« 2013年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2 | トップページ | 2013年秋ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^) »

2013年10月27日 (日)

2013年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3

 今回観たドラマの初回分は計7本。 (ちなみに前回アップした6本は20日までに視聴したものです。)

『海の上の診療所』 : 松田翔太 武井咲 藤原紀香 戸田恵梨香

『ミスパイロット』 : 堀北真希 相武紗季 斉藤工 岩城滉一

『ハニー・トラップ』 : AKIRA(EXILE) 仲間由紀恵 内山理名 高嶋政伸

『Doctor-X ~外科医・大門未知子~ : 米倉涼子 藤木直人 岸辺一徳 西田敏

『安藤ロイド A.I. knows LOVE?』 : 木村拓哉 柴咲コウ 大島優子 本田翼

『変身インタビュアーの憂鬱』 : 中丸雄一(KAT-TUN) 木村文乃 ふせえり

『家族の裏事情』 : 財前直見 沢村一樹 谷村美月 小野寺昭 真野響子

 その中から、タイムパラドックスとワームホールというSFの魅力を盛り込んだ『安藤ロイド A.I. knows LOVE?のあらすじを簡単に・・・。(o^-^o)

2989655685_4 沫嶋黎士(木村拓哉)は大学の教授。 宇宙物理学を担当し、ワームホールに関してはトップの研究者。 オンラインゲームで意気投合した婚約者・安堂麻陽(柴咲コウ)がいる。 

 ある日、黎士はネット上で殺人リストを入手。 自分と麻陽の名前が最後に記されていた。 そのリストの順に殺されていることを知り、自分も近いうちに殺されることを悟る。

 「僕が殺されても、君の命は護る。 100年先もずっと護る。」

2989655685_3 そう、麻陽に電話した黎士の前に、美少女アンドロイド・ラプラス(福田彩乃)が現れ、不思議な空間に包まれると、彼女にあっけなく射殺されてしまう。 

 やがて、麻陽が殺される予定の少し前、麻陽のPCが起動し、空間に立体的なモザイクを作り始めた。 そして、それは一人のアンドロイドに変化した。 

 麻陽が殺される時間が近づき、やがて地下鉄の構内で、彼女の前に、黎士を殺したラプラスが現れる。 ラプラスが麻陽に銃口を向けたそのとき、PCから現れたアンドロイドが瞬間移動して、麻陽の前に現れ、彼女を助けた。 麻陽は彼の顔を見て驚く。 黎士そっくりの容姿だったからだ。 彼は、クライアントから麻陽の命を護るよう依頼されている、と告げる。

2989655685_16 所謂、タイムパラドックスものという第一印象だったんですが、話の展開は『ターミネーター』『マトリックス』を合わせたようなSFアクションという印象を受けました。 木村拓哉主演ということでキャストも豪華なんですが、それよりも『SPEC』を彷彿させるカメラワークやCGの使い方に魅かれました。 実際、スタッフを見ると、『SPEC』の脚本家・西荻弓絵さんが脚本を書いていて、サポートに『エヴァンゲリオン』で知られる庵野秀明氏がいることも特筆すべき点ですね。 

 僕自身は、こういう時空を超えたドラマというのは昔っから好きで、最近では『JIN-仁-』『10年先も君に恋して』といったタイムパラドックスものに嵌りました。(^-^;

 「彼は死んだのではない。 殺害された。」

 これはどういう意味なのでしょうか?

 ちょっと面白そうなので、これは次回も観ます♪(*^-^)

2551444218_5 『海の上の診療所』は、瀬戸内海の島々の人々の医療を、船を使って行う医師たちの話なんですが、とにかく瀬戸内の景色が非常に美しいですね。 瀬戸大橋もそうですが、航太(松田翔太)が降りたった島のロケーションも抜群に綺麗でした。 ロケが多いドラマではあるんですが、演出に物足りなさを感じたのは僕だけでしょうか?(^-^; 

2658917640_5 『ミスパイロット』は何の期待感も無く観たんですが、予想外に面白かったです♪(o^-^o) ANAの全面協力も魅力的なんですが、就職活動に苦戦している何の夢も持たない居酒屋娘が、パイロット採用試験を受け、その魅力に惹かれ、右往左往しながらもパイロットを目指すという設定が楽しいですね。 晴(堀北真希)と千里(相武紗季)のコントラストも良いですね。 訓練生にまで上り詰めた晴たち6名がどうなっていくのか、気になります。

2658917640_9 『ハニー・トラップ』は、奇跡の素材グラフェンをめぐり、産業スパイの魔の手に掛かった悠一(AKIRA)とスパイとのサスペンスストーリーということなんですが、いったい誰がスパイなのか、誰が味方なのか、深夜の時間帯らしからぬハラハラドキドキの展開に魅入られました。 前ドラマに続き、バカリズムのニッサンDAYSのCM゛バカリくん゛のショートストーリーがあるのも楽しいですね。 AKIRAが主役ということで、アクションも楽しめそうで、非常に腰の入ったドラマではあるのんですが、ちょっと重いのが気になります。 

 2685809278_8『Doctor-X ~外科医・大門未知子~は、前回同様、組織に交わらないフリーのドクター・大門未知子(米倉涼子)の姿勢の痛快さが魅力のドラマですね。 所長の神原(岸辺一徳)は相変わらずの飄々さですし、組織第一主義の帝都医科大学の面々とのコントラストも良いですね。

 それにしても、まさか、いきなり馬の足の手術をするとは思いませんでした。 獣医の医師免許も持っていたんですね~♪(゚ー゚) ただ、僕はどうも医療ものはあまり好きではないんですね。 「私、失敗しないので。」は今回も印象に残るのですが、次回観るか否かは微妙です。(^-^;
 

2189027414_4 『変身インタビュアーの憂鬱』は、天才小説家・白川次郎(中丸雄一)が、100作目にしてスランプに陥り、題材探しのため、ネットで見つけた「チューリップ殺人事件」という不可解な迷宮入り事件の真相を知るため、編集者の下日山(木村文乃)と調査しにいく話なんですが、さえない風貌の白川が矯正ベルトなどで二枚目に変身してリポートするというのがなかなか楽しいですね。 それまで見向きもしなかった女性たちが嬉しそうに接する姿は対比が効いていて楽しいです。

 白川次郎っていかにも赤川次郎を意識した名前ですね。( ^ω^ )

 お色気もあり、深夜ドラマらしいサービスはあるものの、次回を観るか否かは微妙です。

2189027414_21 『家族の裏事情』は平和そうに見えてそれぞれが問題を抱えている石和家の再生をうたったホームコメディ。 ありがちなホームドラマで、女将で母親の縁(財前直見)が家族思いの硬そうな母親で、夫の泰彦(沢村一樹)が温和ながら、料理に関してはお堅い父親。 息子達が3人居て、夫の父親と6人で定食屋を営みながら暮らしていたが、そこに長男の婚約者や縁の母親が訪れて・・・、という流れが、ある意味『早海さんとよばれる日』を思わせるものがありますね。 放送時間帯も8時台ということで、年配の方にも楽しめるドラマ、ということなんでしょうね。 ただ僕としては、やや物足りないですね。(^-^;

 いかがでしたでしょうか? 今回の関心度順位は以下の通り。 次回は2話目以降何を観るか、発表する予定です♪(o^-^o)

第1位 : 『安堂ロイド A.I.knows LOVE?

第2位 : 『ミス・パイロット』

第3位 : 『Doctor-X ~外科医・大門未知子~

|

« 2013年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2 | トップページ | 2013年秋ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/58447134

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年秋ドラマ、始まりましたね♪(*^-^) その3:

« 2013年秋ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2 | トップページ | 2013年秋ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^) »