけど、選挙演説で言っていることは、他の党と比較しても、一番筋の通った事を言っているとおもいます。 国民の税金を増やす前に、民営化できるものはして、できるだけ国民に負担がいかないようにしよう、というのは、とてもありがたいし、郵政事業27万人は確かに多すぎます。 地方の問題があるけれど、地方の郵政事業は、自治体でカバーするか、住民の助け合いしかないんじゃないですか? 借金は増やすためにあるんじゃないんですから。

 民主党も共産党も、結局は消費税アップって事になるような話の内容に聞こえます。

 唯一、観点が違うけど、綿貫さんに対しては好感が持てます。 あの人はもともとは民営化に反対じゃなかったはずだし、今もそうだと思うんです。 ただ、時期尚早だと・・・。 もう少し内容を煮詰めてほしいと。

 だから、僕は誰に投票するかはまだ決めていないけど、政党は国民新党に投票します。 亀井さんは嫌いだけど、綿貫さんは好きですから。 

 自民優位だとは思いますが、本当に国民のことを考えてくれている人は当選してほしいです。( ^_^)_∀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

電車男(^o^)9話目に・・・

 僕は、最近までほとんどドラマは観なくて、もっぱら昔録画した名作アニメをDVDにダビング編集したり、バラエティを観たりで、はっきり言って関心がありませんでした。

 ドラマに熱中していたのは「101回目のプロポーズ」の頃だから、随分経っています。

 それが、ちょっと前にやっていた仲間由紀恵の「ごくセン」に少し惹かれて、今回の「電車男sto1_p_02では完全にはまっちゃって、何度もDVDに録ったものを見直している有り様です。

 なにがいいかって、初恋の頃抱いていた気持ち・・・、あの身体が震えて、言葉もうまく伝えられない、そういう感じが、このドラマにはあって、あの頃の自分を思い出させてくれるんですよね。

 ドラマそのものは現実の話(2チャンネルの「独身男の毒づくスレ」の書き込み)に基づいて、脚色したもので、コメディーとして仕上げてあるけれど、時々しんみりとするシーンもあって、最後の15分間の持っていき方がとてもいいんです。

 9話目でとうとう、エルメスさんにネットに掲示していたことがバレてしまいましたね。 雑誌の予告では、この後、二人は完全に切れてしまって、ネットの住人達が何とかして助けようと頑張るんだそうです。

 誰がどんな風にかかわってくるのか、いまからとても楽しみです。

 またラストはどうなるのか。 原作のように、電車男がネット上でエルメスさんを紹介して、エルメスさんとネットの住人達とでレスしあって終わるのか? それとももっとドラマチックな結末が待っているのか? 9月22日までとても待ち遠しいです。

 個人的にはハッピーエンドであってほしいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »