« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月20日 (日)

「セクシーボイス アンド ロボ」第1話~第6話、まとめての感想です♪

 しばらく、ドラマの記事、サボっててすみません。 でも観ていなかった訳ではないのでご了承を・・・。m(__)m

 今、観ているドラマは『セクシーボイス アンド ロボ』、『プロポーズ大作戦』、『帰って来た時効警察』の3本。 他は、ほとんど観ていません。 でもこの3本は、楽しみにして観ています。 その中から、『セクシーボイス アンドロボ』の感想をまとめてアップします♪o(^-^)o

 まずは第1話「三日坊主」。 中村師堂演じる三日坊主が、便利堂の店主(浅岡ルリ子)を殺せなくて、依頼人から渡された箱を開けて自爆するのがあまりにも切なくて、感動を誘いました。 「俺にも明日はあるのか?」 なかなか良いストーリーでした。

 第2話「ごぼ蔵」。  強盗犯の後藤=ごぼ蔵(村上淳)がニコとロボを人質にして、恋人を探しに旅をする話ですが、実はその恋人はすでに脳死していて、その臓器を貰った奥さんに会いに行き、ごぼ蔵がその臓器に話しかけるシーンには泣けました。 その夜の夫婦の会話がとても素敵でした♪

 第3話「お歯黒女」。 自殺願望の強い女(香椎由宇)がロボと出会って、生きることの意味を掴むまでの話がなんとなく心地よかったです。

 第4話「かんにん袋」。 「おしどり喫茶」の〈ど〉を爆破して、「おしり喫茶」にしたことで、現地にいたロボが疑われたが、実は、先輩の宇佐美(市川実和子)が教授に復讐するための実験だった。

 最後に打ち上げられた花火が心地よかったです。 後にヒットする「かんにん袋」がいいオチになってました。

 第5話「うしみつ様」。 呪われた学園に君臨する占い師(黒川智花)のトリックを解く話ですが、ニコのお姉さん(村川恵梨)が学園に忍び込んだニコのために学級崩壊を実感するのには笑ってしまいました。 話はまずまずでした。

 第6話「ZI」。 平凡な花屋の親子3人が、実は殺し屋ZIとその家族で、依頼人が殺そうとしている相手で、りょう演じる妻の想いが涙を誘いました。 個人的にはロボとヨン?様狂いの実母との会話がなかなか楽しかったです。 最後に落ちてきたステーキには笑わせていただきました♪ 第2話と共に、ベストストーリー候補です♪

 前半が終わって、数あるドラマの中では、これが一番気に入っているドラマです。 7話以降も感想だけはアップしますのでよろしくお願いします。f(^-^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

浮気をしている既婚女性へ・・・m(__)m

 ドラマ『今週、妻が浮気します』以降、ずっと、「教えて!goo」のサイトのスレッドを見続けてきました。 最近は『夫婦・家族』のコーナーも新設されて、そこには、多くの浮気に関する質問が書き込まれています。

 どうして奥さんは浮気に走ったのか? どうして、ご主人を愛さなくなったのか? そして今、どうしたいのか? 様々な疑問を抱えながら、僕はずっと、数多くの浮気の結末と、苦悩を見つめてきました。 そして今、僕なりの結論と、浮気していた奥さんへのエールを書き込みたいと、この記事を書くことにしました。

 お断りしておきますが、僕は既婚男性です。 浮気は一度もありません。 浮気する気もありません。 肯定もしたくありません。 なぜなら、妻や子どもが大切だからです。 妻も同じ気持ちです。 (#^.^#)。

 さて、奥さん。 あなたが浮気に走ったのは何故ですか?

 ご主人との夫婦生活を続けていくうちに、だんだん愛が薄れてゆき、家事、育児、仕事と、慌しい日々の中で、ぽっかり空いてしまった心の穴を誰かに埋めて欲しかったのですか?

 それとも、たまたま勤めていた所に自分にとってタイプの男性が現れて、ちょっと恋がしたくなったんですか?

 単純に、夫に無い、別の愛情が欲しかったのですか?

 とにかく、今は彼に恋をして、この恋の邪魔をする者は許せない、そう思っていませんか?

 でもこの恋は、彼に奥さんがいたのなら、その奥さんや、あなたのご主人に対する裏切りの恋、罪悪感のある恋ですよね。 それでも彼と一緒にいたい。 家族も大事だけど、彼も大事。 そうですよね。

 ちょっと、水を差していいですか? 

 男にとって、浮気は何か知っていますか? 単純に言えば、自分にとって、素敵な女性が居れば、その女性と親しくなりたい、できれば抱いてみたい。 それが男の動機です。 僕は男です。 様々な人たちの考え方を見てきて、動機はこれが大半だと思いました。 そして、あなたと関係を持った。 所謂、セックスをした。 女性は抱かれると、愛を感じて、また抱かれたくなる。 男性の対応が優しければ優しいほど、また抱かれたくなるんですよね。

 男性もその女性心理をわきまえていて、決して、本音は表に出しません。 柔らかい言葉で女性を自分に向けていきます。 それは、あなたを抱くという優越感に浸るため。 理想に近い女性ほど、その優越感は高いです。 そして、会うたびに抱きたくなると言うのは、あなたとなら、優しい言葉をかければ、毎回セックスできると思っているから。 それに、女性が愛を感じている時、セックスの感度も良くなり、望めばいろいろな体位を楽しませてくれると知っているから。

 本当に愛してくれている男性なら、セックスにこだわらないはずです。 会うだけでも幸せに感じると思いますし、毎回セックスをねだったりはしないはずです。

 もし、あなたが彼に対して結婚願望を抱いているなら、聞いてみてください。 「悪いけど、子どもや妻を捨てられない。」 、「子どものために別れられない。」、「いろいろ考えて、妻とやり直すことにした。」などなど・・・。 

 ぱっと見は聞こえがいいですけど、実は、あなたの事は、単なる遊びで、せいぜい愛人でしかなく、初めから家族を捨てる気など無かったというのが本音なんですよ。 もし、あなたを愛しているなら、何とかして離婚して、あなたと一緒になろうとするはずです。 「結婚して欲しい。」と言うはずです。 それが現実です。

 あなたと一緒になろうとするならば、数多くの試練と、損失を覚悟しなければなりません。 例えば、社会的制裁。

 相手の奥さんや、自分の夫に隠れて浮気していたわけですし、夫婦を勝手に辞めるわけですから、それに対する慰謝料は、当然掛かります。 それは、もしあなたが逆の立場、つまり浮気された側だったら理解できるはずです。 妻が裏切り、勝手に浮気相手と結婚するわけですから。 それに、あなたや彼の両親も黙っては居ないでしょう。 おそらく離縁されるでしょう。 そして、彼の会社も、不倫による結婚となれば、社会や取引先への影響を考えて、彼を窓際に追いやるか、解雇するかもしれません。 少なくとも、社内的には居づらい立場に追いやられるでしょう。 彼にそんな辛い思いをさせてまでも一緒になりたいですか? 本当に彼と居ることがお互いのために良いと思うのなら、関係が明るみに出る前に、お互い離婚をして、改めて付き合ったほうが良いと思います。

 でも、大半は不倫に幸せな未来はありません。 一緒になって、逆に苦しい毎日になり、愛は無いけど意地でも別れない、という気持ちだけで暮らしているW不倫カップルのスレッドを見ました。 信じたいけど、信じ切れなくて、苦しんでいるW不倫カップルもいました。

 どう転んでも、今より良い暮らしはしていないようですね。 辛い毎日を過ごしている方は大勢いるようですが・・・。

 あなたがご主人にばれて、とがめられたとき、あなたはご主人に腹が立ちましたよね。 でも、よく考えてください。 あなたのことを何とも思っていなければ、とがめたりしないですよ。 浮気してたの・・・あそっ、で終わりです。 とがめる、非難するのはあなたを愛しているからですよ。 最愛のあなたが他の誰かに抱かれていた・・・。 その彼に心まで奪われている。 これで怒らない男っていないとおもいます。 愛している度合いが高いほど、傷は深くなります。

 男にとって、仕事は自分のためではありません。 自分のこともありますが、何より家族のために頑張るんです。 妻のため、子どものため。 嫌いな接待や、会社の仲間との飲み会でも、家族の事が気になるものなのです。 それを一緒に居る時間が短くて、辛いからとか、ぽっかり穴が空いたからとか、優しい言葉をかけてくれないとか・・・。 夫の気持ちが全然解っていないですよね。 でも、何も言わない夫も問題はあります。 どうして、妻を労わってあげなかったのかってね。

 

 離婚は、浮気を償う意味では、ベストの選択とは言えません。 「自分が許せないから離婚する。」は、あなたにとって良い選択だと思うかもしれませんが、かえって周りを傷つけます。 特に子供がいれば、片親になることで、子供を傷つけてしまいます。 子供を不幸にするかもしれません。

 とにかく、浮気に幸せな未来はありません。 夫を失い、子どもに軽蔑され、両親からは絶縁され、慰謝料まで払わねばなりません。 友達も失うでしょう。 そこに彼から結婚を断られたら、あなたは孤立し、一生後悔するでしょう。 浮気なんかするんじゃなかったと・・・。

 最後に・・・。 もし、あなたが何もかも失ってしまったら・・・、愛する彼も離れてしまったら・・・、思い出してください。 夫と知り合った時のことを・・・。 夫と結婚した頃の事を・・・。 そして、子どもを身ごもり、生まれるまでの日々を。 様々な想い出を思い出してください。  そうすれば、あなたの失ったものの尊さを身に沁みて感じられると思います。 そして、夫に対する愛情が戻ったのなら、夫や家族を傷つけたことや、裏切ったことは忘れて、復縁することを考えてください。 復縁して、夫や子供のために尽くすことが本当の意味での償いになると思います。

 あなたが離婚したのは、動機は、浮気が原因だったはずです。 もともと、夫が嫌いになっていた訳でも、子どもに愛情が無くなった訳でもないはずです。 直ぐには無理でも、あなたに誠意があれば、徐々に修復されていくんじゃないでしょうか。 実は今でも愛していると語られる夫は多いのですよ。 悪くても、友達ぐらいの距離には戻れるはずですよ。(#^.^#)  あなたが日の当たる場所に戻れるように、一番願っているのは、たぶん離婚した夫と家族だと思います。o(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年5月 6日 (日)

かみさんの郷でGWを過ごしてました♪o(^-^)o

 こんばんは♪(#^.^#) ついさっき、かみさんの郷から帰ってきました。 

 かみさんは所謂河内女。 大阪は柏原の女です。(#^.^#)

 5月3日は仕事だったので、それが終わってから行くことになり、朝、何時に終わるかメールを入れることになっていました。 なんとか午前中には終われることが解り、メールすると、一緒に昼飯を食べて、洗濯を終わらせてから出発しよう、と返事がきました。 家に帰ると、親父が最近、糖尿病の治療のため、入院していた関係で、親父の兄弟がお見舞いに来ていました。 親戚は全員、松山市に住んでいる人たちで、夫婦で来ていました。 親父は2日前に退院していたので、お見舞いというより再会って感じだったんですが、会って2時間ほどで、僕ら家族は、かみさんの実家に行くために、出発しました。

 途中、香里園のHome'sで買い物をして、7時ごろには実家に到着。 その日は何処にも行かないで終わりました。

 翌日、午前中、子供達を遊ばせようと、近くにある玉手山公園に連れて行き、昼からは太子堂にあるMedia ITカフェに行きました。 マッサージルームで体をほぐしながら、昔懐かしい作家、村尾ミオの最近の漫画を読んでいました。 「S&M」という、ストーカーを扱ったものでしたが、なかなか面白かったです。 6巻で終了かと思いきや、終わりではありませんでした。 僕の気持ちの上では、この巻で終了なんですが・・・。f(^-^;)

 その日は3時間ITカフェに居て、5時に帰宅。 晩飯は手巻き寿司を頂きました。

 翌日は、子どもの日ということで、子供達を八尾にある、Arioに行きました。 イトーヨーカ堂に隣接する専門店街で、映画館が対極に位置しています。 そこでクレヨンしんちゃんの新作を見せてあげようと思っていたんですが、その場所に来て、二人の娘が拒否。 あれほど観る観ると言っておいて、直前になって気が変わったようです。 上の娘が突然、ポケモンの新作が観たいと言い出し、それが7月で、今前売り券を買うと、DS用の特典があると言うことで、映画は辞めて、その前売り券を買うことにしました。 

 それを買うと、昼飯を食べようということになりましたが、フードコートの席が一杯で座れないので、外に出て食べることになり、その後、再びMediaCafe太子堂に行きました。 村尾ミオのほかの漫画を見て、また3時間過ごし、5時過ぎに帰宅。 その日の晩飯はうどんすきでした。

Sub_img01_1  その夜、かみさんのお兄さんが以前買われた映画のDVDの中から、「フラガール」を観ました。 「Shall We Dance?」や「スイングガールズ」  を思わせるタイプのサクセスストーリーで、とても感動しました。 特に、蒼井優ちゃん演じる娘の踊りをみて、心打たれた母がストーブを集めに行くシーンには感動しました。 豊悦演じる兄もなかなか良かったです。 最近の日本映画って、良い作品が多いですね。o(^-^)o

Vwds3694  そして今日。 特に予定は無かったので、朝から、以前見た映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観、まだ時間があったので、たまたま目に付いた洋画「ファミリーゲーム」を観ました。 この映画、結婚して、双子の娘が出来、自分の夢のために出産後、離婚した夫婦について、10年後、娘のサマーキャンプで偶然、別々に暮らしていた娘同士が再会し、両親を復縁させるために奮闘する物語で、その姿に心打たれました。 リンジー・ローハン、デニス・クエイド主演の1999年の映画です。

 父親の婚約者を二人の娘がいじめる、キャンプのシーンは余計でしたが、それ以外のシーンには感動するものが多く、娘が自分の正体を打ち明けるいくつかのシーン、両親が再会し、船上デートするシーンには涙が出ました。 夫婦共々、大いに泣き笑いさせていただきました。 TVで公開することがあれば、録画したいです♪(#^.^#)

 これを観終わって、12時過ぎに出発。 昼食を食べて、買い物をして、夕方には帰宅。 明日から、また、仕事付けの日々が始まります。

 楽しいGWが終わりました。f(^-^;)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年5月 4日 (金)

今年のGWもMEDIA PALにやってきました♪

 こんにちわ♪ 今年のGWもinternet cafe  Media PAL太子堂にやってきました♪ ここはマッサージチェアーがあるので、かみさんにPCルームを選んでもらって、僕はマッサージルームを選び、交互に部屋を交代し、両方を楽しんでいます♪

 これって、結構いいものですよ♪

 ちなみに、最近、ドラマの記事をサボっていますが、決して観てないわけではないので・・・・。 gooのサイトに行っている関係で、記事を書く時間が無くなってしまってるんです。 申し訳ございません。 近々再開しますので、しばらくお待ちください♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »