« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

2012秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3

 今日は朝から雨。 久々に昼になってもひんやりした一日ですね。

 さて、この一週間に観たドラマの初回分は全部で6本。 まずはキャスト紹介から・・・。

 『ドクターX ~外科医・大門未知子~ : 米倉涼子 田中圭 内田有紀 伊東四朗

 『MONSTERS』 : 香取慎吾 山下智久 柳原可奈子 遠藤憲一

 『PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~ : 木村拓哉 中井貴一 香里奈 藤木直人

 『遅咲きのヒマワリ ~ボクの人生、リニューアル~ : 生田斗真 真木よう子 国仲涼子 松重豊

 『イロドリヒムラ』 : 日村勇紀(バナナマン) 剛力彩芽(第1話) 矢田亜希子(第1話) 酒井若菜(第2話)

 『花のズボラ飯』 : 倉科カナ 加藤シゲアキ(NEWS) 児嶋一哉(アンジャッシュ)

 

 その中から、『ドクターX ~外科医・大門未知子~のあらすじを簡単に・・・。

 

2155142642_3 帝都医科大学第三病院の新人外科医・森本(田中圭)は、先輩達の誘いで、ダンスホールのあるクラブで合コンをしていた。 翌日のことを考え、帰ろうとした際、ホール内にいた男性が倒れた。 森本は急患の処置に向かったが、手当の際、ホールで踊っていた女性(米倉涼子)に振り払われる。 女性は男性の身体に触れると、駆けつけた救急隊員に迅速に指示をし、担架に載せ、搬送させた。 森本は唖然としてその光景を観ていた。

 翌日、帝都医科大学第三病院では、過酷な勤務形態から、3人の医師が辞めたため、臨時の医師を雇うことになった。 そこにやってきたのは、ダンスホールで急患を搬送させた、あの女性だった・・・。2155142642_5

 

 米倉涼子が雑業・接待を一切しない契約女医役。 ライセンスとスキルだけで勝負する腕利きの女医という設定なんですが、その徹底ぶりは、ある意味「ブラックジャック」女版という印象を受けました。 脚本家・中園ミホのドラマは、『ハケンの品格』でもそうでしたが、スキル勝負の女性を主人公にした作品はハズレが無いですね。 今回のドラマも、非常に痛快で、最後まで気持ちよく観れました。 エンディング曲「Force」Superflyらしいワイルドな曲で、非常に良いですね。 これは続きを観たいです♪

2406954403_1 『MONSTERS』香取慎吾が変わり者ながら推理力に秀でた刑事・平塚平八役、山下智久が新人刑事役ということなんですが、平八の口癖や仕草にいまひとつついていけませんでした。 その辺りがセールスポイントでもあるんですが、推理ものとしてはまずまずの内容だったように思います。 

 とはいえ、このドラマは『JIN-仁-』石丸彰彦氏など、スタッフが豪華なので、観たい気持ちはあるんですが、今のところは保留ですね。

3426229425_7 『PRICELESS』は、優良企業の課長・金田一(木村拓哉)が、社長の死と遺言が原因で懲戒解雇されてしまう話なんですが、その貧乏生活ぶりがなかなか楽しいですね。 小遣い稼ぎのため見知らぬ大人から金をだまし取る貫太(前田旺志郎-まえだまえだ-)と出会うんですが、彼の祖母(夏木マリ)はまるで『千と千尋の神隠し』に出てくる湯婆婆のようですね。 実際に夏木マリさんはその声役をやってましたし、そのまんまの声調でやってるから、余計にそういう印象を受けるんでしょうか?f(^-^; 

 毎日、500円出してくれれば食事つきで泊めてもいい、という考えがまた楽しいですね。 果して金田一は会社に戻れるのか、どう食いつないでいくのか気になりますね。

2402797388_8 『遅咲きのヒマワリ』は派遣社員の小平(生田斗真)が会社の事情で解雇され、恋人とも別れ、自分にとっての居場所もなくなり、心機一転、新天地を求めて、高知県四万十市の「地域おこし協力隊」に参加する話なんですが、四万十川の景色が非常に印象に残るドラマですね。 川岸から川岸へと渡されている無数の鯉のぼりも印象に残るんですが、僕は和歌山や奈良、愛媛でも見たことがあります。 オープニング曲「あなたに」「小さな恋のうた」でも知られるモンゴル800の代表曲ですが、なんとキャスト全員で歌っています。 またエンディング曲「常套句」Mr.Childrenの書下ろしだそうで、なかなか良い感じの曲に仕上がっていますね。

3697106369_7 『イロドリヒムラ』バナナマン日村勇紀を主人公に、毎回脚本・監督・共演者が変わるというオムニバスドラマ。 第1話は人気急上昇中の剛力彩芽をヒロインに、脚本・北川悦吏子、監督・堤幸彦という豪華な組み合わせだったんですが、なかなか感じのいいドラマになっていました。 ギャグに走るのかな?と思いきや、真面目なドラマなんですね。 でも観るだけの価値はありますね。

3697106369_15 『花のズボラ飯』『孤独のグルメseason2』でも知られる久住昌之さんの人気グルメコミック。 倉科カナが可愛いズボラな主婦を快演しています。 夫の単身赴任が長引いて、部屋中散らかしっぱなし、グータラ生活を送る花(倉科カナ)が空腹の中、部屋にある材料で作るズボラ飯がなかなか楽しいですね。 ただ、これも『孤独のグルメ』同様、ドラマというよりはグルメ番組という印象を受けました。(^-^;

 さて、今回も魅かれるドラマがありました。 正直、どのドラマを観続けるか、かなり迷っています。 どれを観るかは来週末には発表したいと思います。 また、恒例の「主題歌・挿入歌どれがいい?」も同時期に発表しますので、お楽しみに・・・。m(_ _)m

 今回の関心度順位は、

 1位 : 『ドクターX ~外科医・大門未知子~

 2位 : 『イロドリヒムラ』

 3位 : 『PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん~

 4位 : 『遅咲きのヒマワリ ~僕の人生、リニューアル~

 でした。(o^-^o)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2

 10月も後半に入り、一段と寒暖の差が激しくなってきました。 もう半月もすると、紅葉のシーズンになりますね。 一気に冬へと、季節は向かっていきます。

 さて2012年秋ドラマ。 続々とスタートしていますね。 今回観たドラマは6本。

 まずはキャスト紹介から・・・。(*^-^)

 『ゴーイング・マイ・ホーム』 : 阿部寛 山口智子 宮崎あおい 西田敏行

 『大 奥~誕生[有功・家光篇] : 堺雅人 多部未華子 内藤剛志 麻生裕未

 『悪夢ちゃん』 : 北川景子 GACKT 優香 小日向文世

 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』 : 山田孝之 宅麻伸 木南晴夏 佐藤二朗

 『TOKIOエアポート~東京空港管制保安部~ : 深田恭子 要潤 瀬戸朝香 時任三郎

 『東京全力少女』 : 武井咲 比嘉愛未 塚本高史 温水洋一 渡部篤郎

 その中から、CGが上手に使われている『悪夢ちゃん』のあらすじを簡単に・・・。 

 

2373389241_7 武戸井彩未(北川景子)は明恵小学校5年2組の担任。 学校では理想的な先生と見られているが、実は仕事上、仕方なくそういう先生を演じているだけで、結構腹黒い。 そのクラスに古藤結衣子(木村真那月)が転入してきた。 彼女は彩未に会うなり、いきなり「おばあちゃんを助けて。」と訴える。 そのおばあちゃんはどちらも接点のない女性だったが、後日そのおばあちゃんの夫が家に火をつけ、夫婦共々焼死するという事件が発生する。

2373389241_14 その後、結衣子が不登校になり、彩未は彼女の家を訪ねる。 すると奇妙なことに、でてきたのは彩未の夢の中で王子として登場する男(GACKT)だった。 彼に案内され中に入ると、結衣子がいた。 そしてその祖父であり大学教授の万之介(小日向文世)から、彼女が予知夢の脳力者であることを聞かされる。 彩未は万之介の開発したバクという装置で結衣子が見た夢の光景を見せられるが・・・。

2373389241_10 SFタッチの学園ファンタジーということなんですが、CGの使い方も派手すぎず、楽しいドラマに仕上がっていますね。 恩田陸の小説「夢違」をベースにしているそうですが、かみさんは恩田陸の小説、好きなんですよね~♪(^-^; 恩田陸と知らずにこのドラマを観て、面白いって言ってました。(^-^; 波長が合うんですかね~。(^-^;

 ドラマの展開も良いですし、夢の解釈の仕方も面白くて、最後まで楽しく観れました。 今のところ、一番面白いですね。 これは文句なしに視聴決定です♪(o^-^o)

3073442150_4 『大奥』は設定がなかなか楽しいですね。 疫病により若い男性が激減。 将軍・家光までもがこの疫病にかかり死去してしまうことから、春日局(麻生裕未)がやむなく作りだした大奥の体制がユニークですね。 男子禁制で女性のみの世界・大奥から女性を追い出し、唯一、徳川の血を引く、家光がたまたま出会った平民との間に出来た女の子を家光として育て、お世継ぎを生ませるという策略が、このドラマを面白くさせていますね。 

3073442150_13 出家した僧侶・有功(堺雅人)が春日局の目にとまり、江戸城に軟禁、弟子の玉栄(田中聖〈KAT-TUN〉)の命を救うため、武士として大奥に仕えるまでの話が第1話だったんですが、かなり面白い話に仕上がっていますね。 MISIA「DEEPNESS」『JIN‐仁‐』を彷彿させるものがあり、なかなか良かったです。(o^-^o)

2759548717_4 『ゴーイング・マイ・ホーム』はキャストがかなり豪華で、かつてトレンディドラマの顔だった山口智子の16年ぶりの復帰作という鳴り物入りだったんですが、正直、ドラマの方向性が全く解らずに終わってしまいました。 家族再生のドラマなのか、クーナという架空の生物を軸にしたファンタジーなのか、それとも両方なのか? ただ、極めて映画的なドラマだな、とは思いました。 これが宮崎駿監督の「となりのトトロ」のような夢のあるアットホームな話になっていけば、非常に良いドラマになっていくんだろうな、という予感はしますが、現時点では保留ですね。

3073442150_17 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』はコアなファンが多いドラマではあるんですが、前回、低予算丸出しの映像を観て、僕はパスしたんですが、かみさんの話では、観るにつれ、ハマるドラマと言っていました。 その続編ということで、観てみたんですが、いきなり佐藤二朗ワールド炸裂でしたね。

3073442150_14 彼のアドリブ丸出しのセリフ回しはファンが多いんですが、このドラマでは全開ですね♪(o^-^o) もうそれだけで観ようという気になってしまいました。 ロープレをパロったような内容は今回も健在のようですね。 ヨシヒコたちの脱力系のノリに今回も期待です。(o^-^o)

2872302117_5 『TOKIOエアポート』は、管制塔という非常に責任の大きい特殊な環境で活躍する新任女性・香織(深田恭子)の話なんですが、最初から最後まで緊張感があって、なかなか良かったように思いました。 主任の竹内(瀬戸朝香)や主幹の結城(時任三郎)がなかなか良い味出していますね。 自分の都合を置いといて、総合的に考える姿に共感を覚えました。 現実にこんなスリリングなことが行われているのなら不愉快な話なんですが、ドラマならではの設定ということで良しとしましょうか♪(^-^;

2021249005_51 『東京全力少女』武井咲が久々のハマり役って感じで、渡部篤郎の好演もあって、非常に楽しく観れました。 うらら(武井咲)の鉄砲玉のような一生懸命さが非常に良いですね。 母親の再婚話で、心機一転、別れた父親を訪ねて香川県から東京へと旅立った女の子の話なんですが、舞台を下北沢に置いている点がなかなかユニークですね。 偶然が重なって父親に出会う過程は出来過ぎで、ちょっと退いてしまう点もあるんですが、それを一掃してしまうだけの勢いがこのドラマにはありますね。

2021249005_5_2 武井咲ちゃんは初主演作『アスコーマーチ』でも思ったんですが、一生懸命な女の子が凄く似合う女性ですね。 あの時は松坂桃李賀来賢人といった若手の好演もあって、良いドラマに仕上がっていたんですが、これもかなり期待できそうな仕上がりになっていますね。(o^-^o)

 というわけで、今回は非常にレベルの高い作品が揃っていました。 次回はどんなドラマに驚かされるのか楽しみです♪ 今回の関心度順位は以下の通り♪(o^-^o)

 

 1位 : 『悪夢ちゃん』

 2位 : 『東京全力少女』

 3位 : 『大奥~有功・家光篇

 4位 : 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』

 

 でした。 (o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その1

 10月に入り、朝が少し寒くなってきましたね。 我が家ではかみさんと下の娘が風邪気味です。(^-^; 皆さんは大丈夫ですか? 

 さて、2012年秋ドラマ、いよいよ始まりましたね。 皆さんはどのドラマが楽しみですか? この一週間に観たドラマの初回は以下の6本。 まずはタイトルとキャスト紹介から・・・。

 『毒〈ポイズン〉』 : 綾部祐二(ピース) 臼田あさ美 渡辺いっけい

 『高校入試』   :  長澤まさみ 南沢奈央 斉木しげる 高橋ひとみ

 『匿名探偵』   :  高橋克典 三浦理恵子 田山涼成 片瀬那奈

 『パーフェクト・ブルー』 : 瀧本美織 平山あや 寺脇康文 財前直見

 『結婚しない』  :  菅野美穂 天海祐希 玉木宏 福田彩乃 石橋凌 

 『孤独のグルメ season2』 : 松重豊 久住昌之(原作者)

 その中から、代表して『毒〈ポイズン〉』のストーリーを簡単に・・・。  

1970355048_8 雑誌記者の秋本(小泉孝太郎)には婚約者がいる。 この出版社の社長の娘、レイカだ。 彼女と結婚すれば、未来は前途洋洋な訳だか、彼は一つ悩みを抱えていた。 高校の時の同級生・真由美(前田亜季)と関係していたのだ。 週3日、水・木・土曜日の3回会っているのだが、秋本は別れるため、真由美の住む古アパートを訪ねる。 だが、そこで妊娠していることを告げられてしまう。

 困り果てた秋本は、帰路で黒いコートをまとった怪しい男(綾部祐二)に声をかけられる。 男は、わずか1滴で24時間後に死に至る、究極の毒薬を持っていた。 男から毒薬をもらった秋本は、迷った末、真由美の紅茶に一滴垂らし・・・。

1970355048_4_3 吉本興業プロデュース、ザ・ピース綾部祐二が主役のこのドラマ。 事実上、臼田あさ美が主人公に見えるんですが、真由美の謎を探るにつれ明らかになっていく裏の顔と、その奥にある真意が、観ていてなかなか良かったです。 今回のように、その人物の表と裏を、毒薬を通じて、明らかにしていくというスタイルでいくのなら、なかなか楽しみなドラマだな、と思いました。 ただ、秋本が自殺を決めた際、毒薬はどこへやったのか、謎が残りました。 松井十一(綾部祐二)が死神だったら、彼が持って行ったという考えも浮かびますが・・・。 まあ最後は笹本(臼田あさ美)と松井の対決を期待したいですね。

1970355048_1 『高校入試』は高校入試前後の数日で起こる出来事を描くミステリーということなんですが、初回を観る限り、いまひとつ魅かれませんでした。 おそらく誰が犯人なのか、謎を解いていくのが、面白いドラマなんでしょうが、これはパスとさせていただきます。m(_ _)m

2373354034_1 『匿名探偵』は、もうどこを切っても『特命係長只野仁』の世界。 キャストもメインは一緒ですし、ちゃんとお色気シーンもあって、これはあの作品が好きな人には嬉しいドラマだと思います。

 くだらないシーンも所々あるんですが、それはこのスタッフのご愛敬、といったところでしょうね。


2373354034_6_2
『パーフェクト・ブルー』は話の設定が、どこか松本潤『ラッキーセブン』に似ているように思いますね。 目新しいのは、女性だけの探偵事務所という点。 人気上昇中の瀧本美織ちゃんを主演に持ってきてるのも新鮮ですね。 

 寺脇康文がなかなか良い味をだしているんですが、犬のマサの声が船越英一郎ってのは笑ってしまいました。( ^ω^ )

2376163501_10 『結婚しない』天海祐希、菅野美穂といった豪華キャストが売りの恋愛ドラマ。 結婚したいのに出来ない女と、結婚願望のない女が出会って・・・、さてどうなるかって話なんでしょうが、裕司(袴田吉彦)に千春(菅野美穂)が打ちあけることができず、落ち込んでしまう様に、ちょっと歯がゆくなってしまいました。 少し魅かれるものはあるんですが、キャストが豪華な分、やや物足りなさがありますね。

2021249005_7 『孤独のグルメ season2』は、井之頭(松重豊)が仕事で訪ねた土地で、たまたま目についた店に入り、料理を舌鼓する話なんですが、正直言って、これはドラマというより、グルメ番組という印象を受けました。 ドラマのあと、作者である久住氏が実際にその店を訪ねるんですが、そっちの方が僕は好感を持てました。(o^-^o)

 俗に言うラーメン屋さんなのに、昼間っから客がビールを飲んでいて、ラーメンじゃなく、家庭料理をつまみ代りに食べている様は、非常に印象的でした。 ライスの無いコロッケ・カレーなんて、何かユニークですね。 思わず店を訪ねたくなりました。f(^-^;

 さて、今回の関心度順位ですが、

 1位 : 『毒〈ポイズン〉』

 2位 : 『匿名探偵』

 3位 : 『結婚しない』

 次点 : 『パーフェクト・ブルー』

 別枠 : 『孤独のグルメseason2』

 でした♪(o^-^o)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »