« 2013年秋ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^) | トップページ | 今年の流行語大賞は?(゚ー゚) »

2013年11月 4日 (月)

楽天イーグルス、日本一!(*゚▽゚)ノ

 今年の日本シリーズ。 皆さん、観ましたか? 僕は第7戦、8回からTVで観ていました。

Hoshino01 先発の美馬投手の好投を受けて、7回からルーキー則本が好投。 そして9回からは、まさかの田中将大投手。 前日160球を投げ、疲労がピークに達しているはずの彼がよもやの登場。 本人が志願し、星野監督が、気持ちを汲んで起用。 場内はものすごい歓声に包まれました。 そして田中投手がジュケットだけでなく、プロモ出演もしていたファンキーモンキーベイビーズ「あとひとつ」が流れると、場内のお客さん皆が大合唱! 正直、鳥肌が立つと共に、感動で涙が出ました。 その一連の流れだけでも感動ものなのに、その後の田中投手の気迫溢れる素晴らしいピッチング。 ランナーを出しても果敢に立ち向かう姿勢に言葉を失いました。 そして、2アウト。 代打矢野選手を三振に討ち取り、歓喜のガッツポーズ、そして、楽天選手達がマウンドに駆け寄って、最後は星野監督の胴上げ。 まるで映画を観ているかのような素晴らしいシーンでした。

01satoda 星野監督の被災地の方々を思いやる優勝インタビューも素晴らしかったのですが、田中投手の力強い勝利の雄たけびも心打ちました。 時々映し出された、田中夫人の里田まい祈るような表情、そして嬉しさ満開のガッツポーズも心に響きました。 彼女の田中投手に対する内助の功も特筆すべきことで、彼女は田中投手のために料理を一生懸命学び、マイスターになるまでになったそうです。 

250pxrakuten_eagles_mascots_clutch 2005年に近鉄バファローズオリックス・ブルーウェーブが合併。 パリーグが5球団になってしまう状況で名乗りを上げた楽天イーグルス。 チーム再編の際は、どう考えても優遇されていない選手の獲得で、初代監督・田尾さんは厳しい試合を強いられるだろうことは誰の目にも明らかでした。 エース岩隈選手が居て、ドラフトで一場投手を獲得したものの、残念ながら38勝97敗という惨憺たる成績でした。

 その後、野村監督に代わったものの岩隈が故障。 ドラフトで田中将大投手を獲得。 監督就任4年目の2009年には岩隈・田中・永井の3本柱が出きて全員2ケタ勝利。 チーム初のAクラス入り。

Tanaka03_2 しかし、その後は低迷。 星野監督になった2011年。 あの東北大震災が起こり、そして迎えた今年。 田中投手の24勝0敗という快挙が牽引役となり、楽天はリーグ優勝。 クライマックスシリーズも制し、日本シリーズ進出。 第6戦で、よもやの田中投手の敗戦。 これで日本一は巨人か?と思われる中、打線が奮起。 3-0で9回、田中に託しました。

 僕は球団創設時から2年間、楽天を応援していて、その後は野球から遠ざかっていたんですが、この最終戦を観て、当時の気持ちに、一気に引き戻されましたね。 田中投手の一球一球に涙が出そうになりました。 

 本当に歴史に残る素晴らしい試合だったと思います。 ついに楽天が、田中投手が、歴史に名を刻みました。 昨日は興奮でなかなか眠れませんでした。 しばらくはこの余韻に浸ると共に、再び楽天ファンに戻りそうな気がします。(o^-^o)

|

« 2013年秋ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^) | トップページ | 今年の流行語大賞は?(゚ー゚) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/58513329

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天イーグルス、日本一!(*゚▽゚)ノ:

« 2013年秋ドラマ、どれを観続けるか決めました♪(*^-^) | トップページ | 今年の流行語大賞は?(゚ー゚) »