« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月27日 (日)

計画停電の影響

 東北関東大震災に伴う計画停電。 東北電力の方は、幸いにも今のところ無しで済んでいますが、福島原発を管理していた東京電力は計画停電を実施。 これにより、様々なところに影響が出ていますね。

Tdl25th10l  まずは東京ディズニーランドの無期限休園。 電力供給が安定しない限り、開園できないとオリエンタルランドは主張しているんですが、勇気ある判断だとおもいます。 レジャー施設の電力使用量は半端じゃないですしね。 日光江戸村上野動物園も節電目的もあり休園。

 工場や店では営業時間を短縮。 点ける電気を減らして営業する店も出てきています。 一部の工場では操業停止している所もあります。

 品不足に陥っているのが電池。 計画停電によるPCなどの電源確保のためなんでしょうが、本当に物って、ちょっとしたことで直ぐに品不足に陥るんですね。

Ntt  面白いのは、NTT富士通といった情報システムを預かる大手企業は自家発電装置を持っており、計画停電の影響は無い事。 非常用の備えはさすがって印象なんですが、逆にもろに影響をうけているのが居酒屋関係。 震災による節約ムードも拍車をかけるため、非常に厳しい状況に追いやられるのは間違いなさそうです。

 各家庭では、ちょっとでも節電しようという動きが広がっているのか、計画停電の度合を減らす原動力の一端になっているようですね。 良い傾向だと思います。

 中部電力の供給提供も手伝って、この節電ムードが全国に広がれば、きっとこの苦境も凌げるのではないでしょうか?(*^-^)

 ちょっと夏場が心配ですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

震災と福島第一原発がもたらした問題・・・(ノ_-。)

 東北関東大震災。 今、民放では東日本大震災という名称で統一していますが、エリアの捉え方としては、ちょっと範囲が漠然とし過ぎていて、どの辺りまでを東日本と捉えるのかわからないですよね。 NHKが言い続けている東北・関東大震災の方が、被害や交通の面で正しい表現のように思えます。 まあ、長野でも大きい余震があったから、東日本でくくっているんでしょうが、被害の大きい地域が岩手・宮城・福島・茨城ですから、僕は東北関東大震災を支持します。

 まあ、それはともかくとして、ついに震災での死者が1万人を超えてしまいました。 阪神淡路大震災のときを参考にすれば、最初は数百人と言われていたのが、6000人ぐらいまで膨らんだように、今回の震災も、おそらく2万人前後まで膨らんでしまうように思えます。

0003_2   死者の数も凄まじいのですが、それ以上にマスコミが騒いでいるのが、被災した福島第一原発ですね。 他の原発は大丈夫だったようですが、非常用の発電機が動かなくなってしまったために冷却水が回らない、という致命的なトラブルで炉心が露出し、水素爆発などで、高濃度の放射線が外へ出てしまいました。 

 最近ではタービンの建屋内で作業員が汚染した水につかり、2~6シーベルトの放射線を浴びた、というニュースが話題になっていました。 このシーベルトという単位を調べてみると、2シーベルトで5%、3~5シーベルトで50%、7シーベルト以上で99%、という確率で死亡すると記載されています。 ということは、この汚染された水は生死に係わる危険な水だったわけで、火傷程度、と報じていたのはおかしいことになりますね。 まあ、防護服を着ていたのであれば、その程度で済むのかもしれませんが、いずれにしても非常に危険な状況に変わりはありませんね。

Photo_2   1~4号機が破損した訳ですが、幸い5号機、6号機は離れた位置にあったのと、定期点検中だったため無事だったようですが、同じく定期点検中だった4号機は水素爆発し、建屋が吹っ飛んでしまいました。 でも、震災時に作動中だった1~3号機と比べると、被害の度合は少し下がるようです。

 非常に心配なのは、近隣の人々の健康被害ですね。 作物や水の汚染もあり、がんの発症率が非常に増える可能性が高いです。 

 ところで、この震災で避難生活をされている方は20万人を超えているそうですが、日本だけでなく、海外からも様々なボランティアや募金活動が起こっていますね。

1  最初に手を挙げたのが、何とレディ・ガガ。 正直驚きました。 観た目で人は判断できませんね。 思わず彼女の曲を聞きたくなりました。

 その後、世界各国から様々なアーティスト・俳優・スポーツ選手が名乗りをあげて、世界中が東北関東大震災の被災者たちのためにエールを送り、数多くの募金やチャリティ活動が起こっています。 様々な人々たちの思いやりと心遣いが支えになって、こんな悲惨な震災被害に対しても、阪神淡路大震災のときのように、力強く復興していくんでしょうね。

 東北自動車道の開通で、まずは救援活動が一歩前進、ってとこですが、一日も早く、被害の大きかった陸前高田や気仙沼といったところの人々に、万遍無く行きとどくことを願うばかりです。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

東北大震災、その映像を観て・・・。(゚ー゚;

 今日は、臨時の公休。 先々週の土曜日、怪我で休んだ人の代わりに出勤したので、その代休なんですが、今朝はかみさんが免許の更新、ということで、ついさっき、車で送ってきました。

 TVでは今日も地震のニュースでもちきりです。 一部の民放では通常の番組を再開していますが、ほとんどが通常の報道番組を特番のように延長で放送するというスタイルに変わってきていますね。 昨日までの緊急地震速報番組とはちょっと違ってきています。

20110313_2384474_2  それにしても地震の恐ろしさ、津波の怖さを痛感した、今回の東北大震災。 気象庁は今回の地震の規模をM9.0に修正しましたね。 これは世界歴代5位に当たるそうで、もっとも規模が大きかったのは、1960年チリ地震で、M9.5だそうです。 今世紀に入ってからでは、2004年スマトラ沖地震M9.3に継いで第2位となります。 かなり大きな地震だったとは理解できるんでしょうが、どのくらい大きいのかと言えば、阪神大震災M7.3ですから、それのおよそ1000倍のエネルギーだ、と報道では伝えていますね。 とにかく、その惨状をみれば、その凄まじさは実感できますが、その映像は、地震研究家からみれば、非常に貴重なものだろうと思います。

 それはともかくとして、心配なのは、事実上、陸の孤島になってしまっている被災者達ですね。 交通が遮断され、水も食料も乏しく、電気・ガスのない状態で毎日を過ごしている訳で、当然トイレの問題もあるし、衛生面でも非常にきつい状態でいるので、非常に心配です。 世界各国から救助隊がやってきているんですが、瓦礫などで交通の遮断されている状態で、どれだけの被災者の命を救えるのか、気になりますね。 

 更に政府が発表している計画停電。 これが都心にどれだけの影響を与えるのか気になります。 すでに吉祥寺などで、電車に乗る人々の長蛇の列ができていますね。 営業時間を短縮している店も多々見受けられます。

 東北や茨城・千葉方面の交通はいつ正常運行できるようになるのか、特に東北の太平洋側は、寸断された道路や線路が少なくないわけで、いつ復旧できるのかわからないですよね。

 まずは、被災者の救出を念頭において、それから瓦礫の撤去作業、道路・線路の復旧工事へとつながっていくんでしょうが、阪神大震災がそうであったように、膨大な時間と労力、そして多くの善意とボランティアが働いて、少しずつ復旧していくんでしょうね。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

自然の脅威、東北大震災!!

20110312083449_932417919  3月11日、午後2時46分。 日本の観測史上、最大の地震が発生しました。 宮城沖の浅い地点で起こったM8.8震度7という強烈な地震で、更に震度5~6の余震が10数度も発生するという物凄さ。 これは他の地震を誘発した、という専門家の意見が有力視されているんですが、過去、こんな事はありませんでしたね。 更に、それに伴って派生した巨大津波。 10mを超える津波は、想像とは違ったものの、そのエネルギーの凄まじさに驚きました。 水位が2階レベルまで上がると、家屋がいとも簡単に流されていく。 家は基礎工事がしっかりされているので、地盤が緩まない限り、そんなに簡単に動かないものなのですが、まるでオモチャを動かしているかのように流れているのを見ると、水といえども恐ろしいものだなぁ、と実感しました。 もちろん、それだけ凄まじいエネルギーですから、津波の中に巻き込まれれば、まず助からないでしょうね。0003  更に船舶の重油が引き金となった火災、そして、今、最大の関心事となっている福島原発の放射能漏れ。 阪神大震災では無かった出来事が、次々と起こっています。

 阪神大震災が起こったのが、今から16年前の1月17日。 この震災から今日まで、震度6~7クラスの地震が、日本だけで7回も発生しています。 専門家の中には、地震に関して、活動期に入ったと宣言していた方もいました。 もしそうなら、今後もこんな凄い地震が、次々と起こることになります。 陸前高田市のように壊滅的被害に至った町。 相馬市の海岸に打ち上げられた200~300人の死体。 気仙沼市の津波と被災者の現状。 岩手・宮城・福島の海岸側に居る人々の今後が、ホント、大変です。

Hckfmk  有名人では、サンドイッチマン伊達がTV番組スタッフとともに被災したが無事だそうで、心配なのは、欽ちゃんファミリーとして有名だった気仙沼ちゃんが無事なのかどうかですね。 おそらく、気仙沼ちゃんの宿もかなりの被害だったんじゃないかと思うんですが、先日の坂上二郎さんの急死といい、欽ちゃんにとってはつらい一週間になっていると思います。

 テレビは直後からずっと、この地震の特番を伝えていますが、昨夜から、一部のローカル民放で、通常の番組を再開しています。 但し、文字放送といった形で地震情報は伝えていますね。 

 阪神大震災の時も、数日は震災ニュースばかりだったと記憶しています。 それが、少しずつ民放から通常放送に切り替わっていき、NHKや地元ラジオ局が最後まで残ったことを憶えています。 ラジオ神戸が最後まで地元と密着して、安否情報、支援物資、家族などのメッセージを伝えていたように思います。

4tanaka_2   あの年、震災の人々に光を与えてくれたのが、イチロー率いるオリックス・ブルーウェーブでした。 その年の日本一になったんですよね。 今回は、その状況にあるのが楽天イーグルス。 東北の人々の光になってくれればいいですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »