« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月 9日 (月)

「あなたこそが本当の光だから・・・。」 キイナFile.3蘇る死者 o(^-^)o

 この一週間に観たドラマの中から、一番、心打たれたものをアップします♪(o^-^o)

 『キイナ』File.3 「蘇る死者」です♪

003_2  建設会社の現場監督をしていた渋沢圭吾(山崎樹範)が、仮設現場事務所で当直の仕事中に、石油ストーブによる爆発事故で亡くなった。 遺体の損傷が激しく、それによる本人確認はできなかったが、血液型や遺留品などから本人であると確認される。 だがその後、死んだはずの彼が街を歩いていたという情報が入り、特別班のキイナ(菅野美穂)が捜査に乗り出す。

 渋沢の妻・瞳(紺野まひる)は目が不自由で、わずかに光しか感じられない。 だが、いろいろな場所で、何度となく夫の気配を感じたという。 今でも、ずっと見守ってくれている気がすると・・・。 

 そんな矢先、瞳の住むマンションの部屋で、瞳が何者かに殴打される事件が発生する。 キイナたちが部屋を捜査していると、一人の男性が訪ねてきた。 渋沢圭吾の会社の同僚で親友の河野(松尾敏伸)で、瞳を心配して来たという。 この事件が渋沢の死と何か関係があるのか、考えていたキイナ。 そんな時、現場周辺に群がる人々の中に、渋沢がいる気がして・・・。

 この事件をきっかけに、捜査一課が聞き込みを開始するが、いっこうに手がかりが掴めない。 キイナは瞳に会いに行き、捜査状況を報告するが、瞳が足元に落ちているメモを直そうと壁に刺してあるピンに触れた時、一瞬驚き、安心したような表情を見せたことに疑問を抱く。 

 署に戻り、ピンの配列を検証し、これが点字だと気づいたキイナは、これが「(俺は)生きてる。」という意味だと発見する。 

Cap024jpg3  これは夫から瞳さんへのメッセージだと判断したキイナは、瞳と圭吾の思い出の場所である広場に設置してある定点カメラの録画映像を頼りに、渋沢圭吾の存在確認をするとともに、元カレの工藤真一郎(塚地武雄)に遺体の検死を頼む。

 地道な調査の末、映像の中に渋沢圭吾を発見し、同時に河野の姿も。 そして、工藤から遺体の死因は毒殺であるという事実を聞かされ、キイナは一つ作戦を考える。

 その後、河野の携帯に渋沢圭吾から電話が。 「今日の2時、芝本町の倉庫に来い。」と言われ、動揺しながら現地に向かった河野は、そこで渋沢の後姿をみつけるとナイフを取り出し刺そうとするが、逆に倒される。 それは渋沢ではなく、そのふりをしていた、キイナの部下・尊(平岡祐太)だった。 河野が怪しいと見たキイナが仕組んだ作戦だったのだ。 キイナは同時に、圭吾がここに来ていると確信し、圭吾を呼ぶと、ゆっくりと姿を現した。 そして、キイナに導かれるように、事件の真相を語り始めた・・・。

 

 河野はギャンブルで借金をし、会社の金を横領した。 その事を渋沢に注意され、河野は渋沢のいる仮設現場事務所へ謝りにやってきた。 河野は自分で何とかする、と言って、コーヒーを差し入れし、その場を去る。 入れ替わるように、家も身寄りもない日雇い作業員・トミさんが入ってくる。 渋沢は彼に、この場所を寝泊りに使わせていたのだ。 

 「トミさん、これどうぞ。」

 河野の差し入れのコーヒーを渡すと、彼は美味しそうに飲みだす。 すると、突然苦しみだし、動かなくなった。 何とか助けようとしていた圭吾だが、妻のことを思い出すと、トミさんに自分の結婚指輪をはめ、ストーブに毛布をかけた。

 「自分が死んだことにしておけば保険金が下りる。 その金で、妻の目の手術を受けさせることができる・・・。」

 そう考えた渋沢は火が燃え移るのを確認すると、その場から立ち去った・・・。

Cap0263   「トミさんには申し訳ないとおもい、河野を許せないとも思いました。 でも、それでも瞳に本当の光を見せてやりたかった。」(圭吾)

 「本当に瞳さんもそれを望んでいたんでしょうか? 目が見えるようになったとしても、そこに貴方がいなければ意味がない。 私はそう思います。 貴方がいてくれればそれでいい。 だって、貴方こそが瞳さんにとって、本当の光だから・・・。」(キイナ)

 圭吾と瞳は涙を流しながら、抱き合った・・・

 何か心にしみる良い話でしたね。 圭吾は罪を償わなければいけないけど、夫婦の愛情があれば、それも乗り越えられる。 ここまでパートナーの事を思いやれる人間がどれだけいることでしょうね。 次回も期待大です♪(o^-^o)

 

 ちなみに、この一週間に観たドラマのマイ・ベスト・ストーリーは、

  第1位: 『キイナ』File.3

  第2位: 『歌のおにいさん』第3話・・・氷室王子がクビになったけど。

  第3位: 『ラブ・シャッフル』第4話・・・シャッフル3順目は大波乱。

  次点 : 『赤い糸』第8話・・・タカの突然の死にメイは。

  でした♪(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

観る予定のドラマ、一部変更します♪(;^_^A

 今日は仕事は休みです。 経済不況の影響で、休みを3日多く取れという会社の命令で休みとなったわけですが、その分ドラマを多く観れるわけで、給料が減るのは面白くないけど、ドラマを観るという点ではなんとなく嬉しいこの頃です♪(;^_^A

 ところで、観続けることに決めていた『リセット』なんですが、なんかもう一つ面白くないんですよね。 SP版を観た時は良い感じだなと思っていたんですが、本編に入ったとたんに魅力が半減したというか、いま一つ楽しめないというか・・・。 何が物足りないのか考えてみると、そこに津川雅彦さんがいないことが大きいのかな、と思うようになりました。 アンリ役が津川さんからココリコの田中直樹に代わって、カレのノリにいま一つ魅力を感じられないんですよね。 逆に言えば、津川さんの存在が自分の中では大きかったのかなと・・・。 原史奈が出ていたチカンの話はなんとなく良かったんですが、他がいま一つノレず、ガレッヂセールの川田が出ている第4話をさっき観た段階でやめることにしました。 プロデュースしているのが吉本興業という点も期待のひとつだったんですが、リタイアとさせていただきます。m(_ _)m

2pre_1  変わって、実は時間に余裕がある分、なんとなく観ていた『ラブ・シャッフル』『歌のおにいさん』をリストに加えることにしました。

 『ラブ・シャッフル』DAIGOが良いアクセントになっていますね。 一週間ごとにパートナーをシャッフルしていくんですが、登場人物の個性がはっきりしていて、それぞれが与える影響が毎回楽しみですね。 

 『歌のおにいさん』の方は、大野智くん演じる矢野健太にいま一つ好感がもてなかったのですが、ここへ来て、面白くなってきましたね。 およそ歌のおにいさんとは縁遠そうな健太が、人間としてどう成長し、歌のおにいさんとして大成していくのか楽しみですし、また彼を取り巻く人たちの今後も気になります。

003_2  ちなみに、ここまでで一番楽しめているドラマは、『キイナ』です♪ 塚地くんの存在も良いんですが、事件の謎解きも良い感じになってきました。 第3話の、盲目の妻のために、自分の存在を消した夫の話には好感が持てました。 ちなみに今日は、もう一つの楽しみなドラマ『RESCUE』があります。 この2本のドラマを軸にして、この冬もドラマ三昧の日々を過ごせそうです♪(o^-^o) とは言っても、TVの主導権は娘たちにあるので、バラエティがメインなのは変わりませんが・・・。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月 5日 (木)

経済不況が我が家にも・・・。(-。-;)

 こんにちは。 今日は木曜日、まだ昼下がりです。(^-^;

 まさか、こんな曜日・時間に自宅のPCの前にいる日が来るなんて夢にも思いませんでした。 べつに会社をクビになった訳ではないですよ。

 今月の初めに社長通達があり、昨年末からの大幅赤字と、この経済不況を乗り切るためには社員の協力が必要不可欠とのことで、管理職の5~10%賃金カットと、社員の無給休暇を3日(事実上の賃金カット)設けるという指示が出ました。 それにより、僕も平日に公休を取ったり、半日出勤もせざるおえなくなり、さっそく今日、半日であがった、というわけです。

 家に帰るはいいんですが、かみさんはPTAの関係で外出、子供たちは当然いないし、いるのは、この時間、TVの株式市況とにらめっこ中の両親だけ。 なんせ70代半ばなもんでウンチクが好きで、やたら経済の話ばかり。 まあ、経済の先読みは長けている人なもんで、今回の世界的な不況の見通しを聞いてみると、景気が上向くのはまだ半年先らしいです。 暫くは我慢、我慢だそうで、それまで賃金カットが続くのかと思うと、悲しくなってきます。(ノω・、)

 いまから思うと、リーマンブラザースの破綻が始まりかもしれませんね。 アメリカの金融問題から急激に経済が悪化して、最近では、赤字企業がいっぱい出来て、パナソニックの3800億円の赤字に伴う15,000人の人員削減と国内外27箇所の工場閉鎖が、日本経済の現状を象徴するかのように、新聞記事として躍っています。 

 僕自身、取引先へ向かう際、道路を走っていて思うのは、交通量が以前と比べて減っているように感じること、シャッターを閉めている会社が目に付くようになったこと。

 人から聞いた話では、ある倉庫では従業員を1週間休ませていて、ある中小企業では、搬入作業、所謂荷受を事務職がやっているそうです。 本来なら、現場の作業員がするんでしょうが、工場など、機械を停めたりして、労働者を休ませたり、辞めさせたりしているため、事務の者がせざるおえないんでしょうね。

 本当に不景気というのが、目に見えてわかるようになってきました。

 派遣社員やパートタイムの人たちは、仕事が無くなった人も多く、今後採用も期待できない状況で、ホント大変です。 僕も当面は、酒の量を減らすなど節約生活をしなきゃいけないなぁと痛感しています。(゚ー゚;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »