« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月31日 (日)

ドラマ「Mr.Brain」の第1&2話観ました♪o(^-^)o

 新型インフルエンザ騒動で世間が騒がしい中、ドラマの方は地道にこつこつと観てました♪(*^-^)

 『ゴッドハンド輝』の後番で始まった『Mr.Brain』。 木村拓哉主演、綾瀬はるか共演で話題ですが、2話まで観た印象は、ガリレオ』『キイナ』同様の科学的な推理物で、最近のヒット路線ですよね。

 ホストクラブで働いていた九十九龍介(木村拓哉)は、工事現場の鉄板の荷崩れ事故で頭を強く打ち、脳の一部を損傷してしまう。 手術により一命は取り留めるが、脳の活動に予想だにしない変化が現れる。

 5年後、大学を出た九十九は科警研への配属が決まり、そこへむかうのだが、途中、爆弾事件に巻き込まれて・・・。

 木村拓哉、綾瀬はるか、香川照之、水嶋ヒロあたりがメインで、周りには大地真央、平泉成といった芸達者な人たちがいて、ゲストも第1話ではユースケ・サンタマリア、市川海老蔵、高嶋政伸、第2話では小雪、GACKTと豪華。 ドラマの内容も悪くないし、話の展開もなかなか良いし、カークラッシュなど映画ばりの撮影もしてるし、捨てがたい魅力がありますね。 ただ、何かひとつ物足りなさを感じるのは僕だけでしょうか?

 水嶋ヒロがいまひとつ持ち味を出せてない感じがしますし、『アイシテル-海容-』、『臨場』、『BOSS』の出来が良いので、その分だけ物足りないのかもしれません。 まあ、捨てがたい魅力はあるので次回も観ます♪

 ところで『Mr.Brain』以外、ドラマは後半戦に入りましたね。 皆さんは、どのドラマを楽しんでおられますか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009年5月24日 (日)

新型インフルエンザ、京都に来京・・・(-。-;)

 新型インフルエンザが日本上陸して9日。 前回記事を記してから数日後、滋賀、東京と発症者が出て、その後、ついに京都、埼玉と発症者が出ました。

 僕の住む地域の高校は休校となり、娘の林間学習は中止、秋に延期となりました。(^-^;

 京都の発症者はJR丹波口駅付近の学校の生徒だそうで、ほんとに京都のど真ん中って場所です。 感染エリアが広がらないことを願う限りです。

 京都といえば、昨日、仕事で嵯峨へ行ったんですが、昼間だというのに、釈迦堂周辺は人がまばらで、釈迦堂から落柿舎までの間にすれ違った歩行者はわずか4人でした。 通常ならその10倍人が歩いていて、一度は人力車に出会うんですけどね。 まあ、乗用車は結構走っていましたけど・・・。(^-^;

 

 ところで話は変わりますが、我が家のDVDレコーダーもとうとうダビング機能が働かなくなり、買い替えざるおえない状況になりました。 残したい番組タイトルが残せないのですから・・・。

 火曜日、平日半ドンだったので、昼からかみさんと「ミドリ」、「ケーズデンキ」に行ってみました。 同じSHARPのDVDレコーダーにしようとおもったのですが、2011年アナログ放送終了、全デジタル放送化の影響でしょうか、売っているのはハイビジョン・レコーダーとブルーレイのみ。 今もっている機種、[DV-HR450]はすでに廃盤になっているようですね。

 まあ[DC-AV82]というアクオス対応のHDDレコーダーが安そうだったので、それ目当てで出かけたのですが、楽天マーケットで40,000円前後で売り買いされていたのに対し、ミドリは48,000円弱。 延長保証は別料金。 ケーズデンキは50,000円を超えていました。 結局そこでは買わず、10年前に買ったビデオレコーダーをミドリで処分してもらっただけで帰りました。

 その日の晩に楽天マーケットでも延長保証ができるということで、結局ここで3年保証つきで46,000円ぐらいで注文しました。

 今日あたり、送られてくると思います。 到着次第、コードをつないで、ドラマの分だけでも、DC-AV82で録画していこうと思います。 そのまえにつなぎ方を覚えておかねば・・・。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

困ったなぁ~・・・。 娘の林間学校が・・・。

 新型インフルエンザが、すぐ近くの高槻市まで来たことで、今週の半ばに予定されている、娘の小学校の林間学校が危うくなっています。 行き先は瑠璃渓という、亀岡市にある観光スポットで、京都府内にあるんだけど、如何せん、新型インフルエンザが京都へ来るのが時間の問題になっているので、中止になる可能性が高くなっています。 

 もし、京都で発症者が出れば、当然休校勧告が発令されるわけで、その結果、林間学校は中止に・・・。 せっかく、雨の中、ズボンを買いに行ったのに、行った甲斐がないよね。 

 もっとも、その時期は天気もイマイチで、中止の可能性は高いのですが、インフルエンザが追い討ちをかけているようで歯がゆいですね。 せっかく娘が、林間学校の料理の練習をしているというのに、ちょっと可愛そうな気がします。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスクが売り切れ状態・・・(;^_^A

 こんにちは♪(o^-^o)  今日は月に1度の平日休。 先週末から神戸を皮切りに、兵庫県・大阪府新型インフルエンザが高校生を中心に流行り始めています。

 昨日は高槻市に2人出て、いよいよ京都に近づいてきたな、ということで、今朝、かみさんと薬局へマスクを買いに出かけました。 ところが、入り口に「品切れ」の表示が・・・。(^-^;  たまたま、かみさんの知り合いがいて、聞いてみると、薬局・コンビニ・スーパーと、どこへ行ってもマスクは売り切れているそうです。 

 仕方がないので、以前に花粉症対策のために徳用マスクを買ってあって、まあ1週間程度の分は残っていたと思うので、それで賄うことにしました。

 帰りにサティによったのですが、中の薬局で行列ができていました。 マスクを売っていたんですが、1枚もので、それも子供用でした。(゚ー゚;

 会社によっては、マスクの着用を義務付けている会社もあるようですが、肝心のマスクが手に入らなくては、何にもなりませんよね。 こうなってくると、個々の会社が独自でマスクを入荷し、社員に配布しない限り、マスクを必要とする会社は今後大変なことになりますよ。 指示を出してもマスクが無い、では洒落にならないと思いますけど・・・。 

 ところで、この新型インフルエンザ。 例にたがわず、タミフルリレンザ(ザナミビル)は効果あるようで、全く手の打ち様が無い病気ではないようですね。 ただ、豚から発生した新ウイルスということで、スペインタイプ同様、今回はこの程度でも、次回流行るときには、かなり強力になっているのではないか、というのが一般的な見方みたいです。 この冬が要注意って感じですね。(^-^;

 この新型インフルエンザ問題はいつまで続くことになるんでしょうか?( ̄○ ̄;)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

2009年春ドラマ、何を観るか決めました♪(#^.^#)

 いよいよ本格的にゴールデンウィークに突入しました♪(o^-^o) 今年は新型インフルエンザの影響で海外組が激減し、ETC1000円サービスの影響もあり、車による国内旅行が増えるそうで、各地で渋滞が多目というニュースが数日前から報じられていましたね。 僕は、例によって家族でかみさんの郷へ行くのですが、高速道路を使わないので、渋滞の影響はさほど無いように思うんですけど、どうなんでしょうか?f(*^-^)

 さて、ドラマの方は、すでに中盤に入っているものもありますが、遅ればせながら、何を観続けるか決めました♪(*^-^)

 今回は、全体的に暗い内容のドラマが多く、逆に『婚カツ』『アタシんちの男子』、『名探偵の掟』といったコメディものが目に付きます。

 今回、どのドラマを観るか非常に悩みましたが、結局、いつものように自分が観たい度合いの高いものから順に選ぶことにしました。 というわけで、関心度の高いものから順に発表します♪(o^-^o)

 まず1本目は『アイシテル-海容-』です♪(o^-^o)

St_02_2  子供同士の殺人事件を取り扱っているのですが、加害者側と被害者側の家族の描き方や、話の展開の仕方が丁寧で、事件そのものの進展はあまりないものの、家族の心の葛藤が凄く胸を打ちます。 被害者側の父親役の佐野史郎さんと、娘役の川島海荷ちゃんが好演してて、第2話での葬式のシーンには涙が出そうになりました。 ドラマの雰囲気も凄く良いですね。(*^-^)

 智也(嘉数一星)は本当に殺したのか? 事件なのか事故なのか? ここへきて、わからなくなってきましたね。 とても人を殺す子供には見えない智也。 きっと最終回は感動して涙がとまらないんじゃないか、と思います。 (o^-^o)

 2本目は『臨場』です♪(o^-^o)

Drama_img06_01  主人公が検視官という、一見して地味に思える立場だったので、観る前はあまり期待していなかったのですが、初回を観て、死体の状態や周りの状況だけで自殺か他殺かを見抜いてしまう、というのには驚きましたし、主人公の倉石(内野聖陽)が、今まで一度も見誤ったことのない検視官で、自分の読みが他の者とくい違えば、自ら現場に出かけていって刑事まがいのことをする、というのもドラマを面白くしていますね。 実際にそこまでする検視官っていないと思うんですけどね。f(^-^;

 内野聖陽さん『ゴンゾウ』以来ですね。 どこか主人公がゴンゾウに見えてしまうのは僕だけでしょうか? 主人公の性格もノリもゴンゾウだと思いませんか? 

 3本目は『BOSS』です♪(o^-^o)

Gal02_l1boss  特別犯罪対策室の室長に任命された、元キャリアでアラフォーの女刑事・大澤(天海祐希)。 集められた部下たちが、それぞれに何らかの問題を抱えた落ちこぼればかり。 それでも、うまく部下を従えながら、事件を解決していくというのが、設定として面白いですね。 大澤と犯人との心理戦も面白くて、初回の野垣(武田鉄矢)との取調室での心理戦はかなり面白かったです♪

 話の展開や雰囲気が、以前天海が主演していたドラマ『離婚弁護士』に似ていると思うのは僕だけでしょうか? 玉山鉄二が出ているってこともあるんでしょうか? 

 脇を固める温水洋一、ケンドー・コバヤシがなかなか楽しいですね。 このドラマのコメディ部分を盛り立てています。(*^-^)

 4本目は『白い春』です♪(o^-^o)

 正直なところ、初回は主演の阿部寛がめちゃめちゃ怖い顔していて、話も暗いし、ちょっと退きましたね。 パスしようかと思っていたんですが、2話目が思ったより良くて、『結婚できない男』のスタッフということもあり選びました。

 佐倉(阿部寛)と、実の娘・さち(大橋のぞみ)、さちの育ての親・村上(遠藤憲一)が今後、どういう風になっていくのか興味がありますね。 かみさんの予想では、これも最終回が感動的になるだろう、とのことです。 

 あと1本、なんにしようか迷いました。 捨てがたいドラマが多く、どれも観たいのですが、時間の都合上、そういう訳にもいきません。 で、結局これにしました。

 『ゴッドハンド輝』です♪(o^-^o)

 どうしても救いたい、という思いが強くなったとき現れる、父親ばりのオペのテクニック。 その描き方が、なんかウルトラマンに代表される変身ものを彷彿させて、本来なら白けるところが、ぎゃくに魅せてしまう点に好感が持てます。 胸に残る父親の手形がどこかオカルト的で、命の危うい患者を見抜いてしまったり、オペが終わると、精根尽き果てて気絶してしまったりと、マンガ的な側面も目立つんですが、ドジな新米医師・真東輝(平岡祐太)がどうオペにかかわっていくのか期待ですね。

 なお、このドラマ、6話完結なんだそうで、その後番には木村拓哉・綾瀬はるか主演の『Mr.Brain』が控えているんだそうです。 共演にトータス松本爆笑問題田中バナナマン設楽がいるそうで、ちょっと興味がわきますね。

 最後に、かみさんのドラマ評を記しておきますね♪(o^-^o)

 かみさんは毎回ほとんどのドラマを観ていて、かなりのドラマ好きなんですが、ドラマを観る眼は確かですよ。 辛口ですが・・・。

  『BOSS』: これが一番好き。 天海祐希のドラマはほとんどハズレがない。

  『アイシテル-海容-』: 子役次第。 話の展開が遅いけど、最終回が楽しみ♪

  『臨場』: 熱いドラマ。 見ごたえ充分。

  『白い春』: 初回はイマイチだったけど、最終回は泣けそう。 

  『スマイル』: 松本潤が初回はダサかったけど、2話目から良くなっている。 これも最終回が楽しみ。

  『ぼくの妹』: 兄と妹がオダギリジョーと長澤まさみってのが好きになれない。

  『名探偵の掟』: 松田翔太が良い。 楽しいドラマ。

  『魔女裁判』: たぶんかなり期待できる。 面白そう

 いかがでしたでしょうか? これからもよろしくお願いします♪m(_ _)m  

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »