« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月 6日 (日)

『Dr.伊良部一郎』、『バーテンダー』 第一話♪(o^-^o)

昨日観たドラマから、まだ初回を観ていなかった『Dr.伊良部一郎』『バーテンダー』の感想です♪(o^-^o) まずは『Dr.伊良部一郎』から。

 ヤクザの若頭・狩野(西村雅彦)は、敵対する吉安組組長(大鷹明良)も認めるほど度胸のある男。 拳銃を突きつけられても全く動じない。 だが、狩野には最近気になることがあった。 先の尖ったものを見ると腰が引けるどころか、体調まで悪くなってしまうのだ。 ヤクザとして危機感を抱いた狩野は、内縁の妻・和美(三浦理恵子)の勧めで伊良部総合病院の心療内科を訪ねる。 が、矢印のさす方向に歩いて行ってもなかなかたどりつけない。 とうとう屋上まで出てしまうと、その先に一室が・・・。 そこが精神科医・伊良部(徳重聡)の診察室だった。 

 もっとお堅い医療ドラマなのかな、と思っていたら、これコメディなんですね。 お気楽な伊良部と、オタクっぽい看護師・マユミ(余貴美子)のコンビがなかなか楽しいですね。 エンディング曲の「週末Not yet」もアップテンポの明るい曲で、ドラマのコメディ色を高めていますが、実はこれAKB48の新ユニットなんですね。 面白そうなんですが、魅力と言う点で視聴を決めたドラマと比べて、やや見劣りするんで、パスとさせていただきます。m(_ _)m

 次は『バーテンダー』です♪(o^-^o)

 美和(貫地谷しほり)は、祖父であり、来島財閥の会長である来島泰三(津川雅彦)から『神のグラス』話を聞かされていた。

 「例えばお前が世界中の人々を敵に回したとして、たった一人お前に味方が残るとすれば、それは誰だと思う? それはバーテンダーだ。 バーテンダーはカウンター越しに向き合った客を決して裏切らない。 その中でも選ばれし者だけが、その魂を救う究極の一杯『神のグラス』を作り上げることができる。」

 美和はずっとその人物をさがしていた。 今日はヨーロッパのコンテストで優勝した、ラッツホテルの天才バーテンダー・佐々倉溜(相葉雅紀)がカクテルコンテストの特別ゲストとして来日するというので、会場にきていたのだが、なぜか登場したのは別のバーテンダーだった。

 溜はラッツホテルを辞めていて、今は行方不明になっていた。 がっかりした美和はその夜、馴染みの定食屋「さくら食堂」へ。 いつものように店主の肇(尾美としのり)相手に、愚痴を言いながら飲み食いし、帰ろうと店を出た際、そこへビールを配達に来ていた男とぶつかった。 それが溜だった

 相葉雅紀が天才バーテンダー役。 今一つピンとこなかったんですが、観終わって、これもアリかな、と思いましたね。 在り来たりといえば在り来たりなんですが、僕はこういう話、嫌いじゃないんですよ。 ちょっと気になるんで、続きも観てみたいと思います。(*^-^)

 というわけで、5本目の視聴予定ドラマが決まりましたが、時間があれば『最上の命医』も観続けたいと思います。m(_ _)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザがやってきた・・・(u_u)

 我が家にもとうとうインフルエンザがやってきました。(;‐;)

 先週の水曜日、仕事が終わって帰宅すると、なんとなく風邪気味なんで、風邪薬を飲んで寝たんですが、翌朝、熱こそないものの身体がだるいんで、近所の病院が、その夜は内科の診察予定になっていたので、仕事を早めに上がらせてもらって、医者に行こうとおもっていたんですね。 で、時間が経つにつれて、だんだん熱っぽくなってきて、だるさもきつくなってきました。 でも仕事が忙しくて、なかなか早くあがらせてもらえず、結局、病院の受付終了する8時ぎりぎりに駆け込みとなりました。

 中に入って、診察券と保険証を渡して、一週間の担当医の記してあるボードを見たら、今夜は外科医(!)。 診察券に記されている予定と違うじゃん、と思いつつ、診察してもらったんですが、現段階では風邪か否かわからない、ということで、風邪薬をもらって帰りました。 寝る前、熱は38度弱あったんで、医者からもらった頓服薬を飲んで寝たんですが、翌朝、出勤するつもりで、いつも通り5時45分に起きて、6時頃に食事のため、台所にむかったんですが、身体が完全に宙に浮いていて、とりあえず体温を計ったら、39度近くまで上がっていました。

 これはヤバいかも、と思い、会社には休む事を伝えて、とにかく朝飯を食べて、風邪薬一式を飲んでから、再度寝ることにしました。 金曜日の午前中は予約制で、かみさんが予約をとってくれたんですが、混んでるだろうな、と思っていたら、案の定、12時40分と遅い時間でした。

 時間まで布団の中でグロッキー状態。 で、時間になって病院に行ったら、すぐに隔離室に入れられました。 間もなく、検温して、インフルエンザの検査を受けて、その結果、インフルエンザA型と診断されました。

Image01  すぐに病室で点滴治療を受けました。 ラビアクタとか言う、タミフル5日分くらいの効果のある点滴薬なんだそうで、約15分ほどで終わりました。

 飲み薬などは無く、「2日間で熱は下がり、菌も死滅しますが、そこからあと2日間は外出禁止です。もし熱が上がれば前日に出した頓服薬を使ってください。」 と指示されて帰宅しました。

 帰宅後、無理やり昼食を食べて、即、布団へ直行。 気がつけば夜の6時で、汗びっしょり。 晩飯を食べに台所に行くも、全く食欲が無く、かろうじてきゅうりの酢の物と、おひたしが食べられただけでした。 でも全く美味しく感じなかったです。 しばらくテレビを観て、体温を計ったら39度(!)。 頓服薬を飲んで、着替えて、すぐに布団に入りました。

 翌朝の土曜日も体調は最悪。 ふらふらするし、食欲は無いし、頭痛もするし吐き気もあるし・・・。 でも、朝飯は食べないと、と思って、かみさんと相談して、おかゆを作ってもらいました。 昨日同様、美味しくは感じなかったんですが、なんとか食べ切れました。 とりあえず味はわかるんで、それだけでもマシですかね。(^-^;

 朝、起きるときに、身体が固くなっていたのか、腰をいわしてしまったのと、幸い体温が37.5度まで下がっていたので、テレビの部屋でゆっくりすることに・・・。 溜めていたドラマやバラエティを観てました。 昼頃には体温は平熱に戻りましたが、変わって胃の調子が悪い気がして、胃腸薬を飲みました。

 昼飯はうどんにしてもらい、これも美味しいとは感じませんでした。

 夕方になって、急にお腹が鳴り始め、しばらくして、少し空腹感が出てきました。 それまでは、全く無かったんですね。 不思議なもので、晩飯のカレーライスは美味しく感じられました。

 今日は日曜日。 体温はあれから上がっていません。 胃の調子は相変わらず良くないです。 どうも胃には良くない薬のようですね。 ただ食欲は少しずつですが出てきたように思います。 吐き気はまだありますけどね。 ただ仕事は、なんとか火曜日から出られそうです。(*^-^) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »