« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

遅ればせながら・・・2013年秋ドラマ、観終わりました♪(^-^;

 遅くなりましたが、今日やっと2013年秋ドラマの予定分をすべて観終えました♪(^-^;

 今回視聴していたのは全部で5本。 但し、先日お伝えした『夫のカノジョ』は、第2話で止まっていたのですが、結末だけは観たいと思い、最終回だけ観ました。 なお他に観ていたのは、『刑事のまなざし』、『東京バンドワゴン』、『安堂ロイド』、『リーガル"ハイ"』の4本です。

 まずは『夫のカノジョ』の最終回の感想から・・・。

2980459151_2  いつ、二人が元に戻るのか気になっていたのですが、まさかのタイミングでしたね。 

 菱子(鈴木砂羽)が、息子の転校生に対するいじめに対し、母親に抗議しようとした、まさにその時に入れ替わるとは予想していませんでした。 でも、子供達の助けで、この危機を乗り越えました。 星見(川口春奈)については、結局ふりだしに戻ってしまいましたが、お互いに周りのことがわかるようになって、ハッピーエンドといえる終わり方でしたね。 ただ、魔女が二人にとって何者だったのか、ただのおせっかい女だったのか、何も言及されずに終わってしまいました。 ちょっと僕としては消化不良気味です。(^-^;

2357025175_10  『刑事のまなざし』は、非常に良い内容のドラマでしたね。 夏目(椎名桔平)の娘を襲ったのは山之内(窪田正孝)なのか? 最終回は非常にスリリングな内容でしたが、山之内にアリバイがあることが判り、振り出しに戻ってしまいました。 そして山之内の意外な行動に驚かされましたね。 囚人・宗方(平幹二朗)の存在が非常に大きい最終回でした。

 このドラマ、どの回も心打たれるシーンがあり、また一筋縄ではいかないストーリー展開が非常に面白いドラマだったと思います。 続編を匂わせる結末でしたが、続編があれば是非観てみたいと思います♪(^-^)

2457551547_5 『東京バンドワゴン~下町大家族物語は非常に心温まる感動的なドラマでした。 どの回も魅力的なシーンがあり、思わず涙がこぼれたシーンがいくつもありました。 

 我南人(玉置浩二)が喉頭がんと判り、堀田家の皆はショックを受けるが、我南人の気持ちを尊重しようと、手術を勧めずにいる。 秋実の7回忌のあと亜美(平愛梨)とすずみ(多部未華子)のW妊娠がわかり、我南人は・・・、という最終回だったわけですが、まあ、喉頭がんの手術をした、と思わせるラストシーンでしたね。 最終回はあまり感動的なエピソードは無かったんですが、全体的に穏やかな感じのストーリーでしたね。 まさか一番見せるシーンで「サヨナラ☆ありがとう」をしっとりと歌うとは思っていませんでした。 できたら、違う曲にしてほしかったです。(^-^;2457551547_8

 青(亀梨和也)が旅行ガイドの仕事をやめて、古書屋「東京バンドワゴン」の後を次ぎ、父親として赤ん坊を抱くシーンは、ほのぼのとしていて、心温まりました。 まあ、続編は期待していないけど、あれば観てみたいと思います。(^-^)

2457551547_18  『安堂ロイド A.I.knows LOVE!!はストーリー展開がなかなか面白いドラマでしたね。 ロイド(木村拓哉)が本当の敵・LAST QUEEN(桐谷美玲)と相討ちとなって、共に原子還元処理された瞬間に、タイムパラドックスの原理により、歴史が修正されるものと思っていたら、そうはなりませんでした。 思えば、サプリ(本田翼)が生き延びているわけですから、修正はされないんですね。 皆、アンドロイド達の記憶を残しつつも、ハッピーエンド的な終わり方でした。 ロイドの身体が復元されて、沫嶋黎士(木村拓哉)に還元されるという結末は予想していませんでした。 最後に、ロイドを5Dプリンターで復元しようとするシーンで終わったんですが、あれは誰がPC操作していたんでしょうね? 続編を匂わせる終わり方です。2270257130_8

 それにしても、LAST QUEENに麻陽(柴咲コウ)以外、撃ち殺されたときにはどうなるのかと思いましたが、まさかサプリが人間も修復できるとは思いませんでしたね。 本当に想像を超えたストーリー展開でした♪(^-^; 

 最後は『リーガル"ハイ"』です♪(^-^)

3450538559_3  正直言うと、このドラマ以外は28日に観終わっていました。 このドラマだけは年末の楽しみに取っておこうと、今日まで観ていませんでした。 理由は三木役の生瀬勝久さんが出演するからです。 で、今日観ました。 感想から言うと、なかなか面白かったです。

3450538559_5  生瀬さんの出番はそれほどでもなかったですが、少なくとも安藤貴和(小雪)が犯人とは言いきれない状況まで戻せましたね。 羽生(岡田将生)は無期懲役を狙っていたんですが、古美門(堺雅人)が徳永殺害の真犯人は、徳永の娘・さつきが実は貴和との子供だったことを知り、さつきが真犯人か、あるいは徳永が調味料と間違えて、料理に毒薬を入れてしまった、所謂事故のいずれかであるとつきとめて、事態は逆転無罪。 ちょっとびっくりの結末でしたね。 まあ、僕的には、生瀬さんが復活した時点で、満足してしまいました。 ちょっと中だるみはあったものの、なかなか面白かったです。 特に、鈴木保奈美が出ていた一妻多夫の話はなかなか楽しかったです♪

 いかがでしたでしょうか♪ 今期もそうですが、予想していなかったドラマに当たりがありました。 来年も予想外の楽しいドラマを期待しています♪ それでは、皆さん、良いお年を~♪m( _  _ )m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

クリスマスの約束2013、観ましたよ~♪

 正月休みに入りましたね~♪(^-^) 

 会社によっては金曜日、つまり27日から休みに入っているところもあります。 その会社だと10連休になりますね。 

 今年は昨日が日曜日ということもあり、ほとんどの企業が土曜日ないし日曜日から日曜日までという、ほぼ一致した休みのとり方になることもあり、渋滞の仕方も判りやすく、また期間が最大10連休と長いこともあり、またアベノミクス効果で景気が良くなったこともあり、海外旅行の人足が増えたそうです。 安部総理の功績を物語る年末年始となりそうですね。

 ただ、当の安部総理は、景気回復で気を良くしたのか、この時期に靖国神社へ総理として参拝しました。 靖国へ参拝する真意は理解できるにしても、総理という立場の人が参拝することの対外的な影響を考えれば、ちょっと配慮の無い行為だと思えます。 オバマ大統領自ら非難するのも解ります。 

 まあ、それはともかくとして、本題に入りましょう。(^-^)

3426947116_1  今年も『クリスマスの約束』観ました♪(^-^) 2001年から毎年、クリスマスの時期に、小田さんメインで行われているコンサート。 小田さんが気になるアーティストの曲をカバーしたり、ゲストを呼んでコラボしたりする企画なんですが、昔は関西では放送されなくて、最初に放送されたのは年も遥かに明けた3月でした。 12月に放送されるようになったのは、ここ5~6年だと思います。

 最も印象的だったのが、2009年と2011年に行われたメドレー。 実に22分~28分にも及ぶ、出演アーティストたちの曲を繋げて、皆で歌いつづる、このメドレーは感動ものでした。

3426947116_3  今回の放送を観て一番の感動は、最初に登場した吉田拓郎でしょうか。 とにかく、僕の印象では、一緒に歌をうたうなんて考えられない組み合わせだったので、正直驚きました。

 二人の共演は17年ぶりなんだそうですが、改めて吉田拓郎の曲を聴いて、彼の詞は感じるものがあるなぁ、と実感しました。 フォークの世界ではメッセージが趣を置かれていた時代にラブソングを歌い、異端児扱いされていた彼の詞は、決して色あせてはいないと思いました。

 「今日までそして明日から」、「人生を語らず」。 改めて聴いて、いい曲だなと思いました。

3426947116_9  スキノスイッチ根本要ら、いつものメンバーとのコーナーのあと、登場したのが、2度目の登場となる桜井和寿(Mr.Children)。 まさか小田さんのために新曲を書き下ろして、一緒にうたうなんて、まさにクリスマスプレゼントと言った感じでしたね。

 その後は、小田さんの母校、東北大学の学長の依頼で、校友歌として書いた「緑の丘」を、東北大学合唱団と一緒に歌い、最後はJUJU、松たか子ディオンヌ・ワーウィックの名曲「What the World Needs Now Is Love」を披露。 最後に彼女らと歌った「やさしい夜」は小田さんの新曲なんですね。

 全体的に穏やかな感じで終わった今年の『クリスマスの約束2013』。 ゲストは小田さん相手で緊張しているという印象はありましたが、今年も心に残るものがありました♪(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

今、ウィンタースポーツが熱い♪(*^-^)

 ソチ五輪まであと2ヶ月弱。 五輪代表の最終選考も兼ねているので、どの競技も熱く面白いですね♪(^-^)

Photo  少し前にカーリング日本代表の北海道銀行チームが、ノルウェー相手に逆転勝ち。 ソチ五輪代表をゲットしました。 すでに決まっていたスケート・ショートトラックとバイアスロンの選手達を含め、18人の選手が決まっています。

 今、熱いのがフィギュア・スケート。Photo_2  今夜の代表選考会で決まるわけですが、出れる選手は男女共3人ずつ。 すでに羽生結弦選手と町田樹選手が確定しています。 女子も浅田真央選手と鈴木明子選手がほぼ決まりって感じで、3人目が誰になるかが注目点になっていますね。 団体戦もあるので、男子は、怪我で不調とはいえ高橋大輔選手が有力だと思うんですが、発表になるまでわかりません。 女子は村上佳菜子選手か、若き宮原知子選手のどちらかでないかと思うんですが、どうでしょうね?

 他の競技を見ると、ほぼ内定と言える選手が何人かいますね。

 スピードスケートの長島圭一郎選手、ジャンプの高梨沙羅選手、伊藤有希選手、竹内択選手、伊藤大貴選手、ベテラン葛西紀明選手、複合の渡部暁斗選手、スノーボードの平岡卓選手。 このメンバーは間違いないと思いますが、あとはどれだけの選手が加わるかですね。 中でも高梨選手は今シーズンのW杯で開幕3連勝と絶好調。 ライバルのサラ・ヘンドリクソン選手が怪我でぎりぎり間に合うか否かの状態なのと、ジャクリーン・ザイフリーズベルガー選手も怪我で戦線離脱。 今季絶望ということで、沙羅ちゃんに追い風が吹いていて、金メダルに一番近い状況になっています。 ただ、ベテランのイラシコ選手が復活。 スロベニアやドイツ、ロシアから成長著しい選手が現れているので、絶対獲れるという状況ではないようです。

 まあ、ソチ五輪は来年2月。 どんなドラマが生まれるかたのしみですね♪(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

最近のニュースから・・・。(2013年12月)

 今年もあと10日ほど。 今日から3連休の人も多いと思います。 皆さんはどう過ごされていますか?

 さて、最近のニュースで気になる記事について一言いわせていただきます。m(_  _)m

Ohigashi_ohsho  まずは大東王将社長の銃撃事件について。 

 日本では銃刀法によって銃などの所持を限定されていて、事実上、法律で認められている人以外は持てません。 で、アメリカのように、学生による銃乱射事件といった、一般人による銃殺はまず起こらないわけですが、実際には少ないながら銃事件は起きていますね。 ただ、今回の事件もそうですが、警察の検証によれば、プロの犯行だそうです。 ということは、誰かが依頼して事件が起こったことになりますね。

 黒幕が誰なのかわかりませんが、総理大臣や皇室と比べて、企業のトップクラスはSPを何人も雇うわけにいかないでしょうし、セキュリティ面で難しいところはあると思うんですが、なぜに大東社長が殺されるんでしょうか? 餃子の王将を立て直し、人気チェーン店にまで押し上げた人ですし、人情味もあり、憎まれ口を叩かれるような人ではないと思うんですが、正に出る杭は打たれる、という状況なんでしょうか? 非常に残念です。 お悔やみ申し上げます。m(_  _)m

 

Photo_2  次に東京都知事の猪瀬直樹氏が知事を辞任しました。 徳洲会の献金疑惑で辞めざるおえなくなった訳ですが、ちょっと残念ですね。 東京五輪招致に成功し、印象も良かっただけに残念です。 気になるのは次に誰が出るかですが、辞任する前、東国原議員が辞職しましたね。 もしかして立候補するつもりで辞めたのかな、と思わせるタイミングですし、他の政党もその辺を意識して強力な対抗馬を出してくるに違いありません。 きっと、相当豪華な顔ぶれになるのではないでしょうか?

Photo_3  最後に、少し前の話題ですが、今年の漢字が、今年も清水寺にて発表されました。

 選ばれたのは「」。

 所謂、東京五輪招致からの「輪」と、楽天イーグルス優勝のチームワークの勝利という意味での「輪」、ドラマ「半沢直樹」で半沢が仲間達に助けられて勝ち取った「輪」など、流行語大賞にそった選択になってますね。 まあ納得の一文字だと思います。 年末の紅白もそれに沿ったような内容になりそうですね。(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

ブログ作成に関して・・・。m(_ _)m

 ブログ作成に関してですが、記事を書くにあたって、フォント機能に異常が発生していて、半角でないと色を設定変更できなくなっているのと、顔文字がどうしても色付けできなくて困っています。 PC上の問題なのか、ウェブ上にあるこのブログ機能上の問題なのか判らないのですが、しばらくの間、顔文字だけは色無しで記させていただきます。 顔文字以外の色付けは半角機能を使って変更できるので、時間は少し掛かりますが、今まで通り、色付けして表記していきたいと思います。 顔文字だけはワンクリックで貼り付けられないので、コピーして貼り付けしているのですが、範囲を決めて色付けする機能が出来なくなっているので、顔文字に色が付かない状況です。 niftyさんのココログの問題なら、早期の復旧をお願いしたいと思います。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年秋ドラマも終盤。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(o^-^o)

 2013年秋ドラマも終盤戦。 すでに終了したドラマもありますが、皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?

2340017474_4  視聴率的には『ドクターX ~外科医・大門未知子~が独走状態ではあるんですが、一方で、その裏で放送していた『夫のカノジョ』が5%以下という低視聴率のまま終わってしまいました。 事実上の打ち切りということなんですが、実は『ダンダリン 労働基準監督官『都市伝説の女』の方が先に終了していました。 『都市伝説の女』はおそらくキャストのスケジュールの問題で早く終了したんだと思います。 『ダンダリン 労働基準監督官は早い時期にスタートしていて、すでに11話までいっているので、予定通りなのかもしれません。 『夫のカノジョ』は、内容は悪くないですし、低視聴率の原因となると、人気ドラマの裏だったことと、主役の2人が、視聴率を獲れる人材ではなかった、ということではないでしょうか。 ただ、ドラマ自体もプラスαが足りなかったように思います。 人が入れ替わる話は、過去に何度となくドラマになっていて、それだけでは人を呼び込めないんでしょうね。 実は僕も2話目までしか観ていません。 何か物足りなさを感じて、そこで止まっています。 他に観ているドラマがなかなか良いので、それらと比較して物足りないのかもしれません。 このドラマに関しては最終回だけ観て終わることになりそうです。

3835648506_12  さて、今回視聴しているドラマは全部で5本。 うち1本は『夫のカノジヨ』だったんですが、他に『刑事のまなざし』、『安堂ロイド』、『東京バンドワゴン』、『リーガル"ハイ"』と観ています。 『リーガル"ハイ"』以外はほぼ最新話近くまできているんですが、『リーガル"ハイ"』は6話目以降、まだ観ていません。 実は『夫のカノジヨ』同様、このドラマに対しても物足りなさを感じています。 別に出来が悪いわけではなく、何かが足りないと思っていたんですよね。 で、5話目を終えて気づきました。 2話目以降、三木(生瀬勝久)が出ていないんですよね。 彼がいて、古美門(堺雅人)と対することで、面白さが倍増していたんだと思います。 ただ。最終回には戻ってくるようなので、頑張って6話目以降も観ます♪

2340017474_14  『刑事のまなざし』、『安堂ロイド』、『東京バンドワゴン』の3本は、昨日・今日・明日の3日間ですべて最終回となります。 来週、連休がくるので、この3本はそのときの楽しみに取っておくつもりです。 3本ともなかなか面白いドラマで、特に『東京バンドワゴン』は毎話、目をうるうるさせながら観ています。 今期、一番面白いドラマかもしれません。

 なお、それぞれのドラマの感想は、次回に報告させていただきます。 3本とも、最終回が楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

流行語大賞など、最近の話題について・・・。(o^-^o)

 師走に入り、今年もあと3週間あまり。 皆さんはどう過ごされていますか? 

Ryukogo2013  師走最初の話題というか、流行語大賞が決まりましたね。 その結果は意外なものでしたね。 

 普通、大賞というと、1つないし、同点で2つというのが普通なんですが、なんと大賞が4つ! 一般的なら考えられない選択なんですが、実は芸術の世界ではよくある話なんですね。

 吹奏楽や合唱の世界では、金賞がこの大賞にあたるのですが、金賞は、審査員が、あらかじめ設定したレベルを超えていれば金賞で、達していなければ銀賞だったり銅賞だったりするんですね。 で、複数が金賞を獲得するのはよくあることで、逆に、該当なしという選択もあるんです。

 今回の流行語大賞は、まさにその考え方で選ばれたとすれば、納得のいく結末というわけです。 それゆえ、該当なしという年もあるかもしれません。

 

 今回選ばれた4語。 どれも確かに流行した言葉ですね。 どれが1位でもおかしくない言葉だと思います。 

 「今でしょ」、「じぇじぇじぇ」、「お・も・て・な・し」、「倍返し」。 

 どれも耳に残っています。 個人的には「倍返し」が1位なんですけどね・・・。(o^-^o)

 

W2014  他の話題に目を向けると、サッカーW杯の組み合わせが決まりましたね。 

 日本はC組。 コロンビア、ギリシャ、コートジボアールと同じ組です。 スペインやブラジル、アルゼンチンのいない、ある意味、ラッキーな組と言えるかもしれませんが、中南米の強豪・コロンビアは手怖い相手。 初戦のコートジボアール戦で勝てるかがカギになります。  本田選手は難しい組に入ったと言っていましたが・・・。

 他のグループに目を向けると、何と言ってもBグループが凄い! スペインとオランダが同組です。 A組はプラジルとメキシコ。 オリンピックではメキシコがブラジルを破り、日本を下して金メダルを獲ったんですよね。 D組はウルグアイ、イングランド、イタリアという優勝経験のある国が激突。 G組はドイツとポルトガルがいます。 そうなると日本はラッキーな組と言えるんですが、6月にいかなるドラマが生まれるか楽しみですね。 初戦の舞台はレシフェ。 非常に治安の悪い港湾都市なんですが、ここで日本は引き分け以上の結果が得られるかですね♪(o^-^o)

 ウインタースポーツに目を向けると、フィギュアスケートを筆頭に、スピードスケート、スキージャンプ、ノルディック・スキーと、日本選手の活躍が連日のように報道されています。

 Asada01 今期はソチ五輪が控えていて、まさにメダルを占うシーズンとなっているのですが、フィギュアスケートは非常に層が厚いですね。 羽生結弦、浅田真央が好調で、メダル間違いなしって印象ですね。 スピードスケートでは長島圭一郎が好調で、ノルディック複合では渡部暁斗が、W杯でラミーシャプイに次いで2位に入る仕上がりの良さを見せ、モーグルでも伊藤みきが好調を持続しています。

 そして何と言ってもスキージャンプで、日本は男女共、好調ぶりを見せていますね。

Kongo_jump201312  男子では竹内択がW杯で2位に入る健闘ぶり。 本当に好調で、メダルを狙えるところまできています。 日本時間で昨日から今日にかけて行われたノルウェー・リレハンメルでの混合団体では、強豪オーストリアに逆転優勝。 更に、続いて行われた女子ジャンプの開幕戦では、高梨沙羅選手が会心の優勝。 2回ともテレマークを決め、苦手を克服したという印象を受けました。 この大会では、前期と上位の顔ぶれが一新し、昨期、怪我で離脱したベテラン、ダニエラ・イラシコ選手が復活。 いきなり2位に入りました。 金メダル候補のサラ・ヘンドリクソン選手は、再び膝の怪我で手術をし、1月まで復帰できないそうで、実質、ソチ五輪がぶっつけ本番になるかもしれない状況。 1戦目は欠場となり、その代わり、スロベニアの14歳、エマ・クリニクが7位に、ドイツの新鋭、エルンストが同点で2位に入る快挙を見せました。 今期は高梨選手を筆頭にドイツ・オーストリア・スロベニア勢が対抗するという構図が見えてきました。 トップ10に、10人中8人が、この強豪3国で占めるという状況で、オリンピックでも、この3国と2人のサラ、そしてフランスのコリーヌ・マッテルの争いになるのはほぼ間違いないですね。 (o^-^o)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

今年の流行語大賞は?(゚ー゚)

 先週から急に寒くなりましたね。 僕はヒートテックのシャツを、シャツの上に着て丁度良い感じでした。 皆さんは風邪など引いていませんか?(o^-^o)

 さて、師走の催しの先陣を切って、明日、今年の流行語大賞が発表されます。 皆さんはどれが印象に残っていますか?

 候補の50語はすでに発表されていて、この中から大賞が選ばれるんですが、確かによく耳にした言葉が並んでいますね。

 分野別に見てみると、政治・経済からは「アベノミクス」、「三本の矢」、「ネット選挙」、「集団的自衛権」、社会からは「DJポリス」、「PM2.5」、「ご当地キャラ」、「お・も・て・な・し」、芸能・スポーツからは「倍返し」、「今でしょ」、「じぇじぇじぇ」、「ふなっしー」など、印象的な言葉がありますね。

 例年なら、この中のどれが大賞になってもおかしくないレベルだと思うんですが、僕個人のベスト5は以下の通りですね♪(o^-^o)

 

 1位 : 「倍返し」

 2位 : 「三本の矢」

 3位 : 「じぇじぇじぇ」

 4位 : 「PM2.5」

 5位 : 「ご当地キャラ」

 次点 : 「アベノミクス」

 

 「倍返し」以外は、今年を通じてよく聞かれた言葉ですね。 本来ならその中から1位を選ぶべきなんでしょうが、あえて「倍返し」を1位にしたのは、今世紀最高視聴率を記録したドラマの決め台詞で、非常に印象的で、今でも耳に残っていることから1位に選びました。

 というわけで、明日の流行語大賞は何が選ばれるのでしょうか?(o^-^o) 注目です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »