« 2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その1 | トップページ | 2012秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3 »

2012年10月21日 (日)

2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2

 10月も後半に入り、一段と寒暖の差が激しくなってきました。 もう半月もすると、紅葉のシーズンになりますね。 一気に冬へと、季節は向かっていきます。

 さて2012年秋ドラマ。 続々とスタートしていますね。 今回観たドラマは6本。

 まずはキャスト紹介から・・・。(*^-^)

 『ゴーイング・マイ・ホーム』 : 阿部寛 山口智子 宮崎あおい 西田敏行

 『大 奥~誕生[有功・家光篇] : 堺雅人 多部未華子 内藤剛志 麻生裕未

 『悪夢ちゃん』 : 北川景子 GACKT 優香 小日向文世

 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』 : 山田孝之 宅麻伸 木南晴夏 佐藤二朗

 『TOKIOエアポート~東京空港管制保安部~ : 深田恭子 要潤 瀬戸朝香 時任三郎

 『東京全力少女』 : 武井咲 比嘉愛未 塚本高史 温水洋一 渡部篤郎

 その中から、CGが上手に使われている『悪夢ちゃん』のあらすじを簡単に・・・。 

 

2373389241_7 武戸井彩未(北川景子)は明恵小学校5年2組の担任。 学校では理想的な先生と見られているが、実は仕事上、仕方なくそういう先生を演じているだけで、結構腹黒い。 そのクラスに古藤結衣子(木村真那月)が転入してきた。 彼女は彩未に会うなり、いきなり「おばあちゃんを助けて。」と訴える。 そのおばあちゃんはどちらも接点のない女性だったが、後日そのおばあちゃんの夫が家に火をつけ、夫婦共々焼死するという事件が発生する。

2373389241_14 その後、結衣子が不登校になり、彩未は彼女の家を訪ねる。 すると奇妙なことに、でてきたのは彩未の夢の中で王子として登場する男(GACKT)だった。 彼に案内され中に入ると、結衣子がいた。 そしてその祖父であり大学教授の万之介(小日向文世)から、彼女が予知夢の脳力者であることを聞かされる。 彩未は万之介の開発したバクという装置で結衣子が見た夢の光景を見せられるが・・・。

2373389241_10 SFタッチの学園ファンタジーということなんですが、CGの使い方も派手すぎず、楽しいドラマに仕上がっていますね。 恩田陸の小説「夢違」をベースにしているそうですが、かみさんは恩田陸の小説、好きなんですよね~♪(^-^; 恩田陸と知らずにこのドラマを観て、面白いって言ってました。(^-^; 波長が合うんですかね~。(^-^;

 ドラマの展開も良いですし、夢の解釈の仕方も面白くて、最後まで楽しく観れました。 今のところ、一番面白いですね。 これは文句なしに視聴決定です♪(o^-^o)

3073442150_4 『大奥』は設定がなかなか楽しいですね。 疫病により若い男性が激減。 将軍・家光までもがこの疫病にかかり死去してしまうことから、春日局(麻生裕未)がやむなく作りだした大奥の体制がユニークですね。 男子禁制で女性のみの世界・大奥から女性を追い出し、唯一、徳川の血を引く、家光がたまたま出会った平民との間に出来た女の子を家光として育て、お世継ぎを生ませるという策略が、このドラマを面白くさせていますね。 

3073442150_13 出家した僧侶・有功(堺雅人)が春日局の目にとまり、江戸城に軟禁、弟子の玉栄(田中聖〈KAT-TUN〉)の命を救うため、武士として大奥に仕えるまでの話が第1話だったんですが、かなり面白い話に仕上がっていますね。 MISIA「DEEPNESS」『JIN‐仁‐』を彷彿させるものがあり、なかなか良かったです。(o^-^o)

2759548717_4 『ゴーイング・マイ・ホーム』はキャストがかなり豪華で、かつてトレンディドラマの顔だった山口智子の16年ぶりの復帰作という鳴り物入りだったんですが、正直、ドラマの方向性が全く解らずに終わってしまいました。 家族再生のドラマなのか、クーナという架空の生物を軸にしたファンタジーなのか、それとも両方なのか? ただ、極めて映画的なドラマだな、とは思いました。 これが宮崎駿監督の「となりのトトロ」のような夢のあるアットホームな話になっていけば、非常に良いドラマになっていくんだろうな、という予感はしますが、現時点では保留ですね。

3073442150_17 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』はコアなファンが多いドラマではあるんですが、前回、低予算丸出しの映像を観て、僕はパスしたんですが、かみさんの話では、観るにつれ、ハマるドラマと言っていました。 その続編ということで、観てみたんですが、いきなり佐藤二朗ワールド炸裂でしたね。

3073442150_14 彼のアドリブ丸出しのセリフ回しはファンが多いんですが、このドラマでは全開ですね♪(o^-^o) もうそれだけで観ようという気になってしまいました。 ロープレをパロったような内容は今回も健在のようですね。 ヨシヒコたちの脱力系のノリに今回も期待です。(o^-^o)

2872302117_5 『TOKIOエアポート』は、管制塔という非常に責任の大きい特殊な環境で活躍する新任女性・香織(深田恭子)の話なんですが、最初から最後まで緊張感があって、なかなか良かったように思いました。 主任の竹内(瀬戸朝香)や主幹の結城(時任三郎)がなかなか良い味出していますね。 自分の都合を置いといて、総合的に考える姿に共感を覚えました。 現実にこんなスリリングなことが行われているのなら不愉快な話なんですが、ドラマならではの設定ということで良しとしましょうか♪(^-^;

2021249005_51 『東京全力少女』武井咲が久々のハマり役って感じで、渡部篤郎の好演もあって、非常に楽しく観れました。 うらら(武井咲)の鉄砲玉のような一生懸命さが非常に良いですね。 母親の再婚話で、心機一転、別れた父親を訪ねて香川県から東京へと旅立った女の子の話なんですが、舞台を下北沢に置いている点がなかなかユニークですね。 偶然が重なって父親に出会う過程は出来過ぎで、ちょっと退いてしまう点もあるんですが、それを一掃してしまうだけの勢いがこのドラマにはありますね。

2021249005_5_2 武井咲ちゃんは初主演作『アスコーマーチ』でも思ったんですが、一生懸命な女の子が凄く似合う女性ですね。 あの時は松坂桃李賀来賢人といった若手の好演もあって、良いドラマに仕上がっていたんですが、これもかなり期待できそうな仕上がりになっていますね。(o^-^o)

 というわけで、今回は非常にレベルの高い作品が揃っていました。 次回はどんなドラマに驚かされるのか楽しみです♪ 今回の関心度順位は以下の通り♪(o^-^o)

 

 1位 : 『悪夢ちゃん』

 2位 : 『東京全力少女』

 3位 : 『大奥~有功・家光篇

 4位 : 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』

 

 でした。 (o^-^o)

|

« 2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その1 | トップページ | 2012秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/55940054

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2:

« 2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その1 | トップページ | 2012秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3 »