« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

2009年秋ドラマ、どのドラマが面白かったですか?(#^.^#)

 今日は大晦日。 平成21年も今日で終わりで、来年は2010年。 有名な映画の続編のタイトルの年です。 きっと、経済的に更なる厳しい年になるとは思うんですが、来年も夢のある年であるよう願いたいですね。

 さて、クリスマスの日にあった『傍聴マニア』を最後に、今年の秋ドラマも一部を除き終了しました。 皆さんはどのドラマを楽しまれたのでしょうか?(#^.^#)

今回、終始観たドラマは4本。 『JIN-仁-』、『おひとりさま』、『アンタッチャブル』、『傍聴マニア』です。 また途中からですが、『深夜食堂』も観てました。 まずはそれらの感想です♪(o^-^o)

Cap028  『JIN-仁-』は久々に登場した、次回が待ち遠しいと思えるドラマでした。 他のドラマと比較しても、初回からテンションが違っていましたね。 江戸の幕末、もっとも激動的な時代にタイムスリップして、恋人の未来(中谷美紀)の事を思いながらも、その時代の病に立ち向かっていく姿が好感持てましたし、坂本龍馬(内野聖陽)や緒方洪庵(武田鉄矢)といった、歴史上実在する人物との出会いもワクワクしましたね。 ドラマの内容も俳優たちの演技も、CGなどを使った映像も素晴らしくて、最終回が楽しみだったんですが、結局、謎となる部分は何一つ解決されないまま終わってしまいましたね。(^-^;  ただ、『花より男子』『ごくせん』シリーズを大ヒットさせたTBSですから、この流れで行けば、続編を作って、その後、映画で締めくくるというパターンになるような気がします。

 まあ、時代を考えれば、この後徳川慶喜が将軍になり、新撰組も出てくるわけで、ここを映像化しない手はないと思いますし、またマンガでは、この後、西郷隆盛との出会いや、仁友堂の面々が京へ出かける話もあるので、きっと新撰組との出会いもあるでしょうし、僕としては、その辺の部分も観たいし、その後の龍馬や勝海舟も観たいです。

 最終回で仁が緒方洪庵の墓参りに行った際、影でその姿を見ていた巨漢の人物が誰なのか言及されていませんね。 僕が、続編はある、と読んでいる根拠はここにあります。 無いのならこの人物の姿を見せていたはずですしね。 僕の予想では、おそらく西郷隆盛だとふんでいるんですが・・・。(*^-^)

Cap024  『おひとりさま』『結婚できない男』の脚本家・尾崎将也さんらしい、楽しいドラマでした。 話も読みやすくて、最終回の展開も面白かったです。 結局、二人は歳の差を越えて恋人になれるんだけど、真一(小池徹平)が一人前の教師になるために別の学校へ転勤し、里美(観月ありさ)はおひとりさまに戻っちゃうというくだりも楽しいですね。 SPがあれば観てみたいです♪(o^-^o)

Cap001  『アンタッチャブル』は名無しの権兵衛が誰でどういう存在なのか、どう事件に関わっているのかに、結果的に終始していたように思いますが、犯人探しの意味では結構楽しめました。 最終回はなかなかスリリングで良かったですし、ラストで水死したはずの洸至(小澤征悦)が、遼子(仲間由紀恵)を観ているというのも、ホラーっぽくていいですね。 ちなみに名無しの権兵衛が誰なのか、かみさんは第4話で確信していたそうです。 事件の助けにタイミングよく出すぎている事と、「君は身近な人間を裁けるのか」発言で判ったそうで、僕は最後まで候補の一人としてしか見れていませんでした。f(^-^;

 『傍聴マニア』は裁判の面白さを違った視点から見せていた点に好感がもてましたね。 オチャラケな感じは常にあったものの、まあコメディとしては合格点だったんじゃないでしょうか?

 『深夜食堂』は短いながらもちょっと深みのある良いドラマでしたね。 マスター(小林薫)がお客さんの注文を受けて作る、メニューにない料理を下地にしたドラマがなかなか味があって良かったです。 機会があれば、見逃した第1話~第3話も観てみたいですね。(o^-^o)

Cap027  さて、というわけで今秋のベストドラマですが、これはもう文句なしに『JIN-仁-』にさせていただきます。 他のドラマと比べてもいろいろな意味で頭一つ抜けていたと思います。

 またベストストーリーもこの中から選ばせていただきます。 どれにしようか迷ったのですが、落ちが圧巻で痛快だった点を考慮して、『JIN-仁-』第9話にさせていただきます♪ を組の親分・新門辰五郎(中村敦夫)の火消しとしての男っぷりが観ていて面白かったです。

 またベストソングも、この『JIN-仁-』エンディング曲「逢いたくていま(Misia)にさせていただきます♪ この曲が最後に流れると心温まる感じがしたのは僕だけじゃないと思いますよ。(o^-^o)

 最後にベスト・キャラクターですが、これはもうこの人に尽きるでしょう。 坂本龍馬(内野聖陽)です。 この人物がいたことが『JIN-仁-』の魅力を倍増させていたといっても過言ではないと思います。 内野さんの龍馬はなかなか土臭くて、喜怒哀楽がはっきりしていて、とても魅力的でした。 続編もあると思いますが、是非このキャストのままやってほしいですね。

 というわけで、この秋は『JIN-仁-』に尽きるという印象でしたが、来年はどんなドラマが待っているんでしょうか? 今のところ関心があるのは、『ブラッディ・マンディ2』、『コード・ブルー 2nd season』、『サラリーマン金太郎2』といった続編3本です。 いずれも前回がなかなか良かったので期待大ってとこですね。(o^-^o)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2009年12月30日 (水)

今日から年末年始の休みです♪o(^-^)o

 仕事は昨日で終わり、今日から年末年始の休みです。(*^-^)

 仕事が忙しかったこともあり、全然ブログ更新できなかったんですが、その間、いろいろ気になるニュースがありましたね。 いくつかクローズアップしたいと思います。

 1.今年の流行語大賞が『政権交代』に決定・・・イマイチ納得できない選考ですね。 もっといろいろ流行した言葉があったとおもうのですが・・・・。(^-^;

 2.今年の漢字1文字に『新』が選ばれる・・・これは納得の一文字だと思いましたね。 新型インフルエンザに新政権、アメリカでは初の黒人大統領など、「新」づくめの1年だったと思います。(o^-^o)

 3.亀田VS内藤戦40%代の高視聴率・・・WBCといい、スポーツは強いですね。 世界と戦う日本人選手の活躍には多くの人が関心をもつんですが、この対決はある意味、因縁の対決となるわけで、こういうのも日本人は好きですよね。 それにしても、あれから亀田3兄弟の印象がよくなっていると思うのは何故なんでしょう?(*^-^)

 4.ドラマの最高視聴率争い・・・今年は民放ではTBSが勝利。 平均視聴率では『Mr.Brain』(TBS)が20.48%でトップ。 以下、『救命病棟24時』(フジ)、『JIN-仁-』(TBS)と続き、最高視聴率では『JIN-仁-』の最終回が25.3%『Mr.Brain』の初回、24.8%を抜いてトップになりました。 最終回が最高視聴率を記録して、初回と比べて5%以上アップするのは2年ぶりで、『花より男子2』『ハケンの品格』以来のようですね。 ちなみに『JIN-仁-』は続編を予想させる終わり方になっていたので、次回にかなり期待がもてそうですね。

 5.オリコン年間チャートでジャニーズ大躍進・・・なんといっても、今年はの一年でしたね。 シングルセールスの一日一日の数字が他と1ケタ違う、高いセールスで、今年出たシングル4枚はすべてトップ5入り。 しかも、1・2・3位独占年間アルバムセールスも1位という快挙。 これには驚きましたが、それだけファンが多いということで、2年連続1・2位独占はきっと大記録だと思います。

 6.M1王者はパンクブーブー・・・一通り見ていて、一番笑えたのは笑い飯鳥人だったんですが、決勝にチンポジ連発はダメでしょう。 下ネタに走ったらまず勝てない。 パンクブーブーは決勝3組の中で一番無難だったように思います。 しかしオートバックスがスポンサーなのに、パンクブーブーってどうなの?(^-^;

 7.メッセンジャーの黒田が暴力事件で逮捕・・・関西中心で活躍する人気お笑いコンビ・メッセンジャーの黒田がガールズバーで泥酔して、店長を殴る事件が発生。 供述が二転三転しているのが気になりますが、泥酔していたのなら仕方ないですかね。 しかし、このガールズバー。 飲み代の請求金額が25万円と異常なのに加えて、未成年者を働かせていたりと、ここへきて違法営業が表に出てきました。 暴力は良くないものの、こうなってくると、黒田に同情の余地ありって印象ですね。 「松本人志のすべらない話」では収録日を知らせるテロップが出ていましたが、削除はされていませんでしたね。

 ほかにもいろいろとあったんですが、とりあえず目に付いたニュースはこんなところですか。 鳩山政権の支持率低下も気になりますが、鳩山家の脱税問題やマニフェストが次々と修正されていくのを目の当たりにみれば仕方のないことですよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深刻なストップ・エラー・・・(;_;)

 ここ暫く、ブログの更新をできずにいました。 実は、今月に入って、ずっと深刻なストップ・エラーが毎日数回起きていました。 インターネット接続中に突然画面が黒くなって、ピーという異音と共に動かなくなり、強制終了して再起動するんですが、スキャン・ディスクで修復しても、数時間後には再び起きてしまいます。

 今年、9月に一度、リカバリをして、11月に再びリカバリをしたんですが、その際にはこんなエラーは無かったんです。 でも12月に入り、毎日のようにこの症状がでて、とうとう20日(日)に起動途中で止まるようになってしまいました。 最初の画面が出て、そこから暫くして動かなくなるんです。 これはセーフモードにしても一緒で、もうリカバリするしかなくて、23日(水)の天皇誕生日に、朝からリカバリをしました。 初期画面は出るので、そこからリカバリへは行けるんですが、リカバリを終えて、アップデート中に再びストップ・エラーが発生。 その日の夜に再度、リカバリするという深刻な事態に陥ってしまいました。 幸い、その後、この日のような事態は起こっていないんですが、相変わらずストップ・エラーは起きています。 フリーズこそしないものの、急に再起動始めたりします。 まあ、とりあえず、ブログを書ける状況にまでは修復できたので、もう暫くは、このPCに付き合うことにしました。 

 実は、20日にプリンターも誤作動して、詰まってもいないのに紙詰まりエラーが起きて、何度再起動してもその表示になり、それより先に進まない事態になりました。 年賀状をつくる前だったこともあり、やむなくインターネットでプリンターを購入し、2日後、新しいプリンターが来たんですが、エラーの翌日、何気なくスイッチを入れたら、普通に起動し、普通にプリントしました。 その後も何の異常も起きてなくて、新しいプリンターは今も未開封のままです。(^-^;

 今から思うと、これもPCの異常が引き起こしたものじゃないか、と思います。 いずれにしても、修理代のことを考えれば、修理に出すよりは買い替えの方が結果的に得だと思うので、PCの買い替えを考えとかなきゃいけないのですが、ファンヒーターが壊れていたので買い替えたり、その他もろもろの年末の出費がかさんで金欠状態。 富士通が会員サービスでやっている、PCのアウトレット商品や訳あり商品が品切れ状態になっていることもあり、何とか来年の夏ぐらいまでは、このPC、もってほしいです。 

 ちなみに、Dドライブに入っているデータも、DVD-RWなどに移しておきたいんですが、なぜか書き込みエラーが発生します。 新品のはずなのに、何故なんでしょうね?

 @メニューから「ROXIO」をインストールして再チャレンジしてみたいと思います♪

 ちなみに古いPCがまだ家に置いたままなので、それを外付けハードディスクとして使ってもいいのですが・・・。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »