« 2011年冬ドラマ、始まりましたね♪ その2 (o^-^o) | トップページ | 2011冬ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その4 »

2011年1月22日 (土)

2011年冬ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その3

 今日は仕事は休み。 8時ごろまで寝てようと、布団のなかでうつらうつらしていたら、会社から何度も電話が掛ってきて、やむなく出たら、部下からつまらない事での電話で、「そんなの自分で対処できないのか。自分でできないなら、他の者に頼むことはできないのか?」 と心の中で思いつつも、呆れる気持ちを押さえて、対処の仕方を指示しました。 本当に、休みの日ぐらい、ゆっくりさせてくれよぅ・・・。(ノ_-。)

 さて、ドラマの方ですが、順調に初回分の視聴が出来てはいるんですが、どうしても娘たちがバラエティ番組を見たがるので、なかなか観る時間を作るのが難しいですね。 正直、ポータブルDVDプレーヤーを買おうかな?とも思っています。 それがあれば、あらかじめ録画タイトルをDVD-RWに落としておきさえすれば、いつでも観れるわけですし、ドライブでの移動中、娘たちの退屈しのぎにもなりますしね。

 では今朝観たドラマから、まずは『スクール!!』です♪(o^-^o)

 中堅ゼネコンの現場課長・成瀬(江口洋介)は、仲間たちと最後のトンネル工事をしていた。 会社が倒産することになり、事実上最後の発破になる。 皆に感謝しながら、成瀬は発破ボタンを押した。

 舞台は成瀬の母校・新宮小学校。 成瀬はいじめられている男の子をみかけ、いじめを止めに入るが、いじめっ子の女子が持っていたライターを取り上げようとした際に防犯ブザーを押され、警備員に不審者と間違えられ、拘束されてしまう。

 一方、職員室では新校長の到着を職員一同、待っていたが時間になってもなかなか来ない。 そこへ警備員に連れられた成瀬が入ってきた。 警備員から離れると、成瀬が言った。

 「はじめまして。 新校長の成瀬です。」

 彼こそ、小学校の時の恩師・武市(岸辺一徳)の推薦でやってきた民間人校長だったのだ。

 江口洋介が小学校の校長。 教師役に西島秀俊、北乃きい、塚本高史、市川美和子など。 正直、何の期待もせず観たんですが、ありがちな内容ながら、かなり面白かったです♪(o^-^o) 適度に軽いし、テンポも良いし、ストーリーの持っていき方が痛快ですね。 脚本が『アンフェアー』、『ハケンの品格』で知られる秦建日子さんということで、ハズレは無い脚本家なんですが、今回も例にもれず面白いです。 刑事ものが今回多いせいか、逆に新鮮です。 これは次回も観ます♪(o^-^o)

 次は『デカワンコ』です♪(o^-^o)

 花森一子(多部未華子)は警視庁刑事部捜査一課の刑事。 第13係に属し、唯一の女刑事。 フリフリの衣装をまとい、新米ながら、今日も先輩に付いて現場に向かう。 彼女の優れたところは犬並みの嗅覚をもっていること。 それを武器に、今日も犯人を見つけ出す。

 人気マンガのドラマ化ということで、ちょっと期待していたんですが、典型的なコメディで、全体的に軽いノリですね。 キャストに沢村一樹、手越祐也、伊東四朗、渡辺直美、石塚英彦などいるんですが、何か今一つノリきれていないのか、物足りなさを感じましたね。 多部未華子ひとり浮いてみえました。 ちょっとこれは僕的には駄目ですね。 パスとさせていただきます。m(_ _)m

 

 次は『冬のサクラ』です♪(o^-^o)

 ガラス職人・稲葉祐(草薙剛)は、ひったくりともみ合いになっている女性と遭遇。 ひったくりはバッグを盗むと、自転車で去って行ったが、祐は、その際怪我をした女性が心配になり、声をかけると、自分の家に連れて帰った。

 彼女は記憶を無くしていた。 彼女の名前は石川萌奈美(今井美樹)。 それまで、認知症の母の介護に負われていた男と、記憶を無くした女の暮らしが始まった・・・。

 所謂、『冬のソナタ』の日本版的なドラマとして、若干期待していたんですが、いきなり突っ込みどころ満載の出だしでしたね。 なんで、ひったくりを追いかけないんだとか、ひったくりに「おい、待てよ。」の一言も無いのかとか、何で彼女が怪我をしているのに病院に連れて行かずに、自分の家に連れていくんだよとか、認知症の母親が何であんなに簡単に亡くなるんだよとか・・・。 全体的にもなんか乗り切れない話でしたね。 キャストに佐藤健、加藤ローサ、高嶋政伸、江波杏子などがいるんですが、構成が今一つなのか、物足りないです。 ちょっと僕的にはダメですね、このドラマ。 すみませんがパスとさせていただきます。m(_ _)m

 最後は『大切なことはすべて君が教えてくれた』です♪(o^-^o)

 柏木修二(三浦春馬)は私立明瞭学園の高校教師。 ある朝、目が覚めると、隣に見知らぬ若い女が裸で寝ていた。 訳が判らず、修二は女性に鍵を渡すと慌てて学校へと出かける。

 修二には同じ高校で教師をしている恋人・夏実(戸田恵梨香)がいる。 後ろめたさを感じながらも登校し、新学期の打ち合わせの中に入る。 修二は2年1組の担当となった。 生徒たちにとって修二は人気のある先生。 だが、その生徒の中に一夜をともにした女性がいた。 彼女の名は佐伯ひかり(武井咲)。 彼女は二人っきりになった際に、修二に部屋の鍵を渡したが、修二はただ呆然と彼女を見つめていた・・・。

 三浦春馬が月9に主演。 主なキャストに戸田恵梨香のほか、内田有紀、風間杜夫、西村雅彦、篠田麻里子(AKB48)。 とても爽やかな印象なんですが、やっぱり今年成人になる三浦春馬が教師というのは無理がありますね。 ただ、ドラマ自体のノリは悪くないので、今後観続けるか否かは、正直迷っています。 ポルノグラフィティのエンディング曲はなかなか味わいがあって良い曲なんですが、とりあえず保留ということで・・・。(^-^;

 いかがでしたでしょうか。 残るは『悪党』の他、1週間以上先に公開される『Dr.伊良部一郎』、『バーテンダー』の3本。 とりあえず、後者の2本を残して、どのドラマを観続けるか決めたいと思います。(o^-^o)  

|

« 2011年冬ドラマ、始まりましたね♪ その2 (o^-^o) | トップページ | 2011冬ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年冬ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その3:

« 2011年冬ドラマ、始まりましたね♪ その2 (o^-^o) | トップページ | 2011冬ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その4 »