« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

2013年春ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その2

 いよいよゴールデンウィークがスタートしました。 企業によっては10連休になるところもあるそうで、羨ましいかぎりなんですが、僕は普通の連休。 まあ、後半、4連休があるんで、この期間にドラマ記事のアップは済ませたいと思っています。f(^-^;

 さて、この1週間に観たドラマの初回分は全部で6本。 まずはキャスト紹介から・・・。

『ラスト♡シンデレラ』 : 篠原涼子 三浦春馬 飯島直子 藤木直人

『幽かな彼女』 : 香取慎吾 杏 前田敦子 高嶋政宏 真矢みき

『35歳の高校生』 : 米倉涼子 溝端淳平 片瀬那奈 渡哲也

『空飛ぶ広報室』 : 新垣結衣 綾野剛 要潤 生瀬勝久 柴田恭兵

『めしばな刑事タチバナ』 : 佐藤二朗 河西智美 温水洋一 小沢仁志

『みんな!エスパーだよ!』 : 染谷将太 夏帆 真野恵里菜 栗原類 

 その中から、『GTO』の生徒版と言ってもいい、『35歳の高校生』のあらすじを簡単に・・・。

2854957626_1 暗い部屋で、まるで引きこもりのようにベッドに座っている亜矢子(米倉涼子)の下に、阿佐田(渡哲也)から電話が入った。 彼はある目的のために、彼女にコンタクトしていた。

 「できるか?」 「はい。大丈夫です。」

 しばらくして、今年も国木田高校に始業式が訪れた。 そこに派手な衣装を着た女性がやってくる。 

 生徒たちは新しい先生か?と好奇の眼差し。 ところが数時間後、彼女は、教師の小泉(溝端淳平)と共に、制服を着て、3年A組の教室に現れた。

 「新入生の馬場です。 友達、100人作りたいと思ってるんで、よろしくお願いします。」

 35歳の高校生が誕生した瞬間だった。

2854957626_3 米倉涼子が高校生役。 衝撃的なこの設定もさることながら、『GTO』を彷彿させるような展開がなかなか良いですね。 目線を先生から生徒に置き換えた点が面白いです。 少し話が重いのがマイナスポイントではあるのですが、彼女が問題だらけの3年A組をどう変えていくのか興味ありますね。

 阿佐田が何を目的にして、彼女を派遣したのかも気になります。

2569037460_9 『ラスト♡シンデレラ』篠原涼子が良いですね。 ズボラで独身オヤジ的な生活をしていた桜(篠原涼子)が、佐伯(三浦春馬)との出会いをきっかけに、どう変身していくのか見ものですね。 ちょっとエッチなシーンを盛り込んでいるのも、セールスポイントかもしれませんね。(^-^;

2768265787_2 『幽かな彼女』は霊の見える神山(香取慎吾)が、霊であるアカネ(杏)を通じて、霊たちの協力により、生徒達のかかえる問題を解決していくという設定が面白いですね。 学園物に霊という取り合わせが新鮮です。 初回では佐藤二朗さん演じる浮遊霊が大活躍でしたね。

2536850107_9 『空飛ぶ広報室』『フリーター、家を買う』『阪急電車』で知られる有川浩のベストセラー小説ですね。 美人TVディレクター・稲葉リカ(新垣結衣)が、交通事故で夢を断たれた航空自衛隊の元パイロット・空井(綾野剛)と、仕事を通じて成長していく姿を描いたもので、なかなか見応えのある内容になっていますね。 

 最初はコメディ色が強すぎて、どうかな?と思って観ていたのですが、後半に入って、ハマりました。 綾野剛がなかなか上手いですね。 安室奈美恵のエンディングも印象的ですね。

2854957626_9 『めしばな刑事タチバナ』は、他とは違った意味で魅力的なドラマですね。 所謂、食い物系ドラマという枠が、僕的には存在するんですが、これはまさにソレ。

 初回こそ見逃して、2話目を観たんですが、袋物インスタントラーメン談議には惹かれました。 出前一丁から、果てはマルちゃん正麺まで、熱く語られていましたね。 こういうドラマってアリだと思います。(*^-^)

2536850107_22 『みんな! エスパーだよ!』も、ある意味別枠的なドラマですね。 人の心を読める鴨川(染谷将太)が軸なんですが、エロ専店長・永野(マキタスポーツ)を中心に、全員、エッチ路線に走っている点が、いやらしさよりも、変に惹かれました。 中途半端にされるよりも、ここまで徹底していると、逆に好感が持てます。 安田顕演じる教授が何故に助手の胸を触るのか、ちょっと気になりました。 何か意味がありそうですね。 セクシー枠を設けても良いかな?と思いました。(^0^)

 いかがでしたか? 今回はどれも捨てがたい魅力を持ったドラマばかりでした。 正直、ヨコイチって印象なんですが、あえて関心度順位をつければ、こうなりました。

1位 : 『35歳の高校生』

2位 : 『幽かな彼女』

3位 : 『空飛ぶ広報室』

別枠 : 『めしばな刑事タチバナ』  『みんな! エスパーだよ!』

 次回は、今クールの本命、『ガリレオ』などをアップする予定です。(o^-^o)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

2013年春ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その1

 2013年春ドラマ、始まりましたね♪(*^-^)

 先週から少しずつ、ドラマの初回分を観ているんですが、今クールは『ガリレオ-season2-』という本命がいて、視聴率的には独走しそうなんですが、観てみないと判らないのがドラマの面白さ。 今回もかみさんの録りためた初回分を観て、どれを観続けるか、決めたいと思います。(o^-^o)

 まずは、今回観たドラマのキャスト紹介から・・・。

『心療中-in the room-』 : 稲垣吾郎 酒井美紀 山本舞香 浅野ゆう子

『でたらめヒーロー』 : 佐藤隆太 塚本高史 本仮屋ユイカ 小日向文世

『鴨、京都へ行く』 : 松下奈緒 椎名桔平 かたせ梨乃 笹野高史

『お天気お姉さん』 : 武井咲 大倉忠義 壇蜜 佐々木希 佐々木蔵之介

 その中から、最低男がヒーローになったら、という設定がユニークな『でたらめヒーロー』のあらすじを簡単に・・・。

2771012624_5_2  久住健太(佐藤隆太)は無職でめんどくさがりの最低男。 借金を抱え、生活も乱れっぱなし。 借金取りに300万円の返済を迫られている。 稼げる仕事を見つからず、自宅であるアパートに戻ると、見知らぬ少年が部屋の前に立っていた。 彼は音信不通の姉・恭子の息子・大地(秋元黎)。 なんと、姉はシングルマザーになっていた。 

 「お母さん、いなくなっちゃった。」

2771012624_2_2 姉の指示で健太を訪ねてきた大地だったが、健太は追い帰そうとする。 だが、大地の通帳に200万円入っていることを知るや、態度が一変。 しばらく泊めることに・・・。 大地の通帳を奪うと、さっそく換金。 不足分100万円を稼ぐため、全額、馬券に換えてしまう。 絶対当たると信じて勝った馬券があっけなくハズれ、ただの紙切れに・・・。

 全額使ってしまったことを知った大地は、健太と言い争いになり、その際、大地のリュックからドロップ缶が飛び出す。 中にはいろいろな色のドロップが。

 「食べちゃダメ。」

2771012624_3_2 そう言う大地を無視して食べようとした時、午前0時となり、借金取りがやってきた。 健太は彼らに拉致され、敵対するヤクザの倉庫へと連れて行かれる。 麻薬を盗めと指示され、一人留守番をするヤクザ相手に威勢よく迫ると、大勢のヤクザが現れボコボコに・・・。 銃口を向けられ、絶体絶命のピンチ。 その時、目の前にはポケットに入れていた大地のドロップがこぼれ落ちていた。 何気なくそれを口にした途端、全身に力がみなぎった。 放たれた銃弾をよけようとジャンプ。 あっという間に10m近く飛び上がり、銃弾もスローに見えた。 殴りかかるヤクザを一撃で仕留め、全員ノックアウト。

 健太は大地のドロップで、スーパーマンのような超人へと変身したのだ。

2771012624_6 過去にいろいろなヒーローの映画やドラマがありましたが、これは性格的に史上最低のヒーローって印象ですね。 お金絡みでないとやる気の出ない男が、修司(塚本高史)の後押しでヒーローにさせられる姿がなかなか楽しいです。 合コン用の衣装とゴーグル姿が、いかにも安っぽくて笑えます。 

 夏輝(本仮屋ユイカ)が呟いた「ゴーグルZ2号!」も面白いですね。 何で2号なんでしょう? 1号は誰?と言いたくなりますが、これは何か意味がありそうですね。 ちょっと面白そうなドラマなんで、次回も観たいと思います。(o^-^o)

2416479268_3  『心療中‐in the room-』は、関東地区では冬ドラマとして放送されていたもので、関西では今回が初お目見えとなります。 初回は、単に診察というか、問題提議だけで終わってしまった、という感じですね。 

 学園のカウンセラー・天間(稲垣吾郎)を訪ねる人達が、全員患者に見えるのは僕だけでしょうか? 天間の妻(酒井美紀)も患者に見えるんですが・・・。

2416479268_10  『鴨、京都へ行く。』は、母の営んでいた老舗旅館を、母の亡きあと、財務官である娘が立て直す話なんですが、非常にオーソドックスな話で、松下奈緒と京都の風景が無ければ、セールスポイントの乏しいドラマですね。 個人的には知ってる風景が登場するのは楽しいんですが・・・。(^-^;

2771012624_11 『お天気お姉さん』は、無愛想な天才気象予報士・安倍晴子(武井咲)が、捜査一課の新人・青木刑事(大倉忠義)の依頼の下、気象の知識を使って、事件を解決するという設定がユニークですね。 話の展開もなかなか良くて、キャストも悪くないし、良い感じのドラマに仕上がっていますね。

 次回は『ラスト・シンデレラ』、『空飛ぶ広報室』など注目のドラマをアップする予定です。 最後に今回の関心度順位ですが、以下のようになりました。

1位 : 『でたらめヒーロー』

2位 : 『お天気お姉さん』

3位 : 『鴨、京都へ行く。』

 

 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

遅ればせながら・・・、2013年冬ドラマ、終わりましたね。(^-^;

 遅くなりましたが・・・、2013年冬ドラマ、終わりましたね。 皆さんはどのドラマを楽しまれましたか?(*^-^)

 僕は、ウィンタースポーツに関心がいっていたこともあり、2本だけ観てました。 『信長のシェフ』『泣くな、はらちゃん』です♪

2323673509_1 『信長のシェフ』は平成のシェフが戦国時代にタイムスリップする話ですが、『JIN-仁-』の料理版という感じで、あれほどのスケール感は無いものの、なかなか面白いドラマでした。

 最終回で、ケン(玉森裕太)はヨーコ(香椎由宇)と共に、平成へタイムスリップするチャンスがあったんですが、結局、戦国の世に残りましたね。 続編を予感させる終わり方で、これはきっと本能寺の変までいくのかな?という印象を受けました。 まあ、続編があるのなら、観てみたいと思います。(*^-^)

2323673509_9 『泣くな、はらちゃん』はマンガのキャラが現実世界に現れて、恋をするという不思議な設定のドラマでしたが、なかなか楽しいドラマでした。 はらちゃん(長瀬智也)やマンガ世界の住人達が純粋で、その優しさに心温まりました。 ホント、癒されるドラマって印象で、とても心地よかったです。

 結末も、振りだしに近い状態に戻り、納得の終わり方でした。 続編は要らないですが、また時々、観て癒されたいと思いました。(*^-^)

 2本ともDVDに保存決定です♪(*^-^)

O5ezo さて、注目の春ドラマですが、何といっても本命は『ガリレオ』でしょうね。湯川准教授(福山雅治)が帰ってくる。 非常に楽しみです。 昼間には前作の再放送もしていて、また6月には映画版第2弾として『真夏の方程式』が公開されるということで、まさにガリレオシーズンとなりそうですね。

 他には、これと言って印象に残ったものは無いのですが、米倉涼子が高校生という設定の『35歳の高校生』と、篠原涼子『ラスト・シンデレラ』はちょっと興味があります。 この春クールもよろしくお願いします♪m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »