« 『黄金の豚』第3話まで、『秘密』第4話まで観ました♪(o^-^o) | トップページ | 『フリーター、家を買う。』第5話~第7話を観て・・・(*^.^*) »

2010年11月14日 (日)

『フリーター、家を買う。』第4話を観て・・・f(^-^;

 だいぶ、木々が色づいてきましたね。 この分だと、紅葉のピークは次の土曜日か、23日の祝日あたりに来そうですね。 毎年、紅葉の時期には、家族で嵐山に行って、1軒お寺を見学するのがちょっとした恒例になっているんですが、今年は今のところ未定です。 子供たちがなんとなくついてこないような気がするし、写真を撮って年賀状にプリントするのも、子供の年齢から考えると必要ないかもしれませんしね・・・。(^-^;

 さて、ドラマの方も順調に観ています。 今週も、あと『検事・鬼島平八郎』が残っているだけで、関心のある『フリーター、家を買う。』、『SPEC』、『秘密』、『黄金の豚』は観終わりました♪(*゚ー゚*)

 どれも良かったんですが、その中から代表して、『フリーター、家を買う。』第4話をアップします♪(*^.^*)

Cap002   誠治(二宮和也)は、母・寿美子(浅野温子)のために、家を買う目標を立てた。 壁に貼り付けたその紙を見て、父・誠一(竹中直人)は、フリーターではローンを組めないし、社員になっても、4~5年の実績がないと買えない、ましてや、今まで目標を立てても努力をしようとしなかった誠治には無理だと告げる

 翌日から誠治の忙しい毎日が始まった。 昼休みに母がきちんと薬を飲んでいるか確認するために家に戻ったり、アルバイトを早めに切り上げさせてもらって、ハローワークに駆け込んだり、その傍ら就職活動をしたり・・・。 しかし、疲労がたまって無理がたたり、とうとう倒れてしまう。 それでも誠治はそれらを続け、ふらつきながらも土木作業をする姿を見て、真奈美(香里奈)は作業を止めるよう怒鳴りつける。 真奈美には、2年前、自分の指示に従わず作業を続けた作業員が事故を起こし、大けがしてしまった、という過去をひきずっていた。 彼女は毎月、怪我をした五十嵐の見舞いを続けていた。Cap013

 ある日、隣の西本(坂口良子)さん宅に入る和彦(横尾渉)に誠治はいじめの相談を持ちかける。 和彦は弁護士をしていて、いじめの犯人が自分の母のことですね、と誠治に告げた。 和彦の話から、いじめのきっかけは、父・誠一が引っ越してきた際に、周りが住宅ローンで苦労しているのに、月5万円の家賃で済んでいる事を、酔いにまかせて、ベラベラとしゃべってしまった事にあると知る。 

 誠治と亜矢子(井川遥)は父を責めるが、父・誠一は、

 「大の大人が、そんな下らない事でいじめをするわけがない。」

 と、耳を貸さない。 誠治も亜矢子も、母と結婚すべきでなかった、と非難するが、母・寿美子は「お父さんを責めないで・・・。」 とかばう。

Cap014  数日後、生まれて初めて、二次面接にこぎつけた誠治だったが、大悦土木からそこへ向かおうとした際、母から「薬が見当たらない。」と電話が入る。 

 「お願いだから待ってて。 今回だけは邪魔しないで。」 と、誠治は電話を切ってしまった。

 面接の順番待ちの間、誠治は母のことが気になって仕方なかった。 電話しても母は出ない。 心配で我慢できなくなった誠治は、とうとう面接を受けずに家に戻ってしまう。 しかし、どこにも母の姿はない。 家の外を探しまわり、思い当たる場所に行ったりしたが、どこにもいなかった。

 再び家に戻ると、母が戻ってきた。 母は薬を分けるために使うケースを買いに行っていた。 薬はエプロンのポケットに入っていたらしい。 誠治は母に、「もう親父や母さんに振り回されるのはうんざりだ。」 と言い残して出ていく。Cap015

 その夜、誠治は大悦土木の仲間たちとカラオケボックスで歌っていた。 

 「あ~あ、津軽海峡冬景色~♪」

 誠治は酔いつぶれながらも明るくふるまおうとしていた。 でも皆に家の事を話しているうちにとうとう耐えられなくなって、涙をこぼしてしまう。

 「もう無理だよ。 お袋の面倒見るの・・・、もう無理ですわ。 もし、本当お袋が居なくなったら、俺はたぶん、ホッとすると思う・・・。」

 真奈美はそんな誠治を気の毒そうに観ていた。

Cap011

 家に戻り、誠治はソファーにすわる母に向かって言った。

 「母さん。 ハンドクリーム、塗ろう。」

 ≪人生には思いもかけない出来事が降りかかる。 でも、人生は続いていく。≫

 母親のために家を買おう、と頑張ったのに、その母に邪魔されてしまった。 カラオケボックスでの本音は、本当に切なくて悲しかったです。

 誠治は無事就職できるのか、家族はどうなってしまうのか。 父・誠一も何か問題を抱えているようで、気になります。 母を嫌う和彦はどう関わってくるんでしょうね。 今後も目が離せませんね。f(^-^;  

|

« 『黄金の豚』第3話まで、『秘密』第4話まで観ました♪(o^-^o) | トップページ | 『フリーター、家を買う。』第5話~第7話を観て・・・(*^.^*) »

コメント

こんばんわ。
誠治の涙にはやられました。
どうしようもない、引きこもりのフリーター
だった。誠治が、母の病気を境に、父の
罵倒をはねのけるようになってきました。
大悦土木の人たちがなかなか個性的で、隣家の
陰湿ないじめと比較して、どうしても誠治には、救いが必要ですよね。
はたしてどうやって、家を買うんでしょうね。

竹中さんがまた古い時代の父を好演ですね。
最近は、姉の亜矢子が魅力あります。

投稿: mari | 2010年11月14日 (日) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/50026882

この記事へのトラックバック一覧です: 『フリーター、家を買う。』第4話を観て・・・f(^-^;:

» ≪フリーター、家を買う。≫☆04 [まぁ、お茶でも]
誠治は、嫌がらせをする隣家の西本とトラブルを避けるために、ゴミを大悦建設の事務所に運んだ。ゴミ紛争があると少し話すと、大悦は、出しとけと言ってくれた。 真奈美は、誠治に、そんな人がいるんだと聞いてきた。 10年も前からオフクロがいじめられて、と話す誠治に、病気と関係あるのかと聞いた。 グルっと回って、助手席へ行く真奈美に、目標が出来たと話す誠治。聞かれても言うわけねえだろと、突っぱねた。 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 21時54分

» 「フリーター、家を買う」(第4話:「お袋の、面倒見るのもう無理だ…」) [鉄火丼のつれづれ日記]
11/9に放送された、「フリーター、家を買う」(第4話)は、誠治(二宮和也)が「家を買う」という目標に向かって動き始める、という内容であった。とは言っても、たった1人で母・寿美子(浅野温子)の世話から就職試験、果ては土木工事のバイトまでもをこなさなければなら...... [続きを読む]

受信: 2010年11月16日 (火) 00時36分

« 『黄金の豚』第3話まで、『秘密』第4話まで観ました♪(o^-^o) | トップページ | 『フリーター、家を買う。』第5話~第7話を観て・・・(*^.^*) »