« 2007年5月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年7月15日 (日)

2007年夏ドラマ、主題歌・挿入歌。 どれがいい・・・?o(^-^)o

 半年振りの『主題歌・挿入歌 どれがいい?』です。

 と言っても、春ドラマ同様、印象に残った曲は2曲だけです。

 まず、非常にインパクトがあったのが、槇原敬之「GREEN DAYS」です。 『牛に願いを』のエンディング曲で、ドラマの中でも効果的に使われています。 槇原くんらしい曲調ですね。

 もう一曲は、小田和正「こころ」です。 『ファースト・キス』のエンディング曲で、これも非常に印象的に流れてきます。 小田さんらしい曲調です。

 他の曲はどれもイマイチなんですけど、しいて1曲選ぶなら、aiko「横顔」でしょうか? 「ホタルノヒカリ」のエンディング曲で、これもaikoらしい曲です。

 それから追記ですが、ドラマの良さ、明るさをそれなりにサポートしているな、と思えるのが、「Happiness」です。 エア・ギターを出演者全員でやっているオープニングクリップがなかなか楽しいですね♪ 「山田太郎ものがたり」の主題歌です♪

 いかがでしたか? 4曲とも、充分ヒットチャートの上位に来そうな曲ですね。 どんなビデオクリップになるのかも気になります。(#^.^#)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

夏ドラマ、どれを観るか決めました♪o(^-^)o

 おはようございます。 (#^.^#)  台風が来ていますが、こちら京都ではほとんど風雨はありません。 祇園祭も土・日・休と絶好の条件で、台風だけがマイナス要素だったわけですが、きっと例年以上のお客さんでごった返すでしょうね♪(#^.^#)

 さて、先ほど『受験の神様』を観ました。 ドラマとしては面白そうですが、中学受験というテーマにはあまり関心がありません。 主人公がどうして妻に逃げられたのか、その辺は気になりますが、たぶん受験中心で展開していくと思うので、今後観続けるかどうかは解りません。

 さあ、一通りドラマをチェックし終え、どのドラマを観続けるか、少し迷いましたが、単純に関心度の高いものから3つ選ぶことにしました。 結論から言うと、当初、観たいと思っていたものとは全然違う結果になりました。 

Cap002_1  一番観たいと思ったのは、『山田太郎ものがたり』です♪  主人公が学年一の秀才で奨学金をもらって通っているんだけど、実は超貧乏で、両親に子どもを養う能力が無く、太郎がバイトした金で生活しているんだけど、その太郎の純朴で健気な姿に好感が持てました。 何か、『花より男子』『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』を掛け合わせたような面白さがありますね♪ 隆子の存在も面白いです♪

Story_03_02  次に観たいと思ったのが、『パパとムスメの7日間』です♪ 舘さんがかなりウザイですが、入れ替わった二人が、次々に起こる問題をどうこなしていくか気になりました。 脚本がいいのか、落ち着いて観れるのがいいですね♪

Cap003_1  もう一本、何にするか迷いましたが、『ホタルノヒカリ』にしました♪ 干物女の恋、ちょっと惹かれます。 それと冒頭のホタルの言葉に惹かれました♪

 「ずっと昔、遠い夏の記憶・・・。 おばあちゃんの家の縁側で見つけた小さな蛍。

 おばあちゃんは言った。 ‘‘蛍はね、綺麗な水と、流れる川と、ありのままの自然が無ければ生きていけないんだよ。’’

 夏が来るたびに、あの日、幼かった私の手の中に居た小さな蛍を思い出す。

 小さな小さな、今にも消えてしまいそうな儚い小さな光・・・。」

 おっさん化している干物女がどう女を磨いていくか、興味あります♪ 

Sto01_img01_2  『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』、『探偵学園Q』は時間があれば、極力観たいと思います。 どっちもなかなか面白いですしね♪(#^.^#)  堀北真希ちゃんと、志田未来・神木隆ノ介の子役コンビはなかなか捨てがたいです♪f(^-^;)

 『ライフ』、『受験の神様』については、ドラマとして面白そうなのですが、関心の薄い方面の話ですので、パスとさせていただきます。 

 皆さんと共通するドラマがあったでしょうか? 今クールもよろしくお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年7月14日 (土)

夏ドラマ、始まりましたね。o(^-^)o・・・その2

 前回の続きです♪o(^-^)o その後観たのは、『牛に願いを』、『パパとムスメの7日間』、『探偵学園Q』、『ファースト・キス』、『ホタルノヒカリ』の5本です♪ なお、『肩越しの恋人』、『女帝』、『スシ王子』、『菊次郎とサキ』は初めからパスとさせていただきます。

 『受験の神様』は次回に感想を記せていただきます♪f(^-^;)

 さて、『牛に願いを』ですが、酪農農家を舞台に繰り広げられる人間模様と言うことですが、印象に残ったのは、槇原則之の「Green Days」だけでした。 すみませんが、このドラマ、パスとさせていただきます。

 『パパとムスメの7日間』は。舘ひろしが最初、うざいなぁ~と思いましたが、脚本が良いのでしょうか? 最後まで見入ってしまいました。f(^-^;) なかなか面白いと思います。 心が入れ替わったパパと娘がどう問題を乗り越えていくのか、とても気になります。 次回も観たいと思います♪

 『探偵学園Q』ですが、いきなりの志田未来ちゃんのメイド服には苦笑してしまいました。 「似合わね~。。。f(^-^;)」 でも、話は悪くなかったです。 最後に謎の組織《冥王星》の男(「ライアーゲーム」に出ていた、敵役の彼ですね♪(#^.^#))が犯人の女教師に催眠術をかける辺りから面白くなりましたね。 女教師が術にかけられて、迷わず銃で自殺するのを見て、ちょっと続きが観たくなりました。 面白いかもしれません、このドラマ。

 『ファースト・キス』は主題歌が小田和正ということで、一番期待していたのですが、初めからドラマの展開に乗れませんでした。 今ひとつ、期待はずれのような気がします。 すみません、パスさせていただきます。

 最後に、『ホタルノヒカリ』ですが、俗に言う腐女子が主人公のドラマ。 あまり期待していなかったのですが、割とすんなり観れました♪ 意外と面白いかも知れません。 綾瀬はるかちゃん、良いかも・・・。 干物女が恋をして、どう変わっていくか?     とりあえず、次回も観たいです♪

 と言う訳で、今回、気に入ったのは、『山田太郎ものがたり』、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』、『ライフ』、『パパとムスメの7日間』、『探偵学園Q』、『ホタルノヒカリ』の6本!

 あと、『受験の神様』を観て、どれを観ようか決めたいと思います♪o(^-^)o 

 予定では、3~4本に絞りたいです♪o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 8日 (日)

映画『明日の記憶』、やっと観ました♪(#^.^#)

 少し前にTVで放映され、あらかじめ録画予約しておいた映画『明日の記憶』を、ようやく今日観ました♪

 主人公佐伯(渡辺謙)と妻の枝実子(樋口可南子)の姿に終始泣かされっ放しでした。(;_;)

 冒頭、養護施設で妻が娘の写真を綴ったものを見せるところからすでに泣いていました。 若年性アルツハイマー病と知るシーン、会社を退職するシーン、妻に傷をつけてしまうシーン、そして若い頃の妻に誘われて、妻にプロポーズした、あの陶器小屋でエロ老人と酒を酌み交わすシーン、そしてラストにとうとう妻の事も忘れてしまい、二人でつり橋を渡るシーン、どのシーンも涙が止まりませんでした。

 夫の記憶の中に自分が居なくなっても、夫のそばに居続ける枝実子に夫婦愛って何なのか、すごく考えさせられました。 妻としてみてくれなくなることは凄く辛く苦しいことだけど、それでも夫に娘の写真を見せ続ける妻って素晴らしいと思いました。

 僕がもし、病に倒れたら、かみさんは僕を大切にしてくれるのだろうか? そんな事を思いながらも、妻への思いやり、愛情を大切にしようと思わせてくれる素敵な作品でした。o(^-^)o  大切な映画としてDVDに残しておきたいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

夏ドラマ、始まりましたね。o(^-^)o・・・その1

 夏のドラマが、いよいよ始まりましたね。(#^.^#) 先頭切って、「ライアーゲーム」の後 「ライフ」が始まりました。 3日前に通して観ましたが、現代の学校が抱える、携帯電話を使った虐めを取り扱っていて、なかなか見ごたえのある内容でした。

 ただ、僕は虐めを扱ったドラマはあまり観たくないので、他のドラマの出来次第で、今後見続けるかどうか決めようと思います。

 今日は、久々の土曜日休だったので、朝からドラマを観ていました。 観たドラマは「地獄の沙汰もヨメ次第」、「花ざかりの君たちへ」、「山おんな壁おんな」、「山田太郎ものがたり」の4本です。 他に「探偵学園Q」、「パパと娘の7日間」が録画してあるようなので、それも後で観たいと思います。

 「地獄の沙汰もヨメ次第」は、まさに嫁と姑の価値観の違いから来る嫁姑戦争って感じですね。 野際陽子さん、はまり役って感じです♪ でも、今ひとつ乗り切れなかったのでスルーさせていただきます。

 「花ざかりの君たちへ」はイケメン学園に紛れ込んだ転校生の話で、会いたい人のために男装して入学した女生徒の頑張りがなかなかいい感じです。 設定にやや無理がありますが、ちょっと面白そうですね。 とりあえず当確です♪o(^-^)o 次回も観ます♪

 「山おんな壁おんな」はデパートのブランド物売り場に働く女性達の物語。 軽めのタッチが悪くないのですが、僕の観たいドラマではないので、これもスルーさせていただきます。

 「山田太郎ものがたり」「ライフ」、「花ざかりの君たちへ」同様、学園物ですが、今回は学園物が当たりなんでしょうか? これが今のところ、一番楽しく観れました。 学年一の学力を持ち、容姿端麗な主人公が、実は超貧乏で、毎日を弟妹たちのために頑張っている姿に好感が持てました。 彼の家族が何故こんな状況なのか、その点が気になります。 文句なしに当確です♪o(^-^)o

 皆さんはどのドラマに関心がもたれたのでしようか? 他のドラマについては、その2で書かせていただきます♪(#^.^#)

| | コメント (1) | トラックバック (7)

2007年7月 1日 (日)

春ドラ、終わりましたね(#^.^#)

 久しぶりの書き込みです♪ gooのサイトに関心がいって、全然書き込みする時間が取れませんでした。 僕のブログに来てくれていた皆さん、すみません。m(__)m

 春ドラマもすべて終わりましたね。 全然観ていなかったわけではなくて、3本に絞って(最終的には4本でしたが・・・)観ていました。 ずっと観ていたのは「セクシーボイス アンド ロボ」、「プロポーズ大作戦」、「帰ってきた時効警察」の3本です。 途中から、「私たちの教科書」も観ていました。

 今回、一番安心して観られたのは「セクシーボイス アンド ロボ」でした。 全体的に良い話が多く、特に「ごぼ蔵」、「三日坊主」、「スパイ」には心打たれました♪ 第7話が現実の事件に告示しているという理由で放送中止になったのは残念でしたが、間違いなくこのドラマが一番良かったように思います。

 最終回が印象的だったのは「プロポーズ大作戦」でした。 最終的に、結婚式当日の友人スピーチで花嫁の心を動かしてしまうのは、現実では頂けないなぁと思いましたが、ドラマではアリですね。 かみさんは、「せめて結婚して数日後に告白したほうがいいよ。新郎が可哀想。」と愚痴っていました。 

 第5話あたりからドラマの流れ方がワンパターンのように思えて、観るのを辞めようかとも思いましたが、最終回が良かったので、良しとしましょう♪(#^.^#)

 「時効警察」はそれなりに面白かったです。 最終回での三日月の元カレには笑わせていただきました。 話のつまらない男って、男からみても最低ですよ~♪ もうちょっとネタを勉強しとけって言いたくなります。

 「わたしたちの教科書」は後半に入ってから観ましたが、佐藤二郎さんが法廷に立った回から面白くなりました。 ただ最終回に関しては、あれは事故だった、という結末に僕もかみさんも少しがっかりしました。 良い展開になっていただけに、その結末が物足りないです。 もう少しその辺を掘り下げて欲しかったです。

 かみさんは「ライアーゲーム」が終始面白かったそうです。 最終回が大団円になったのが唯一の不満だそうです。 「花嫁とパパ」は初めから終わりまで、お父さんこと時任三郎さんが、うざかったと言ってました。 最後に娘夫婦が乗る飛行機の席の隣のシートを確保していたのには笑っちゃいました。 もうここまで来るとストーカーですね。(#^.^#)

 さて、夏ドラマはどんな面白いドラマがあるのでしょうか? 相変わらず、全然判らないんですが、いまのところ気になっているのは、井上真央ちゃんの出る「ファースト・キス」、綾瀬はるか主演の「ホタルノヒカリ」ぐらいですね。 かみさんは「花ざかりの君たちへ」だそうです。 イケメンですか~(^.^)、小栗旬が出ているからみたいです。

 なんとか感想ぐらいは書いていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。f(^-^;)

| | コメント (1) | トラックバック (14)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年10月 »