« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月 6日 (月)

2013年春ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(o^-^o)

 ゴールデンウィークもいよいよ終わりですね。 皆さんはどう過ごされたのでしょうか?(o^-^o)

Images_kisei 故郷への帰省、海外旅行、国内旅行、それとも家でゆっくり・・・。 僕は結局、どこへも出かける事は無く、4日間家で過ごしました。 まあ、買い物ぐらいは行きましたけどね・・・。(^-^;

 この期間中、かみさんと上の娘は、かみさんの里へ、日帰りで出かけました。 大学合格祝いのお礼ということなんですが、僕が車で行っても良かったんですが、両親とも、健康面で不自由していて、僕が行くと逆に負担になりかねないということで、今回はかみさんと二人だけ、僕と下の娘は留守番となりました。 どうしても、年をとってくると、いろいろあるんですよね。(^-^;

 さて、ドラマの話をしましょう。 今回の春ドラマですが、僕は計20本、初回分を観ました。 どれもそれぞれ魅力的な部分があって、捨てがたいのですが、観れるドラマの数はせいぜい4~5本程度。 で、例によって、関心度の高いものから順に選ぶ事にしました。

2838119316_7 今回の関心度1位は『潜入探偵トカゲ』です♪(o^-^o)

 まさに、日本版『ミッション・インポッシブル』という印象を受けました。 スピード感という点では、物足りなさはありますが、今後の展開次第では大きく化ける可能性がありますね。 

 トガケ(松田翔太)と寺島(松岡昌宏)の、アウンの呼吸といえるチームプレイに期待です♪(o^-^o)

2673375844_13 関心度2位は『TAKE FIVE』です♪(o^-^o)

 ずばり『ミッション・インポッシブル』『ルパン3世』を振り掛けたような印象を受けました。 目的の品を盗むシーンは、なかなかスリルがあって面白いですね。 岩月(稲垣吾郎)が、帆村(唐沢寿明)たちTAKE FIVEとどう関わっていくのか注目ですね。

2771012624_6 関心度3位は『でたらめヒーロー』です♪(o^-^o)

 性格的に最低の男が、どうヒーローに祭りたてられていくのか興味がわきました。 深夜枠にしては、キャストに良いメンバーを揃えていて、佐藤隆太塚本高史、本仮屋ユイカの3人がメインを固めていますし、Greeeenのエンディング曲も良くて、子役の秋元黎くんが愛らしいのも決め手になりました。 果たしてゴーグルゼット2号(佐藤隆太)は、修司(塚本高史)の上手い誘導で、どうヒーローになっていくのか、注目ですね。

2366864744_10 関心度4位は『ガリレオ-season 2-です♪(o^-^o)

 これに関しては最初っから決めていました。 ヒロインが内海(柴崎コウ)から岸谷(吉高由里子)に変わるのが心配ですが、ストーリー展開が楽しみのドラマなので、今後の内容に期待です。 今回、「ガリレオの苦悩」、「聖女の救済」、「虚像の道化師 ガリレオ7」、「禁断の魔術 ガリレオ8」からだそうで、期間中には『真夏の方程式』が映画で登場するという事で、非常に楽しみですね。 湯川准教授(福山雅治)の活躍に期待です♪(o^-^o)

 以上が今回視聴決定のドラマですが、時間があれば、安室奈美恵のエンディング曲が素晴らしい『空飛ぶ広報室』も観たいと思います。(*^-^)

2854957626_7 なお、別枠で『めしばな刑事タチバナ』『みんな!エスパーだよ!』を挙げていたんですが、これに関しては、うちの家族が食い物系が好きなのと、ちょいエロ系は気分転換に観れるので、この2本も観れると思います。 

 実はすでに、『めしばな刑事タチバナ』、『みんな!エスパーだよ!』、『でたらめヒーロー』の3本は最新話まで追いついています。(^-^; 事実上、視聴決定ですね。(^-^;

 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

2013年春ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その4

 ゴールデンウィークも後半半ば。 皆さんはどうお過ごしですか? 今年も高速道路の渋滞は凄いようですね。 とりあえずピークは過ぎて、明日から帰省ラッシュが始まります。 ドライバーの方は落ち着いて運転してお帰りくださいね。(*^-^)

 さて、ドラマの方ですが、残っていたドラマの初回分4本を3日(木)の一日で一機に観ました。 まずはキャスト紹介から・・・。

『ガリレオ-season2- : 福山雅治 吉高由里子 澤部佑(ハライチ) 北村一輝

『刑事110キロ』 : 石塚英彦(ホンジャマカ) 中村俊介 星野真里 高畑淳子

『ダブルス 二人の刑事 : 伊藤英明 坂口憲二 夏菜 内田有紀 平泉成

『放課後グルーブ』 : 高梨臨 余貴美子 大和田伸也

 その中から、個性的な主人公が印象的な『刑事110キロ』のあらすじを簡単に・・・。

2392781405_3 交番勤務の平凡な警官・花沢(石塚英彦)。 京都市上京区の鴨川西警察署に所属。 下着泥棒を捕まえようと追いかけていたが、身体が重くてついていけず、たまたま通りかかった診療所に寄り、お水を頂くことにする。 しかしそこは、捜査一課の錦織課長(高畑淳子)と部下の木内(中村俊介)が張り込みをしていた場所。 殺人事件の容疑者・三宅の実家だったのだ。 錦織はしばらく様子を観ていたが、花沢の洞察力に驚き、彼を捜査一課にスカウトする。 かくして、交番勤務20年の巨漢警官が刑事へと転身することとなったが・・・。

2392781405_7 ホンジャマカ石塚英彦が体重110キロの刑事役。 ドラマ自体は平凡な刑事ドラマなんですが、かつて『臨場』でブレイクした内野聖陽のように、主役の個性が強いと格段にドラマは面白くなるんですよね。 このドラマも石塚が主役に座ることにより、ぐっと魅力的なドラマに仕上がっていますね。 ただ、演技力という点で弱い分、あれほどの魅力度アップとはなっていないです。 とはいえ、脇を固める俳優陣やスタッフの技量次第では、視聴率が良い分、シリーズ化の可能性がありますね。

2366864744_10 『ガリレオ-season2-は、まあ期待通りの内容ですね。 可も不可もなく、無難な仕上がりになっていると思います。 新パートナーの岸谷(吉高由里子)は内海(柴崎コウ)と比べると、やや魅力度が落ちるように思いますが、その分、ドラマの内容に期待です。

2366864744_5 初回では、ビルから転落死した教団「クアイの会」の信者の目が白濁していたことで疑問に思った湯川准教授(福山雅治)が、教祖・連崎(大沢たかお)を訪ね、真相に迫る過程が、ガリレオらしくてなかなか良かったように思いました。 科学的な事なら、その場にいない教祖の妻(奥貫薫)が怪しいと思っていましたが、予想通りでしたね。 ただ、連崎が刑務所で見せた送念は、何だったんでしょうね? 科学では解明できないものもあるんだ、というオチを付けたかったんでしょうか?

3879714330_5 『ダブルス 二人の刑事は、捜査一課の負担を減らすのと、対外的なアピールという意味で作った特殊係に配属された、二人の問題児的な刑事が、ぶつかりながらも助け合って、犯人逮捕へと突き進む姿を描いたものですが、捜査一課とは違ったアプローチで真犯人を見つけ出し、犯人と対峙するところがなかなか良いですね。 係長の笠井(平泉成)と署長の前川(橋爪功)、捜査一課の課長・須藤(杉本哲太)と日下(内田有紀)との関係も気になりますね。 また脚本が『梅ちゃん先生』『結婚できない男』尾崎将也というのも注目ポイントではありますね。

2392781405_10 『放課後グルーブ』は、元不良少女の中学教師がダンスという新カリキュラムを通じて、生徒たちと心がつながっていく話なんですが、演出からすぐに『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』飯塚健監督とわかりました。

 飯塚監督の演出は独特で、このドラマでも、不良少女たちを退治する際、鳥の被り物をして挑むんですが、そういうところは『荒川~』風ですよね。 ただ、ドラマ自体はいまひとつ惹かれるものはありませんでした。

 これでかみさんが録ったドラマの初回をすべてクリアしました。 次回は、2話目以降、どのドラマを観るか発表する予定です。 あと、恒例の「主題歌・挿入歌、どれがいい?」も発表する予定です。 お楽しみに・・・。(*^-^)

 最後に、今回の関心度順位は・・・

1位 : 『ガリレオ -season2-

2位 : 『刑事110キロ』

3位 : 『ダブルス 二人の刑事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

2013年春ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3

 今朝は寒かったですね~。(^-^; 3月並みの寒さということで、ここのところ寒暖の差があって、風邪をひきやすい状況になっていますね。 皆さんは大丈夫ですか?

 さて、今回観たドラマは6本。 まずはキャスト紹介から・・・。

『間違えられちゃった男』 : 古田新太 中丸雄一 戸田菜穂 石田えり

『潜入探偵トカゲ』 : 松田翔太 松岡昌宏 ミムラ 伊東四朗

『家族ゲーム』 : 櫻井翔 神木隆之介 板尾創路 鈴木保奈美

『雲の階段』 : 長谷川博己 稲森いずみ 大友康平 内藤剛志

『TAKE FIVE』 : 唐沢寿明 松雪泰子 松坂桃李 稲垣吾郎

『遺留捜査~3rd season~ : 上川隆也 斎藤由貴 西村雅彦 三宅祐司

 その中から、「日本版ミッション・インポッシブル」と言ってもいい『潜入探偵トカゲ』のあらすじを簡単に・・・。(o^-^o)


2838119316_6
ヤナギ探偵事務所に席を置く織部(
松田翔太)。 彼は元警視庁捜査一課の刑事で通称トカゲ。 人並み外れた記憶力と身体能力を持つ。 2年前、ある捜査で相棒の刑事を失い、責任を感じて退職。 以後、ここに身を置いている。 

 ある日、警視庁の刑事部長・岸森(遠藤憲一)の下に潜入捜査の依頼が舞い込む。 厚生労働大臣の娘の臓器移植問題で、闇取引が行われるというのだ。 それを岸森はヤナギ探偵事務所に依頼。 トカゲを指名したのだ。 所長の柳田(伊東四朗)は、新米としてやってきた香里(蓮佛美沙子)をトカゲの相棒に任命。 トカゲは仕事は受けるが、香里は拒否。 邪魔になると拒絶する。

2838119316_7_3 かくして、トカゲは大臣の秘書になりすまし、取引の場となるフェリーへと潜入した。

 非常にスリルのある面白いドラマですね。 織部はクールで、過去の潜入捜査で先輩を亡くしているという責任から頑なになっていて、それがまた、ドラマに深みを持たせていますね。 これ、映画にしたら、日本版『ミッション・インポッシブル』になれると思うし、かなりエンターテイメントな作品になる可能性があると思います。 これは次回も観ます♪(o^-^o)

2673375844_13 『TAKE FIVE』は、平成のネズミ小僧「TAKE FIVE」が20年ぶりに現れて、悪者の金品を盗む話なんですが、これも面白いドラマですね。 『潜入探偵トカゲ』が探偵なら、こっちは泥棒。 少し「ルパン3世」寄りかもしれませんが、ノリはこれまたミッション・インポッシブル』ですね。 帆村(唐沢寿明)と新美(松坂桃李)、南(六角精児)のトライアングルは、それぞれ個性があって面白いです。 東都銀行の鉄壁の防犯システムを掻い潜っていくシーンはなかなか見応えがありました。

2673375844_11 帆村が置いていくiPodに入っている曲が「TAKE FIVE」 言わずと知れたジャズの名曲ですね。 デイブ・ブルーベックの作品で、彼のバージョンが有名ですが、今回、なんと、JUJUが劇中でカバーしているんですよね。 これだけでも魅かれるんですが、ドラマの方も良いです。 これも次回が楽しみです♪(*^-^)

2838119316_3 『間違えられた男』宅間孝行が原作・脚本・演出するコメディ。 泥棒が板前と間違えられ、またそれになりすまそうとする泥棒の悪戦苦闘する様が売りなんですが、どうも僕は宅間さんの演出は苦手なんですよね。(^-^;

 古田新太は演技が上手くて、それだけでも観る価値はあるとは思うんですが、ちょっとこれはパスです。(^-^;

1793790868_4 『家族ゲーム』は、かつて松田優作の映画で話題になった作品を今風にアレンジしたもの。 ドラマでは長渕剛もやってましたね。 今回は嵐の櫻井翔がやるということで話題だったんですが、観終えて、ちょっと微妙だな、という印象を受けました。 櫻井くんに破天荒な家庭教師は似合わないのかもしれません。 家庭教師吉本が家庭をかき回す様が売りなんですが、ちょっと僕には合わないようです。 嵐ファンの皆さん、すみません。m(_ _)m

2439758453_2 『雲の階段』は天性の才能をもった無資格医の話なんですが、非常に暗いドラマですね。 演出はさほど暗くはしていないんですが、決してハッピーエンドにはならないという想いがそう感じさせるのかもしれませんね。 所長役の大友康平もだんだん演技派になってきましたね。 僕はどうしてもハウンドドッグのイメージが抜けないんですが・・・。(^-^;

2721241406_4 『遺留捜査』は人気シリーズの第3弾。 内容もこれまでと同じような感じで、ファンの方には安心して観れる出来にはなってますね。 エンディング曲小田和正なんですが、これは残念ながら合ってないように思います。 どうしてこの曲なんだろう?と思ってしまいました。(^-^;

 最後に今回の関心度順位ですが、以下のようになりました。

1位 : 『潜入探偵トカゲ』

2位 : 『TAKE FIVE』

3位 : 『家族ゲーム』

 次回は、最後の楽しみにとっておいた『ガリレオ』をアップする予定です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »