« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月11日 (日)

2012年秋ドラマも中盤、皆さんはどのドラマを観ておられますか♪(*^-^)

 11月も中旬に入りました。 少しずつですが、紅葉も始まっています。 今の感じでいけば、紅葉のピークは今週末あたりになりそうですね。 皆さんは、どこの紅葉が楽しみですか?f(^-^;  自宅でのんびりですかね?(^-^;

 さて、ドラマも中盤に入りました。 前回の記事で視聴予定のドラマを発表しましたが、実は昨日の時点で『悪夢ちゃん』以外の4本のドラマが追いついていました。

2762024022_1 その『悪夢ちゃん』も昨日から今日の昼過ぎまで頑張って観続けて、最新話の第5話までたどり着きました。 今日の段階で目標をクリアです♪(o^-^o)

 ちなみに第5話のゲストは鈴木福くんでしたね。 兄の翔(千葉裕太)と大金探しに出かけて、うっかり大きな穴に落ちてしまったけど、彩未先生(北川景子)の夢の力で助かりました。 いつの間にか、彩未先生も古藤結衣子(木村真那月)の予知夢の影響か、夢をコントロールするようになってきましたね。2762024022_2
 ただ、志岐
(GACKT)が、実験の成果を論文に発表しない古藤教授(小日向文世)と対立し、ついに教授と決別しましたね。 そして、今回の事件で、夢札を使って大金を手にしました。 そのことで、状況がどう変わっていくのか、非常に面白くなってきましたね。 今後の展開に注目です♪(o^-^o)

 

 他の4本のここまでの感想も記しますね♪

 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』は意外なゲストが楽しいですね。 第4話では八嶋智人さんが教官役で、温水洋一さんが幽霊役で出てました。 どんなゲストが出てくるのか、それも楽しみの一つです♪(*^-^)

 『イロドリヒムラ』は正直言って、第2話、第3話は僕的にはいまひとつでした。 でも次回の第4話がプロモーションビデオを多数手がける三木孝浩監督ということでちょっと期待しています。

 『花のズボラ飯』はやはり日本昔話をパロッたアニメが楽しいですね。 第1話は桃太郎、第2話は浦島太郎、第3話はさるかに合戦でしたね。 次回はどんな話がくるのか楽しみです♪(o^-^o)

 『PRICELESS』はストーリー展開もさることながら、幸福荘の住人が楽しいですね。 最新話の第3話ではラーメン屋の話でしたが、なかなか面白かったです♪ 意外なところでAKB48小嶋陽菜が登場し、香里奈のコスプレ姿が見れたのも楽しかったですね。

 昼過ぎには『悪夢ちゃん』の第5話まで観れたので、もう一本観れると思い、あと一本選ぶことにしました♪

 対象のドラマは前回落選した3本。 『ドクターX』、『大奥』、『東京全力少女』です。 で、第2話の前半をそれぞれ観てみることにしました。 で結果、このドラマを観ることにしました♪(o^-^o)

2021249005_5 『東京全力少女』です♪(o^-^o)

 やはり麗(武井咲)の暴走ぶりが非常に楽しいですね。 麗が勝手に想像して行動するんですが、それにより、父の卓也(渡部篤郎)や大輔(三浦翔平)が振り回される様が楽しいですね。 で、勢いで第5話まで一気に観ました。 第5話ではとうとう、卓也と関わりのある女性、華子(比嘉愛未)や奥野(市川由衣)はるか(森カンナ)の3人が麗を娘と理解しましたね。 シェアハウスの住人たちがなかなか楽しいです♪(o^-^o) 今後の展開に注目です♪

 

 というわけで、視聴するドラマが6本になりました。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

2012年秋ドラマ、どれを観るか決めました♪(*^.^*)

 11月になり、いよいよ木々が色づき始めましたね。 紅葉のシーズンも間近です。 

 さて2012年秋ドラマ。 かみさんの録ってくれたドラマの初回分、20本をすべて消化しました。 どれも大なり小なり魅力的な部分がありました。

 その中で最終的に続きが観たいと思ったのは8本。 この8本はどれも甲乙つけがたく、捨てがたい魅力があります。 でも観れるドラマの本数はせいぜい4~5本。 正直、非常に迷いました。

 で、例によって、今現在、関心度の高い順に選んでいくことにしました。(^-^;

 

2373389241_3 栄えある関心度1位は『悪夢ちゃん』です♪(*^.^*)

 夢の解釈の仕方、CGの使い方、ドラマの展開、どれも非常に良くて、初回視聴後すぐに続きが観たいと思いました。 土曜9時の日テレが1位になるのは、たぶん初めてだと思うんですが、今回のドラマの中では頭一つ抜けていると思いました。 GACKTがどんな存在になっていくのか注目です♪(*^.^*)

3697106369_3 続いて関心度2位は深夜枠より『イロドリヒムラ』です♪(o^-^o)

 主役の日村勇紀(バナナマン)以外は監督・脚本・ヒロインがすべて変わるという点がユニークなのと、初回がなかなか良かったので決めました。 監督・脚本が変わるということで当たり外れはあるかもしれませんが、日村の一生懸命さに期待しての第2位です♪

 ちなみに第1話は『スペック』、『トリック』堤幸彦監督、第2話は『荒川アンダー・ザ・ブリッヂ』飯塚健監督でしたね。 飯塚監督の描いた第2話はまさに『荒川~』カラーでしたね。 ユニークな内容でした。

3073442150_17 さて第3位は同じく深夜枠から『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』です♪(o^-^o)

 前作を見逃したこともあり、今回はちゃんと観ようと思い選びました。 これ、かみさんや娘たちがお気に入りなんですよね。 観たいといったら、フリーパスで見せてもらえるのもプラスポイントです。(*^-^) 

 個人的には仏(佐藤二朗)とメルブ(ムロツヨシ)のボケとツッコミに期待です♪

3697106369_16 第4位は同じく深夜枠から『花のズボラ飯』です♪(o^-^o)

 実は一回外しかけたんですが、オープニングの昔話をパロッたようなアニメと、花(倉科カナ)の可愛さは捨てがたく、癒し系ドラマとして選ぶことにしました。 毎回癒してくれることを楽しみにして観続けたいと思います。(o^-^o)

 あと一本、何にするか非常に迷いました。

 選考に残ったのは『ドクターX ~外科医・大門未知子~』、『東京全力少女』、『大奥 ~誕生~ [有功・家光篇]』、『PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~の4本。 どれも捨てがたい魅力があって、時間があればどれも観たいんですが、無理なんで、根入れて観るドラマはあえて外し、気楽に観れるものを選ぶことにしました。

3426229425_7 第5位は『PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~です♪(o^-^o)

 キムタクのドラマを選ぶのは久々なんですが、キムタクが貧乏人生活するという点に惹かれました。 ちょっとマンガティックなノリのドラマなんですが、観ててなかなか楽しいです。 夏木マリさんがお婆さん役というのは、なかなか良いですね。 幸福荘の住民たちに期待です♪(o^-^o)

 以上が視聴決定のドラマですが、時間があれば、残りのドラマも観てみたいと思います。 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

2012年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その4

 初回を視聴したドラマの中で、アップしていなかった2本の感想をアップします♪(*^-^)

1781289534_4 『捜査地図の女』  キャスト: 真矢みき 中村梅雀 内山理名 渡辺いっけい

 

 真矢みきをメインに、良いキャストを使っているんですが、2時間サスペンスドラマを1時間の連ドラにしただけって感じで、特に目新しさはありませんでした。 京都を舞台に、捜査地図を使って容疑者の居場所を特定する手法は、新鮮と言えば新鮮なんですが、なんかもったいないですね。 これだけのメンバーが揃えば、もっと良いドラマができると思うんですが・・・。(^-^;

3779790380_6 『レジデント~5人の研修医~ キャスト: 仲里依紗 林遣都 古田新太 小澤征悦

 こちらは前者と比較して、ぐっと地味なキャスティングなんですが、ドラマのテンポが良いのか、最後まで安心して観れました。 しずく(仲里依紗)が意地っぱりで、やや感情に走り過ぎている気もしますが、冷静な矢沢(林遣都)やマイペースな陽菜子(大政絢)と対比させているのかもしれませんし、ドラマ的にはアリなのかもしれませんね。

 仲里依紗は映画『純喫茶磯辺』(主演:宮迫博之〈雨上がり決死隊〉)やドラマ『ハチワンダイバー』(主演:溝端淳平 サンドイッチマン)で初めて知ったんですが、なんと『マイ☆ボス マイ★ヒーロー』(主演:長瀬智也〈TOKIO〉)でドラマデビューしているんですね。 『ハチワンダイバー』の時はメイド棋士姿がめちゃくちゃ可愛くて、他のドラマ・映画とのギャップに驚いたものですが、今やどこにでも居そうな若い女性ってイメージですね。

 それにしても患者とケンカする研修医なんて普通いませんよね。 ちょっとデフォルメしすぎかなぁ・・・。(^-^;

 さて、次回はいよいよどのドラマを観続けるか発表したいと思います。 今回も魅力的なドラマが多くて、かなり悩んでいます。 まあ、お楽しみに、ということで・・・。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »