« 2012年春ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o) | トップページ | ドナ・サマー、逝く(ノд・。) »

2012年5月 6日 (日)

原発と電力問題について一言・・・。

Photo   このGW中に全国の原子力発電所は、北海道の泊原発を最後に、すべて稼働停止になりました。 事実上、電力は火力発電と水力発電に頼ることになりますが、実は元々、日本は火力発電のウェイトが大きくて、水力発電の需要は大したことないんですよね。 2年前の調査では、全体の8%程度なんです。 で、原発は?というと、実は全体の30%を占めていて、関西では実に48%! これが無くなると、事実上火力発電に頼ることになってしまいます。

 火力発電の内訳を見てみると、天然ガス30%石炭25%石油7%と、火力の中では天然ガスのウェイトが最も大きくなっています。

 とはいえ、火力発電はCO₂を排出するので、地球温暖化問題があり、あまり頼るわけにもいかないし、次期エネルギーと呼べる風力も太陽光も、コストがかかるせいもあり、全然普及していません。

Photo_2  今、一般家庭が支払っている電気代の月額1万円弱。 仮に一般家庭が太陽光に切り替えるとして、ソーラーパネル設置などに掛かる費用は、コーナンで見た金額40万円だったんですが、おそらく40~70万円で、ざっと4~6年分の料金となりますね。 但し、家庭で使う電気をすべてまかなおうとすると、その約3倍のコストがかかるようです。

 で、寿命は?というと、10年保証をメーカーが設けているところをみると、少なくともそのくらいは大丈夫で、後はメンテナンス次第で30年くらいまで延ばせるようです。 本来、蓄電はできないのですが、最近では蓄電機を搭載したものも出ているそうです。

Photo_3  関西ではこの夏、15%以上の電力不足がうたわれているんですが、これは大変な数字で、おそらく全家庭の冷蔵庫を停めて、やっと達成できるかどうかの数字だったと思います。

 いろいろな企業が蓄電池を導入したり、自家発電設備を増強するなど、対策を立てているようですが、果たしてそれでまかなえるのでしょうか?

 僕は原発賛成派ではないんですが、普通に考えて、関西に関しては、一部、原発は再稼働せざるおえないと思います。 ただし、国はしっかりとした安全基準の下で、きっちり検査をし、その上での再稼働でないと、誰も納得はしないと思います。 

 僕らは電気無しでは生活できません。 電気が無ければ、冷蔵庫も使えない、エアコン・洗濯機もダメ、テレビも観れない、パソコンも携帯もダメ。 それを今のこの国の人たちが容認できますか? 冗談じゃない、普通に電気を使うよ、という人がほとんどでしょう。 

 でも、供給できる電気以上の電気を使おうとしても、無理なのは皆、わかっています。

 どうするのか、国や関電ははっきりとした指針を示し、納得いく説明をしてほしいものですね。

|

« 2012年春ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o) | トップページ | ドナ・サマー、逝く(ノд・。) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/54640082

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と電力問題について一言・・・。:

« 2012年春ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o) | トップページ | ドナ・サマー、逝く(ノд・。) »