« ドラマも後半戦♪ 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(*^-^)  | トップページ | ナデシコJAPANに感動♪(*^-^) 歴史をかえた! »

2011年7月 9日 (土)

2011年春ドラマ、どれが面白かったですか?(o^-^o)

 近畿地方も梅雨明け。 今年は梅雨が明けるのが早かったですね。(^-^; 例年なら祇園祭が終わってからなんですけどね。 今年の夏は厳しいのでしょうか?

 さて、春ドラマもすべて終わりました。 皆さんはどのドラマが面白かったですか?

 視聴率だけみると『JIN-仁-完結編の圧勝。 最終回では26%という高視聴率を記録しました。 2位には尻上がりに視聴率を伸ばした『マルモのおきて』。 なんと最終回は23%! 「マル・マル・モリ・モリ!」人気も手伝って、安定した人気を保っていた『BOSS 2nd seasonを抜いての2位です。

 さて、僕は今回、6本のドラマを観ていました。 『JIN-仁- 完結編』、『BOSS 2nd season』、『ハガネの女2』、『生まれる。』、『アスコーマーチ』、『高校生レストラン』の6本です。 まずはそれぞれの感想から・・・。

Cap027  『JIN-仁-完結編は期待にそぐわない、良い内容だったように思います。 歴史上の意外な人物との出会い、真摯に患者と向き合う仁(大沢たかお)の姿は、観ていて感動するものがありました。 最終回は予想通り、タイムスリップもの特有の展開にはなりましたが、仁友堂や咲(綾瀬はるか)のその後に言及している点に好感が持てましたね。 記憶の中に仁の事は消えてしまったけど、そこに大切な誰かがいた事を感じていた咲が残した手紙。 あれはNHKで内野聖陽主演でやっていた『10年先も君に恋して』を彷彿させるものがありました。 もしかして内野さんのアイデアでしょうか?

 友永未来(中谷美紀)が橘未来として生まれ変わっていたのには驚きましたね。 でも結末としては納得です。 ある意味、輪廻を感じましたね。

 『BOSS 2nd seasonは、予想のつかない展開が相変わらずでしたが、「黒い月」事件の黒幕が黒原(西田敏行)だったのには驚かされました。 そこまで捻らなくても良かったように思いましたが、このドラマらしいと言えば、らしいですね。 大澤(天海祐希)と野立(竹野内豊)の仲も相変わらずで面白かったんですが、対策室のメンバーの個性が際立ち過ぎて、鼻についた感がありましたね。

News01   『ハガネの女2』(主演吉瀬美智子は前作に負けないくらい良い内容だったんですが、視聴率が意外に低かったですね。 木曜9時という時間帯は鬼門なんでしょうか? 今回、アスベルガー症候群という心の病気がクローズアップされていましたが、昔は個性として扱われていたものが、実は心の病気だったというのには勉強になりましたね。 カウンセラーという役職があるのも、それまで知りませんでしたし、いろいろな意味で良いドラマですね。 今回、感動した度合が一番大きかったドラマでした♪(o^-^o)

 『生まれる。』主演堀北真希は高年齢出産がテーマのドラマでしたが、ドラマだけに終始せず、高年齢出産の問題点や経験者のインタビューも交えていて、いろいろ勉強になりましたね。 ダウン症についても良く解りましたし、子供を授かるという事に、色々な見方、考え方があるというのもわかりました。 バラエティ畑の鈴木おさむが、何故この脚本を書いたのか? なんとなく解るような気がしましたね。 有るようで無いですよね、こういうタイプのドラマって。 

 

02  『アスコーマーチ』は工業高校女子という特異性もありましたが、直(武井咲の一生懸命な姿が皆を変えていく、というのが痛快で良かったですね。 学園物としては異色になるんでしょうけど、話そのものはオーソドックスで、その点が逆に新鮮に感じました。

 最後は『高校生レストラン』(主演:松岡昌宏ですが、これも学園物としては異色なんですが、一生懸命に料理に没頭する高校生たちの姿が良いな~と感じましたね。 高校生が運営するレストランって、一見現実的でないと思ってしまうんですが、実は現実に存在していて、予約でなかなか席が取れないそうですね。 高校の調理クラブが運営しているんだそうですが、一度行ってみたいですね。 神木隆之介くんが天然っぽくて、なかなか良い感じでした♪

 と言う訳で、今回のベストドラマですが、これは『JIN-仁- 完結編で文句なしでしょう♪ はじめに『JIN-仁-』ありきって感じで、久々に次回が楽しみ、と感じたドラマでした。

2story1_2  またベストストーリーですが、これは『ハガネの女2』より、第1話を選ばせていただきました。 違法入国していた両親が原因で、社会的にいじめを受け、心を閉ざしていたタオに対し、最初は敬遠していたものの次第に心開いていくハガネのクラスメートたちの姿に共感を憶えましたね。 

 あとベストソングですが、非常に迷ったんですが、一番ドラマの中で印象的だったこの曲にしました♪

 ケツメイシ「こだま」です♪

 僕は笑いたいんだ 君も笑いたいんだよね・・・」

 優しくソフトに歌われる詞とメロディーが本当に心地よかったです♪

Maru001_s_www_barks_jp  最後にベストキャラクターですが、これはあえて該当なしとさせていただきます。 たぶん『マルモのおきて』をみていたら、薫と友樹、ムックにしたとおもうんですが、いかんせん初回と最終回しか観なかったんで、今回視聴したドラマからは選びませんでした。

 さて、注目の夏ドラマですが、今のところ関心があるのは、前作が好印象だった上戸彩主演の『絶対零度』の続編が筆頭で、あとは柴門ふみ『華和家の四姉妹』、映画『デスノート』で知られる大石哲也脚本の『ドン★キホーテ』、深夜枠からは『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』『勇者ヨシヒコと魔王の城』あたりでしょうか。 

 もう夏ドラマがスタートしているので、また例によって、かみさんがエアチェックしたドラマの初回分を観て、その感想を記したいと思います。m(_ _)m

 

|

« ドラマも後半戦♪ 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(*^-^)  | トップページ | ナデシコJAPANに感動♪(*^-^) 歴史をかえた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年春ドラマ、どれが面白かったですか?(o^-^o):

» 2011年夏ドラマ [まぁ、お茶でも]
次々と、春ドラマが終わりました。 夏ドラマは、何を見ましょうか? [続きを読む]

受信: 2011年7月11日 (月) 13時42分

« ドラマも後半戦♪ 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(*^-^)  | トップページ | ナデシコJAPANに感動♪(*^-^) 歴史をかえた! »