« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月28日 (日)

『ドン★キホーテ』第2話~第7話(*^-^)

 8月ももう間もなく終わりです。 最近、夜が過ごしやすくなってきてませんか? やや暑いときもありますけど、扇風機だけで充分過ごせますよね。 特に明け方なんか、クーラーをつけていると寒く感じることもありますしね。(^-^;

 さて、ドラマも後半戦に突入。 皆さんはどのドラマにハマってますか?

 今回は、僕が観ているドラマの中から、そのシンプルなノリが魅力の、『ドン★キホーテ』のここまでの感想をアップします♪(o^-^o)

 まずは第2話以降のあらすじを簡単に・・・。

1680184596_4  城田(松田翔太)と鯖島(高橋克実)は某マンションで心が入れ替わってしまった。 目が覚めたら元に戻るかなと期待していたが戻れないまま。 再度、某マンションに行って、入れ替わった時と同じように、同じ部屋のインターホンを押してみるが、何も変化は起こらない。 仕方なく、城田は児童相談所に、鯖島は組へと戻っていくが、お互いに成りきれるわけもなく、戸惑いながらも、お互い連絡を取りながら、それぞれの仕事をこなそうとする。 

1680184596_1  そんな城田に所長の水盛(小林聡美)は、新しい案件を任せる。 14歳の少年・亮介(藤原薫)は引きこもりで、中学受験に失敗してから、部屋に閉じこもったまま。 しぶしぶ、恭子(紺野まひる)と亮介の家に向かったが、そこでお気に入りのマンガ、「新宿鯖」のコミックが全巻揃っていることに気づき・・・。 (第2話)

1680184596_5  城田と鯖島は、心が入れ替わっていることを相談しに病院に行くが、医師にまともに相手にされなかった。 そんな折、ゲームソフトの海賊版の運び屋をしていた疑いで、13歳の文也(田中碧海)が 補導されてきた。 連れてきたのは、かつて何度となく鯖島をしょっ引いてきた神山(大河内浩)。 城田は神山に手柄をたてさせたくないために、鯖島のネットワークを使ってブローカーを割り出す。 (第3話)

2508070357_4  4歳の唯(栗本有規)が保護されてきた。 シングルファーザーの真一(柏原収史)は仕事柄、子育てをする時間も取れず、ただ一緒に暮らしているだけ・・・。 帰りも遅く、近所の人々から、唯の健康を心配して、度々通報されていた。 唯はしばらく児童相談所が預かることになったが、唯は何故か城田になつく。 そんな折、児童相談所恒例の夏祭りがやってくる。 祭りが好きな城田は、自分が仕切ると言いだし、鯖島組を使って屋台の準備を始める・・・。 (第4話)

2508070357_7  あゆみ(内田有紀)の店で働いていた麻紀(末永遥)が育児放棄していることに気付いた鯖島とあゆみは、まだ1歳の息子・修平を児童相談所につれていく。 

 麻紀は修平を取り戻そうと児童相談所にやってくるが、そこには驚くべき理由があった。 麻紀の夫は亡くなっているが大変な資産家で、その遺産相続に修平が関わっていたのだ。 愛情ではなく金目当てであるため、亜季(市川実和子)らは親権の一時停止を水盛に申し立てるが・・・。 (第5話)

2641689647_4   全国の児童相談所の広報誌『あすなろ』の来月号の記事を、今回受け持つことになり、水盛はその役目を城田にまかせる。 一方、兵頭(松重豊)たち鯖島組の部下たちは、極道ジャーナルの今月号に大きく鯵沢(小木茂光)が特集されていて、次期総長と謳われていることに激怒。 編集部へ赴くが、鯵沢がページを買い取った事を知り、鯖島組も来月号に特集記事をつくることを決める。 城田は最高級のカメラを購入。 幸子(成海璃)をアシスタントとして雇うが・・・。 (第6話)

2839713964_7   総長の鰯原(鈴々舎馬風)が倒れた。 総長の家に駆け付けた鯖島は、偶然、「よくもってあと3日かな。」という医師と看護師の会話を聞いてしまう。

 それを知らされた城田は「総長にさとられるな。」と言い、総長の望みである孫のヨーコと再会に尽力をつくすが、残念ながら見つからない。 そんな折、児童相談所に14歳の里奈(杉崎花)が補導されてきた。 彼女は家庭が嫌で「プチ家出」を続けていた。 そんな里奈を観て城田は、総長の孫として、里奈を利用しようとするが・・・。 (第7話)

 回を重ねるごとに面白くなってきたこのドラマ。 特に第4話と第6話は、なかなか捻りが効いていてハマってしまいました♪(o^-^o) 『マイ★ボス マイ★ヒーロー』を彷彿させる軽いノリで、解りやすくてなかなか楽しいです♪ 後3日の命は総長では無かったけど、跡目争い問題が激化しそうで、この後、城田と鯖島がどうなっていくのか、いつ心が入れ替わるのか気になりますね。

 さて、現在の関心度ですが、今観ている6本のドラマ、『全開ガール』、『華和家の4姉妹』、『絶対零度2』、『ドン★キホーテ』、『荒川アンダーザブリッジ』、『桜蘭高校ホスト部』の中でベスト3は、

 1位: 『全開ガール』  2位: 『ドン★キホーテ』  3位: 『桜蘭高校ホスト部』   です♪ 

 『華和家の4姉妹』観月ありさカラーがあまり生かされていない分、面白くないです。 第6話は良かったんですが、全体的に重くなっていますね。(^-^;

 絶対零度2』はなかなか良いんですけど、重さがかなりしんどくて、『荒川アンダーザブリッジ』は構成が独特過ぎて、僕自身がついていけてないのが、マイナス材料になっています。 展開次第でリタイアするかもしれませんね。f(^-^;

 まあ上位3本に関しては、今後の展開が楽しみです♪(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

2011年夏ドラマも後半戦、どのドラマを楽しんでいますか?(o^-^o)  「全開ガール」第2話~第6話

 2011年夏ドラマも後半戦。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(o^-^o)

 僕は、お盆前の段階で初回しか観ていなかったんですが、6本に絞ってからは、お盆休みを使って、なんとか最新話までこぎつけました。 お盆休みのうち、3日間はかみさんの郷に行ってきたんですが、かみさんや娘たちがレンタル店で借りたDVDを観ている間、僕は自分のポータブルDVDプレーヤーを使って、ドラマ別順に2話目から観てました♪(*^-^) こういうときに携帯用プレーヤーがあるのは良いですね♪(o^-^o)

 ちなみに、16日に帰ってきたんですが、17日は取引先との関係で休みを貰っていたので、ここでなんとか追いつきました♪(^-^;

 とりあえず、『全開ガール』、『華和家の四姉妹』、『絶対零度2』、『ドン★キホーテ』の4本に関して、4本とも第6話は面白かったです♪(*^-^)

 それでは、その中から、一番最初に最新話(第6話)まで観た『全開ガール』の感想をアップしますね♪(o^-^o)

 まずはここまでのあらすじを簡単に・・・。

2591638602_5  酔った勢いで草太(錦戸亮)にキスした若葉(新垣結衣)。 でもその記憶はなく、逆に目覚めた際、私服で寝ていた事で、何か盗まれていないか調べる始末。 日向(谷花音)を保育園に送った際、草太と顔を合わすが、キスについては一切受け入れず、草太たちの罪を問うありさま。

2946856076_1  輪番当番のため、園児たちを家で一時保護することになった若葉は、子供たちから部屋の狭さと汚さにブーイングされるも、なんとかこなすが、若葉には大きな試練が待っていた。 来週の土曜日、親の手作り弁当を楽しむ「お弁当の日」で、若葉が日向の弁当を作ることになったのだ。 料理が全くダメな若葉は、最終的に草太に指導を頼むが・・・。 (第2話)

2946856076_4  保育園の保護者役員会の代理で出席した若葉。 この日は「泥んこ遊び」の是非を問うもので、園長(竹内力)はこれを勧めていたが、保護者たちは猛反対。 賛成したのは草太と若葉だけだった・・・。

 草太は日向の母・昇子(薬師丸ひろ子)の秘書・そよ子(蓮佛美沙子)とともに、反対する役員宅に出向き、賛成の署名を貰えるよう、一軒一軒回っていた。 そよ子は密かに草太に恋していた。

 昇子の賛成により、全員の署名が集まり、「泥んこ遊び」は行われることになり・・・。 (第3話)

2946856076_7  以前勤めていたフレンチレストランのシェフに、厨房の応援を頼まれた草太は、長い間使っていなかった調理道具セットとレシピメモを開けた。 夢を追う若葉に触発されて、封印していた想いを解き、シェフの頼みを受け入れることにしたのだ。 

 翌日、響一(平山浩行)の誘いでフレンチレストランで食事をしていた若葉は、料理の美味しさに感動する。 響一は、その言葉はシェフに伝えた方がいい、と言い、マネージャーに声をかけた。 そこへシェフと共に草太が現れた。 シェフは才能ある料理人として、草太を紹介。 響一は、このレストランで働けるだけでも名誉なのに、前菜を任されるのはそうとう腕のある証拠だと若葉に伝える。

 シェフは草太に、もう一度やり直すことを勧め、悩んだ末、その試験を受けることにするが、当日、調理を始める直前に、佐間男(荒川良々)からビー太郎(高木星来)が行方不明との電話が入り・・・。 (第4話)

2946856076_6  そよ子に告白された草太だったが、その気が無いと断ってしまう。 一方そよ子に、告白したことを聞かされた若葉は、動揺して仕事でミスを連発。

 そんな折、うらら(皆藤愛子)が見合いをすることになり、佐間男はショックを受ける。 だが、他人に取られる前に自分の気持ちを伝えたいと、なんと見合いの会場に乗り込んで、うららに告白。 うららは、好きな人がいる、と見合い相手にも、佐間男にも告げ、破談となってしまった。

2946856076_9  その後、保育園でお泊まり会が開かれることになった。 そこではスイカ割りが行われ、スイカを割ることができないと、罰ゲームとして、好きな人の名前を告白しなければいけない決まりがあった。 次々と園児たちがチャレンジする中、若葉もチャレンジすることになり・・・。 (第5話)

2946856076_11  保育園で草太にそよ子がキスするのを見た若葉は、ショックで家に駆け戻る。 そこで、草太が好きなんだと自覚する。

 翌日、保育園では、お遊戯会の配役決め。 王子役はビー太郎、姫役は日向になったが、日向はそれを断り、魔女役に立候補する。

2946856076_15  日向の母・昇子は仕事に追われて、なかなか日向と過ごせない。 草太は日向の気持ちを察して、昇子に会いに行き、お遊戯会を見に来てあげてほしいと頼むが・・・。 (第6話)

 

 回を重ねるごとに、面白くなってきましたね。 悪人と呼べる人がいなくて、それぞれが、個性がはっきり出てて、なかなか楽しいです。 堅物で憎まれ口も平気でたたく若葉が、大分と恋する乙女みたいになってきました。 最後まで、肩を張らずに観れそうで、結末が楽しみです♪(o^-^o)  草太との恋心は実るんでしょうか? 響一の母親とも会ったりしてるので、いろいろと紆余曲折はありそうですね。

 次回は、もう一つハマりつつあるドラマ『ドン★キホーテ』の感想をアップしたいと思います♪(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

2011年夏ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^)

 遅くなりました。 先週までに一通りドラマの初回を観て、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o)

 今回、ダントツのドラマは無く、横一線って印象を受けました。 非常に迷いましたが、今回も関心度の高い順に選ばせていただきます。

 選考基準としては、仕事が忙しい関係で、正直なところ、シリアスなドラマはしんどいので、コメディ中心で選ぶことにしました。

2591638602_6  まずは『全開ガール』です♪(o^-^o)

 月9ドラマが関心度1位なのは久々のような気がするんですが、何と言っても『電車男』の匂いがするのが決め手になりましたね。 実際、佐藤二朗さんや土井よしおさんが『電車男』の時と似たような役で出てましたし、いろいろと隠れアイテムがありそうですしね。 新垣結衣ちゃんと、周りのキャスト・スタッフに期待ってとこです。 若葉(新垣結衣)と草太(錦戸亮)の恋の行方は・・・、どうなるんでしょうね♪(゚ー゚)

2591638602_2  次は『華和家の四姉妹』です♪(o^-^o)

 観月ありさドラマはハズレが無い、というジンクスに期待しての選考です♪ 四姉妹の次女で、長女に吉瀬美智子、三女に貫地谷しほり、四女に川島海荷がいて、バツ3で3人の子持ちのトラブルメーカーという設定も面白そうですし、初回のノリで入ってくれるなら、かなり期待できるんじゃないかな?と思いました。(o^-^o)

 柴門ふみ作品は久々なんですが、観月ありさの前主演作『斎藤さん』みたいなノリを期待したいと思います。

Img_1093340_50551058_0  次は『絶対零度2 特殊犯罪潜入捜査 です♪(o^-^o)

 前作が良かったのと、1本くらいはシリアスものも良いかな?と思い、選びました。 前作が未解決事件だったのに対し、今作は潜入捜査と、受け持っている仕事は違う訳ですが、何故かメンバーがほとんど変わらないという不思議な設定ながら、ノリは『絶対零度』の世界で、安心して観れたのが決め手になりましたね。

 さて、あと1本、何にしようか迷いましたが、結局これにしました♪

2591638602_1  『ドン★キホーテ』です♪(o^-^o)

 心が入れ替わる話はハズレが少ないのと、児童虐待がテーマという点を踏まえての選考です。 児童福祉司とヤクザの親分が入れ替わることで、どう展開していくのか非常に気になりますね。 

 以上4本が視聴継続決定なんですが、もう少し観れそうなので、深夜枠の短いものから2本選ぶことにしました♪(*^-^)

2591638602_15  まずは『桜蘭高校ホスト部』です♪(o^-^o)

 30分という短さと、マンガ的な展開、CGの使い方、それに娘たちのお気に入りという点も決め手になりました。 きっと原作が面白いんでしょうね。 娘たちは原作のマンガを知ってるらしいです。 家族皆で観れる点が良いですね。(*^-^)

2591638602_11  もう1本は『荒川アンダーザブリッジ』です♪(o^-^o)

 荒川河川敷に住む不思議な住人達、その空気感が独特で、これまた娘たちのお気に入りという点も決め手になりました。 小栗旬がカッパの村長で、山田孝之がホシというのも面白いですね。 自称・金星人のニノ(桐谷美玲)はリク(林遣都)に恋心を抱けるのか、リクと住人たちの行方は? ホント、どうなるんでしょうね?(^-^;

 いかがでしたでしょうか? ちなみに今回のかみさんのお気に入りドラマ『それでも、生きていく』『陽はまた昇る』です♪

 『それでも、生きていく』瑛太満島ひかり掛けあいが良いそうで、『陽はまた昇る』『海猿』を彷彿させるそうです。

 また上の娘と密かに『勇者ヨシヒコと魔王の城』を観ておられるそうです。(^-^; 隠れお気に入りだそうですよ。(゚ー゚;

 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2011年8月 6日 (土)

2011年夏ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その4

 8月に入り、最初の土曜日。 ここのところ、夜が比較的過ごしやすい気温になってきていて、最低気温が25度前後と、クーラー無しでもなんとかなる状況ですね。 我が家では、節電対策も兼ねて、クーラーを夜中の2時頃までにしています。 タイマーを3時間くらいにして、除湿にしておくと、結構朝方まで快適に寝れますよ。 去年まではなかなか出来なかった事のように思います。(^-^;

 さて、ドラマの方も中盤戦に入っているんですが、僕はというと、仕事の関係もあり、まだ初回を観たのみです。 なんとか盆休みの間に追い付きたいと思っています。

 というわけで、まだアップしていなかった『ジウ 警視庁特殊犯捜査係『桜蘭高校ホスト部』の感想をアップします♪(*^-^)

 まずは『ジウ 警視庁特殊犯捜査係から。

Jiu  捜査一課の東(北村有起哉)は、男児誘拐事件の捜査で、身代金を受け渡しに来ていた田辺(堀内敬子)をつけていたが、金髪の少年に気を取られている隙に身代金を奪われてしまう。

 捜査一課の特殊犯捜査係、通称《SIT》に所属する伊崎(黒木メイサ)と門倉(多部未華子)は正反対の性格。 伊崎は男勝りで、男性も負けるほどの武道家。  一方、門倉は女性らしい雰囲気を漂わせる、おとなしい性格。 それぞれ、突入班、交渉班に所属している。

 ある日、警視庁管内で立てこもり事件が発生。 伊崎と門倉も現場に向かう。 犯人との交渉で、若い女性が食事を差し入れることになり、門倉がその役をすることになったが・・・。

 誉田哲也の小説をドラマ化。 エンディング曲が時の人、レディーガガという、深夜の時間帯ながら、しっかりした内容で、最後まで一気に観てしまいました。 多部未華子ちゃんがいつになく可愛いし、黒木メイサもイメージ的にはまり役という印象ですね。 凶悪犯ジウを韓国のヴォーカルグループINFINITEエルが演じてるそうですが、こちらに関してはよく解りません。 気になるドラマではありますが、現時点では、視聴継続は保留とします。m(_ _)m

 次は『桜蘭高校ホスト部』です♪(*^-^)

Fe36b_760_20110714_150144_large_786  セレブな名門高校・私立桜蘭学院。 お金持ちの家系が通うこの学校に、特待生で入学したハルヒ(川口春奈)は所謂庶民。 ある日、迷い込んだ第3音楽室がホスト部の部屋だったことが不幸の始まり。 逃げ出そうとした際、割ってしまった壺が高額だったことで、借金返済のためホスト部の部員にされてしまい・・・。

 コメディマンガを上手に映像化していますね。 CGの使い方もマンガ的で面白いし、山本裕典くんをはじめとするホスト部のメンバーもなかなかユニークですね。 非常に楽しく観れました。 気楽に観れて、短めのコメディドラマが欲しかったので、丁度いいです。 これは視聴決定です♪(*^-^)

 さあ、次回はどのドラマを観続けるか発表しますね。 お楽しみに♪(o^-^o)  

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »