« パパの作ったお弁当・・・『家族』第2話 | トップページ | シンデレラは貧乏人とは結婚しないんだ・・・『たったひとつの恋』第3話 »

2006年10月28日 (土)

約束は守らなければなりません・・・『僕の歩く道』第3話

 夕方近くに観ていた『僕の歩く道』第3話をアップします♪o(^-^)o

Pic03_04  幸太郎(須賀健太)は算数のテストで96点を取り、クラスで一番になりました。 母との約束では、一番になれば、ゲームを買ってもらえるはずだったのですが、母・真樹(森口瑤子)は、「この問題なら100点取れたはず。」と言って、公約を守りませんでした。

 幸太郎は遠足で、輝明(草薙剛)の勤める動物園にやってきました。 輝明はふれあい広場に来た幸太郎を見つけると、声をかけました。 三浦(田中圭)は気を利かして、輝明にテンジクネズミの解説をするよう指示しました。 が、緊張してしまって、喋る事ができませんでした。

 「失敗した。」

 幸太郎は動物園のことを真樹に話そうとしましたが、母は、

 「今度のテストは失敗しないように頑張りなさい。」と言い放ってしまいました。

 幸太郎は塾をサボってゲームセンターへ。 そこで、お金を使い果たしてしまいます。

 一方、輝明は、今日もテンジクネズミの解説ができませんでした。

 そんな時、河原(葛山信吾)が都古(香利奈)を訪ねて動物園にやってきました。

 やや、気まずそうに話しているところに輝明がやってきました。

 「こんなところで油売ってちゃいけないよ。」

 「いいの。 今は昼休みだから・・・。」 

 都古は二人を紹介すると、「じゃあね、テル。」と言って、ベンチに座りました。

 河原が少しだけ離れて座ると、なぜか輝明が間に座りました。(^O^)

 気まずく感じた河原は去っていきました。

 「テル、晩御飯、食べに来る?」  輝明は都古の家に食べに行きました。

 輝明が休みの日、留守番を里江(長山藍子)に頼まれ、野菜を切っていると、幸太郎がやって来て言いました。

 「輝明おじさん。 お金、持ってる?」

 「持ってる。」

 「千円頂戴。」

 「いいよ。」  気前よく返事する輝明に驚いた幸太郎は、こう言いました。

 「やっぱり、五千円!」

 五千円もらって、幸太郎は、

 「僕に五千円くれたこと、誰にも言わないで。 約束して。」 と、言い、輝明も

 「約束は守らなければなりません。」 と、言いました。

 幸太郎が去った後、輝明はお小遣い帳に「あげたお金、五千円 残高248円」と記しました。

 翌日から、輝明は昼飯代が払えなくなり、三浦に立て替えてもらうようになりました。 都古は三浦にその金を支払いました。

 食堂での昼食の場面、三浦と輝明の座る位置、気づきました? 輝明はずっと同じ場所だけど、三浦は真横に座ったり、向かい側に座ったり・・・。 前回と比べると二人の距離が縮まっています。o(^-^)o 三浦が輝明を悪く思わなくなった証拠ですね♪

 心配になった都古は輝明の家を訪ねました。 里江にこの事を話し、里江は都古を夕食に誘いました。 

 輝明の貸したお金の事は夕食の場でも話題となりました。 その時、りな(本仮屋ユイカ)は幸太郎の態度が不審なのに気づきました。

 次の日、里江は輝明に諭しました。

 「これからはお金をあげたり、もらったりしてはいけません。」

 一方、りなは幸太郎を呼び出しました。

 「何に使ったの?」

 「輝明おじちゃん、約束やぶったんだ・・・。 喋ったんだ・・・。」

 「輝明おじさんは幸太郎のこと、一言も喋っていないよ。」

 「私も輝明おじちゃんからお金をもらったことがあるの。 誰だって、嘘をついたり、約束を破ったりすることぐらいあるものでしょ? でも、輝明おじちゃんは違うの。 幸太郎との約束も、嘘をついちゃいけないって事も、両方守ろうとしたの。 それって、幸太郎にできる?」

 里江は真樹と買い物へ。 留守を預かった輝明は、キャベツの千切りをまかされました。 そこへ幸太郎がやってきました。 話しかけようとすると、電話がなりました。 輝明が出ると、またセールスの電話です。 輝明が困っていると、幸太郎が手を差し伸べました。

 「貸して・・・。」

 幸太郎は受話器を受け取ると、 「セールスはお断りです。」 と、言って、電話を切りました。

 「ありがとう。」(輝明)

 「ありがとう。 約束、守ってくれて・・・。」(幸太郎)

 「僕の事、怒っている? 動物園の事、怒っている?」(輝明)

 幸太郎は笑顔を浮かべて言いました。

 「怒ってないよ。」

 輝明は少し微笑んで言いました。 「セールスはお断りです。」

 次の日、テンジクネズミの解説が言えなくて、三浦が例によって代わろうとした時、輝明が語りだしました。

 「テンジクネズミの体長は・・・」 そこまで言って、不安そうな目で都古を見て、都古が、大丈夫だよ、と笑顔で頷くと、再び、輝明は水を得た魚のように解説を始めました。  三浦や古賀、園長までもが驚いた表情で輝明を見守っていました。o(^-^)o

 ラストシーンには涙がこぼれました。 輝明にとって障害となっていた幸太郎のこと、それが解決して、心の緊張が少しほぐれたんでしょうね。 幸太郎に「怒ってないよ」と言われたとき、窓から眩しい光が差していましたが、輝明の心にも光が差したってことでしょうね。 幸太郎も、言って欲しかった言葉、つまり、自分を褒めてくれたり、感謝してくれたり、想ってくれたりして欲しかったわけで、「ありがとう」と輝明から感謝されて、少し心が洗われたようです。 それにしても、真樹はルーズな女性ですね。 一生懸命さは認めますが、優しさがないし、感受性が低いです。 里江と買い物へ行く時の会話で、どうして幸太郎が疑われていると思わないんでしょう? 心に余裕がないんでしょうか?

|

« パパの作ったお弁当・・・『家族』第2話 | トップページ | シンデレラは貧乏人とは結婚しないんだ・・・『たったひとつの恋』第3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 約束は守らなければなりません・・・『僕の歩く道』第3話:

» 僕の歩く道 第3話:約束と裏切り [あるがまま・・・]
やっと言えた…(ノ_・、) うるうる 三浦さんでさえ、最近になってやっと任せてもらえるようになったテンジクネズミの説明。 いくら暗記してるからと言っても、テルにはまだまだ無理だよ〜との気持ちで見てたのに! テル、すごいよ〜〜〜{/hakushu/} 今回はテルの甥・幸太郎のお話でした。誇らしげに96点のテストを見せる幸太郎。 てっきり誉めて貰えると思ってたんだろうに、無情にも母である真樹は 出来た事を誉めるどころか間違った事を責めて... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 19時54分

» 僕の歩く道第三話 [日々雑用]
約束と裏切り:月9「のだめカンタービレ」を見て火10のを [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 20時03分

» 僕の歩く道 第3話  [くつろぎ日記]
セールスはお断りです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 21時06分

» 《僕の歩く道》 #03 [まぁ、お茶でも]
人前でかなり緊張し、失敗した経験から輝明は、たくさんの目があるところでは極度の緊張状態になり、一言も口が聞けなくなってしまう。毎日、試練の場に居て、いまだにできない。甥の幸太郎が遠足で来たとき... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 21時11分

» 『Dr.コトー診療所2006』 第3回「秘密の贈り物」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
個人的には「待ってました」の回です。 普段着のミナ(蒼井優さん)、よすぎです。 オイラとしては、看護師姿よりかなりいいです。 採血の列ができなかったシーン。 なかなかきっついわ。笑っていいのやら。どう反応すべきだか。 確かに怖いわ。 前作を見てる方なら、たぶんわかったんでしょう。 ひなちゃんが島に来た経緯が。 オイラぜんぜんわかんなかったです。 たぶん、あの夫婦もいろいろあって、島に来たんでしょう。 �... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 08時33分

» 一日目のご飯は。。。 [今日の晩御飯 ]
みたらおなかいっぱいになる話?! [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 10時02分

» 田中圭のプロフィール [田中さんのブログ~田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや~]
田中圭(たなかけい)1984年7月10日生まれ。東京都出身の俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。血液型はO型。身長177cm。渋谷教育学園幕張中学校・高等学校卒業。2006年からフジテレビのバラエティ番組・「トリビアの泉」のVTRに度々登場し、何の脈...... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 13時11分

« パパの作ったお弁当・・・『家族』第2話 | トップページ | シンデレラは貧乏人とは結婚しないんだ・・・『たったひとつの恋』第3話 »