« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

2011年、今年のマイベストドラマはなんですか?

 今年も今日で最後。 皆さんは今日をどう過ごされるのでしょうか?

 ところで、今年も様々なドラマが公開されました。 芦田愛菜ちゃんがブレイクした『マルモのおきて』『JIN-仁- 完結編そして『家政婦のミタ』と、高視聴率を叩き出したドラマが、思い出しただけでも3本もありました。 特に『マルモのおきて』『JIN-仁- 完結編の裏番組だったにも関わらず、最終回で23%を獲る快挙。 主題歌「マルマルモリモリ」は年間着うたランキングでトップになる大ヒットとなりました。

 皆さんはこの1年を通して、どのドラマが印象深かったでしょうか?

 僕は全部で22本観てました♪ 順に紹介していくと、

 冬ドラマ(1~3月) : 計5本

  『スクール!!』 主演 : 江口洋介 西島秀俊 北乃きい 

  『悪党』 主演 : 高橋克典 小泉孝太郎 内山理名

  『示談交渉人 ゴタ消し』 主演 : 西野亮廣 忽那汐里 ゴリ

  『バーテンダー』 主演 : 相葉雅紀 地谷しほり 津川雅彦

  『ヘブンズ・フラワー』 主演 : 川島海荷 三田佳子 松本利夫(EXILE)

 春ドラマ(4~6月) : 計6本

  『JIN-仁- 完結編』 主演 : 大沢たかお 綾瀬はるか 内野聖陽

  『BOSS 2nd season  主演 : 天海祐希 竹野内豊 西田敏行

  『ハガネの女2』 主演 : 吉瀬美智子 要潤 高橋克実

  『生まれる。』 主演 : 堀北真希 田中美佐子 大倉忠義(関ジャニ∞) 

  『アスコーマーチ』 主演 : 武井咲 松坂桃李 勝村政信

  『高校生レストラン』 主演 : 松岡昌宏 伊藤英明 神木隆之介

 夏ドラマ(7~9月) : 計6本

  『全開ガール』 主演 : 新垣結衣 錦戸亮 薬師丸ひろ子

  『絶対零度2』 主演 : 上戸彩 北大路欣也 桐谷健太

  『華和家の四姉妹』 主演 : 観月ありさ 貫地谷しほり 吉瀬美智子 

  『ドン★キホーテ』 主演 : 松田翔太 高橋克実 小林聡美

  『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』 主演 : 林遣都 桐谷美玲 小栗旬

  『桜蘭高校ホスト部』 主演 : 川口春奈 山本裕典 升毅

 秋ドラマ(10~12月) : 計5本

  『深夜食堂2』 主演 : 小林薫 不破万作 オダギリジョー

  『家政婦のミタ』 主演 : 松嶋菜々子 長谷川博己 相武紗季

  『ランナウェイ ~愛する君のために 主演 : 市原隼人 塚本高史 渡哲也 

  『専業主婦探偵 ~私はシャドウ 主演 : 深田恭子 藤木直人 石田ゆり子

  『謎解きはディナーのあとで』 主演 : 櫻井翔 北川景子 椎名桔平

 

 これらの中で『ヘブンズ・フラワー』は、東日本大震災の影響で、途中で打ち切られ、関西地区では未だに再放送されていません。 最終回まで観られなかったのは残念ですが、ドラマの内容が内容だけに仕方ないことだと思います。 

 さて、今年のマイベストドラマですが、前回同様、ドラマの出来云々ではなく、もう一度観たい度合いの高いものから順に選びたいと思います♪(*^-^)

 第1位は『深夜食堂2』です♪(o^-^o)

Shinyashokudo2  わずか30分程度の短いドラマの中に映し出される、マスター(小林薫)の店を訪ねてくる人々の生き様。 レトロな佇まいのこの店で、ほんの一時を映しているだけなのに、感動してしまう演出が素晴らしいですね。 メニューには豚汁定食と酒類しかない店だけど、マスターに頼めば、作れるものなら作ってくれる。 そんな店って、現実にはまず無いと思うけど、こんな味のあるマスターのいる店があれば行ってみたい気がします。

 

 第2位は『謎解きはディナーのあとで』です♪(o^-^o)2923248147_1_2

 刑事である麗子(北川景子)の聴き込み情報をベースに、執事である影山(櫻井翔)が事件を推理するという設定が新鮮なのと、結構軽いノリなのがなかなか良いですね。 風祭警部(椎名桔平)の、時に見せるミラクルぶりも楽しいです♪ 原作は東川篤哉の同名小説で、今年180万部を売り上げるNO.1セールスを記録。 続編も11月に発刊され、これも大ヒット中と、まさに今年の顔の一つとなっているのですが、原作が面白いとドラマも面白くなるというケースが多いんですよね。 ただ、原作に忠実なのは第1話目だけだそうで、あとはアレンジしてあるそうなので、本も読んでみたいですね。

 第3位は『桜蘭高校ホスト部』です♪(o^-^o)

2591638602_15_2  名門高校のイケメンホスト部に、ふつうの女の子・ハルヒ(川口春奈)が、ひょんなことから入部することになるのですが、そこで繰り広げられる話が、非常にマンガ的で楽しいですね。 部長(山本裕典)や猫澤(竜星涼)がなかなかユニークで、演出もマンガ的側面をよりクローズアップしていて面白いです。 原作が1200万部を超える人気少女コミックだそうで、娘たちは、毎回このドラマを楽しみに観てました♪(^-^;

 第4位は『示談交渉人 ゴタ消し』です♪(o^-^o)Cap012_2

 白虎演じる西野亮廣(キングコング)がハマり役で良い感じなのと、白虎の交渉術がなかなか面白いですね。 毎話ゲストで登場するお笑いタレントも西野同様、真面目に演技しているんですが、上手い下手こそあるものの、なかなか楽しいです♪ 中でもほっしゃんの怪演が素晴らしかったです♪ 見事なストーカーぶりでした。 

 そして第5位は『ランナウェイ ~愛する君のために です♪(o^-^o)

3257634015_9  九州の刑務所を脱獄した4人が東京を目指して1000キロを旅する、いわゆるロードムービーなんですが、そこに織り込まれた、その場その場で起こる様々な人と人との心の触れ合いがとても良い感じで、感動的でした。 携帯電話、ツイッターなど、今を意識した要素を盛り込んでいて、それがドラマの展開上、重要なポイントの一つになっているのもユニークですね。 渡哲也の渋い演技も、ドラマに深みをもたらせていて、良かったと思います。

 いかがでしたでしょうか? 皆さんはどんなドラマが、今年印象に残りましたか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

2011年秋ドラマ、終わりましたね♪(*^-^)

 遅くなりました。 仕事は28日までで、29日から年末年始の休みに入ったんですが、なかなかそれまで忙しくて、ドラマを観ている機会がなかなかありませんでした。 会社自体は29日までだったんですが、取引先との関係で、僕は29日から休みをいただきました。 休みに入り、観られなかった『家政婦のミタ』最終回など、ドラマ・バラエティを観はじめました。 まあ、大掃除の手伝いもやらなきゃいけないので、そればっかりとはいかないのですが・・・。(^-^;

8nwin  さて、まずは余談ですが、今年の流行語大賞「なでしこJAPAN」でしたね。 僕はこれを推していたので、選ばれてうれしいです♪(o^-^o)

 また今年の漢字「絆」ということで、予想は外れてしまったんですが、まあ納得できる漢字ですね。 今年は震災を軸にいろいろと絆が生まれましたし、流行語大賞のベスト10にも入ってましたしね。(o^-^o)

 さて、今クールは5本のドラマを終始、楽しませていただきました。 観たドラマは『深夜食堂2』、『家政婦のミタ』、『ランナウェイ』、『専業主婦探偵』、『謎解きはディナーのあとで』の5本。 端的に感想を言うと、どれも面白かったですね♪(o^-^o) 

 まずは『深夜食堂2』最終回から・・・。

3610992670_3  マスター(小林薫)の経営する深夜食堂。 「出来るものなら作るよ。」が営業方針だが、ギョーザだけは専門店を営む村田(リリー・フランキー)に頼んでいた。 いつもは村田が直々に持ってくるのだが、今日は忙しくて、代理として妻の桃子(黒谷友香)が持ってきた。 常連客のカタギリ(オダギリ・ジョー)は配達を終え、店を出た彼女とすれ違い、ハッとした。 彼女こそ昔、結婚しようとしてすれ違い、それっきりになってしまった女性だったからだ。 再び、二人の間に昔の想いが再燃し・・・。3610992670_1

 2人は駆け落ち寸前までいくものの、娘のおかげで実りませんでした。 とても映画的な演出で、切ない終わり方でしたね。 カタギリが二度と店に現れなかった、ということは、オダギリ・ジョーは今回で終わり、ということですね。 第3シーズンがあるかどうかわかりませんが、ちょっと寂しいです。 まあ、それはともかくとして、今回の第2シーズンは、内容に善し悪しこそありましたが、このドラマの持っている世界はすごく良いんで、是非続編を期待したいですね。 「再び赤いウインナー」「煮こごり」のような話をまた観てみたいです♪(*^-^) 

 次は『専業主婦探偵~私はシャドウです♪(o^-^o)

2778658112_5  芹菜(深田恭子)は海の見えるガソリンスタンドで働いていた。 ここはかつて武文(藤木直人)とデートした際、ガス欠で寄ったスタンド。 芹菜にとって、最も楽しかった日の想い出の場所だった。

 武文は芹菜の日記を読み、この場所を思い出し、芹菜に会いに来た。 武文は芹菜に謝罪するが・・・。

 一方、ひばり証券では、極秘にマリアブラザーズとの吸収合併を画策していた新山(遠藤憲一)だったが、陣内(桐谷健太)ともと子(芦屋星)のツイッター作戦で、その事実が明るみに出て、騒然となっていた。 取締役会が開かれることになり、泰介(小日向文世)は会議に赴くが・・・。3035866899_4

 千早(石田ゆり子)の協力で、ひばり証券の社員たちは救われましたね。 どちらかというとベタな感じのドラマではありましたが、最後に芹菜たちが企てた陣内のためのハッピークリスマスはなかなか良かったですし、小粒ながら全体的に楽しいドラマでしたね♪ 深田恭子の可愛さを再認識させてくれたドラマでもありました♪(o^-^o)

 次は『謎解きはディナーのあとで』です♪(*^-^) 

2516011211_2  天道家で第2の殺人が起きた。 その現場に血のついたナイフを持った影山(櫻井翔)が佇んでいた。 麗子(北川景子)は影山を犯人と思い、問いただすが、影山は麗子をドアホウ呼ばわりすると、手の傷の真相を説明する。 これは、ケーキ屋の主人との野球対決で痛めたもので、事件とは何の関係もない、と言うが、そこへ風祭警部(椎名桔平)がやってきて、影山を容疑者として逮捕してしまう。 だが、風祭は影山を犯人とは見ていなかった。 実はホウショウレイの情報が欲しかったのだ・・・。

2516011211_6  犯人は佐藤(石黒賢)と里美(菊池和澄)でしたね。 複雑な内容ながら、事件のカギは殺された宮地沙織(三浦理恵子)と天道静子(高橋ひとみ)が握っていた、というのも秀逸でした。 今年一番売れた小説が原作だけあって、どの話もなかなか面白かったです。 麗子の父親を高橋英樹が演じていたのも楽しいですね。 続編がありそうなんですが、是非観てみたいです♪(o^-^o)

 次は『ランナウェイ~愛する君のためにです♪(*^-^)

3257634015_1  アタル(市原隼人)の娘・千春(篠川桃音)の命を救うため、サクラ(熊田聖亜)は五千万円を届けに病院へと赴くが、警察に保護され、金も押収されてしまった。 ニュースで知ったリュウ(塚本高史)、空哉(上田竜也)、シュン(菅田将暉)は、再びアタルのもとに訪れ、アタルのために自分たちの金をすべて渡す。 だが、リュウのいない間に警察に見つかり、逃げ込んだ工場に逃げ場は見つからない。 パンダ(山崎賢人)の協力で逃げ道を見つけるが、空哉とシュンはオトリとなって逮捕されてしまう。 リュウは逃げ回っていたアタルを助けるが、何者かに射殺されてしまう。  更に、アタルは何者かに頭を棒で叩かれ、3人からもらった1億5000万円を強奪されてしまう。3257634015_3

 何者かの誘導で、アタルはそのバッグを見つけるが、中の金ごと燃やされてしまい、その場でアタルは逮捕されてしまう。 一方、4人を殺してもいいとする本庁のやり方に疑問を抱き始めた鬼塚刑事(嶋田久作)は、柳川元刑事(渡哲也)に会い、5年前の事件の話を聞くが、その後、柳川は、独自の捜査で、犯人が意外な人物であることを知る。

3257634015_9  犯人は利夫(千葉雄大)でしたね。 確かに利夫の行動は、今思うとおかしいし、俗に言うユカイ犯で、父親が仙道副総監(渡辺裕之)で、自分の立場を守るために5年前の事件を隠蔽した、というオチは、僕的にはあまり好きではなかったのですが、各話の中に織り込まれた人情あふれる話はとても良くて、心温まりました。 ラストシーンも凄く良かったですね。 納得のいくハッピーエンドだったと思います♪(o^-^o) 時間があれば、ときどき観なおしたいと思います。

 最後は『家政婦のミタ』です♪(o^-^o)

1681128607_2  阿須田家の子どもたちの母親になることを承諾した三田(松嶋菜々子)は、恵一(長谷川博己)に婚姻届を差し出した。

 「末永くよろしくお願いします。」

 そう言った三田だったが、その後、家族への接し方が変わってしまう。 何でも引き受けてくれた三田は影をひそめ、しつけの厳しい母親に豹変。 また、次々と不運なことが起き始め、子どもたちは三田の行動に疑問を抱きはじめる。 

1681128607_4  最終回の視聴率が40%と、歴代の一般ドラマ部門で第3位に輝く視聴率を叩き出したこのドラマ。 僕的にはそれほどハマりはしなかったものの、納得のいく最終回でしたね。 三田は結局、うらら(相武紗季)も救いたかったんですね。 自分に偽って結婚するのではなく、自分に正直になれ、と伝えたかったのですね。 見合い相手(勝地涼)も実は同じ気持ちで見合いしていて、本当に一緒になりたかった女性を結婚式場で奪うシーンも、なかなか洒落ていて面白かったです。 三田の誕生日が12月25日で、三田=サンタという発想はイージーながら、このドラマなら、と許せるものがありました。

 最後の晩餐で見せた三田の笑顔は、静かでとても印象的でした。 三田が最後に訪れた、次の訪問先の家は、花も枯れ、殺風景ですが、三田はどう立ち向かっていくのでしょうね。 続編は無いみたいですが、ちょっとだけ興味はあります。(^-^;

 以上が今クールのドラマの感想ですが、その中から、恒例のベストドラマ、ベストストーリーを選びたいと思います。

 まずはベストドラマですが、迷わずこれにしました。

2407234384_5  『ランナウェイ~愛する君のためにです♪

 逃走劇のなかに織り込まれた心温まるストーリーには、何度か涙がこぼれました。 犯人の設定や動機にやや不満は残るものの、それを帳消しにできるほど良い内容だったと思います。

 また、ベストストーリー『深夜食堂2』より、第4話「煮こごり」にさせていただきます。

3527462461_7  将司(清水優)とイクミ(伊藤歩)の恋物語は凄く心温まりました。 わずか20~30分程度の短いストーリーで、こんなに深く心打たれるのは、『深夜食堂』ぐらいですね。 第1話の「再び赤いウインナー」といい、演出の上手さが光りました。 

 また、ベストソングいきものがかり「歩いていこう」にさせていただきます。 『ランナウェイ』でこの曲が流れるたび、ジーンときたのは僕だけでしょうか?

 最後にベストキャラクターですが、これは文句なしでしょう♪(*^-^)

2591638602_8  三田さんこと三田灯(松嶋菜々子)です♪

 この人がいなかったら『家政婦のミタ』は成立しませんよね。 圧倒的な存在感がありました。 

 いかがでしたでしょうか? 皆さんはどのドラマが面白かったですか?(o^-^o)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2011年12月11日 (日)

再び、「リサイクルきんき」にPCの回収をお願いすることにしました♪f(^-^;

 2年前の今頃、やたらとストップエラーをしていた前のPC。 今年の夏には全く起動しなくなりました。 今回、ローラーのトラブルで、プリンターが正常に動かなくなったのを機に、このPCとプリンターを「リサイクルきんき」に回収してもらうことにしました。

Ep704a  ここの会社は、電化製品を海外へ輸出するそうで、無料で回収してくれるんです。 PCがメインなんですが、プリンターもOKということでお願いすることにしました。 ついでにアナログのDVDレコーダーもDVD再生機能が故障しているので回収してもらうつもりなんですが、これの料金については、まだ回答が来ていません。

 すでに新しいプリンターはコジマnetで注文しました。 スキャン機能と5年保証付きで、13,000円までで済みました。 EP-704Aなんですが、EP-801Aと比較して、格段に性能が良いみたいですね。 今から期待しています。

と、記事を書いていたら、何とプリンターが配送されてきました。 土曜日に発注して、日曜の夜の9時に配送されてくるなんて、びっくりの早さです。 さっそく取り付けをしていますが、これはびっくりですね。 コジマnet恐るべしです。 今夜はこれをセットして寝るつもりです♪(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年秋ドラマも終盤。 皆さんはどのドラマを楽しんでいますか?(*^-^)

 秋ドラマも終盤になりました。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(*^-^)

 僕は、以前公表した5本を観続けているんですが、どれもなかなか面白くて、今シーズンは気持ちよくドラマを楽しんでいるって感じです♪(*^-^)

 観ているドラマは『深夜食堂2』、『家政婦のミタ』、『ランナウェイ~愛する君のために』、『謎解きはディナーの後で』、『専業主婦探偵~私はシャドウの5本。 その中で注目すべきは、やはり『家政婦のミタ』でしょうか?

2591638602_8  先の読めない展開と、松嶋奈々子演じる三田さんの魅力が話題になり、視聴率がどんどん上昇し、通常視聴率の低迷する中盤で29.6%を記録するという快挙を達成。 このペースだと最終回は35%前後も夢ではない勢いですね。 もしそうなれば、8年ぶりの歴代ドラマ視聴率TOP20入りとなります。2591638602_2

 最新話である第9話では、隣の皆川家の家政婦になり、見事に家庭を崩壊させてしまいましたね。 皆川真利子(佐藤仁美)が夫の行動を三田に調査させ、夫の浮気を知ると一家心中を画策しましたが、土壇場になって、すべて三田のせいにして、「あなたが死ねばいい。」と言い張りましたね。 その言葉を待ってたように、自分の身に火をつけようとしましたが、阿須田家の家族に止められましたね。

 少し心を開きつつある三田なんですが、どんな結末が待っているんでしょうね? ホント、全然予想がつきません。(^-^;

2778658112_14  単なる逃走劇ながら、非常に感動的なドラマになっているのが『ランナウェイ~愛する君のためにです♪

 最新話である第7話では、ついにサクラ(熊田聖亜)の実の父に会えましたね。 残念ながらサクラは父とは暮らすことができず、九州に戻る前にアタル(市川隼人)の手助けをするのですが、残念ながら、由紀(福田沙紀)に5千万円を渡す前に捕まってしまいました。

2778658112_15  ちなみに、熊田聖亜ちゃんはあの北野武監督の映画「さや侍」に出ていた子役なんですね。 芦田愛菜ちゃんほどクローズアップはされないと思いますが、非常に将来が期待される子役だと思います。

 次回、最終回なんですが、最愛の娘・千春(篠川桃音)の命はどうなってしまうのか、アタルの事件の真犯人はだれなのか、柳川元刑事(渡哲也)とアタルの親友・利夫(千葉雄大)は真犯人を捕まえることができるのか? 非常に楽しみですね。(*^-^) 

2923248147_2_2   一話完結の推理物でパターンも決まっているのに、毎回楽しませてくれてるのが『謎解きはディナーのあとで』です♪

 15分拡大となった第7話では、真犯人は容疑者と目された3人ではなく、帽子屋の藤崎(田山涼成)でしたね。 意表をつく展開でなかなか面白かったです。

 最新話である第8話では、通常、ディナーの後でみせる推理を、ディナーどころではないと、影山(櫻井翔)自ら破りましたね。 風祭警部(椎名桔平)がなかなか飄々としていて楽しいです。 残り2話ですが、影山が容疑者になるみたいで、ちょっと注目ですね。 期待大です♪

2778658112_1  ここへ来て、意外な展開を見せるのが『専業主婦探偵~私はシャドウです♪(o^-^o)

 最新話である第8話では、芹菜(深田恭子)が、武文(藤木直人)と父・泰介(小日向文世)の会話を聞いてしまい、責任を感じて家出をしてしまいましたね。

2778658112_3  芹菜の居た場所が、武文との思い出の場所というのも良い感じでした。 最終回では初回の冒頭にあったシーンが出てくるみたいで楽しみです。 あれがどう繋がっていくのか気になります。 新山(遠藤憲一)と泰介の対決に千早(石田ゆり子)がどうかかわってくるのか、芹菜はどうするのか注目ですね。

3527462461_8  最後に、ドラマの出来云々を超えて楽しませてもらっているのが『深夜食堂2』です♪

 第5話の「缶詰」では、これまで無かったホラー的な脚本・演出を見せ、戸惑いを感じさせてくれましたが、第4話の「煮こごり」では弁当屋の将司(清水優)とソープ嬢のイクミ(伊藤歩)の恋愛模様に心温まりました♪ 

3527462461_6  僕は元々、前作での「カツ丼」や「ソース焼きそば」、「バターライス」、「タマゴサンド」あたりを観て好きになったので、今回はいまひとつ好きになれない話もありましたが、総合的には良かったんじゃないか、と思っています。 

 Love Love Love「嘘のつき方」も馴染んできました。 この曲が流れると、妙に心温まるのは僕だけでしょうか?(*^-^)

 最終話はオダギリジョーが主役みたいですが、楽しみですね♪ この作品だけは、是非また、続編をお願いしたいと思います。 まだ終わってないので、気が早いのですが・・・。f(^-^;

 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »