« 2016冬ドラマ、主題歌・挿入歌どれがいい?f(*^.^*) | トップページ | 2016年冬ドラマ、どのドラマを観続けるか決めました♪(o^-^o) »

2016年2月11日 (木)

2016年冬ドラマ、どれを観るか絞込みました♪(*^-^)

 先週『スミカスミレ』が公開され、冬ドラマが一通り出揃いました。 ここまでスキップチェックしたドラマは計20本。 そのうち気になったドラマは10本ありました。 これらの第一話を全部観て、どのドラマを観続けるのか決めるのは、時間的に厳しいので、テーマを決めて更に絞り込むことにしました。 要は自分が今、どういうドラマを観たいのか? それを基に絞り込むことにしました。 今回のテーマは「恋愛」です。 胸がキュンとなるような恋愛ドラマが観たい。 その結果、半分の5本に絞り込みました。 まずはそれぞれの第一話の感想です。(o^-^o) 

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

 主演 : 有村架純 高良健吾 高畑充希 西島隆弘

Pdvd_008
 幼くして母を亡くし、北海道で血のつながりの無い夫婦に育てられた音有村架純が、好きでもない相手との縁談を、育ての両親のためにと受け入れようとする姿勢が痛々しくて切ないですね。 悪友が北海道で盗んだカバンを持ち主に返そうと、わざわざ北海道まで来た錬(高良健吾)との会話は、自然体な感じで好感が持てました。

 シリアスな内容ながら、重くならない脚色には捨てがたい魅力がありますね。 ラストで、今の状況がいやになり、錬のトラックに乗って東京へ向かうその途中でカバンの中の手紙を読むんですが、そのシーンに心打たれました。 バックに流れる手島葵「明日への手紙」も感動的で良かったです。

 脚本は古くは「東京ラブストーリー」、最近では「それでも、生きていく」、「最高の離婚」、映画では『世界の中心で愛を叫ぶ』を書いた坂元裕二氏。 非常に期待の持てるドラマだと感じました。 ただ一つだけ言わせてもらうと、錬の働く会社は引越業者なんですが、桃の缶詰の配送も扱っているのは、あまり現実的ではない設定で違和感を感じました。 引越業者が市場配送みたいなことをすることはあまりありませんし、ましてや4トントラックに乗って、一乗務員が勝手に北海道にいくのは、あり得ないです。 下手をすれば懲戒解雇ものです。 ただ、この点を除けば、凄くいい雰囲気のドラマでした。 もしかすると今季一番良いドラマかもしれません。(o^-^o) 

『ダメな私に恋してください』

 主演 : 深田恭子 ディーン・フジオカ 野波麻帆 三浦翔平 ミムラ

 Pdvd_016
会社が倒産して生活も苦しいのに、彼氏に貢いでしまうミチコ深田恭子の姿に歯がゆさを感じましたが、元上司の黒沢デイーン・フジオカと、彼を取り巻く仲間たちがなかなかユニークで、魅かれるものがありました。 ミチコがサラ金に借金してまでも貢いだ金は、彼らの活躍で返金されましたが、ミチコの生活が改善されたわけではありません。 いわゆるダメ女が、どういう出会いを経験し、この後どうなっていくのか、ちょっと興味を持ちました。 ちなみにこのドラマ、うちのかみさんの一押しなんですね。 原作は少女マンガ。 「ラブ★コン」でも知られる中原マヤ氏。 ハチャメチャ感はありますが、コメディとしては捨てがたい魅力がありますね。(o^-^o) 

『東京センチメンタル』

 主演 : 吉田鋼太郎 高畑充希 大塚寧々 小栗旬

Tokio_senchi
 55歳の菓子職人・卓三(吉田鋼太郎がバツ3で、出会う様々な女性に恋心を抱くんですが、下町の風景と、枯れた感じの卓三の風貌が、独特の味わいをだしていますね。 話そのものは在り来たりなフラれ男の物語なんですが、柴又の香りと吉田鋼太郎の組み合わせが良いんでしょうね。 さらっと観れてしまうのがなかなか良いと思いました。(o^-^o)

 

『MARS ~ただ、君を愛してる~

 主演 : 藤ヶ谷太輔 窪田正孝 飯豊まりえ

Pdvd_023
 画面を白色で縁取りする映像が、どこか絵画的で独特の空気感がありますね。 ドラマ自体はきっとシリアスな内容になるんでしょうが、この空気は昔よく読んだマンガを思い出させました。 僕は高校生のころある雑誌で連載されていた石井いさみの「750ライダー」を毎週読んでいて、あのマンガの後期の空気感に似た印象を抱きました。 脚本は「デスノート」の大石哲也氏、監督は数々のCMを手がけてきた耶雲哉治氏。 映像を見る限り、かなり期待できるドラマだと感じました。 零藤ヶ谷太輔とキラ飯豊まりえがどうなっていくのか気になります。(o^-^o)

 

『スミカスミレ 45歳若返った女

 主演 : 桐谷美玲 松坂慶子 及川光博 高橋ひとみ 小日向文世

Pdvd_029
 成績優秀で大学進学希望だったものの、家事優先で自分の夢を殺して介護家事に明け暮れていたスミ松坂慶子が、母の死で介護から解き放たれ、家の整理をしている際に見つけた古い屏風に、とげに刺さってうっかり血をつけたことから、屏風に閉じ込められていた猫の化身が蘇り、スミの願いをかなえるというものなんですが、65歳のスミが猫の化身・黎及川光博の魔術で20歳に若返り、人生をやり直すという設定は面白いですね。

 ただドラマ自体は、正直、話のノリに物足りなさを感じました。 場面設定の問題なのか、脚本の問題なのかわかりませんが、ドラマの空気になじめなかったのは残念です。 とはいえ、20歳に生まれ変わったスミことスミレ桐谷美玲が大学生活と恋という夢を成就できるのか、また、成就した場合、黎はどうなり、スミレはどうなってしまうのか気になりました。 住職の早雲小日向文世がどう関わってくるのかも気になります。(o^-^o)

 以上の5本の中から、何を選ぶかは次回のお楽しみということで・・・。)f(^-^;

|

« 2016冬ドラマ、主題歌・挿入歌どれがいい?f(*^.^*) | トップページ | 2016年冬ドラマ、どのドラマを観続けるか決めました♪(o^-^o) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104273/63193780

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年冬ドラマ、どれを観るか絞込みました♪(*^-^):

« 2016冬ドラマ、主題歌・挿入歌どれがいい?f(*^.^*) | トップページ | 2016年冬ドラマ、どのドラマを観続けるか決めました♪(o^-^o) »