« おふくろの入院・・・ (;ヘ;) | トップページ | TV主題歌、挿入歌・・・ »

2005年11月 6日 (日)

どんな夢をよく見ますか?

 皆さんはどんな夢をよく見ますか?   恋人の夢ですか? 家族の夢ですか?

 最近のことの夢ですか、過去のことの夢ですか?  それは楽しい夢ですか、辛い夢ですか?

 最近、あまり見なくなったけど、いままで幾度と無く見た夢の話をします。

 僕の見る夢は、愛とか恋とかではなく、家族の事でもなく、ただ昔あった、あるワンシーンなんです。

 それは取り留めの無い、ごくごくありふれた日々の光景と言うか、毎日、当たり前のようにやってきた事で、別に印象的なシーンがあるわけでもなく、誰かが登場するわけでもありません。

 それは、もう30年以上も前の風景です。 僕が小学生の頃の家の事です。

 当時の我が家は2階建ての木造で、親父が大工の親方だったせいか、一階は作業場になっていて、僕等家族は2階で寝泊りしていました。  1階の作業場を出た北側には台所、南側には風呂と便所がありました。  台所はマキで釜の飯を炊いていたせいもあって、天井はすす汚れていて、家に隣接した場所にあったせいで、場末の大衆食堂みたいに、床はコンクリートでテーブルは6人用だけど2人分のスペースがとれなくて、食器棚に接してあったので、いつも4人しかすわれませんでした。  釜に隣接している炊事場の横には引き戸があって、人一人通れる程度のスペースに、おばあちゃんのたくあんの入ったぬかのつぼがあったり、野菜が雑然と置かれていました。  お風呂は便所と並んでいて、引き戸を開けるとちょっとした脱衣場があって、その横に木の風呂があって、脱衣場にマキをくべる所があって、そこで風呂を沸かしていました。  便所は俗に言うぼっちゃん式で、便器の近くは常に臭ってましたね。  とにかくお風呂も便所にいくにも、一度、外へ出なければならなかったんです。

 僕が見る夢はこうです。  夜中にトイレに行きたくなって、布団をはいで北隅にある階段へ向かって歩いていくと、扉があって、それを開けると階段があります。  階段の下の方は真っ黒で何も見えません。  とても恐いんだけど勇気を出して、そこを半分ほど降りると蛍光灯があって、紐のように垂れ下がっているコードの先っぽにスイッチがついていて、僕はそれに手を伸ばして、スイッチを押します。  すると、明るくなって、1階の作業場が現れ、そのまま階段を下りると、雑然と靴が並んでいて、自分のサンダルを履いて、外に出るために、シンデレラに出てきそうな大きな鏡の横にあるガラスのドアを開けて外にでます。 外は星がきらめいていて、そのうちUFOが降りてくるんじゃないか、とドキドキしながら、そそくさとトイレに向かって走っていきます。  便所の辺りは本当に暗くて、お化けがでるんじゃないかといつもドキドキしていました。  ブロック塀とトイレの壁の間の狭い通路をくぐると小便器があって、大の方の引き戸が何時か開いて、お化けがいるんじゃないかとハラハラしながら用を足していました。 そして一目散で二階の寝室へ戻っていくんです。

 なんの変哲もない、これだけの事なんだけど、もう数え切れないほど、夢に現れています。

 今の家は、僕が大学に通うため、親戚の家に下宿していた頃にほとんど改築されたので、あの頃の面影はほとんどありません。 唯一、僕と祖母が使っていた寝室がそのままなんですが、寝室は、今は二人の娘の勉強部屋になり、地震のせいでもう開かなくなった窓だけが時の流れを感じさせてくれます。

 もう今は無い風景、それは思い出の中のほんの一部なんだけど、 その取り留めの無い日常が夢となって現れるのは、 それがあの頃の自分を感じさせてくれるからでしょうか?

|

« おふくろの入院・・・ (;ヘ;) | トップページ | TV主題歌、挿入歌・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/6922893

この記事へのトラックバック一覧です: どんな夢をよく見ますか?:

« おふくろの入院・・・ (;ヘ;) | トップページ | TV主題歌、挿入歌・・・ »