« 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その2 | トップページ | 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その4 »

2010年10月24日 (日)

2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その3

 昨日は、久々に仕事がきっちり半ドンで終わりました。(o^-^o) ちょっと雑談していたので、退社したのは1時近くなっていましたが、帰り道、リカーマウンテンとマツモト寄って、2時までには帰りました。 昼飯にインスタント焼きそばを食べて、娘たちが勉強のため、TVが空いていたこともあり、連続で、溜まっていた録画タイトルの初回分を観ました♪(*^-^) 今回はその分の感想です♪(o^-^o)

Cap014_4  まずは、『獣医ドリトル』です♪(o^-^o)

 鳥取健一(小栗旬)は獣医。 自身が開いた『鳥取動物病院』を一人で運営している。 彼はその筋では変わり者で通っていて、法外な医療費を突き付けるので、お勧めできない獣医とされている。 しかし腕は確かで、難解な手術を要する場合、責任問題を恐れて安楽死を勧める医者が大半の中、彼だけは、医療費を出せば、即手術をしてくれる。

 鳥取のもとを訪ねてくる者は、どこも治療を受け入れてもらえず、安楽死を勧められ、飼い主の気持ちを察した鳥取の知り合いの獣医が彼を紹介し、わらをもつかむ想いでやってくるのだ。

 多島あすか(井上真央)は、富沢教授(石坂浩二)の推薦で、父の形見である勝てない競走馬・アスカミライの足の手術を頼みに来たが、3000万円要求されて戸惑う。

 そこへ高層マンションのベランダから落ちて重体の買い猫の手術依頼が。 ライバルでTV番組にも出ている人気獣医、花菱(成宮寛貴)の紹介だ。 鳥取は飼い主(西村雅彦)に100万円を要求。 高すぎると抗議はするものの、息子の望みでやむなく依頼。 くも膜下出血のため、意識が戻るのには時間がかかる、と告げる。 その上で、鳥取、通称ドリトルは手術を敢行する。

 横でそのオペを観ていた多島は、彼の腕を信用し、手術を依頼するが・・・。Cap020_2

 一言で言えば、マンガで知られる『ブラックジャック』の獣医版ですね。 法外な手術代と、確かな腕、そして展開の仕方もそうですね。 この猫が意識を回復し、飼い主が幸せそうに抱くシーンには思わずホロッとしました。 小田和正「グッバイ」はちょっとアコースティックでカントリーっぽいイントロに驚きましたが、小田さんらしいノリの曲ですね。 また、miwa「オトシモノ」は印象的なバラードで良い感じですね。 ドラマ自体は、見どころのある良いドラマだと思いましたが、観続けるか否かは保留とさせていただきます。m(_ _)m

Cap013_2  次は『流れ星』です♪(o^-^o)

 岡田健吾(竹野内豊)は新江ノ島水族館に勤める平凡な男。 婚約者・相澤美奈子(板谷由夏)との結婚を控え、幸せの真っただ中。 母・和子(原田美枝子)と、妹・マリア(北野きい)と共に暮らしている。  そんな暮らしの中、マリアが突然倒れてしまう。 医者から余命1年を勧告され、肝臓を移植してくれる6親等内のドナーが必要と告げられる。

 一方、槇原梨沙(上戸彩)は、兄・修一(稲垣吾郎)が貯めた借金返済のため、イメクラ通いをして金を稼いでいた・・・

 悪くない内容のドラマだとは思いましたが、酒が回ってきたのか、眠気がひどくなって、うとうとと観ていたせいでしょうか、何一つ印象に残らずに終わってしまいました。(^-^; コブクロ「流星」は彼ららしいバラードなんですが、正直、物足りなさを感じたのは僕だけでしょうか? とりあえず、保留とさせていただきます。m(_ _)m

Cap003_3  次は『フリーター、家を買う。』です♪(*^-^)

 「俺の人生、いつもそこそこだった・・・。」

 大学を卒業した武誠治(二宮和也)は、四葉電子という部品会社に就職したが、いまいち理解できない社員教育や、上司の付き合い、いわゆる社風になじめず、わずか3カ月で辞めてしまう。 二流商社に勤める仕事中心主義の父・誠一(竹中直人)は、何の相談も無く辞めてしまった誠治を怒鳴りつける。 専業主婦の母(浅野温子)は誠治には優しかった。 姉の亜矢子(井川遥)は永田病院の院長夫人として、姑(鷲尾真知子)に、息子のことで厳しくされつつも我慢して生きている。

 何に対しても中途半端な誠治は、接客態度を注意され、バイトをあっさり辞めてしまい、家に閉じこもりがちになっていた。

 ある夜、台所に降りてみると、テーブルには食品が置きっぱなし、冷蔵庫も開けっぱなしの状態で母がうずくまっていた。 

 「すみません。 今日も死ねませんでした。」 と連呼する母をみて、誠治は父や姉と共に病院へ連れていくが・・・。Cap005

 タイトルからコメディものを期待したのですが、結構シリアスなドラマですね。 うつ病になった母親を抱え、軟弱な誠治がどう成長していくのかが一つの見どころだと思うんですが、キャストが他に香里奈やハウンドドッグの大友康平がいて、隣の奥さん役で坂口良子がいるなど魅かれるものはありますね。 オープニング曲で西野カナ「君って」は心地よいバラード、エンディング曲で「果てない空」はミディアムテンポのドラマティックなナンバーと、どちらも印象的にドラマを彩っていて、これだけでも、観ようかな、という気持ちにさせてくれます。 ただ観続けるか否かは、現時点では保留とさせていただきます。m(_ _)m

Cap014_5  最後は『パーフェクト・リポート』です♪(*^-^)

 CTNというTVの報道部に所属する蒼山(松雪泰子)はやり手の社員。 取材力は群を抜くが、スタンドプレイに走るため、周りからは嫌がられている。 今日も食品偽装における某社の謝罪会見で、確信にせまる厳しい質問をあびせていた。

 デスクの黒井(平山浩行)は、蒼山に遊軍取材班への異動を命じる。 そこは、取材班の中でも、お荷物扱いされる者ばかりが集まる窓際部署だった。

 蒼山はアザラシの取材を命じられつつも、管轄外である宮島総理(石橋凌)失踪事件の真相に迫っていく。

 ありがちなタイプのドラマで、設定も展開もありがちなんですが、それでも充分に魅せてくれるのは、キャストや脚本が良いからなんでしょうね。 松雪泰子を筆頭に、相武紗季、要潤、小日向文世、小出恵介と良いメンバーがそろっています。 スタッフも『絶対零度』のメンバーなんで、ハズレにはならないと思います。 エンディングを飾るYUI「RAIN」は、力強いアップテンポナンバーで、YUIらしい曲ですね。

 面白そうなんですが、現時点では保留とさせていただきます。m(_ _)m

 いかがでしたか? 今回の関心度順位は、ほとんど差はないんですが、 1位:『フリーター、家を買う。』 、2位『獣医ドリトル』 、3位『パーフェクト・リポート』 です♪(o^-^o)

 

 次回は、先延ばしにしてきた『医龍3』と、ダウンタウン浜田雅功主演の『検事・鬼島平八郎』などをアップします♪(o^-^o)

|

« 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その2 | トップページ | 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その3:

« 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その2 | トップページ | 2010年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その4 »