« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月11日 (日)

スキージャンプの日本ラウンドが始まりましたね♪(o^-^o)

 あけましておめでとうございます♪m(_ _)m

 今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

 昨年もいろいろと事件がありましたが、今年もいきなり、イスラム国のテロ事件がフランスで勃発。 さらに正月早々の歴史的大雪、マクドナルドの異物混入、高速道路の相次ぐ逆走事件と、ニュースに事欠かない毎日が続いています。

 スポーツ界でも錦織圭が初戦となるブリスベン国際の準決勝でラオニッチと激戦。 わずかなミスで決勝進出を逃したものの、素晴らしい試合を見せました。 箱根駅伝では青山学院大が初優勝。 5区を走った神野選手が大会新記録の快走を見せ、優勝に導きました。 そしてスキージャンプです。

2015sapporo0110 昨年11月末に葛西選手が優勝し、自己最年長優勝記録を塗り替え、今年に入っても、表彰台を連発しています。 そんな中、女子スキージャンプのFIS・W杯がスタートしました。 すでに第1戦が12月5日にリレハンメルで開幕し、高梨沙羅が3位に入ったんですが、今年度の女子W杯は、どういうわけか、試合数が少ないんですね。 この第1戦の後は、なんと、1ヶ月開いて、いきなり日本での4連戦になっているんです。

 昨年と比較して異なるのは、ロシアでの開催が無いこと。 昨年度は第2戦と第3戦がロシアのソチでした。 ここがなくなったことで、大きく間が開いてしまったのだと思います。 原因はわからないのですが、もしかするとグルジア問題が関係しているかもしれませんね。 今年もロシアの選手は参加しているので、残念で仕方ありません。 去年18戦あったのが、今季は14戦と、4戦も少なくなっています。 女子ジャンプもいろいろな国が力を付けてきているので、それぞれの国で1~2戦はやってほしいですね。 女子の場合、アメリカ勢も強いので、北米での開催もしてほしいです。 また、ロシア勢も強くなってきてるので、ロシア開催もしてほしいですね。(*^-^)

 さて、昨年リレハンメルで行われた第1戦では、スロベニアのロゲイユ選手が逆転で初優勝しました。 彼女はW杯の常連なんですが、今季、急成長した一人ですね。 スロベニアではアイドル並みに人気のある美人ジャンパーだそうで、この優勝で、スロベニアでの女子ジャンプ人気が高まればいいですね。

Sara_seno_ito 表彰台にはロゲイユ選手、ベテランのイラシコ選手、そして沙羅ちゃんの3人が上ったんですが、昨日の札幌での第2戦でも同じ顔ぶれになりました。 優勝は沙羅ちゃんで、2位のイラシコ選手に大差をつけての勝利。 ロゲイユ選手は1回目に伸びなかったのが響いて3位どまり。 日本勢では他に、昨年後半、大活躍の伊藤有希が1回目に風に恵まれず失速。 それが響いて15位。 長野五輪金メダリストの船木和喜氏がコーチする、注目の高校生・勢藤優花は22位でした。 ちなみに、速報が入って、今日開催されていた札幌第3戦で沙羅ちゃんが逆転優勝したようです。 彼女は宮の森が鬼門だっただけに、この連勝は大きな弾みになりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »