« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 9日 (月)

「秋葉原で人を殺します」・・・秋葉原通り魔事件の恐怖

 昨日、まっ昼間に起きた「秋葉原通り魔事件」。 まさに人間の心の中に潜む闇の部分を見せ付けられたような、怖い事件でした。

 本人は携帯電話でネットに書き込みしていて、事件直前までの心境を時事刻々と綴っています。 ニュースの記事を読んでみると、周りの人々の印象はいたって平凡、ちょっと変わった普通の人という印象だったみたいなんですが、ネット上の本人は狂気が目に付きます。 

 派遣社員の人員削減が予め知らされていて、自分は対象ではないと知らされていたにもかかわらず、たまたま作業着が無かったことで、自分が解雇されたと勘違いして、怒って退社し、その怒りを無差別殺人に向けるという動機に心の異常性を感じますし、発散の方向が、普通なら酒や会話・ゲームなどに向かうのに、殺人となるのは、周りの人達を心ある人間として見ていなかったんではないかと思えてしかたないです。

 なんか、トラックにしても、本当は大型トラックに載って、人をひき殺したかったという話を耳にしていますし、もしそれが実現していたら、休日の秋葉原なら7人どころか、数十人、数百人に死亡者やケガ人が出ていたんじゃないでしょうか。

 「ちょっとオタクっぽい人」ということですが、殺人に向かわなければ、犯人と同じような人間って、世の中に一杯いると思うんですけど、どうかそういう人達の怒りが殺人に向かないように祈りたいし、会話を通して、少しでも心の闇を開放してあげるように、周りの人達が気を使ってあげるのも必要なような気がします。f(^-^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »