« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

過去より未来に・・・『タイヨウのうた』第7話

 なんとなく最近の天気、スコールが多いですね。 良い天気だったのに、曇ってきたな、と思ったら、突然のスコール。 それも突貫工事のような・・・。 今日も移り気な天気でしたね。

Kaoru_jacket  さて、本題に入りましょう♪o(^-^)o 『タイヨウのうた』⑦です♪

 過去の傷害事件を皆に告白した孝治。 薫のそばにいる資格なんかないと思って、バンドもバイトも辞めると言い出しました。 暫くして、「お世話になりました。」と、書き置きして、孝治は姿を消しました。 

 一方、麻美は工藤に 「31日に退院会見と新曲発表をしたい。」と言われ、精神的に追い詰められてしまいます。

 隆介たちは、孝治抜きでのバンド練習に、挫折しかかりましたが、三浦の励ましによって、本番まで、精一杯練習することを決めました。

 薫は、かつて孝治が勤めていた弁当工場に行き、孝治が昔、茅ヶ崎に住んでいたことを聞きだしました。 そして茅ヶ崎へ行き、防護服姿で、日中、ビラ配りを始めました。 「このひとを探しています。」  その姿を観ていた孝治は堪らず薫に駆け寄りました。  薫は、皆、一生懸命、バンドフェスティバルのために練習している、治が戻ってくると信じて頑張っている。」 と伝えると、手作りのおにぎりを渡しました。

 「私も一度、孝治から逃げた・・・。 だから、これでおあいこ。 待ってるから。」

 バンドフェスティバル当日。 麻美は姿を消しました。 「昔に帰ります。」と書き置きして。 孝治は麻美と、待ち合わせした場所で会いました。

 「どこに行こうか?」(麻美)

 「未来。 過去に逃げるのはもうやめよう。 昔にはもどれない。 あの頃には戻れない。」

 「あいつに出会えてわかったんだ。 人生は一度きりだって。 だから前だけ向いて生きて行きたい。 麻美にもそうして欲しい。」

 「(麻美を)見放すんじゃないよ。 見守りたいんだ。 麻美なら大丈夫。  ・・・皆、待っているから・・・。」

 そう言い残して、孝治は去っていきました。 薫たちのもとへ。

 いよいよ出番となり、隆介たちはステージへと向かいます。 薫が孝治のギターを置こうとした時、孝治の手がギターを握りました。 薫は孝治にキスをして微笑みかけました。 「遅いぞ。」

 さあ、ムーンチャイルドの演奏です。 曲は『タイヨウのうた』。 始めて一ヶ月しか経っていないのを感じさせない、息のあった演奏です。 そして、薫の歌声が重なり、やがて、雨の中、観客はスタンディング・オベーションで応えました。 そんな中、薫の姿を見つめる工藤の姿がありました。

 孝治は薫のために前を向いて生きる決意をしました。 麻美はどうなるのでしよう? レイサに邪魔されてボロボロになっていくんでしょうか? それとも、逆境のなか、新曲を完成させるんでしょうか? 薫はデビューするのか、次回はなにやら波乱がありそうです。 

| | コメント (1) | トラックバック (9)

惑星が8つに減る・・・冥王星がわい惑星に降格について

 冥王星問題について、一言言わせていただきます。<m(_)m>

Tai1102j  1930年にアメリカの天文学者クラウド氏によって発見された冥王星。 長きに渡り、太陽系の第9惑星として謳われてきました。 しかしながら、この星、実は月よりも小さい。 氷の星で、カロンと2重惑星とされ、天文学者間では早くから、惑星には当てはまらないという議論がされてきました。 

 ネックになっていたのは、この星が唯一、アメリカ人によって発見された事です。 アメリカの熱烈なる支持と、威信がずっと妨げになっていたようです。 その結果、天文学者の多数決というやり方で、ようやく今回、除外となったようです。 まあ、12個に増えるよりは、8つに減るほうが、日本人の僕としては覚えやすいですけどね。 ましてや、一時24個説も出ていましたから、これで良かったんだとおもいます。

 日本人は「水金地火木土天海冥」という、言い回しで覚えますからね♪ 日本人にとっては一番良い結論だったと思います♪ 

 ところで冥王星って、プルートっていうんですね~。 犬みたい。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校完全週休2日制はゆとりのない教育?(-_-)

 結構前から問題になっている、学校週休2日制について、一言言わせてください。<m(_)m>

1005  ゆとり教育を旗印に、小中学校が完全週休2日制になって随分経ちますが、あちこちで不協和音が出ていますね。

 授業数が減ったことで、まず学力が低下してしまいました。 学校によっては、その穴埋めにと、夏休みを短縮するところまで出ています。 先生は、授業か減って楽になったか、と言うと、その反対で、上から押し付けられる課題が増えて、家に帰っても、仕事をしなければ追いつけないそうです。 親達の中には、なにか問題があると、それがたとえ親達の問題でも、先生が悪い、先生がしっかりすればこんな事にならないと、責任転化する人もいるようです。

 以前、僕は、教育は先生だけがするものではなくて、親が率先してしなくてはいけないと指摘しました。 仕事に忙しいから子供に構ってられないとか、教育なんてめんどくさい事やれない、時間が合わないなんて言う人も、いるようですが、それは責任逃れですよね。 本当に子供のことを考えてやっているのなら、勉強云々というより、コミュニケーションぐらいできるはずです。 それをすべて先生に押し付けようとするから、親の温かみを知らない子供ができたりするんですよね。

 近頃、ニュースで報じられる無責任で身勝手な事件のような犯罪を起こしたらどうするんです。 犯人の親というレッテルを貼って生きていく事になるんですよ。 だから、というわけではないんですが、親は子供を育てる責任を自覚して欲しいです。 そうする事で、先生に掛かる負担を軽減できるんですよ。

 先生は何か言いたくてもいえないんです。 言って、問題になって、左遷されるのが怖いからです。 生徒が悪い事をしたので注意をした先生が、その生徒の親から、「息子に暴力を振るっただろう。」と怒鳴り込まれた事があったそうで、実はそれは、注意された事で腹が立った生徒が、根も葉もない事を親に言ったことが原因だったそうで、本当に些細な事でも、問題になりうる状況に先生は置かれているんですよ。

 教育委員会も、何か事件が起こるたびに、先生に仕事を押し付けてるようです。  かみさんがPTAの役員をしている関係で、いろいろな不協和音が聞こえてきます。

 話を元に戻しましょう。 僕はかみさんの話を聞いて、今の教育の様々な問題点を教えてもらっているんですが、一つだけ腑に落ちないのが、いったいだれが、ゆとり教育と銘打って週休2日制を始めたんでしょうね? 完全にゆとりのない教育になっていますよ 教育委員会も学力低下だけは神妙に受け止めて、ようやく重い腰をあげようとしているようです。 

 具体的にどうすればいいのでしょう? 一つだけはっきりしている事は、完全週休2日制は駄目だってことです。 ならば、一つ前の状態に戻せばどうでしょうか?

 以前、学校は第2、第4土曜のみ週休2日制にしていました。 あの段階では、さほど問題は起こっていなかったように思えます。 少なくとも、隔週の週休2日制に戻すべきです。 改善点は沢山あるでしょうが、まずはその時点に戻して、そこから、一つ一つ解決していけばいいんじゃないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

子犬のKENちゃんと桑野の4日間(^o^)・・・『結婚できない男』第8話

 ここ数日、仕事が忙しかったせいで、なかなか記事をアップする暇がありませんでした。 今日もついさっき、会社から帰ってきて、晩飯のカレーを食べたばかりです。(^-^;) 時間の許すまで、記事を書き込みたいと思います♪o(^-^)o

Pic08_04_1  2日前に観た『結婚できない男』⑧を アップします♪ o(^-^)o

 桑野(阿部寛)は、模型のタイタニックと格闘中。 持ち前の極め細かさで無事完成かと思いきや、後ろのスクリューが1個足らない~。 困ったあげく、桑野はもう一台、タイタニックの模型を買うことにしました。(^o^)  なんとももったいない・・・。

 そんなある日、腹痛を感じて、夏美(夏川結衣)の診察を受けに行ったみちる(国仲涼子)は、急性虫垂炎と診断されて、入院命令。 みちるは飼っている子犬のKENちゃん(こつぶ)のことで困ってしまいました。 いったい誰に預かってくれるのか? 周りはぺット禁止になっている住まいの者ばかり。 そこで、栄治(塚本高史)に頼むと、恋人の沙織(さくら)が、なんであの娘のペットを預かるのか?、と嫉妬され、困った末に、夏美と二人で、桑野の所へ預けに行く事にしました。

 当然、桑野の答えはNO・・・。 夏美は一言・・・。

 「解かりました。 その代わり、私のところには、二度と診察に来ないで下さい!」

 その一言が効いたんでしょうか? しょぼしょぼと帰る二人に向かって言いました。

 「4日間だけですよ・・・。」

 かくして、桑野とKENちゃんの同居生活が始まりました。

 桑野の部屋の前まで着ましたが、なかなか部屋に入ろうとしません。 桑野は、胡瓜を持ってきて、部屋に向かって投げました。

 胡瓜に弱いKENちゃん。 あっさり、桑野の策にはまりました。(^o^)

 ペットフードに全然手をつけないKENちゃんをよそに、桑野は一人ステーキを食べています。 そして、クラシックに聴き浸っていると、ようやくKENちゃんがペットフードを食べだしました。 このお皿、夏美の父親の結婚式のときの引き出物ですよね♪(^o^)

 翌日、桑野は、みちるが栄治に手渡した遠隔操作用監視カメラを部屋に設置。 パソコンから犬の動きを逐一チェックできるようにしました。 画面が出て、最初に知ったのは、KENちゃんが縄抜けの名人だったこと。 さっそく、ステレオをいじくりだしました。 おかげで、仕事に身が入りません。

 家に帰ってみると、部屋はゴミだらけ。 渋々ゴミ拾いする桑野です。

 散歩では、KENちゃんの小心ぶりが目に付き、また、ボールを川に落してしまっても、ただ見つめるだけで、川には入ろうとしません。 金づちなんでしょうか?

 そうこうしているうちに、桑野はKENちゃんが愛おしくなってきました。 ステーキを焼いてやったり、クラシック鑑賞では、自分の横に座らせたり・・・。  そんな夜、風のせいで、模型のタイタニックにカーテンが引っかかっているのを見つけたKENちゃんは、その傍へ向かいました。 次の瞬間、ガチャンと音がして、桑野が振り向くと、タイタニックが床に落ちていました。 「やっぱりこいつ、やったか~。」と、思った桑野は、夏美を呼び出し、KENちゃんを預かるよう頼みました。 

 快く受けた夏美。 でも、桑野の読みどおりというか、KENちゃんに振り回されっぱなしです。

 次の日、家に帰った桑野は、静まり返った部屋を見て、初めて、KENちゃんの居ない寂しさを感じました。 例によって、扉をあけて、クラシックに浸っていると、ガシャンという音。 振り向くと、タイタニックが床に落ちています。 この時初めて、あれはKENの仕業じゃなく、風の悪戯だったことに気が付きました。

 バーに行き、ソルティドッグを注文すると、箸立てが犬の形になってました。 桑野が夏美に電話すると、丁度散歩中。 夏美が飲み物を飲もうと自販機に目が行っている時、括ってあった首輪を外して、振り向いた時には、KENちゃんは居ませんでした。 その様子を聴いていた桑野は慌てて外へ。

 「KEN!! KEN!!」と叫びながら、公園を探し回っていると、川の真ん中に浮かぶ子犬らしきものが・・・。 川に入って、それを拾い上げると、それはただのパグ犬の縫いぐるみでした。 夏美と目が合い、左に目をそらすと、そこにKENちゃんがいました。

 KENちゃんは桑野を見ているのでしょうか? それとも、以前取れなかったボールを思っているのでしょうか? 寂しそうに桑野を見ていました。 夏美が言いました。

 「あなたと桑野さん、目が似てる・・・。」

 翌日、ペットショップのショウウィンドウ越しに犬を見つめる桑野は、ペット好きの人そのものでしたね。 そして、みちるが退院しました。 みちると共に帰ってきたKENちゃん。 部屋の入り口で見つめあうKENちゃんと桑野さん。 そして、みちるに引っ張られてKENちゃんが部屋に入っていくと、桑野は一言、こう呟きました。

 「忘れよう・・・。」

Kotsubu  う~ん、なかなか味のある話でしたね。 KENちゃんが、最高に可愛かったです♪ 猛犬注意の家の前を恐る恐る走る姿、桑野を見つめるあの表情は最高でしたね♪

 ストーリーもちゃんと一話完結になっていて、綺麗にまとまっていて、ジーンとさせるシーンもあって、これは、今クールのベストストーリーの一つに上げてもいいと思いました。o(^-^)o  「ペットを愛せる人は人も愛せる。」  桑野も今回の件で、一人でいることの寂しさを少しは感じ取ったんではないでしようか?  それが、夏美との関係の発展に繋がればいいのですが・・・。(^-^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年8月22日 (火)

伝説のギタリスト?のバンド育成法(^o^)・・・『タイヨウのうた』第6話

 今日は仕事が早く終わったので、先日書けなかった、ドラマをアップします♪o(^-^)o

Interview_01_02  『タイヨウのうた』⑥です♪  孝治と薫が広場で歌っているのを覗き見た隆介たちは、二人の姿を観てバンドを始める決意をしました。

 さっそく、民宿「みうら」のオーナーの楽器を勝手に触って、防音付きのその部屋で練習開始。 でも、楽器すら触ったことのない彼らの演奏は騒音そのもの。 バスドラなんか寝ています(^O^)。 その光景に孝治は唖然・・・。 しかも、1ヵ月後のバンドフェスティバルに応募したって言うんだから、何も言葉が出ません。(=_=) 何か目標がないとやる気が出ないからだそうですが、なんとも無謀です。(^-^;)

 「ところで、ボーカルは?」

 「薫ちゃん。」

 練習を見に来た薫はあまりのひどさに、帰るわ。」 と一言。

 そこへ「みうら」のオーナー、修(竹中直人)がやってきました。 そこで、文句をいいながらも、血が騒ぐのか?昔のギターの腕前を披露。

 「本気でバンドやるんなら、教えてやってもいいぞ。」 と言って、若き頃の写真を見せました。

 「星になってしまったマイ・スイート・ハニー。 音楽上手いと、嫌でもモテちゃうんだよね~♪ やる~♪」  写真の女性って、もしかして青田典子?→小林真央さんだそうです・・。f(^-^;ゞ

 「やります?」 かくして、修先生の特訓が始まったのでした。

 この練習方法が変わっている。 基礎を叩き込むために、まずはエアロビ。 更に個別に、キーボード担当は左手で暑中見舞いの葉書きの宛名書き、ベース担当は紙やすりで鍋拭き、ドラム担当は両手で包丁持って、玉ネギみじん切り、と一切楽器無し。 孝治だけが、自主トレを命じられました。

 「ど素人が楽器を弾くなんざ、63年と12ヶ月早いんだよ~♪」 だって。 それって64(無視or虫)ってこと?

 そんな中、麻美は、新曲が書けないため、工藤はマスコミに、「麻美、緊急入院」と伝えました。

 ある日、薫がバンド用のスコアを作ってやって来ました。 そして修は楽器に触る事を許可しました。 ちゃんとリズミカルに音が鳴っている・・・。 皆、特訓の成果が現れ、楽しそうです。 バンド名は孝治の提案でXPにちなんで、ムーンチャイルドと決まりました。  その夜、薫と孝治は、次の日にデートをする約束をしました。

 次の日の夜、デートの場所に薫は現れません。 孝治の昔の悪友、マサトとその仲間に連れさらわれたからです。 襲われそうになっているところに、隆介たちが現れましたが、全然相手になりません。 孝治も来ましたが、刃物を突き出され、膠着状態・・・。 そこへ警察官(佐藤二朗)が駆けつけ、マサトたちは逃げて行きました。 

 孝治は、民宿「みうら」で、マサトが、少年院のときの知り合いだと、明かしました。 一緒に薬の売買をしようと持ちかけられたことも。

 「みずくせーよ。 言ってくれていたら、何とかできたかもしれないのに。」

 孝治は「ごめん。」と謝って、その場を出て行きました。  

 薫はその後を追いかけ、孝治に語り掛けました。 慰めているうちに、気になっていたことを尋ねました。

 「ギターに書かれているAって、橘麻美なんでしょ。 関係ある? ギターを捨てた事と。」

 孝治は4年前の出来事を話し始めました。 そして、少年院を出た頃にはお金持ちの家の養女になっていて、過去の事をなかったことにしていたから、自分もギターを捨てたことを打明けました。  日の出を告げるアラームがなり、薫はずっと傍にいたい気持ちを抑えて、去っていきました。 

 夜が明けると、孝治の傍には麻美が。 涙を流して、こう言いました。

 「助けて、孝治。・・・ 昔に戻りたい。 あの頃に戻りたい。」

 麻美は孝治を抱きしめました。

 修のバンド育成法、型破りで面白かったですね。 現実はああは行かないですけどね。 次回はもう本番のようですね。 ちゃんと演奏できるんでしょうか? 孝治はどうも行方不明になってしまうようですが、本番までに戻ってくるんでしょうか? o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年8月20日 (日)

アグネスロードの3つの関門と、ひかりの過去・・・(>_<) 『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』第7話

 今朝は、仕事で日曜出勤。 なんとか1時過ぎには済ませて、2時過ぎには家に帰ってきました♪ さっそく、かみさんから、「買い物付き合って~♪」コール。 3時半まで、スーパーに居ました。 その後は、夫婦でドラマ三昧♪ 『タイヨウのうた』⑥『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』⑦を観ました♪ 

Mb1_1024_768__4  『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』⑦をアップします♪

 いきなり、マッキーの夢の中です♪ 関東鋭牙会の仲間が3年A組のクラスメート達に絡んでいます。 そこへ颯爽とマッキーが登場♪ 痛快に退治して、めでたしめでたし、の所へ黒井の声。

 「若、お勉強の時間です♪」 なぜか、その言葉で目が覚めるマッキーです。

 マッキーはひかりの事に夢中~♪ 体育の柔道の授業で、先生を一本背負いに仕留めると、 「よっしゃ~、この調子で梅村さんのハートをゲットしてやる~♪」 と、意気揚々です。

 その日、校長と百合子先生の会話をドア越しに聞いてしまいました。

 「20歳を越えた大人が、18歳未満の青少年に手を出せば、警察に捕まります。」

 その言葉に戸惑うマッキー。

 「俺は一秒でも多く梅村さんのそばにいたいだけだ・・・。」

 「だったらデートくらいはいいんじゃないですか?」(和弥)

 極妻姿のひかりを想像したマッキーは・・・。 「悪くねえなぁ~。」(^O^)  凄い想像ですね♪

 次の日、星野たちにアグネスロードの話を聞かされ、同時にひかりも早紀たちに聞かされました。 そして、食堂でばったり会うと、皆が二人を後押ししました。

 うまく言えないマッキーをひかりはサポートしました。

 「一緒にかえらない?」

 「・・・はい。 是非・・・。」

 皆は大喜びです♪

 舞台はアグネスロード。 交わす言葉もなく歩いていると、第一関門、プリクラが登場♪ ツーショットを楽しむと、次は第二関門、アイスキャンディー♪ そして、第三関門、ベンチへと。 この後、どうして良いのか困っているときにひかりの携帯が鳴りました。

 「ごめん。急にバイトが入っちゃった。 良かったら、一緒に家にくる?」

 舞台はひかりの家。 なんとバイトは隣の家の子を預かること。 時給500円♪

 ひかりの家は両親とも働いていて、家事はひかりが受け持っていました。 ひかりの弟妹たちと晩飯を食べるマッキー。 美味しい。 そのとき、末っ子の弟がアニキンダーのテレビを見ていました。

 「俺もアニキンダー好きですよ。」

 「私の父の会社が倒産したとき、やくざみたいな人がきて、父はボコボコに殴られたの。 私、怖くて、見ていることしかできなかった。 今は借金はないんだけど・・・。 私、暴力を振るう人は嫌い。」

 マッキーはひかりの言葉にショックを受けました。

 その夜、マッキーとひかりは不良風の男達に絡まれます。 マッキーは、暴力が嫌い、と言ったひかりのために、一切手を出さずに、ひかりを守ろうとしました。

 傷だらけのマッキー。 それ以上に心の傷は大きかったようです。

 次の日から、マッキーはひかりを避けるようになりました。 そしてひかりの大学の試験の日。 末の弟が、勝負ペンを忘れたから届けに行って、とそのペンをマッキーに渡しました。 「榊はヒーローだって言ってた。」

 マッキーはひかりのもとへ走り出しました。  迷いながらもなんとかひかりに会えました。 でも、

 「今日は面接だけだよ。」 「でも嬉しい。 終わったら、この間の公園へ行こう♪」

 マッキーは公園には行きませんでした。 寂しくベンチに座っているひかりのもとにやってきたのは桜小路でした。 マッキーのかわりに苦手なプリンを食べました。

 教室でひとり、想いにふけるマッキーに百合子先生が声をかけました。

 「明日の学校に来て。 悲しみを乗り越えた時、あなたは今よりももっと強くなれる。それが本当の強さ。 あなたは弱くなんかない。 大丈夫。」

 深くて優しい、とても素敵な言葉です♪o(^-^)o 

 そして日曜日。 桜小路がマッキーの家を訪ねてきました。 さて、マッキーはどうするんでしょう?(‥;)

 水島先生(もたいまさこ)との会話、百合子先生との会話、どちらも印象的でしたね。 マッキーは今の苦しみを乗り越えられるんでしょうか? その上でひかりと付き合えるのでしょうか? 今後の展開が気になります。o(^-^)o

 『タイヨウのうた』は、後日、アップします♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年8月19日 (土)

付きまとう父親の謎??・・・『結婚できない男』第7話

 いや~、今日も暑かったですね~。(^-^;)  京都では、少しだけ雨が降りましたけど、お湿り程度でした。 仕事は午前上がりだったので、昼からはビールでも飲みながら、修復したDVDレコーダーに、DVD-RWに仮置きしたドラマやアニメなどを戻したり、見逃していたドラマを観たりして、ゆったりと過しました。 

Pic07_02_1  遅ればせながら、『結婚できない男』⑦をアップします♪

 いきなり、ネクタイの締め方に悪戦苦闘の桑野さん。 職業柄、ネクタイを締めることがないんでしょうか? 今日は父親の3回忌のため、結び方をインターネットでダウンロードして、なんとか成功しましたが、みちるに、「3回忌までは黒ですよ。」と言われてやり直し。(=_=) 苦労は泡となって消えました。(^-^;ゞ

 法事では、親戚から結婚話で槍玉に。 大概、嫌気が差していた桑野は母や妹夫妻に言いました。

 「俺、仕事に戻るわ。 早くこの八ツ墓村から出たいんだ。」

 仕事に戻っても、二世帯住宅のことで親子もめ。 夏ばて気味の桑野は夏美の病院へ。 そこで気難しそうなお年寄りに出会います。 なんと夏美の父親でした。

 結婚話だと思った夏美は父親を避けるため、みちるの家に暫く厄介になることにしました。 娘に会えない父親は桑野に付きまとい、なにやらお願い事を・・・。

 翌日、桑野は夏美に電話をしました。

 「あの、今日会えますか?」

 「会うのに理由が必要ですか? 会いたいんです、どうしても・・・。」

 動揺する夏美に、みちるが追い討ち。 「それ、デートの誘いですよ。」

 待ち合わせの喫茶店で、メイクを直しているところに桑野がやってきました。 でも話す事はもお父さんの事と3年前に亡くなったお母さんのこと。 なんでそんな話を、持ちかけると後ろから父親が参上~。 「俺が話したんだ。」  桑野は自分の役目が終わると、じゃこれで、と、そそくさと去って行きました。 

 コンビニで買い物をしていると、夏美の父親がまた現れました。 夏美は話を聞いてくれないので、桑野に聞いてほしいと頼みました。 秘密にしておいて欲しいとも。

 ある日、ビアガーデンで飲んでいる夏美たちにたまたま合流した桑野は、皆に言いました。 「あの父親にあんな秘密があったなんて・・・・。」

 気になるみちるは、その夜、遠山金紫楼の肉饅を持って桑野のところへ行き、聞き出そうとしましたが、駄目でした。

 その後、浴衣姿で神社の夜店のなかを歩いていた夏美とみちるは、偶然、一人で金魚すくいをする桑野を見つけました。

 礼によってウンチクを語りますが、結局はすくえません。 何回やっても詰めが甘い。 あきれた夏美とみちるは、そそくさと去っていきました。

 その後、レストランで、一人ステーキを楽しんだあと、お情けらしき金魚一匹片手にマンションに戻ってきました。 するとそこに夏美の父親が・・。 

 父親は夏美宛てだったお土産を差出し、桑野は仕方なく受け取ると、昨日みちるから貰った肉饅をおすそ分けしました。

 翌日、腹痛で夏美のところへ。 食あたりと言われ、肉饅のことを話し、父親も食べたことを話すと、夏美は桑野と共に、父親のいるホテルへ。

 父親の往診をしている時、夏美の目に留まったのは、結婚式のパンフレットでした。

 「何これ?結婚するかどうかもわからないのに・・。」

 「これは俺の結婚式のだ。」  思いもしない父親の言葉にびっくりの夏美です。

 その後、桑野の二世帯住宅の件も、予算の都合上、リビングを共有するという名目で、無事、まとまりました。 そんなある日、父親の結婚式の帰りに、夏美は桑野の家に寄り、引き出物を渡しました。 結婚相手の女性の話をしていた夏美と桑野の会話を聞いていたみちるは 夏美に言いました。

 「夏美さんのお父さんって、どこか桑野さんに似てません?」

 「う~ん、微妙に違う・・・。父は頑固、桑野さんは偏屈。」

 「変だという点では似てるでしょ? 縁があるんですよ。 そういう人と・・・。」

 そして最後に言った夏美のせりふがなかなかいいです♪

 「私、待つわ。普通の人を。」o(^-^)o  KENちゃんが短い首を縦に振っていました♪

Pic08_03  桑野と夏美の父親が似た者同士ってのは笑えましたね♪o(^-^)o 夏美と桑野の会話も笑い満載でした♪ KENちゃんもなかなか良かったです。 次回は桑野とKENちゃんが同居するんですか~♪(^O^) これは見逃せません!o(^-^)o

 

| | コメント (1) | トラックバック (4)

DVDレコーダーのHDD残時間が減る??その後・・・無事、修復しました♪o(^-^)o

 先日、レポートしました、DVDレコーダーのHDD残時間が減る現象について、緑電化の修理担当の方に訊ねたら、「初期化はやってみましたか?」、と言われたので、さっそく説明書を押入れから引っ張り出して、初期化について読んで見ました。

 要は、HDDに入っているデーターを全て消して、最初の状態に戻す操作のようで、録画してあるものは全て消えてしまいます。 

 さっそく、今朝、その操作をしてみました。 すると、数分後に電源が切れ、暫く待って、再び電源を入れると、不思議や不思議、残時間が本来の残時間である40時間(標準モード)に戻っていました。o(^-^)o

 さすが、その道の方です。 ホント、救われた気分です。 でもなぜ、あんなに残時間が減ったのでしょう?  そういえば、観た番組を消去した際に、45分ものだったら15分しか戻らなかったりしていたので、それが積み重なったのかもしれません。

 一回一回の操作では、完全には消えないってことなんでしょうね。?(^-^;)?

 まあ、とにかく、初期化すれば、本来の状態にもどることは判りました。

 それと、初期化しても、Gガイドのデータや、チャンネル設定などは消去されませんでした。 あくまでも、HDDに入力した録画タイトルと予約した番組が消去されるだけです。 またDVD-RWに対しても、同じように適用できるので、またやってみたいと思います。o(^-^)o  SHARPさん、お騒がせしました♪<m(_)m>

 ところで、修理担当の方が言われていたんですが、修理代金って、とりあえず見に来るだけで3000円、人件費が別途掛かり、更に要修理となると、その修理代が掛かるということです。 あれこれ支払う金額を考えたら、要修理となったら、買い換えた方が良さそうですね。f(^-^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

総理の靖国神社参拝について、一言言わせて下さい。

 今、日韓中で話題となっている、小泉首相の靖国神社参拝。それも念願の終戦記念日に行ったことが、大きな話題となっています。 この問題、僕なりに一言、言わせてもらいます♪

Yusyukan  靖国神社が出来たのは明治が過ぎてから。 明治天皇が戦没者のために建てたものです。 ある意味、武士の為の神社と思いたくなるぐらい、中にある遊就館には武士の歴史とでも言うべき物が展示されています。 戦没者を祭るようになったのは、戊辰戦争の時から。 以来、戦没者のための神社として世に知られるようになりました。 一番、問題となるのは、第2次大戦のA級戦犯を祀っていることです。 

 という事は、この神社に参るというのは、A級戦犯に対しても参るということになります。 この点が、韓国や中国を刺激することになるわけですが、ここで、よく考えてください。 参拝するというのは、先人に対して、畏敬の念をしめすということですよね。 そこには、その人の想いがあるだけで、悪意も暴力もありません。 韓国も中国も戦争犯罪人はいます。 戦争でなくても、犯罪者はいます。 それらを別の墓に置いているんでしょうか?

 でもよく考えてください。韓国、中国が自国の罪の事で謝罪したことがありますか? 正式に・・・。 他国で気に入らない事があると痛烈に批判して、自国の経済戦略に利用しようとしますが、自分に不利になる事は一切、ノーコメントしています。 戦略とはいえ、卑怯てすよね。 もちろん、それは政府に対してであって、それぞれの国民がそうであるはずがありません。 良心的な人は沢山いるはずです。

 北朝鮮に対する態度を見てください。 いくら北朝鮮可愛さとはいえ、ヤクザのような北朝鮮をかばっているのは矛盾していますよね。 テポドンが韓国や中国に落ちたら、どうするつもりなんでしょうね?

 ともかく、一つだけ韓中に協調するとすれば、A級戦犯の問題だけです。 これをどうしても取り除いて欲しいと、土下座してでも頼んでくるのなら、それはそれなりに対策を立てるべきでしょうね。 なんだかんだ言っても隣国なんですから。 外交は駆け引きだとは言いますが、お互いが、良識と誠意をもってぶつかり合うべきです。 各国とも、外交段階で自国の利益を意識しすぎています。 もっと人間として、国際人として、対応すべきです。 僕はそう思いますよ。o(^-^)o<m(_)m>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏ドラマ中間発表(^。^)/~~・・・どのドラマが面白いですか?o(^-^)o

 夏のドラマも丁度半分が終わりました♪ ここまで来ると、どのドラマが楽しめるかはっきりしてきますね。 この段階で支持を受けているドラマは、他と比較して、間違いなく楽しめるドラマと言えるでしょう。(#^_^#) ここで僕のお気に入りベスト3を発表したいと思います♪

 現在、観ている夏ドラマは全部で6本。 当初、観ていた『CAとお呼び!』は第2話で脱落しました。 観月ありさが好きな娘たちも、全然関心が無くなったようです。f(^-^;)   今、観ているのは『サプリ』、『結婚できない男』、『タイヨウのうた』、『レガッタ』、『花嫁は厄年!』、『マイ☆ボス  マイ☆ヒーロー』です。  他は観ていないので対象外とさせていただきます♪

 第1位:『結婚できない男』 →初回では4位でしたが、2話目以降面白くなってきました。 桑野(阿部寛)と夏美(夏川結衣)の会話がユニークで、ペーソスが効いています。 犬のKENちゃん(こつぶ)の存在がいいアクセントになっています。

 第2位:『マイ☆ボス  マイ☆ヒーロー』 →初回では欄外だったんですが、かみさんとブログ仲間の皆さんの勧めにより毎回観る事にしました♪ ブログの皆さんの推薦してくれたものって、前回の『弁護士のくず』に続いて2度目ですが、ホント、外れがないです。 初回を観て、自分が観たいタイプのドラマじゃない、と思ったんですが、今では家族皆で楽しんでいます♪  このドラマ、榊真喜男(長瀬智也)のキャラが最高に笑えます♪ マッキーを取り巻くメンバーも良いですね。  大杉漣さんと、もたいまさこさんがなかなか良いです♪ 

 第3位:『タイヨウのうた』 →初回は2位。 未だに上位にいるのは、ドラマとしての良さと、山田孝之でしょうね。 最初から僕は、このドラマを、ドラマらしいドラマと評していましたが、その気持ちは今も変わりません。 『白夜行』ほど重かったら観ていなかったと思いますが、仲間達の存在が、良い意味でドラマを、少し軽くしているように思います。

 以上、3本は間違いなく、ラストまで観る事になると思います♪o(^-^)o

 残りの3本の中で、『レガッタ』は捨てがたい魅力があります。 最後まで観るとは思いますが、記事にするかどうかは微妙です。

 『花嫁は厄年!』はまずまずの展開を見せてはいるんですが、小出しって感じがして、やや物足りないです。 でもキライなタイプのドラマではないので、観続けるとは思いますが、多分、記事にはしないと思います。

 『サプリ』は初回がすごく好きだっただけに、その後の展開に不満です。 あっさりし過ぎていて、物足りないんですね。 CMプランナーのほうにウェイトが行き過ぎていて、色恋は押さえ気味になっている。 記事にするかどうか、今後、見続けるかどうかは微妙なところです。

| | コメント (3) | トラックバック (5)

DVDレコーダーのHDD残時間が減る??・・・SharpのDVDレコーダーは欠陥商品?

 最近、気になっていた事があります。 ハードディスク体型DVDレコーダーを去年の1月に買って、ずっと使っているんですが、日に日にHDDの残時間が減っていくんです。

Main02_dvhr450  使っているのはSHARPのDV-HR450という、HDDが160GBあって、標準(XP)モードで40時間入るはずなんですが最初は20時間以上残時間があったんですが、最近は大して録画していないのに、残時間が2時間切るようになりました。

 今日、思い切って、ディスクに録画してあるものをすべて消去し、初期化までしたんですが、残時間を観てびっくり! 7時間41分でした。 40時間録画できるHDDが、なぜたった1年で7時間41分まで減少するんでしょう? 残りの32時間19分はどこへ行ってしまったんでしょう? もしかして、この機種、欠陥商品なんでしょうか? ちょっと発売元のSHARPに問い合わせてみたいと思います。 みなさんのDVDレコーダーは大丈夫ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アグネスプリン復活!(^O^)・・・『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』第6話

 只今、午前11時過ぎ。 我が家の一番風通しの良いところにあるパソコンルームも、暑さが限界で、ついにクーラーを入れてしまいました。 今日も暑くなりそうです。

 但し、明日からは台風の影響で雨模様となるようです。

Mb1_1024_768__3  帰省前に観たもう一本をアップします♪ 『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』⑥です♪o(^-^)o

 桜小路たちにせがまれて、マッキーは携帯番号とメールアドレスを、無理やりですが、早紀によってチェックされました。  関東鋭牙会の幹部会で場の雰囲気を切り裂くメール着信音。 早紀たちのメールです。 でもその絵文字の大行進にマッキーは理解不能。 そんなマッキーの姿を見た父親は会議の後言いました。

 「お前は学業に専念しろ。」

 「ボスは若に青春を楽しんでもらいたいんです。」(黒井)

 「青春ってなんだ? 親父は本気で俺をボスにさせる気があるのか?」

 数日後、学校の名物の一つ、アグネスプリンの販売が中止になりました。 近所の農家の島崎さんが作って持ってきてくれていたんですが、いつもの時間になっても届かない。 そんな日が3日も続きました。

 水島先生に、桜小路とともに会いに行き、未来が見えない、と言うと、先生は

 「若さって本当に自由なの。 今を思いっきり楽しむこと。 それを忘れちゃ駄目。」

 マッキーの頭の中の得点ボードが赤点を越えました。

 ファミレスで他校の生徒たちに絡まれ連れ出された星野たちを和弥が発見、真喜男に知らせました。 助けたいマッキー、黒井のアイデアで、TVで見た仮面ライダーみたいなヒーローに変身して皆を助けました。 声でばれないようにヘリウムガスを吸っていましたが、途中でガス切れ。 スモークを焚いて、ささっと消えました。

 マッキーの得点ボードは80点まで到達。 そこへひかりからのメールが。

 〈今度、お弁当つくるから、一緒にどこか出かけませんか? ひかりより〉

 「これ、デートの誘いですよ~。」(和弥)

 マッキーのボードの得点が100を飛び越え、宇宙のかなたまで飛んでいきました。(^O^)  吼えながら(^o^)、教室に入ってきたマッキーを待ち受けていたのは、校長先生のアナウンスでした。

 「品質改善のため北海道へ行っていた島崎さんが、戻ってこられました。 本日から販売再開となります。 なお初日の今日は、特別に倍の24個売り出されるので、特別ルールとして、各クラス5名を代表として選び、クラス対抗戦を行い、勝ったクラスがプリンをすべて獲得できます。」

 マッキーの参加の呼びかけにひかりが、そして直前には桜なんとか、星野たちが加わり5人が揃いました。

 そして、第1話ばりに壮絶なプリン争奪戦が始まりました。  そして勝利のフラッグを手にしたのは、最後はひかりでした。(^O^)  

 プリンを口に入れたマッキーは叫びました。 

 「青春、ゲットだー!」(^o^)  すっかり、クラスの人気者です♪

 そして、いつの間にかマッキーはメールの打ち方を覚えていました。 マッキーからのメールに嬉しそうなひかりでした。

 マッキーの得点ボードには笑わせていただきました。(^O^) 荒廃したアグネス学園にもね♪  このドラマ、このばかばかしさが良いんですよね♪ 僕もだんだんハマッてきました。(^-^;ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (7)

俺がお前のギターになってやる!・・・ 『タイヨウのうた』第5話

 おはようございます♪ 今日は盆休み最終日。 かみさんに頼んで、この日だけは、身体休めの意味で、一日何もせず過させてもらうことに決めていたんで、見逃していたドラマを観るなり、ブログを書くなり、とにかくゆっくりしたいと思います。(#^_^#)

Interview_04_07  帰省前に観たドラマから・・・。 『タイヨウのうた』⑤です♪

 薫は工藤からの電話で大喜び。 早速、会う約束をしました。 一方、麻美は孝治に会いに行き、孝治と別れてから曲が書けない、もう一度ギターを弾いて欲しいと持ちかけますが、断られます。 そのとき麻美は、工藤が薫を自分のゴーストライターとして使おうとしている事を告白します。

 孝治は工藤に会いに行き、ゴーストライターとして使わないよう頼みましたが、その結果、薫の話は白紙になってしまいました。

 代わりなどいくらでもいるから・・・。」

 薫に事情を説明し、麻美とは孤児院の時の仲間だったことも打明けました。

 薫はそんな孝治を思って新曲を書きました。 タイトルは『タイヨウのうた』

 孝治に早速聴いてもらおうと、呼び出して弾き始めました。 ところが、途中でコードが押さえられなくなり、あわてて主治医のところへ。 実は病気が進行していて、左手にその症状が出始めていたのです。

 もう弾けない、と絶望した薫は海岸へ行き、死ぬことを決意。 孝治たちは行方のわからなくなった薫を探しに駆け回りました。

 孝治は偶然、海岸で薫を見つけました。 逃げようとする薫に言いました。

 「お前の事、ほっとけねーよ。」  「どうして・・・。」

 「好きだからに決まってんだろ~。」

 「俺がお前のギターになってやるよ。」

 そういうと、一度しか薫が弾かなかった『タイヨウのうた』を弾き始めました。 聴いたところまで弾き終えると、孝治が言いました。

 「この続き、教えてくれよ。」

 孝治は薫の左手になる決意をしました。 次回は仲間たちとバンドでも組むんでしょうか? 薫たちがどこまでいけるのか、注目です♪o(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2006年8月15日 (火)

初心者運転チー子がもたらした波紋・・・『レガッタ』第5話

 こんばんは~♪ 2時間半前にかみさんの郷から帰ってきました。 駐車の問題も、何もなく、今までどおりかみさんの家の傍に路駐できましたし、取り締まりをやっていた場合の駐車場も、近くにライフがあって、そこの駐車場が24時間駐車可能で、最大800円という安さだったので、安心しました♪ これなら、次回以降も車で里帰りできます♪ 柏原市のライフさん、Thank youって気持ちです♪(#^_^#) 今後もこの値段でおねがいします♪

0501  『レガッタ』⑤をアップします♪ チー子は兄の車を借りて、車の運転を始めました。 免許を取ったばかりで、人を乗せて運転したいんてすが、付き合っている大沢もたじたじです。 買い物の帰りの操と八木を捕まえて、無理やり乗せたのが運の付き。 運転操作が未熟で、ついつい高速道路に入ってしまいました。(^O^) まるで、クレヨンしんちゃんのミサエさんみたい~♪ たどり着いた川沿いでBBQをすることになりました。

 不器用な包丁さばきの大沢とは対照的に、八木は手馴れた感じ。

 「お袋の代わりに料理作ってましたから・・・。」

 八木の知られざる一面です。  大沢は操と葉っぱを使って、舟遊びわ始めました。  操はすっかり童心気分。 しかし、お互い、気持ちは惹かれあっていることに戸惑い、大沢はつい心にもないことを言ってしまいます。

 「羊と付き合えよ。」

 チー子も、まるで恋人のように仲の良い二人を、嫉妬して見ていました。

 ある日の練習で、八木と呼吸の合わない大沢を見て、滝が、バラバラだと、それでは風の向こう側にはいけない、と苦言を残しました。 そして、宮城がふるさとだと大沢に行った後、いいました。

 「良かったら、宮城へ来て見ないか?」

 ある夜、食堂で、操と話しているうちに、気持ちが傾きそうになった大沢は、

 「面倒くせえんだよ。 お前も倉田も・・・。」

 それを見ていた八木が操に言いました。

 「僕は大沢さんのように逃げたりしません。 僕じゃだめですか。」

 八木の操への想いが、操の心を少し動かしました。 そして、二人は唇を重ねていました。

 八木の優しさが良い感じでした。 でも操も大沢も、惹かれあっていること変わりはありません。 二人がどうなっていくのか、チー子はどうするのか、そして、大沢のナショナルチーム入りはどうなるのか、次回、大注目です♪(#^_^#)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月14日 (月)

インターネット・カフェにきています♪

 昨日から、かみさんのさとに来ています。 今日は、本当は子供たちを近所のプールへ連れて行く予定だったんですが、プール吸排水口事件の影響でしょうか? プールは点検のため閉まっていると、かみさんが言っていたので、仕方がないので、車で10分ほど走ったところにあるインターネットカフェで漫画やゲーム、パソコンなどを楽しむことにしました♪ 

 八尾市になるんでしょうか? 太子堂にあるインターネットカフェで、ビルのなかには、飲食店も結構入っています。 ここは1時間ごとに400円upで3時間だと900円となるシステムになっていて、 とりあえず、ここで3時間過ごすことにしました。

 家族できたので、ファミリールームを選んだんですが、思ったより狭くて、暗い。 よい点といえば、シートが畳敷きになっていて、テーブルが真ん中にあるんですが、その下が掘りゴタツのようになっているので、胡坐をかかなくていいこと。 ただ、パソコンが1台しかないので、こういう部屋よりも1~2名で一室を選んだほうがいいようですね。 ここは、残念ながら、本は漫画ばっかりで、小説などは置いていません。 雑誌はあります。 DVDやプレステがあるのが救いでしょうか?  ドリンクは飲み放題なので、損した気分にはなりません。 欲を言えば、このファミリールーム、入り口が狭く、靴が3足程度しか置けない・・・。 設計ミスと言いたいですね。 

 皆さんは、この盆休みはどのように過ごされているんでしょうか? 僕は、明日、帰ります。 ドラマのアップは明後日以降にさせていただきます♪ 以上、現場レポートでした♪

 追記: プールが休みというのは、かみさんの口実でした。 要するに、下の子が風邪気味だった事と、かみさん自身が女性ならお解かりの例の日で、正直なところ行きたくなかったそうです。 僕が、皆が泳いでいる間、インターネット・カフェに行くって言っていた事も、行きたくなかった理由の一つだそうです。  せっかく水着一式持ってきたんだから、行ってきたらいいのに、と思いつつも、あの日はやっぱり可哀想かな、と思うひろくんでした。(f^-^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

関西風お好み焼きの焼き方・・・『結婚できない男』第6話

 おはようございます♪ 今日から僕もお盆休みに突入です♪ 今日からかみさんの郷にお邪魔しに行くんですが、いかんせん車を駐車する場所がない。 かみさんは車でいくことを望んでいますが、駐車違反の取締りが厳しくなったため、路上駐車というわけにもいかず、近くに安い100円パークみたいなところはないか、探しています。 あればいいんですが、なければ、電車で荷物背負って行くことになります。

 まあ、今朝は下の娘が、どういうわけかオネショをしてしまったので、出発は大分後になりそうです・・・。(^-^;ゞ  その間、じっくり検討したいと思います。

 また、昨日、通り道となる国道171号線がもの凄い渋滞だったので、今日はどの程度の渋滞になっているのか、確認してから、決めたいと思います。

 本編に行きましょう♪  『結婚できない男』⑥です♪

Pic06_03_1 桑野は建設現場で、隣の住人、八木に「おがくずが飛んできている。」 と、クレームを言われました。 些細なことで親方と口論になり、右手が八木に当たりました。 摩耶に謝りに行くよう勧められ、桑野は渋々、八木がオーナーをしているお好み焼きチェーン店へ行くことにします。 でも一人では行き辛くて、なぜか夏美を誘いました。

 「お好きなのは、関東風ですか? 関西風ですか? 広島風ですか?」

 よくわからない夏美はただ愛想笑いするだけ。 そこで桑野は関西風お好み焼きを伝授します(^-^;)。

 「マヨネーズはかけないんですか?」

 「邪道です!」

 へ~、マヨネーズはかけないんだぁ~。 関西人である僕は始めて知りました。

 かみさん、なにわ生まれの河内育ちだけど、何の迷いもなくかけてるけどなぁ~。 たっぷりと・・・。

 そこへオーナー八木がやってきて、 「別に楽しければ焼き方なんでどうでもいいんですよ。 今日はビール、私のおごりにしますから。」

 そのことで、機嫌をとりもどした夏美でした。

 次の日、摩耶が新しい仕事を取ってきました。 人気イラストレーター結城邸の新築工事です。 桑野にあって決めたいという結城の意向で、結城のパーティーに皆で出席することにしました。

 「どうですか? 僕のこの作品は?」

 「なんというか、興味深い作品ですね。」

 桑野に気に入られたと思った結城は、この仕事を桑野に任せることにしました。

 しかし桑野自身は、結城の作品も、家に対する考え方も好きになれず、おまけに一緒に来ていたみちるに、しつこくメールを送っていることを聞かされ、この仕事を降りることにしました。 

 困った摩耶は夏美に説得するよう頼みにきました。 夏美は八木の店に誘い、なんとか口説こうとしましたが、それは実りませんでした。

 「僕はただ、良い家が作りたいんです。 その点だけは妥協できません。」

 「しょうがないですね・・・。 ホント、しょうがない人です、あなたは・・・。」

 翌日、夏美が、謝るために摩耶に電話すると、

 「あの仕事、やるって言ってます。 どうやって口説いたのか、あの人を操縦する方法を教えてください♪」  と、礼を言われました。  「なんで?」

 まんが喫茶でみちるに理想の男性像を聞かれた夏美はこう言いました。

 「その人が何を考えているのか、ちゃんと理解できること。」(^o^)

 KENちゃん、今回はまずまずの活躍でしたね♪ ホント、桑野を見つめるKENちゃんは良いです♪

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年8月12日 (土)

大腸がん手術など、いろんな記事書いてますo(^-^)o・・・過去記事より

 今日は半日出勤だったんですが、いろいろあって3時まで仕事をしていました。(^-^;ゞ

 世の中、思うように行きません。 道は帰省ラッシュで大渋滞。 国道171号線なんか、高槻から京都の東土川まで、数十キロの渋滞でした。 仕事そのものは大したことなかったんですが、このラッシュの影響で会社に戻るのがかなり遅れてしまいました。(-_-メ)

 昼から、ドラマ三昧するつもりだったんですが、いまのところ2本しか観れていません。  また、今週は、盆前だったせいか、異常に仕事が忙しくて、毎日10時過ぎ帰宅でした。 そのため、全然、ドラマは観れていません。 明日から3日間、かみさんの郷へ行ってくるので、ドラマのアップは、たぶん2本程度しかできないと思います。

 ホント、すいません。<m(_)m>  盆後にまとめてアップしたいと思います。o(^-^)o

 さて、ここでは、僕の過去の記事をいくつか紹介したいと思います。

 去年の夏、『電車男』にはまってからは、すっかりドラマにのめり込んでしまって、ドラマの記事が中心になってしまっているんですが、それ以外でどんな記事を書いているか知って頂きたくて、ついつい書いてしまいました。  主に、生活、健康、家族などで紹介している記事です。 よろしかったら、覗いて見てください。

 まずはおふくろの大腸がんのことを書いた記事です。

 ☆「おふくろの入院・・・ (;ヘ;)」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/post_c1dd.html)

 ☆「明後日、手術します(^.^;...」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/post_84be.html)

 ☆「癌の手術、想像以上の・・・」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/post_984b.html)

 ☆「続・癌の手術、想像以上の・・・」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/post_1d7a.html)

 ☆「生命力の神秘・・・(o^_^o)」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/o_o_45d2.html)

 ☆「続・生命力の神秘・・・(o^_^o)」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/o_o_2063.html)

 ☆「生命力の神秘<その3・・・(o^_^o)」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/3o_o_fede.html)

 つぎは僕自身がよく見る夢の話です♪

 ☆「どんな夢をよく見ますか?」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2005/11/post_d55f.html)

 ラジオで聞いた感動の話もあります。

 ☆「ラジオ番組ネタ・・・『娘の万引き』」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/cat3459301/index.html)

 他にも、花粉症の記事や、娘のニンテンドーDSについての記事もあります。

 ☆「花粉症治療に行きましたo(^-^)o 魔法の注射『アサワ医院』」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/03/oo_12da.html)

 ☆「続・花粉症治療o(^-^)o:魔法の注射『アサワ医院』」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/03/post_ede5.html)

 ☆「ニンテンドーDS、修理代・・・(T_T)」→(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/02/dst_t_d156.html)

 

 ドラマのほうもよろしくお願いします♪ それではおやすみなさい~♪(^。^)/~~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

アクセス解析の結果にびっくり(@_@!・・・人気上位記事ベスト5

 つい最近、NIFTYのココログ・ベーシックにも導入されるようになったアクセス解析の結果を観ました。 これは自分のブログに関して、その日のアクセス件数だけでなく、どの記事にアクセスが集まっているか、月日別に見ることができます。 関心したのは、ここ一週間、一ヶ月間、四ヶ月間という尺度でも見れるので、総合的にどうなのか知ることができます♪ さっそく、その結果を見てみました。 

 面白いことに、トラックバックの多いもの、コメントの多いものが必ずしも上位に来ていません。 時事ネタや生活ネタのほうが、長い目で見ると、上位に来るようです。(・・;)  僕のブログの、ここ一ヶ月の結果を、アクセス数順で、訪問者数の割合付きで報告します♪o(^-^)o

 1位:「夏ドラ、主題歌・挿入歌・・・、どの曲がいい(?_?)」  27.4%

     →(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/07/__2b79.html

 2位:「秋田児童殺害、畠山鈴香容疑者のような人は身近にいないか?(=_=)」  10.8%

     →(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/06/__17fe.html)

 3位:「夏のドラマ、一通り出揃いましたね♪(#^_^#)」  7.4%

     →(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/07/__73e2.html)

 4位:「続・夏のドラマ、一通り出揃いましたね♪(#^_^#)」  4.0%

     →(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/07/__cb00.html)

 5位:「ニンテンドーDS、修理代・・・(T_T)」  4.3%

     →(http://michiko-0331.cocolog-nifty.com/hiroroom/2006/02/dst_t_d156.html)

 驚いたのは、古い記事が上位に食い込んでいることです。 5位の記事なんか半年前の事ですし、2位の記事も6月のもので、必ずしも新しいから上位に来るわけではないようです。 今後も、皆さんが観て、恥ずかしくないような記事を書いていきたいと、思っています。o(^-^)o  よろしくお願いします♪<m(_)m>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プール吸排水口事件は身近にも起こりうる。(-_-)

11_photo_1  今、世間を騒がせている「プール吸排水口事件」について、ちょっと考えたいと思います。

 この事件、死に至ったのは今回が初めてかもしれませんが、排水口のボルト部分がバカになっていて、使えなくて、仕方なく針金などで固定しているプールは、少なくないと思いますよ。 ボルトなど金属の部分は、錆びるという特性を持っていますから、防水加工を施さない限り、いずれ駄目になる訳で、ボルトのように締め付けるものは事実上、それは不可能だと思うんですよ。 いずれ外れて、溶接などで補強しなければいけなくなる。 でもその資金と時間をケチってやらないところが多いんじゃないでしょうか? 少なくとも、直接、市民の身の安全に関わる部分は、厳しく規制すべきなんですよね。

 文部科学省は1996年以降、教育委員会に、吸排水口のふたをボルトなどで固定するだけでなく、パイプ部分に吸い込み防止金具を取り付けるよう通知しているんですが、これを怠っていたのが432箇所、ふたの固定が不十分だったところは13箇所にのぼるそうです。 こういうのって、商売で言えば、客の立場に立っていないですよね。 ちゃんと見回っていないか、報告があっても無視しているか・・・。

 公共の悪い部分は、使う人の立場に立たずに、自分達の都合で考えてしまうことです。 昔と比べると、少しずつではありますが、市民よりの管理になってはきていますが、依然として、頭は固いのにいい加減な管理をしている市役所もありますよね。 年金の事だって、ちゃんと払っているのに未払い扱いなんて、管理体制がいい加減な証拠です。 なんで人を見下ろしたような応対をするんだろう、と思うときもありました。

 まあ、それはともかく、公共事業はいつも市民のためのものであるべきで、役所勤めの管理者の給料のためにあるわけでばありません。 よけいなことに金を使うんじゃなくて、一番大切な部分に投資すべきなんです。 安心できる施設作りをするために、見るべきところはしっかり見て欲しいものです。(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

誕生日のプレゼントに・・・『タイヨウのうた』第4話ほか

 おはようございます♪ 今日は、朝6時に起きて、墓参りに行って来ました。 早朝だというのに、駐車場はほぼ満車。 皆さん、早起きです♪ というか~、暑くなりそうだから、早いうちに済ませて、ゆっくり、一日を過そうってことでしょうね。 休みの日に、こんなに早く起きて、用事を済ませてしまうと、まだ10時前だというのに、そろそろ昼飯の時間のように錯覚してしまいます。f(^-^;) その分、ゆっくり、ブログが書ける訳ですが・・・。(^-^;ゞ

Report_thumb_15_02  まずは、『タイヨウのうた』④から・・・。 

 観覧車の一件以降、部屋に引きこもり、弾き語りを辞めてしまった薫。 心配した父親は、お礼がてら孝治に会いに行きました。 孝治と話しているうちに、薫が弾いているギターが孝治のものだったこと、薫が変わったのも孝治が原因だったことを知り、孝治を薫の誕生日に招待することにしました。

 「もしかしたら、これが最後の誕生日になるかもしれないから・・・。」

 薫の誕生日パーティー。 父親からのプレゼントは、捨てたはずの薫のCDでした。 

 一番やりたいこと、辞めて欲しくなかったから・・・。」

 そこへ孝治がやってきました。 孝治からのプレゼントは手作りのピンクの防護服でした。

 「いろいろ探してみたんだけど、見つからなくて、自分で作ってみた。

 ちゃんと紫外線を通さない布でつくってあるから・・・。」

 その後、毎日、夜明け前に、孝治は薫の家を尋ねてくるようになりました。 うたを続けて欲しいと、訴えて。 そんなある日、窓の外の何人かの薫コールに驚いて外を見たら、防護服姿の4人が・・・。 孝治とその友達がゴレンジャーのポーズを決めて言いました。

 「薫ちゃん、桃レンジャーね♪」

 薫は呆れて、カーテンを閉めました。 

 「怒らせちゃったかな?」 

 暫くして、玄関が開き、ピンクの防護服を着た薫が現れました。

 日中、防護服を着て、路上ライブのびら配りをする5人。 子供たちの前でゴレンジャーのポーズをする頃には、薫も笑顔になっていました。

 路上ライブ当日。 あれだけびら配りをしたのに、集まったのは仲間達だけ。 でも薫が歌いだすと、びらを持った人々が続々と集まりだし、いつの間にか、観客で溢れていました。o(^-^)o

 最近、オープニングの柴崎コウの曲が耳に馴染んできました。 柴崎にしては普通の曲だと思うんですが、ドラマの感じに合ってるのか、良い曲に感じます。 そろそろ発売なんですね♪

 ところで、工藤は薫をゴーストライターとして使うつもりなんでしょうか? 麻美の行動が気になります。o(^-^)o

Mb1_1024_768__2  次は、ついさっき、朝飯を食べながら観た、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』⑤です♪o(^-^)o

 肝試し大会で逃げ出して、すっかり、ひかりに嫌われてしまったマッキー。 まるで反抗期の高校生のようにぐれてしまいました。

 星野にぐれ方を教えてもらうんですが、その内容が低レベル。(^O^)

 パチスロに、コンビニの前でアイスキャンディー食べたり、ナンパしたり・・・。  そんなマッキーを桜小路が尋ねてきました。

 「皆、心配してるよ。」 早紀たちもやってきて、

 「女心をわかってないなぁ~。 ひかりは嫌いじゃないんだよ。」

 その言葉に救われた思いのマッキー。 三者面談のことを思い出し、あわてて学校へ。 教室に入ると、百合子先生と父親が話しをしていました。 「あいつはこの学校で大切なものを学んでいる。」と感謝すると、百合子が言いました。

 「変わっているのは榊くんだけではありません。 榊くんが来てから、クラスも変わってきています。 そして私自身も・・・。」

 百合子もまた、父親に頭を下げました。 

 消防訓練で、皆をエスコートするマッキー。 ホースの扱いが下手で、クラスメートに手助けされました。 ひかりもその中に入り、最後は真喜男に笑顔を浮かべました。o(^-^)o

 三者面談、良かったですね♪o(^-^)o 父親の言葉、百合子先生の言葉、とても素敵でした♪ 黒井は百合子先生の肝試しの仮装姿を見て、美しい、と言いましたね♪(^O^) そして代理父として出席するために、選んでいた衣装も笑えました。(^O^)

 我が家では、家族揃って、このドラマを楽しんでいます♪ 次回は部下の和弥も学校へ行くんでしょうか? 要注目ですね。(^o^)

Story4_pic9  最後は『サプリ』④です♪ う~ん、いきなりガチャピンですか・・・。 亀梨くん、遊ばせ過ぎですよ~。 恋愛モードに入ると、顔文字が使いたくなる・・・。 う~ん、そうかなぁ~。(^-^;ゞ

 ミナミはすっかり、荻原に恋愛モードでしたね。 荻原はミズホとのこともあり、少し時間がほしい。 そんな中、香月ミカの発表会の招待状の日付が間違っていることに気づき、皆、客数確保に大あらわ。 なんとか無事、集めることができ、石田は香月ミカのサインをもらえて、すっかり上機嫌。  ミナミは記念品の整理中に荻原にキスされ、少し幸せモード。 しかし、その後、荻原の携帯を取り出したミズホに関係がばれてしまいます。 

 ミズホはある意味、魔性の女なのかも知れません。 荻原に近づいた女性には、牙をむけるかも。

 今岡は娘に、「パパは誰とも結婚しない。」と言ってました。 あれは本心でしょうか? それとも、娘へのポーズなんでしょうか? 

 

| | コメント (1) | トラックバック (12)

2006年8月 5日 (土)

ロール・キャベツの味(>_<)・・・『結婚できない男』第5話ほか

 今日も暑い一日でしたね♪ 僕はかみさんの付き添いで、町の主催の、中国拳法の半日体験を受けに行く予定だったんですが、会社の急な会議が入って、久々の土休だったのに休日出勤することになり、あえなくお流れ・・・。 かみさんと下の娘が行って、僕は留守番役。 午前中はドラマを2本観て、それから昼一にある会議に出かけました。 2時過ぎには帰宅して、いつものようにかみさんの買い物に付き合って、さっきまで、ビール飲みつつ、うとうとしつつ『レガッタ』を観てました♪

Pic05_04_1  3本アップします♪ まずは『結婚できない男』⑤です♪ 

いきなり一人掃除から始まりました♪(^O^) 潔癖症なんでしようか? これでもかってくらいに雑巾がけしてましたね。 便器のカバーが倒れてきても全然めげず、終わった時の達成感に満ちた表情・・・(‥;)、でもしっかりオチが付きましたね。 大事な書類まで捨ててしまい、ごみ置き場に直行でした。

 仕事はやる気満々の桑野さん。 3つも仕事を抱えて、食事も落ち着いて作る間もありません、と言いたいところですが、潔癖症が祟って、余計なことで時間が食われてしまい、過労で倒れてしまいました。 入院しても、体調がマシになったら、そそくさと病院を抜け出して、仕事のために自分の家へ。 でも大切な設計データの入ったUSBメモリーを病院に落してしまって、それを見つけた夏美が、診察をすることを条件に届けることに。 しかし、隙を付かれて、メモリーは桑野に奪い取られてしまいました。

 夏美はみちるの部屋で、心配して来た村上と共にお食事会。 いろいろ、桑野のことを話していたら、妙な音が・・・。 KENちゃんが壁に向かって見つめているのを見て、夏美が、「まさか倒れているんじゃ・・。」と、3人で隣へ向かいました。 防犯壁を破って、部屋に行くと、牛乳をこぼして、椅子にグデーっと座っている桑野の姿がありました。

 幸い、桑野は気が付き、いろいろと言葉のやり取りをしているうちに、夏美がそっと部屋に忍び込みました。 誰も入れたがらない部屋で、二人だけの診察が始まりました♪  翌朝、夏美とみちるが作ってくれた料理を、桑野は頂きました。 夏美のロールキャベツは塩辛くて煮込みすぎ・・・。

 「あいつ、一生、結婚できないな。」 

 あんたも一緒でしょ~。(=_=)

KENちゃん、今回は良いところで活躍していましたね♪ じっと壁の向こうを見つめる姿はなかなか良かったです♪ 次回もKENちゃんに期待期待。o(^-^)o

Repo11_11  次は、『花嫁は厄年!』⑤です♪

 明子の些細な一言で、次郎が上京してしまいました。 彼を連れ戻すために明子は東京へ。 テレビ局の仕事をさせて貰おうと、次郎は首都テレビを見学。 明子はなんとか福島に帰ってもらおうと、一郎に相談しました。

 「次郎はおふくろに認めてほしいんや。」

 「どうして、そんなことわかるの?」

 「オレもそうやったからや。 オレだけやない。 安土家のものは皆そうなんや。 解かってないのはおふくろだけや。」

 明子は、兄に勝ったら居てもいいけど、負ければ帰るという条件で、唯一兄に勝てそうだと言う、畑耕し対決を画策します。 結果は一郎の勝ち。 次郎は安土家に戻りました。

 幸恵に、「兄との勝負に負けて、帰って来ました。」 と言うと、幸恵は

 あなたの良いところは約束した事を守ることです。」 と言いました。 

 初めての母の褒め言葉でしょうか?

 一件落着ですが、幸恵が隠しカメラを見つけてしまったようです。

 次回、波乱の展開になりそうです。o(^-^)o

 今回は小山慶一郎くんが中心でしたね♪ NEWSの活動休止以降、ドラマづいています。 歌のほうは、山ピーみたいにユニットやらないんですかね?

 それはともかく、次郎の貯金箱は全て開けられて、空になってしまいました。 いったい幾ら入っていたんでしょうね♪

0402  最後は『レガッタ』④です♪ オーバーワークによる怪我で休まざるおえなくなった八木。 操に倉田と大沢のダブルスカルの映像を見せて欲しいと頼みました。 あの、急にオールが軽くなった感じはなんなのか。  其の頃大沢は、滝にレースを持ちかけられました。 デッドヒートをしているうちに急にオールが重くなり、その変化に気づいた滝が漕ぐのを止めて言いました。 

 楽しかったよ。」

 滝は全日本のマネージャーにこう言いました

 「あいつはまだ見えていないんだなぁ。」 

 滝に話を聞きに行った操は、単刀直入にこう切り出しました。

 「風の向こう側ですか?」

 「オリンピックにいけますか?」 イエスと言われ、倉田がかつて語っていた風の向こう側の入り口に大沢が来ていることを知りました。

 「風の向こう側にはもう一つ上の世界がある。」

 滝はパートナーを探しているんでしょうか? とりあえず、大沢が全日本の候補の一人であることが明らかになりました。 次回は八木の操への恋心が波を立てそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »