« 2012-2013年FIS女子スキージャンプが始まりましたね♪(*^-^) | トップページ | 2012年のベストドラマは何ですか?(*^-^) »

2012年12月30日 (日)

2012年秋ドラマ、皆さんはどのドラマを楽しまれましたか?(o^-^o)

 今年もあとわずか。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか?(*^-^)

 今回の年末年始は、29日と1月5日が土曜日ということもあり、28日に仕事納めをして1月7日に仕事始めをする会社が多いようですね。

 そのため、9連休という、かつてないワイドな正月休みになっています。

 私も例にもれず、29日から休ませてもらっています。 ただ、上の娘が郵便局のバイトをしているのと、かみさんの両親が体調不良のため、里帰りは一日のみ。 自宅でゆっくりTV三昧、って感じの正月休みになりそうです。

 さて、2012年秋ドラマもほぼ終わりました。 『イロドリヒムラ』だけが越年しますが、他は終了。 皆さんはどのドラマを楽しまれましたか?(o^-^o)

 僕が今回観ていたドラマは計6本。 『悪夢ちゃん』 『東京全力少女』 『PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~』 『イロドリヒムラ』 『花のズボラ飯』 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』です。

 どれも期待通りって印象で、それぞれに楽しめました。

2377805682_4 『悪夢ちゃん』は最後まで見応えのあるドラマでした。

 志岐(GACKT)が船から落ちた予知夢を見て、夢の世界に落ちてしまった結衣子(木村真那月)を、彩未先生(北川景子)が自分の明晰夢の力によって、現実の世界へと目覚めさせました。 ゆめのけなど予知夢の謎はすべて明かされましたね。 唯一、最後に結衣子の父親がやってくるんですが、その顔は映らずに終わりましたね。 でも誰だかは予想できますよね。 出会いの場所が夢違観音の前、というのもシャレていました。 続きがありそうな終わり方だったので、たぶんSPか映画という形で続きがあると思うんですが、あれば是非観てみたいと思います。

 

2709030568_4  『東京全力少女』は、武井咲ちゃんがハマリ役って印象のドラマですが、最後まで楽しく観させてもらいました。 

 結局、麗(武井咲)の父・卓也(渡部篤郎)と母・さゆり(堀内敬子)は、麗たちの協力もあり、再び夫婦として暮らすことになり、一方麗は家を出て行って、なんと弁護士になって父と対決するという、意表をつく結末でしたね。 ちょっと『リーガル・ハイ』っぽいラストで笑ってしまいました。

2407272300_6 『PRICELESS ~あるわけねぇだろ、んなもん!~は、マンガ的なサクセスストーリーが楽しいドラマでしたね。

 金田一二三男(木村拓哉)と模合(中井貴一)、二階堂(香里奈)という3人が描きだす軌跡は、コメディとして面白く、とても痛快でした。

 最終回、なんで究極の魔法瓶をハピネスではなく、ミラクルで出すのか不思議だったんですが、金田一たちは元の状態に戻したかったんですよね。

 最後にミラクル魔法瓶を去って、3人で新たな事業に向かって歩みだす姿は、往年のトリオ設定のコメディ映画を彷彿させるものがありました。 ただ個人的にはミラクルに残って、何か新しいものを3人で探しているというエンディングにしてほしかったですが・・・。(^-^;

3015826011_6 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』は脱力系のドラマながら、最後は魅せてくれましたね。 低予算ながら、ちょっと予算をつぎ込んでみた、って感じの最終回でした。 仏(佐藤二朗)がヨシヒコ(山田孝之)に、デスタークの倒し方を説くシーンは、まじめに説明しようとする仏が爆笑ものでしたね。

 ラストは仏のミスで死んだはずのヨシヒコが復活、4人で新たな旅に出る、というくだりでしたが、マジで続編するんですかね?(* ̄ー ̄*)

3015826011_2 『花のズボラ飯』は、癒し系のドラマとして観ていたんですが、最後まで倉科カナが可愛かったですね。 オープニングの東京03によるアニメも楽しかったですし、続編はいらないものの、もう一度観たいドラマではあります。

 最後までゴロさんがだれなのか解らずじまいだったんですが、ゴロさんの声に聴き覚えがあるな、と思ったら、バカリズムだったんですね。 ちょっと笑ってしまいました。

 

3697106369_5 最後に『イロドリヒムラ』ですが、まだ設楽(バナナマン)監督作の最終回が放送されていないんですが、当たり外れはあるものの、なかなか面白いドラマでしたね。 個人的には剛力彩芽の出ていた第1話、本仮屋ユイカの出ていた第4話、坂井真紀の出ていた第7話が好きでした。 まあ、どの回もいろいろな日村勇紀(バナナマン)の魅力を引き出していたように思います。 なかでも犬の化身に扮した第4話が、意表をついていて面白かったです。(o^-^o)

2373389241_14 さて、今回のベストドラマですが、これは文句なしに『悪夢ちゃん』にさせていただきます♪ 夢を映像化したCGの素晴らしさ、展開の面白さは、観たドラマの中でも群を抜いていたように思います。

3697106369_7 またベストストーリーは、『イロドリヒムラ』より第1話「小さな恋の物語」にさせていただきます。 日村に爽やかなドラマは似合わないと思っていたんですが、見事に覆されましたね。 堤幸彦監督の手腕に拍手です♪(*^-^)

 ベストソングについては今回該当なしとさせていただきます。

 最後にベストキャラクターですが、これは逆にいっぱいいて非常に迷いました。

3015826011_13 その中で、癒していただいたことに敬意を表して駒沢花(倉科カナ)にさせていただきます。(*^-^) 『花のズボラ飯』を観るたび、花と、オープニングの東京03による、昔話をパロッたアニメに癒されました♪

 いかがでしたでしょうか? 来年はどんな面白いドラマが待っているのでしょうか?(*^-^) 

|

« 2012-2013年FIS女子スキージャンプが始まりましたね♪(*^-^) | トップページ | 2012年のベストドラマは何ですか?(*^-^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/56422469

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年秋ドラマ、皆さんはどのドラマを楽しまれましたか?(o^-^o):

» 《PRICELE$S〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜》★最終話 [まぁ、お茶でも]
30分拡大・一部生放送スペシャル… ほんの少しだけ(笑) あんなに約束したと思っていた、魔法瓶事業の継続を、今までの事業を継続すると一言で打ち消した統一郎。それには聞いていた全員が「え??」と思った。 「あなたたちの代わりはいくらでもいるんです」この言いざまに榎本達社員はブチギレタ。 社員が1人も出社しないミラクルエレクトロニクス社。 ... [続きを読む]

受信: 2012年12月31日 (月) 22時55分

« 2012-2013年FIS女子スキージャンプが始まりましたね♪(*^-^) | トップページ | 2012年のベストドラマは何ですか?(*^-^) »