« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月15日 (土)

2015夏ドラマも中盤、皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(*^-^)

 今日は終戦記念日。 総理の靖国神社参拝は、見送られたものの、閣僚や国会議員の参拝は、今年も多かったようですね。 まあ、中国や韓国は、総理が参拝しない限り、クローズアップしないようですが・・・。(*^-^)

Tanyei02 さて、夏ドラマも、早いものだと中盤に入っていますね。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか? 僕は『探偵の探偵』以外、すべて最新話まで追いつきました。 『探偵の探偵』に関しても、この2日間を使って追いつく予定でしたが、ここへきて体調がいまひとつ。 身体が重い感じがするので、ウォーキングなど身体を動かす時間を設けることにしました。

 正直、 休みの日はTVばかり観ていて、全然身体を動かしていなかったのと、ここ最近、コレステロール値が急激に上がっていることを考慮し、TVを観る時間を減らすことにしました。 具体的には、ドラマの本数を1本減らすことにしたんですが、何を減らすか考えたとき、現時点で追いついていない、というか、2話目以降を観ていない『探偵の探偵』を外すことにしました。 これを除けば、後のドラマは最新話まで追いついているので、それぞれの1話分の時間だけ設ければいいので、何とかなるだろうと・・・。 で、すみませんが、『探偵の探偵』に関してはリタイアということにさせていただきます。 ドラマ自体は面白そうなんで観たいんですが、事情が健康面なんで、やむをえませんね。

Tamioh_carey

 話を進めましょう♪(*^-^) 現在視聴しているドラマは4本とも、なかなか面白いです。 中でも『民王』は期待以上の楽しさですね。 昨日、LAWSONで売っている「やみくもカレー」を買いました。 普通のキーマカレーって印象でしたが、まあ、これはこれでアリですね。

 『花咲舞が黙ってない』は、パターンが解っていても、本当に面白いですね。 臨店班のノリは本当に楽しいです。 堂島専務と臨店班との関係がどうなっていくのか興味あります。

 『初森ベマーズ』はマンガ的なノリが楽しいですね。 バカバカしいと思いつつも観てしまう勢いがありますね。

 『ブスと野獣』はテーマが恋愛一本と、一貫している点が良いです。 モテない二人が美男美女相手に挑んでいく姿が楽しいですね。 4本とも、どういう結末が待っているのか楽しみです。

 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画版「深夜食堂」観ました♪(*^-^)

 盆休みも終盤、皆さんはいかがお過ごしでしょうか? このお盆は、かみさんの足の怪我で、どこにも行く予定がなく、楽しみといえば、録りためていたドラマを観る事ぐらい。 幸い、映画『深夜食堂』のレンタルが始まっていたので、昨日借りに行きました。 昨日から今日にかけて、じっくり観ていたのですが、感想から先に言うと、全編に「深夜食堂」らしい色合いが全面に出ていて、味わいある良い内容になっているな思いました。

 話は「ナポリタン」、「とろろご飯」、「カレーライス」の3本からなっているんですが、完全に独立しているわけではなく、全編に一貫した話が持たれていました。

TV版と同様に、深夜の東京の街並みが映り、鈴木常吉「思ひ出」が流れると、一気に深夜食堂の世界に引きづり込まれます。

Moie01 オープニングはやくざの竜ちゃん(松重豊)や忠さん(不破万作)ら常連客がマスターの店にやってきて、いろいろと雑談を始めるんですが、「赤いタコちゃんウインナー」「厚巻き玉子」など、TV版を知っている人にはジーンとくる料理がいきなり登場します。 そこに、店の片隅に置忘れられた骨壷。 これが全編の話として流れ、そこへたまこ(高岡早紀)が来て、1つ目の話が始まります。

 1話目は富豪の愛人と平凡なサラリーマンの切ない物語で、その富豪が亡くなり、遺産が貰えないパトロンが、たまたまマスターの店で出会った安月給のサラリーマンと恋仲になったものの、結局は別れてしまいます。Movie02
 2話目はわけあって上京したみちる
(多部未華子)がマスターの店で無銭飲食したことから始まる話。 お店を出すつもりだったけどお金を持っていかれたみちるが行き着いた先はマスターの店。 その後、マスターの知り合いの千恵子(余貴美子)の料亭に拾われるまでを淡々と描いているんですが、深夜食堂らしい心温まる話ですね。

 そして、3話目は東北大震災の津波で妻を亡くした謙三(筒井道隆)が、そのときボランティアで参加していたあけみ(菊池亜希子)を訪ねて上京する話。 一途にあけみにプロポーズし続ける謙三の想いが伝わらず、最後に里に戻るためにバスに乗り込むんですが、その際のあけみの言葉には一筋の光を感じましたね。

Movie03 そして、骨壷の話です。 街子(田中裕子)が骨壷の犯人で、マスターに謝罪しにくるんですが、元夫の遺骨の入った骨壷で、身寄りが無いため、街子に渡されたものの、再婚しているため、どうしていいかわからず置いていったということなんですが、街子のおどろおどろした話っぷりには、少し違和感を抱きましたが、これはこれでアリなのかな、とも思いました。

 でも、その最後の話以外は、本当に深夜食堂らしくて、登場するメンバーも、第3シーズンに登場したかすみ(谷村美月)やいずみ(篠原ゆき子)、第2シーズンにも出ていたサヤ(平田薫)がいるなど、レギュラー以外のメンバーが再登場しているのも楽しいです。 また隠れゲストとして向井理が出ていたんですが、気がつきました? 3話目に店の客で出ていましたよ。(*^-^)

 ラストは雪が舞い始める中、マスターの店で、みちる(多部未華子)の持ってきたお重に入った料理を、常連客と舌鼓するシーンで終わるんですが、ここで流れる「思ひ出」には心打たれました。

 次に観るときはTV放送される時になると思います。 その際は、しっかり録画して、じっくりとこの映画版『深夜食堂』を鑑賞したいと思います。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

2015夏ドラマ、主題歌・挿入歌どれがいい?(o^-^o)

 お待たせしました♪(o^-^o) 今クールも『主題歌・挿入歌どれがいい?』をアップさせて頂きます。(*^-^)

 今回も福山雅治、平井堅といったビッグネームや、乃木坂46、家入レオ、miwa、木村カエラ、EXILE ATSUSHIといったヒットメーカーがいますね。 そんな中、最も印象に残った曲はこの曲でした。(o^-^o) 

Hiraiken01 平井堅「君の鼓動は君にしか鳴らせない」です♪(o^-^o)

 大ヒット曲「瞳をとじて」のようなオーソドックスなラブバラードや、「グロテスク」のような個性的なビートナンバーを歌い込む印象が強い彼も、今年でデビューして20年。 シングルも今回で38枚目。 コンスタントにヒット曲を出しているんですが、今回の曲はバラード・スタイルの応援歌になっていますね。 この曲がラストで流れると、村おこしに努める村井を後押ししているようで心地よいですね。 『ナポレオンの村』エンディング曲です。(*^-^)

Miwa01 最も印象に残ったのはこの曲でしたが、他にも特筆すべき曲はありますね。 まずはmiwa「ストレスフリー」です。

 学生シンガーソングライターとしてデビューした彼女も今年で5年目。 出す曲はほとんどがCMやドラマ・映画などとタイアップし、NO.1ヒットこそ無いものの、コンスタントにヒット曲を出していますね。 今回の曲は彼女らしいロックビートと、遊び心あふれる歌詞が耳に残る痛快なナンバーになっていますね。 このドラマのラストで流れると楽しい気分にさせてくれます。 主要キャストと一緒に踊るエンドクリップもなかなか楽しいですね。 『民王』エンディング曲です。(o^-^o)

Erihiro01 安室奈美恵「Contrail」を彷彿させる、浮遊感あるエレクトロサウンドで始まるのがERIHIRO「Stars」です♪(o^-^o)

 耳馴染みの無い名前ですが、実はこのアーティスト、20世紀末に活躍した超有名グループのメンバーによるボーカルユニットなんですね。 当時、沖縄アクターズスクールの大ブームで、そこから多くのダンス系アーティストが登場していました。 今で言うEXILEファミリーみたいなものですね。 そこから登場したアーティストで最も有名なのが安室奈美恵ですが、その次に有名なのが4人組のSPEEDです。 このボーカルを担当していた2人、今井絵理子島袋寛子がこのERIHIROなんですね。 デビュー当時は小学生だった2人も、今は31歳。 すっかり大人になった2人がどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみですね。(*^-^) 『ホテル・コンシェルジュ』エンディング曲です♪(o^-^o)

 また、このドラマの挿入歌として使われているのがHoney L Days「デスペラード」です。 言わずと知れたEAGLESの名曲ですね。 当時の日本語名が「ならず者」。 ドラム担当のドン・ヘンリーが、渋い歌声で歌っていたのが今も耳に残っています。 後の大ヒット曲「ホテル・カリフォルニア」は彼の歌によるものですね。 HONEY L DAYSは2010年に出したドラマ『タンブリング』の主題歌「まなざし」がそこそこヒットしたんですが、あとはいまひとつ。 音楽自体は悪くないので、もっとパフォーマンスを上げてくれれば売れそうな気がするんですがどうなんでしょうね? 今回、この曲を日本語詞にして歌っています。 ドラマを意識した歌詞の内容になっているようですが、果たしてヒットするのでしょうか?(*^-^)

 Kimura01浮遊感と言えば、オープニングのふわふわした感じのキーボードサウンドが印象的なのが木村カエラ「EGG」です。 2004年にデビューし、2006年にはサディスティック・ミカ・バンドに加入。 その年に出した「タイムマシンにおねがい」が印象に残っています。  2009年に出した配信限定シングル「Butterfly」が結婚式の定番曲になっているのは有名な話ですね。 ただ、NO.1ヒット曲は「Ring a Ding Dong」のみ。 ちょっと意外なきがします。 私生活では2010年に俳優の瑛太と結婚、2児の母として育児と音楽活動を両立しています。 また、新人発掘にも一躍かっていて、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅを紹介したのは有名です。 最近では、僕が気に入っているCharisma.comにも注目しているそうですよ。 今回の曲は、まるで自分の幼い子供に歌いかけているかのような優しい歌声と歌詞が良いですね。 『37.5℃の涙』挿入歌です。 

またこのドラマのエンディングを飾るのがwacci「大丈夫」です。 2年前にデビューした5人組バンド。 これまで出したシングルはすべてタイアップしていますね。 この曲はオーソドックスなロックバラードながら、優しさあふれる暖かい歌詞が耳に残りますね。(*^-^)

Ieirileo7 バラード曲は今回多いのですが、その中で切ないラブバラードを聴かせてくれるのが家入レオ「君がくれた夏」です。 「サブリナ」のスマッシュ・ヒットから3年。 シングルごとに違った色を見せる彼女も20歳。 今回は葵(福士蒼汰)のあかり(本田翼)に対する想いと、恋愛に対する後ろめたさが相まって、ドラマを印象的に彩っていましたね。 『恋仲』エンディング曲です。

Atsushi_ai01 また、洗練されたバラード・デュエットを聴かせてくれるのがEXILE ATSUSHIAI「BE BRAVE」です。 2人の競演は2度目になると思うんですが、今回はAIが妊娠中ということもあり、PVは貴重な映像となっていますね。 AIがお腹の子供に対して歌っているようにも聞こえるのは僕だけでしょうか? 『HEAT』エンディング曲です。

Nogizaka01_2 最後に、「今回のアイドル」ですが、残念ながらこれに該当するのは乃木坂46のみ。 アイドルの曲が1グループしかないのは珍しいです。 今回、ドラマに提供している2曲のうち、「もう少しの夢」はバラードナンバー。 まるでななまる(西野七瀬)たちを応援するかのような歌詞が印象的ですね。 『初森ベマーズ』エンディング曲です。 またこのドラマのオープニングを飾るのが「太陽ノック」。 AKBファミリーらしい軽快なポップチューンになっていますね。

 いかがでしたでしょうか? この中からどれだけのヒット曲が生まれるのでしょうか? 乃木坂46はすでに1位に輝いていますが、miwa平井堅あたりもいけそうですね。 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

 今回エアチェックしたドラマと曲名は以下の通り。

『デスノート』 : 該当なし

『ホテル・コンシェルジュ』 : 挿入歌 「Honey L Days / デスペラード」 

                  エンディング曲 「ERIHIRO / Stars」

『リスクの神様』 : 該当なし

『37.5℃の涙』 : 挿入歌 「木村カエラ / EGG」

            エンディング曲 「wacci / 大丈夫」

『ど根性ガエル』 : オープニング曲 「ドラマキャスト一同 / ど根性ガエル」

            エンディング曲 「クロマニヨンズ / エルビス」

『婚活刑事』 : 挿入歌 「No.6  / kotae」   

          エンディング曲 「斉藤和義 / 傷口」  

『理系の人々』 : 該当なし

『HEAT』 : エンディング曲 「EXILE ATSUSHI + AI / Be Brave」

『花咲舞が黙ってない』 : エンディング曲 「福山雅治 / I am a HERO」

『エイジハラスメント』 : エンディング曲 「花岡なつみ / 夏の罪」

『初森ベマーズ』 : オープニング曲 「乃木坂46 / 太陽ノック」  

            エンディング曲 「乃木坂46 / もう少しの夢」

『探偵の探偵』 :

    エンディング曲 「超特急 feat. マーティー・フリードマン / Beautiful Chaser」  

『表参道高校合唱部!』 : エンディング曲 「Little Glee Monster / 好きだ。」

『ナポレオンの村』 : エンディング曲 「平井堅 / 君の鼓動は君にしか鳴らせない」

『恋 仲』 : エンディング曲 「家入レオ / 君がくれた夏」

『民 王』 : エンディング曲 「miwa / ストレスフリー」

『となりの関くんと るみちゃんの事象』 :

            オープニング曲 「フジファブリック / Green Bird」

            エンディング曲 「るみちゃん★○トミタ栞 / 17歳の歌」

『ブスと野獣』 : エンディング曲 「サンボマスター / 時間をとめるラブソング」 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

2015年夏ドラマ、どれを観るか決めました♪(o^-^o)

 夏真っ盛り。 8月に突入しましたが、ここのところ、暑くて湿度の高い日々が続いています。 今日も非常に暑い一日でしたが、皆さんはいかがお過ごしでしたか? 熱中症に注意して、小まめに水分補給、適度にエアコンを利用することが大切なシーズンですね。

Pdvd_019_2 さて夏ドラマも、深夜枠の『ブスと野獣』を最後に一通り出揃いました。 ちなみにこのドラマ、最近人気上昇中のお笑い女芸人・おかずクラブゆいPが主演しているんですね。 大学が舞台になっているんですが、コメディとしては、ちょっと面白いドラマになっていますね。 初回では居酒屋Wデートに持ちこんだものの、お目当ての美男・美女がメール交換しているのを目撃し、二人で先に帰られてしまい撃沈。 2人の無謀にみえる恋は実るのでしょうか?

 それにしてもゆいPは、目の感じが平愛梨にそっくりですね。 痩せたら美人タイプだと思うんですが、皆さんはどう思います? また、もう一人の主人公・健太矢本悠馬がオードリーの若林に見えるのは僕だけでしょうか?

 さて、ここまで18本のドラマの初回をスキップして観、その中から『ブスと野獣』を含めて計8本のドラマの初回をノンスキップで観ました♪(*^-^) 8本とも2話目以降も観てみたいのですが、時間の都合上、観れるドラマはせいぜい3~4本程度・・・。 で、いつものように関心度の高いものから順に選ぶことにしました。(o^-^o)

Tami03 関心度1位は『民王』です♪(*^-^)

 ゴールデンでやってもおかしくない内容と、コメディとしての質の高さ、そして池井戸潤作品というのも決め手になりました。 総理とウダツの上がらない息子が入れ替わる。 社会派ドラマに有りがちな堅さは全然無くて、肩に力を入れずに見れるのが良いですね。 総理役の遠藤憲一を筆頭に、西田敏行、草刈正雄、六角精児、金田明夫など上手い俳優が揃っているのも魅力です。 泰山は総理としてやっていけるのか、日本はどうなるのか、非常に楽しみなドラマではあります♪(*^-^) ちなみにLAWSONとコラボして、ドラマに出てくる『キッチンやみくも』のカレーを、焼きカレーパンとして販売するそうで、ちよっと食べてみたい気がします。

Hanasaki03 関心度2位は『花咲舞が黙ってない』です♪(*^-^)

 去年に放送されたものの続編で、これも池井戸潤作品ですね。 パターンが決まっていて、展開に予想がつくんですが、ある意味「水戸黄門」的な痛快さがあって、不正を働く上司や取引先業者の管理職などを、相馬上川隆也と花咲舞の臨店班二人が裁くというのがいいですね。 決め台詞も悪くないですし、舞の父大杉漣の営む居酒屋も個人的には好きですし、この雰囲気に癒されたい感はあります。(^-^;

Tantei03 関心度3位は『探偵の探偵』です♪(*^-^)

 スパイ・アクション映画のようなスリリングな展開、探偵同士の騙しあい、シリアスながら目の離せない内容に魅かれました。 玲奈北川景子の妹を死に追いやった探偵は誰なのか、社長の須磨井浦新はその事件と関係があるのか、玲奈の前にどんな刺客が現れるのか、博識な探偵事務所社長の阿比留ユースケ・サンタマリアとの対決はどうなっていくのか、非常に気になるドラマではあります。(*^-^)

 以上3本が視聴決定ですが、後1本観れそうなので、何か肩の力を入れずに見れる、コメディタッチのドラマを選ぶことにしました。 1時間ドラマを1本にするか、深夜枠でやっている30分ドラマを2本にするか迷ったんですが、短時間で気楽に観れる深夜枠のドラマ2本を選ぶことにしました。(*^-^)

Hatsu02 まずは『初森ベマーズ』です♪(o^-^o)

 話は完全にマンガなんですが、登場する乃木坂46のメンバーが、どれも可愛いのが良いですね。 癒され感を満たしてくれそうで、清涼剤としては良いドラマだなと思いました。 手塚さとるさんのオカマ監督ぶりも楽しみです。

Busu01_2 そしてもう一本が『ブスと野獣』です♪(o^-^o) 

ずばりゆいP見たさに選びました。 スタイルも性格もダイナマイトだけど、イケメンに恋した幸恵ゆいP)が、どうやって挑んでいくのか楽しみです。

 いかがでしたでしょうか? 皆さんの観ている予定のドラマと同じものはあったでしょうか? ちなみに、すでに『ブスと野獣』、『初森ベマーズ』、『民王』は追いついています♪(o^-^o) 最も『ブスと野獣』はまだ始まったばかり、『民王』もまだ、関西では2話目は放送されていない状況ですが・・・。(^-^;

 次回はお待ちかねの「主題歌・挿入歌どれがいい?」をアップする予定です。 お楽しみに・・・。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

2015夏ドラマ、始まりましたね♪(o^-^o) その2

 2015夏ドラマが一通り出揃いましたね。 早いものだとすでに5話目に突入しているものもあります。 皆さんはどのドラマを楽しんでおられますか?(o^-^o)

 僕は先週末からスキップして観たドラマの中から、気になったドラマ7本の初回分を順次観ていっています。 視聴した順番に感想をアップしますね。(*^-^)

Hatsu03 まずは『初森ベマーズ』です。(*^-^)

 ななまる(西野七瀬)たち女子高生の憩いの場、初森公園がマンション建設のため取り壊される。 それに反対するななまるたちの前に、建設業者の娘・キレイ(白石麻衣)が現れて、ソフトボール大会に勝ったら建設を中止してもいい、と話を持ちかけられ、受けるが、彼女のチームは高校ソフトボール界最強のチームだった・・・。

 話そのものは熱血マンガ風で、ハチャメチャなんですが、出てくる乃木坂46のメンバーがやたらと可愛い。(*^-^) これは乃木坂ファン向けのドラマなんだな、という印象を強く受けましたが、個人的には、こういうの嫌いじゃないんですよね。 手塚とおるさんがオネエの監督、というのも楽しいです。 ちょっと観てみたい気持ちはあります。(*^-^)

Konkatsu05 次は『婚活刑事』です。(*^-^)

 結婚願望が強い米子(伊藤歩)。 気がつけば35歳、もう後が無い。 婚活に勤しむが、巡査部長の取調べ癖が災いし、会話すると逃げられてしまう。 今日も収穫なし、と諦めていたところに偶然、同級生の男と再会する・・・。

 婚活と刑事という組み合わせは斬新で面白いのですが、ドラマ自体はオーソドックスな刑事コメディ。 惚れた相手がいちいち犯人というのは、映画『ダイハード』の刑事同様、ついてない刑事パターンでユニークではあるんですが、演出にもう一捻り欲しかったな、という印象ですね。 伊藤歩『深夜食堂』のときから気になっていた女優で、彼女見たさに選んだんですが、物足りなさの残るドラマではありますね。(^-^;

Tanyei02 次は『探偵の探偵』です。(*^-^)

 3年前、妹を殺された玲奈(北川景子)。 犯人に依頼された探偵が身元調査をして、その情報がもとで殺されたことを知り、その探偵を探し出そうと、自分も探偵になることを決意する。 そして今、玲奈は須磨(井浦新)が社長の探偵事務所で対探偵課に所属。 探偵を調査する仕事だが、それは、何が起こっても自己責任を強いられる厳しい業務だった・・・。

 本来の探偵ドラマとは異なり、これはもうスパイアクションものと言ってもいいくらい、スリル満点のドラマですね。 探偵同志の騙し合いに勝つか負けるか、どこまでが真実でどこまでが嘘なのか、全く予想がつかない展開にハラハラドキドキしました。 シリアスながら、最後まで息の抜けないストーリー展開は面白いですね。 いったい玲奈の妹を死に追いやった探偵は誰なのか、玲奈はどうなっていくのか、非常に気になるドラマではあります。(o^-^o)

Tami04 次は『民王』です。(*^-^)

 支持率低迷に苦しむ民政党。 その新総理として武藤泰山(遠藤憲一)が指名される。 翌日、経済産業大臣の失言で早くも窮地の武藤。 国会での答弁の最中に奥歯に激痛がはしり、気を失ってしまう。 気がつくと、どういうわけか、自分と息子の翔(菅田将暉)が入れ替わって・・・。 

 心が入れ替わるドラマは過去にもいろいろあって、どれも結構面白かったんですが、 今回は総理大臣とその息子という異色の組み合わせ。 あまり期待せずに観ていたんですが、これが面白い。(o^-^o)

 原作は池井戸潤のコメディ。 『半沢直樹』『花咲舞が黙ってない』とはことなり、コメディに徹しているところが新鮮で良いですね。 深夜枠にするにはもったいないドラマだと思いました。

Naporeon01 次は『ナポレオンの村』です。(o^-^o)

 都庁の役人・浅井(唐沢寿明)は不可能を可能に変える行動力豊かなスーパー公務員。 東京オリンピックのプロジェクトを会場でアピールし、拍手の嵐。 そんな敏腕な彼が次に手がけるのが村興し。 限界集落と言われる救いようの無い村を立て直すというもので、白羽の矢を立てたのが東京都星河市にある「神楽村」。 この村を立て直すため、星河市に出向し、さっそく村の調査を行うが・・・。

 限界集落を立て直す、というドラマはNHKでもありましたが、浅井の前向きで明るいキャラが、村の住人たちを味方に変えていく様相が、見ていて痛快ですね。 第1話は登美子大谷直子の作る和紙を使って、祭りのイベントとして、スカイランタンを飛ばす話でしたが、気難しそうな村人たちが前向きになっていく様は感動的でした。 浅井がどうやって村を立て直していくのか、今後の展開が楽しみなドラマですね。(o^-^o)

Koinaka04 次は『恋仲』です。(*^-^)

 建築設計事務所に勤める葵(福士蒼汰)。 ある日、高校のときの友人から同窓会の連絡が。 葵は7年前の高校生活を思い出す。 幼馴染みのあかり(本田翼)はどうしているんだろう。 舞台は7年前の高校時代へ。 そこには男まさりのあかりと、恋愛に臆病な葵がいて・・・。

 月9に久々の王道ラブストーリー。 そういうキャッチフレーズでスタートしたこのドラマ。 主役の二人のほかに野村周平大原櫻子、山本美月と、フレッシュな顔ぶれがそろっているんですが、とにかく本田翼の演じるあかりに胸キュンしてしまうのは僕だけじゃないと思います。 第1話は高校のときの話がほとんどだったのですが、2話目以降は大人になってからの話ということで、初回が良かった分、ちょっと魅力度という点で心配かな?という印象ですね。 とはいえ、あかりが魅力的なんで、続きを見てみたくなるドラマではあります。(*^-^)

Hanasaki04 最後は『花咲舞が黙ってない』です。(o^-^o)

 東京第一銀行の「臨店班」に所属する相馬(上川隆也)と舞()。 なりすまし犯を捕まえ、御褒美として某名店で極上肉を頂こうとしている最中に、携帯で呼び出され、口に入れる間もなく東京へ。 日本橋支店へと赴くと、そこでは「投資信託トラブル」が起こっていて・・・。 

 前回、好視聴率を叩き出した銀行痛快ドラマが帰ってきました。 キャストもそのまま、内容も前作同様で、展開はわかっていても、ついつい観てしまうのが良いですね。 ある意味、池井戸潤風「水戸黄門」って印象でしょうか? 肩に力を入れずに見れて、なおかつ楽しいのがこのドラマの持ち味。 どんな悪い上司が登場するのか楽しみではあります。 今回は寺脇康文さんが怪演していました。

 いかがでしたでしょうか? この中から、どのドラマを観続けるかは次回に発表したいと思います。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »