« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月13日 (日)

今年の流行語大賞は何でしょう?f(^-^;

 11月も半ばに入り、もうすぐ紅葉のシーズン。 それが終われば師走がやってきます。 師走の最初の恒例行事といえば「流行語大賞」。 12月1日に毎年発表される訳ですが、その候補60語が発表されました。

Photo  その中で目につくのが震災・原発関係の言葉ですね。 主なものをピックアップすると、 「安全神話」 「一定のメド」 「がんばろう日本」 「帰宅難民」 「計画停電」 「シーベルト」 「節電」 「想定外」 「脱原発」 「内部被曝」 「風評被害」 「放射線量」 「メルトダウン」 と、よく聞かれた言葉が13語もありました。

 震災・原発関係以外では、 「あげぽよ」 「スマホ」 「地デジ難民」 「どや顔」 「なでしこジャパン」 「美ジョガー」 「マルマル、モリモリ」 「ラブ注入」 と、目についた言葉が8語。 おそらくこれらの中から選ばれると思いますが、その中でも強力なのが、 「計画停電」 「シーベルト」 「風評被害」 「メルトダウン」 「地デジ難民」 「なでしこジャパン」 「マルマル、モリモリ」 の7語でしょうね。 本当によく聞かれましたし、今年を表す言葉ですよね。

8nwin  どれも大賞を獲っておかしくないのですが、個人的には 「なでしこジャパン」 に獲ってほしいですね。 今年一番の明るい話題ですし、女子サッカーを一躍メジャーにしましたよね。 男子サッカー国際試合レベルの視聴率を獲りましたし、Wカップ優勝という偉業を達成、澤キャプテンは得点王・MVP・優勝と3冠王に輝きましたしね♪

 皆さんはどれが選ばれると思いますか? 3週間後が楽しみですね♪

 あともう一つ、言葉関係で気になるのが、12月12日に清水寺で発表される「今年の漢字」ですね。

Images  去年は 「暑」 でしたね。 なんせ歴史的な猛暑日の多さにうんざりした年でしたしね。 的を得た漢字でした。

 今年はというと、やはり震災関係が可能性大なのですが、 「震」 も 「災」 も過去に獲っているので、それ以外となると、 「波」 「害」 「原」 「発」 「義」 「援」 「助」 あたりでしょうか?

 個人的には、震災で日本だけでなく、世界中から援助の手が差し伸べられた事、なでしこジャパンも感謝の言葉をつづったメッセージを、試合の度に世界に発信していた事、助けあうことで東北の人々が復興へと、今も一生懸命頑張っている事などから、 「援」 を推したいですね。

 さあ、今年は何が選ばれるのでしょうか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

2011年秋ドラマ、何を観続けるか決めました♪(o^-^o)

 秋ドラマも一通り出揃いましたね♪ ドラマの初回分を一通り観て感じたことは、夏ドラマと比較して、魅力的なドラマが多いことですね。 本来なら観続けたい、と思うレベルのドラマが10本あって、かなり迷いました。 観れるドラマの本数は、最大で5本程度。 で、結局、いつものように、観たいと思った度合いの高かったものから順番に選ぶ事にしました。(^-^;

Shinyashokudo2  今秋、もっとも関心度が高かったのは『深夜食堂2』です♪(o^-^o)

 このドラマだけは最初から決めていたんですが、初回を観る限り、涙がこぼれたのはこのドラマだけでした。 ヤクザの竜(松重豊)とクミ(安田成美)の切ないラブストーリーは、期待以上に心に響きました♪ タコちゃんウインナーを食べたくなりました♪( ^ω^ ) 僕の中では文句なしの1位通過です♪(*^-^) 今のところ、第3話まで観ましたが、意表を突く出演者に、とても楽しませてもらっている、という感じです。 オダギリ・ジョーも復活ですね♪(*^-^) マスター(小林薫)のもとにどんな人々が訪れるのか、今後も楽しみです♪(*^-^)

2390467556_1  次に関心度が高かったのが『家政婦のミタ』です♪(o^-^o)

 やはり三田(松嶋奈々子)の存在が大きいですね。 彼女が阿須田家に何をもたらすのか、彼女自身、どんな過去をもっているのか、非常に気になりますね。 斎藤和義のエンディング曲もなかなか印象的で、決め手の一つになりました。 たぶん、今秋のドラマの中では、最も面白そうなドラマだと思います。 現時点で第3話まで観ましたが、かなり意外な方向に話が進んではいるものの、ミタの存在は非常に面白いですね。 今後が楽しみです。 ちなみに『深夜食堂2』は、僕にとって別格なのでご了承のほどを・・・。(^-^;

 次に高かったのが『ランナウェイ~愛する君のためにです♪(*^-^)

2407234384_8  全然期待していなかったのですが、一番最後に来て思い切りスライディングして、ホームベースをかっさらったって印象ですね。 やたら走ってばかりで、ふつう警察に見つかったら、その時点で終わりだと思うのに、終わらないのがあり得ない点ではあるんですが、それを自然に見せてしまうだけの勢いを感じました。 非常に映画的なドラマだと思います。 市原隼人、塚本高史をはじめとする4人組は、九州から東へ東へと向かい、どこまでたどり着くことができるのでしょうか? 彼らの運命は・・・。 いきものがかりのバラードもなかなか的を得てて良い感じですね。 彼らの無実の罪は証明されるのか?それとも・・・。 今後の展開が非常に楽しみです♪(o^-^o)

 上位3本は迷いなく決まったのですが、あと2本、何にしようか非常に迷いました。

 『謎解きはディナーのあとで』は本屋大賞ということで、推理物としてかなり期待できそうですし、

 『専業主婦探偵~私はシャドウは、原作は「YOU」で連載されていたマンガだそうですが、『ハケンの品格』中園ミホ脚本なのと、Perfumeの曲が素晴らしいので捨てがたいですし、

 『南極大陸』は腰太なドラマという印象で、『JIN-仁-』のスタッフがやっている点、外しがたいですし、

 『僕とスターの99日』ホイットニー・ヒューストンケビン・コスナー『ボディー・ガード』を彷彿させるものがあって、コメディとしては楽しめそうですし、

 『私が恋愛できない理由』も、香里奈演じる恵美が良い感じで、ドラマの雰囲気も良く、また安室奈美恵の曲も良いですし、

 『妖怪人間ベム』も意外としっかりした内容で、特殊効果も捨てがたくて、

 『ここが噂のエルパラシオ』も、お色気が売りとはいえ、それだけで終わってない点に好感が持てます。

 かなり迷った結果、この2本にしました。

2754552486_7  まずは『専業主婦探偵~私はシャドウです♪(o^-^o)

 決め手はやはりPerfume「スパイス」です♪ 

 芹菜(深田恭子)が夫一筋で、相当ウザいんですが、この曲が流れた瞬間、芹菜がどう変身するのか楽しみになりましたね。 芹菜は夫を守れるのか、どう探偵として成長するのか、中園ミホの脚本に期待です♪(*^-^)

2708175985_5  あと1本は『謎解きはディナーのあとで』です♪(o^-^o)

 もちろん、本屋大賞を獲ったことが決め手になりましたね。 麗子(北川景子)の執事・影山(櫻井翔)は、どう事件を解決に導くのか楽しみです♪(*^-^)

 いかがでしたでしょうか? 皆さんと共通するドラマはあったでしょうか? 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

 時間があれば、最終話までに何本かアップしたいと思います♪(*^-^)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その7

 視聴したドラマの中で、まだアップしていなかった『ランナウェイ~愛する君のために『怪盗ロワイヤル』の2本をアップします♪(o^-^o)

 まずは『ランナウェイ~愛する君のためにです♪(*^-^)

 

2407234384_4  九州北刑務所に服役中の葛城アタル(市原隼人)。 彼には恋人の佐々岡由紀(福田沙紀)と幼い娘・千春(篠川桃音)がいる。 彼はある理由があって無実の罪をかぶっていた。 ある日、千春が重い心臓病で余命が短いと知らされ、アタルは脱獄することを決意する。 アタルは同部屋の山田(竜雷太)の協力を得て、脱獄計画を練る。そこに河島(塚本高史)、滝本(上田竜也)、加賀(菅田将暉)が加わり、5人で脱走することに。 この3人もまた、理由あって無実の罪をかぶっていた。

 決行の日。 芸人(波田陽区)の慰問を利用して、山田が永年の調査で得た知識を使って、なんとか出口付近までたどり着く。 しかし、逃走用にと考えていた木箱は4つしか無く、途中で足を痛めた山田が自ら身を引くことに・・・。

 こうして、アタル達4人の手に汗握る逃走劇が始まった。 2407234384_5

 すみません。 最初の20~30分ほど、録画ミスで録れていませんでした。 それでも充分に惹きつけられたのは、非常に映画的な演出と、脱走犯4人のぎりぎりの逃走劇ですね。 アタルがどうしても脱獄しなきゃならなかった娘のこと、恋人・由紀の罪をかぶったこと、母親とその恋人に虐待されていたサクラ(熊田聖亜)を助け、一緒に逃走するくだりなど、心打たれる話が織り込まれて、かなり面白いドラマに仕上がっています。 

2407234384_7  現実的には、警察に見つかれば、まず逃げられないんですが、それをうまく逃げ切ってしまうのは、ある意味、映画的ですね。 定年で今は自転車整理をやっている元刑事・柳川(渡哲也)や、鬼刑事・鬼塚(嶋田久作)の存在がドラマに深みをもたらせていますね。 

 それにしてもKAT-TUN上田竜也くん、髪切ったんですかね。 丸刈りのせいか、イメージが変わりましたね。 塚本高史は初のヤクザ役じゃないですかね? 結構迫力があって良いですね。

 4人は無事にそれぞれの目的を果たすことができるのでしょうか? 4人がたどり着く結末が楽しみです♪

 次は『怪盗ロワイヤル』です♪(o^-^o)

2368447431_1  宝石商・氏神(峰竜太)主催の社交パーティー。 そこには「世界一の宝石・アレキサンダーの涙」が展示されていた。 謎の女・北場洋子(真野響子)は、これを手に入れるため、記憶喪失の神村(松坂桃李)に、記憶の一部と引き換えに盗むことを、執事を通じて命じる。 一方、同じように片桐(大政絢)と岸原(福士誠治)もまた依頼を受け、この宝石を狙っていた。2368447431_2

 

 『アスコーマーチ』で好演していた松坂桃李が怪盗に。 彼は「FINEBOYS」の専属モデルとしてデビューしているんですね。 ところで余談になるんですけど、謎の女役の真野響子さんは最近良く出るようになりましたね。 もうすぐ還暦を迎えられる真野さんが、かつてよくドラマに出ていた頃は、ルックスも雰囲気も好きだったので、ときどき観てました♪(*^-^) 今で言えば大黒摩季みたいなルックスでしたね。 もう30年くらい前の話ですけどね・・・。(^-^;

 彼女の旦那は柴俊夫さんなんですよね。 娘の柴本幸『高校生レストラン』に出てましたね。

 まあ、それはともかく、この『怪盗ロワイヤル』。 モバゲーのオンラインゲームがドラマになったんですが、正直言って可もなく不可もなくって印象です。 特に魅かれるものも無かったので、これはパスとさせていただきます。m(_ _)m

 一通り、ドラマの初回を観終わって、どのドラマを観続けるか、ほぼ決まりました。 それに関しては次回アップさせていただきます。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »