« 僕が、奥さんに浮気の事実を伝えます・・・『今週、妻が浮気します』第5話 | トップページ | 結婚指輪とAV女優・・・『今週、妻が浮気します』第6話 »

2007年2月18日 (日)

すきやきとcafeジロー・・・『花より男子2リターンズ』第7話

 昨日、観た『花より男子2リターンズ』第7話を手短にアップします♪o(^-^)o

Cap002  タマ(佐々木すみ江)は、つくし(井上真央)を使用人として使うことを決めました。 それに反発する司(松本潤)。 では、坊ちゃん専用の使用人にするという提案に、メイドチックな想像をしてしまう司。 タマに任せる、と、OKしてしまいました。 つくしは嫌がりますが、タマは、

 「ここでは私が法律だ。」 と、押し切ってしまいました。

 つくしが登校すると、類(小栗旬)が教室に訪ねてきました。 例の階段で、今、使用人として働いていることを話しました。 

 「でも、司のこと、呼び出したんだよね。 バレンタイン・・・。」(類)

 「それは・・・、もう遅いって話をしたんだ。 そう簡単には、元には戻れないよ。」(つくし)

 「悩んでいるんだ・・・。 牧野を悩ませている原因の一つに俺がいるよね。 俺にもまだ可能性はあるってことなのかな?」

 つくしは答えられませんでした。

 夜、司の部屋の掃除に来たつくし。 使用人らしく話すつくしに司はいいました。

 「二人のときは、普通に話せよ。 これは俺様からの命令だ。 今までどおりにしろ。」

 「うん・・・。」

 司は尋ねました。

 「この前、言ったこと・・・。 それって、もう一度、俺ときちんと向き合うってことだよな?」

 そういうと、つくしを後ろから抱きしめました。

 「牧野・・・。 俺はお前に命を掛ける。」

Cap004  その光景を影からタマが見ていました。 そこに美作(阿部力)が訪ねてきました。 なぜかテーブルをモップで拭くつくし。 床の掃除を始める司。 西門(松田翔太)が最近、連絡が取れないので、心配になって来たと言いました。 その時、つくしの携帯が鳴りました。 千石屋の幸代(加藤たか子)からで、優紀(西原亜希)と連絡がとれないと。 千石屋に来たつくしに幸代が言いました。

 「優紀ちゃん、今年は、西門さんにアタックって感じだったし、振られて、ショックで・・・。」

 司の家に戻っても、落ち着かないつくし。 優紀に電話しても繋がりません。 司が心配して、つくしの部屋に入ってきました。

 「相談に乗れることがあったら、乗ってやるぞ。 何かあったのか?」

 「優紀と連絡、取れなくて・・・。」

 「今から探しに行くか。」

 つくしの手を取り、外へ飛び出しました。 滋(加藤夏希)は、たまたまその様子を目撃してしまいました。

 「総二郎も家に戻っていないらしい。」

 通り道でホットドッグの販売車を見つけ、それを買う司。 つくしに半分渡すと、

 「腹が減ったら、戦が終わるってな。」

 「戦が終わるって・・・、そんなら、食べないままのほうが良いじゃん。」

 「いいから、食えよ。 NYでは二人で食えなかったしよ。 今は、こうしてお前といると、何が本当に一番大事か、良く解る。」

 二人はホットドッグを口に入れると、口を揃えて言いました。

 「マズ。」 「うえ~、マズ、マズ。」

 翌日、西門のことを二人に話す美作。 去年、幼馴染みの初恋の女性と再会して、その女が、バレンタイン以降姿を消したことを言いました。 でも、その人には高一の時に振られていて、正体もわからないと言う。 つくしは優紀の言葉を思い出しました。

 「もしかして、更さんが・・・。」

 茶道教室を訪ねると、更は辞めていました。 引っ越したと聞いて、つくしはその場所を尋ねました。

Cap006  一方、西門は山奥の陶器の作業場に来ていました。 そこに更(貫地谷しほり)がいました。 西門は昔のことを思い出しました。

 「そう言えば、更の親父さん、陶芸が趣味だったよな。 昔、ガキの頃、来たよな、ここ。 うちの家族と、更の家族で。 あっこれ、区民センター行ったらあって・・・。 昔、ここで買った物だよな。 そうおもったら、ここが急に懐かしくなってさ・・・。」

 更が置き忘れていた陶器の茶碗です。

 「何時に終わる?」

 「もうすぐだけど・・・。」

 「それまで、こっちに居ていいか?」

 「うん。 ちょっと待ってて。」

 一方、優紀の居場所は美作の捜査で、東京タワー付近に居ることがわかりました。 つくしと司は優紀を見つけましたが、優紀は倒れてしまいました。 つくしの部屋で目が覚めた優紀は、西門のことを話し出しました。

Cap008  「バレンタインの日にね、西門さんにチョコ、渡しに来たんだけど、西門さん、あたしだけあっさり、部屋に上げてくれて、一人で舞い上がっちゃったんだけど・・・。」

   「あのさぁ、ちょっと聞きたいことがあるんだけどさぁ・・・。」(西門)

 西門は更の茶碗を取り出しました。 

   「更は、ずっとあそこにいたの?」(西門)

   「西門さんが訪ねてきた次の日に、更さん、辞めましたけど・・・。」(優紀)

   「まじかよ・・・。」(西門)

 「ショックを受けている西門さんをみて、私もショックだったけど・・・。」

   「更さんって、あの時、朝の6時に呼び出した人だったんですか?」(優紀)

 「去年のバレンタインに、西門さん、朝の6時に呼び出されてね・・・。」

 去年のバレンタインの日――

   「あのさぁ、バレンタインの日に告白するのに、朝の6時に来いって奴、いるかなぁ? しかも、東京タワーの見える、ビルの屋上なんだよ。」(西門)

   「何ですか、それ。 超意味不明ですよ。」(優紀)

   「だよね。 行ったら馬鹿見るよねぇ。」(西門)

   「絶対行っちゃだめですよ。」(優紀)

 再び、西門の部屋で――

   「私が西門さんと、更さんのこと、邪魔したんですね。」(優紀)

   「違うよ。 最初から更は、俺にそんな気持ち抱いていないから・・・。 引導を渡したかったんだろう・・・。 あいつが惚れているのは、兄貴なんだ。」  

 司が説明します。

 「3年前、家のシタキリとか我慢できなくて、飛び出していっちまった・・・。」

 「しきたりね。」

 「そん時だよ、確か。 幼馴染の惚れてる女が泣き出して、それで総二郎の初恋は終わりをつげたんだ。 忘れようと思っても、実際あってみると、想いがたぎるっつうか・・・。」

 バレンタインの翌日、優紀は西門に、更の忘れていった茶碗を渡したことを告白しました。 また、優紀が探していたのは、西門が呼び出されたビルであることも。

 「そこに行けば、更さんが何を告げようとしたのか、わかるような気がして・・・。 もしかしたら、私の人生の中で、今が一番大事な時期かもしれない。 だからお願い、黙って見てて。 すぐ終わるから・・。」

 

 美作と3人、F4ラウンジで話をしていると、西門がやってきました。 どこへ行ってたのか訊く美作に、ツーリングに行ってたと言いました。 司はたまには二人で話しがしたいと、西門を連れ出しました。 その時、つくしに電話が。 優紀からです。

 優紀は二人が会ったビルを今朝、見つけたと言います。

 明日の朝、6時に来てくれるかなぁ、西門さん。」

 「なにがあったの? そこには。」

 「大事なものがあった。 西門さんと更さんにとって、物凄く大事なものが・・・。」 

Cap007  西門は司に、山奥の陶芸場で更に会った時のことを話し出しました。

   「去年、すっぽかしたこと、謝ろうと思ってさ・・・。 謝りたくても、更、どっか消えちゃうし、優紀ちゃんにね、更がお茶サークル辞めたって聞いて、あの時、俺にあったのが原因かなって・・・。」(西門)

   「二郎・・・。 それで会いに来てくれたの? でもね。 こっち来たのは、二郎がどうのって話じゃないんだ。」(更)

   「ショウちゃんは? 相変わらず、飛び出していったっきり?」(更)

   「連絡も無いんだ。 どこで何をしてんのかも解らない。」(西門)

   「更はさぁ、ホント兄貴(ショウ)の事、すきだったもんなぁ。 兄貴が居なくなったときも、独りでピーピー泣いてさぁ。 今でも、兄貴のこと、想ってる?」(西門)

   「私にとって、ショウちゃんはお兄ちゃんだから・・・、ただそれだけだよ。」(更)

   「じゃあさぁ、俺は? 俺は更にとって、何だったのかな?」(西門)

 そこに、一人の青年(田中圭)が声掛けました。

   「更、そろそろ帰るぞ。」(青年) そう言って、西門に礼をしました。

   「うん、すぐ行く。」(更)

   「優紀ちゃんてさぁ、すごく良い子だよね。 二郎のこと、ホントに大好きみたい。 あんなに純粋に二郎の事、想ってくれる人って、そうそういないと思うし、大事にしてあげたほうが良いと思うよ。」(更)

   「更、ひとっ走り行かないか? 後ろ、乗っけてやるよ。」(西門)

   「あたしね、結婚することにしたんだ。 さっきの彼、パパの友達の息子さん。 彼ね、陶芸の世界で物凄く注目されていてね、結婚前提にお付き合いしてくださいって言われてね、こんなに私のこと、想ってくれる人って他に居ないんじゃないかって・・・、今、ホントにそう想ってる。」(更)

   「良かったな。 幸せになれよ。」(西門)

   「二郎も・・・。」(更)

 「まるでピエロだわ。 結局、俺は常に蚊帳の外に居たってことを再確認したって訳よ。」(西門)

 「総二郎よぉ。 お前が朝の6時に行かなかったビル、どこだったか覚えてる? 牧野のダチは、それ、毎晩毎晩、一生懸命探しててよ、見つけたらしいんだ。 明日の朝、6時に来てくれって・・・。 今度はあの娘がよ。」(司)

 その日の明け方、優紀は待っていました。 西門はクラブで飲んでいましたが浮かない顔。 突然、外に出て、走り出しました。 優紀のところに来ると、優紀は西門の手を取って、ビルの屋上へと急ぎました。

 「どうしても西門さんに見て欲しくて・・・。 あっちの方向です。」

Cap013_1  優紀は東京タワーの方を指差すと、朝日が昇るときの看板を見るよう言いました。

 「手前のビルに朝日が反射して、6時から3分間だけ、文字が消えるんです。」

 日の光に照らされて、「すきやき」の「やき」と、「CAFE ジロー」の「CAFE」が消えました。

 『すき ジロー』

 「ジローって、呼ばれてたんですね。」

 西門は男泣きしました。

 「あいつバッカじゃないの。 あいつ、こんなもんのために朝っぱらから俺、呼び出して、冗談じゃねぇっつんだよ。 冗談じゃ・・・。」

Cap014_2  公園の歩道を歩く西門と優紀。 西門が言いました。

 「俺、更はずっと、兄貴に惚れてると思ってたからさ、本当に大事な人だと思うとね後一歩が踏み出せないって言うかさ・・・。 カッコ悪いよな。

 「そんなことないです。」

 「ありがとう優紀ちゃん。 今回のことで、俺の中の何かが変わった気がするわ。 優紀ちゃんのお蔭だね。 今度、きちんとお礼させて。」

 「はい。」

 二人は笑顔で歩き出しました。

 西門はF4ラウンジでつくしに会いました。 どうでしたとつくしに聞かれ、良い夢見させてもらった、と答えました。 そしてつくしにこう言いました。

 「牧野、頑張れよ。 人の目とか、周りのこととか気にすることないんだよ。 自分の気持ちにきちんと向き合って、自分の気持ちに正直に生きないと、やっぱりダメなんだよ。 今という時は、二度と戻らないんだから・・・。 一期一会だぞ。」

 つくしは迷っていました。 類のことを思い出していると、優紀から電話が。 公園のベンチで会うと、

Cap015_1  「私、好きなものは好き、これはもう、どうしようもない事なんだなぁって思った。 無理だよ。 好きなのに、無理やりその気持ちを押し込めるなんて・・・。 次はつくしの番だよ。 最近、つくしの弾けた笑顔、見てないような気がするからさぁ。 いつも笑って、元気一杯でないと、つくしらしくないよ。」 

 「そうだよね。」

 道明寺家に戻ったつくし。 司に話をするために、ドアをノックしました。 

 「明日、花沢類に会ってくる。 花沢類とは付き合えないって言ってくる。 やっぱり、今一番大事にしたいって思うのは、あなたじゃないって、きちんと話してくる。」

 「牧野・・・。」

 つくしはそう伝えて、部屋を出ると、ずっと握り締めていた、土星のペンダントを見つめました。 自分の部屋に戻り、類に電話を入れました。

 「明日、時間あるかな? ちょっと話があるんだ。 夕方4時に中央図書館の前で・・・。」

 類はため息を付きました。 どうやら、つくしの心が読めたようです。

Cap016_1  つくしの部屋に、滋がやってきました。 司との事を何も知らない滋は、道明寺グループとの合併の話をし、来週、その席で披露宴のことも決まると説明しました。

 「お祝いしてくれるよね。 あたし、今日は司の部屋に泊まっていくからね。」

 つくしは困惑しました。 滋が司の部屋に入ると、司は滋に言いました。

 「滋。 お前、もう俺の気持ち、わかってるよな。」

 「今夜は、私、ここに泊まらせてもらうから。 婚約者なんだから、私たち。 誰も文句は言えないと思うけど・・・。」

 つくしは立ち上がりました。

 更と西門のバレンタイン秘話、良かったですね。 あの日の誘いに西門が行ってれば、二人は結ばれていたのに、行かなかったためにすれ違い。 ある意味、更は西門の気持ちを試していた側面もあったんじゃないでしょうか。 でなかったら、あんな、変わったバレンタインプレゼントは無いでしょうしね。 ようやく向かい合ったときには、更には婚約者がいて御終い。 切ない、恋物語でした。 次回、つくしはちゃんと自分の気持ちに正直に向き合えるんでしょうか? いよいよ、楓が帰ってきます。o(^-^)o

|

« 僕が、奥さんに浮気の事実を伝えます・・・『今週、妻が浮気します』第5話 | トップページ | 結婚指輪とAV女優・・・『今週、妻が浮気します』第6話 »

コメント

つくしが、司の部屋をノックした手に、
>明日、花沢類と会ってくる。やっぱり、今一番大事にしたいって思うのは、あなたじゃないって、きちんと話してくる。」

ドキドキした場面でした。その後、類にかけた
携帯でも、応対が胸に迫りますね。


投稿: mari | 2007年2月18日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すきやきとcafeジロー・・・『花より男子2リターンズ』第7話:

» 『花より男子2(リターンズ)』第7回 「一期一会の初恋」メモ [つれづれなる・・・日記?]
今回は西門がメインのお話。 [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 23時40分

» 《花より男子2》◇#07 [まぁ、お茶でも]
つくしは、タマに、結局は、使用人として使われるよりはと、喜んでいる司の専用使用人として働くことになりました。司が命を賭けて、なんて口説いている所へ、美作が現れ、総二郎が1週間も連絡取れないと心配して来た。... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 23時43分

» バレンタインのお返し [ホワイトデー特集2007]
バレンタインデーも終わり、次はホワイトデー。もうお返しは考えましたか? [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 00時00分

» 花より男子2 第7話〜一期一会の初恋〜 [アンナdiary]
今回は西門総二郎(松田翔太)の回でしたね。 良かったです〜 地味な存在だけど、走る姿がお父さんの優作さんに ちっとだけ似てた。ちっとだけ(笑) 総二郎の更 (貫地谷しほり)への思い。 優紀 (西原亜希)の総二郎への思い。 それぞれの思いが切なくてねぇ。。。 類はあまり出ませんでしたが、大丈夫ですか?類ファンの皆様(笑) ... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 00時56分

» こんな稼ぎ方見たことあります? [主婦の方へ 学生さんへ サラリーマンへ お得情報 やれば出来る ! 趣味 稼ごう 占い 旅行]
こんな投資方法があるの? 私はコチラをみて本気でそう思いました 稼いで全巻集めましょう!!  [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 12時12分

» ブリトニーが坊主・スキンヘッドの真相 [ブリトニーが坊主・スキンヘッドの真相]
ブリトニーが坊主・スキンヘッドの真相 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 14時46分

» あいのり なぎさ Mixi ネタバレ あいのり [あいのり なぎさ Mixi ネタバレ あいのり]
あいのり なぎさ ネタバレ Mixiのネタバレ プリクラ 新メンバーのネタバレ紹介 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 15時52分

» 大学生、ゲイ男優など解雇になったメンバーの今 [NEWSやジャニーズjrを解雇されたメンバーの今]
解雇になったメンバー、UとKの今の画像や、ファンに淫行を強要し、逮捕されたジャニーズjrの画像、そしてゲイビデオに出演している元ジャニーズメンバーなど・・・。☆ジャニーズの動画、画像、ニュースならコチラ☆ (アイドルコーナーでジャニーズを特集中) [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 16時41分

» 沢尻エリカの新恋人「高城剛」の画像 [沢尻エリカの新恋人「高城剛」の画像]
沢尻エリカの新恋人「高城剛」の画像 [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 17時41分

» 花より男子リターンズの『あらすじ』&松本潤ヌード! [花より男子リターンズの『あらすじ』&松本潤ヌード!]
花より男子リターンズの『あらすじ』&松本潤ヌード! [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 08時57分

» 押切もえの整形前の画像 [押切もえはやっぱり!]
今日もこんにちは、管理人です。さてさて、今となっては蛯原友里をも越す程の人気振りを発揮している押切もえ。 あれほどの美人ならば、さぞ学生時代も綺麗だったのだろうと思い、学生時代の写真を探してみたところこのサイトで発見しました!鐔ワ愁鐔ゲ菫詎鮓ǂ栃❹ǂ訥未蝓⇒汁曚箸倭漢外磴辰寝\擇發┐❹修海砲い泙靴拭�('д`)ハァ... [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水) 11時54分

» ドラマ「花より男子2リターンズ」加藤夏希 あらすじ 予告 [ドラマ「花より男子2リターンズ」加藤夏希 あらすじ 予告]
ドラマ「花より男子2リターンズ」加藤夏希 あらすじ 予告 [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 18時13分

» 人生の中で一番泣いた [卒業式]
さゆりく生徒。とくにあの子だけは特別な感情が・・・ [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 19時47分

« 僕が、奥さんに浮気の事実を伝えます・・・『今週、妻が浮気します』第5話 | トップページ | 結婚指輪とAV女優・・・『今週、妻が浮気します』第6話 »