« 2012年冬ドラマも終盤、どのドラマにハマっていますか?(o^-^o) | トップページ | なでしこJAPAN30年の歴史に感動(;-;) »

2012年3月28日 (水)

2012年冬ドラマ、終わりましたね。(*^-^)

 一部を除き、2012年冬ドラマが一通り終わりましたね。 皆さんはどのドラマが面白かったですか?(*^-^)

 僕は全部で6本観ていました♪ 

 『家族八景』 『早海さんと呼ばれる日』 『ラッキーセブン』 『13歳のハローワーク』 『ティーンコート』 『ハングリー!』 の6本です♪

 どれもそれぞれにカラーが異なっているものの、なかなか面白かったです。

 それではそれぞれの感想を簡単に・・・。

3023301372_2  まず『13歳のハローワーク』ですが、これに関しては前回に記述させていただきました。 どの話もなかなか楽しかったんですが、そのなかでも、第2話のネジ工場の話が僕は好きですね。 千里(杉咲花)の父のネジ工場が、利益が上がらないために、村山(武井証)の父の勤める銀行からの融資が打ち切りになり、倒産してしまうんですが、22年後に二人が再開するシーンはとても感動的でした。 どの話も2012年の鉄平(松岡昌宏)が干渉することで、関わった人の未来が少し変わってしまうんですが、その結末が、味があって良かったです。 翔子(桐谷美玲)が現代まで、鉄平と顔を合わせないでいるのは太ってしまったから、というオチも笑えました。 また時間があれば観直したいと思います♪(o^-^o)

1904146168_5  次は『早海さんと呼ばれる日』です。(*^-^)

 優梨子(松下奈緒)が家出し、早海家は元の荒れた状況に逆戻り。 恭一(井ノ原快彦)とその兄弟たちは、それぞれに優梨子を捜すものの見つからない。 その頃、優梨子はホテル暮らしをしていたが、いまひとつ気分がすぐれないでいた。 そこへ、研二(要潤)から家出したと聞いた恭一の母・陽子(古手川祐子)から電話が入る。 二人はホテルで会い、お互いの想いを話し始めるが・・・。

 最後は大団円って印象の終わり方でしたね。 このドラマらしい洒落っ気たっぷりのラストでした。 恭一と優梨子だけでなく、研二と亜季(山口紗弥加)や、父(船越英一郎)と母・陽子の関係も、明るい未来を予感させる終わり方で、とても良かったと思います。

 とても人情味ある腰太な内容で、毎回良いシーンがあって、なかなか良かったです。 最終回に関しては、時間が許せばまた観てみたいと思いました。(o^-^o)

1920834676_8  次は『ラッキーセブン』です。(*^-^)

 全体的に面白かったんですが、一番印象に残ったのは、駿太郎(松本潤)や新田(瑛太)の空手アクションですね。(o^-^o) ただ、瑛太が6話目以降出なくなったのは寂しかったです。 やっぱり瑛太が一番光っていましたし、その分、魅力が半減してしまったような印象を抱きました。 映画か何かと重なってしまったんでしょうが、とても残念ですね。 でも良い内容のドラマだったと思います。(o^-^o)

 次は『ハングリー!』です。(*^-^)1971276763_11

 大家の亜矢子(矢田亜希子)に店を閉めるよう言われ、仕方なく「ハラペコキッチン」は閉店。 麻生(稲垣吾郎)の誘いもあり、英介(向井理)と賢太(塚本高史)、剛(川畑要)は「麻生コーポレーョン」で働きはじめるが、剛は年下の先輩シェフたちのいじめに、堅太は先輩ソムリエのセクハラに耐えられず辞めてしまう。 二人が辞めたことを知った英介は・・・。

1971276763_8  これもまた、大団円と言いたいような、期待通りの終わり方でしたね。

 英介だけだったら、麻生の下で修業して、2年後に軽井沢でレストランを受け持ち、メディア的にもメジャーになる、というのがハッピーエンドなんでしょうが、英介たちにとっての最高の場所は「ハラペコキッチン」であって、その場所だから彼らが生きてくるわけで、これはベストの終わり方ですよね♪ ラストで店を「HUNGRY」に改名したのは、洒落っ気があって良かったです。 ただ、ちょっと強引で、やや無理のあるシーンもあって、その辺が残念ではあるんですが、凄く楽しいドラマでした♪ 時間があれば、また初めから観直したいと思います♪(o^-^o)

2491034316_2  次は『家族八景』です。(o^-^o)

 最終の2話は「隣の芝生は青い」をそのまま体現したと言える内容の話でしたね。 七瀬(木南晴夏)は4人の想いを実現させようと企てましたが、デートの場所が同じだったため、うっかり出くわしてしまいます。 市川夫婦(西村和彦・星野真里)のうろたえる姿に、高木夫婦(大河内浩・野波麻帆)は共に幻滅し、逆に夫婦のきずなが深まりましたね。 恋してる時は相手の良い部分ばかり見えるけど、いざだらしないところを目の当たりにしてしまうと、気持ちが冷めて、相手のマイナス部分が見えてきて、これなら旦那の方が良いや、ってことになるんでしょうかね?2594270911_14_2

 全10話ありましたが、 七瀬が家族にもったそれぞれのイメージがユニークで、重くドロドロとした感じになりそうな内容の話を、面白くしていましたね。 非常に個性的で特筆すべき演出のドラマでした。 今回のドラマの中では異色ながら、頭一つ抜けていた印象でしたね。

 これもまた、時間があれは初回から観直したいと思います。(*^-^)

1542345413_17_2  最後は『ティーンコート』です。(*^-^)

 若王子が盲腸で倒れ、ティーンコート事件は暗礁に乗り上げると思いきや、皆の結束が高まって、皆で事件の真相を探ることに。 やがて、女子高生集団万引事件と、真梨子(岡本玲)の殺傷事件の共通点である篠原が、あるグルメ番組に映っていることが解り・・・。

 最後まで軽めながら見応えのある内容で、とても楽しめました。 若王子(剛力彩芽)は、明るい小悪魔って感じが凄く良かったです。 続編があれば是非やってほしいですね。 剛力彩芽の今後の人気次第だとは思いますが・・・。(*^-^)

 さて、今回もマイベストドラマを発表したいと思います♪(o^-^o)

2491034316_7   今クールのマイベストドラマ『家族八景』です♪(o^-^o)

 暗くドロドロになりそうな内容の話を、七瀬(木南晴夏)の家族に対するイメージをユニークにすることによって、コミカルに仕上げた点に好感が持てました。 深夜枠だからこそ可能な、際どい描写もこのドラマの個性を際立たせたと思います。 丁度、昼間に『SPEC』の再放送をしていたので、以前観れずにいた最終回を観たんですが、堤幸彦監督作品は独特のカラーとユーモアがあって面白いですね。 映画『SPEC~天~』も楽しみです♪

1904146168_8  次にマイベストストーリーですが、これはこのドラマに敬意を表して、 『早海さんと呼ばれる日』最終回にさせていただきます。

 優梨子(松下奈緒)が家出したことで、一度崩れそうになった家族の絆が深まり、再生していく様が良かったです。 研二(要潤)が亜季(山口紗弥加)に会いに行くシーンは凄く印象的でした。

 次にマイベストソングですが、これは該当なしとさせていただきます。

 本来ならMs.OOJA「Be・・・」を選ぶところなんですが、ドラマの方を全然観ていないんで、選考外にさせていただきました。 観ていたドラマの中だと、どれもヨコイチって印象で、正直選べませんでした。

1542345413_18  あと、ベストキャラクターですが、これも迷いましたが、この娘にしました。 若王子(剛力彩芽)です。 彼女がいたから、この『ティーンコート』というドラマが生きたって印象ですね。

 最後に特別賞として『ハングリー!』を選ばせていただきます。1971276763_12

 特に際立ったものは無いんですが、久々にハマったドラマなんで、特別賞として選ばせていただきました♪(*^-^)

 いかがでしたでしょうか? ちなみに春ドラマに関しては、まだ白紙の状態で、全然わかりません。 草彅剛の僕シリーズが復活するそうですが、どうなんでしょうね? 次クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

|

« 2012年冬ドラマも終盤、どのドラマにハマっていますか?(o^-^o) | トップページ | なでしこJAPAN30年の歴史に感動(;-;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年冬ドラマ、終わりましたね。(*^-^):

« 2012年冬ドラマも終盤、どのドラマにハマっていますか?(o^-^o) | トップページ | なでしこJAPAN30年の歴史に感動(;-;) »