« 2017年4月 | トップページ

2017年5月21日 (日)

サッカーU-20W杯、日本が初戦を制す!ヽ(´▽`)/

U20vs  韓国で行われているサッカーU-20W杯。 先ほど初戦となる南アフリカ戦が終わりました。 結果は2-1で日本の逆転勝利。 小川航基、堂安律の中軸二人が決めました。
 前半は開始早々にオウンゴールを許し、まさかのビハインド。 しかし、ボールの支配率は日本の方が上で、その後はチャンスを作りながらも得点ならず後半へ突入。 
 後半早々、小川選手が岩崎選手のクロスに反応して同点ゴール。 10分後に久保選手を投入し、その10分後、久保選手のクロスに堂安選手が合わせてシュート。 逆転ゴールとなります。 その後は、南アフリカ優勢で試合が進むものの、しっかり守り切りタイムアップ。 日本が勝ち点3を手にしました。 今後のことを考えると大きな大きな1勝です。 次は強敵ウルグアイ。 今回、連携面でややミスが出ていたので、その辺を修正して、勝ちに行ってほしいですね。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年春ドラマ、ようやくどれを観続けるか決めました。m(_ _)m

 5月下旬に入りました。 早くも全国各地で真夏日が観測されています。 すだれが欲しくなる気温ですが、梅雨がまだなので、まだしばらくは我慢ですね。 
 ちなみにサッカーは注目のU-20W杯が始まりましたね。 バルセロナ下部組織に所属するイ・スンウがいる韓国が好発進し、ドイツやアルゼンチンが黒星スタートという波乱の展開になっています。 日本はどうなるのか、初陣の南アフリカ戦がキーポイントになりそうですね。
Tsubaki_bungu01  さて、春ドラマも中盤戦。 僕はなかなか観る時間がとれなくて、ようやく今日から気になるドラマの初回分を見始めました。 とりあえず、20本中11本に絞り、さらに面白そうだなと思えた5本に絞りました。 その中から選ぼうと思ったんですが、どうしても他に1本だけ気になるドラマがあって、それを追加しました。 追加した1本とは、NHKで放送されている『ツバキ文具店』です。 多部未華子が主演ということで気になっていました。 
 今回絞り込んだ6本とは『母になる』『人は見た目が100パーセント』『小さな巨人』『緊急取調室』『フランケンシュタインの恋』、そして『ツバキ文具店』です。 そして初回をじっくり観た結果、このドラマを選ぶことにしました。
 1本目は『ツバキ文具店』です♪(o^-^o) 情感ある映像表現と脚色、そして多部未華子の魅力溢れる演技に惹かれての選択です。 エンディング曲の絢香「コトノハ」も良いですね。 毎回、心温まる感動を期待したいと思います。 
Furanken_01  もう1本が『フランケンシュタインの恋』です。(o^-^o) 映画的な映像表現が良いですね。 キャストも良いメンバーが揃っていますし、平凡な日々の中にフランケンシュタインという非日常的な人物がかかわることで、どんなドラマが生まれるのか楽しみです。
 今クールもよろしくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

今、注目のスポーツは? やっぱりサッカー!(o^-^o)

 今日はGWの最終日。 全国各地でプロ野球やJリーグが行われていて、それ以外にもいろいろとスポーツが行われているんですが、今最も注目が集まっているのが、おそらくサッカーでしょうね。(*^-^) その中心にいるのが久保くんこと久保建英選手。
Kubo_ryukyu_play01  彼は先月、高校生になったばかりの15歳。 なのにこのGWにJ1デビューも果たし、なおかつ試合では見せ場もつくっているんですね。 
 僕が彼の事を知ったのは去年の始め。 東京五輪の期待の星の一人として、YOU TUBEなどで紹介されていたのを見たんですが、バルセロナの下部組織カンテラで得点王になった子供がいるということで注目されていたのが久保くんでした。 残念ながらバルセロナの規約違反で帰国せざる負えなくなってしまったんですが、その後の彼の、チームでの扱われ方を見れば、いかに凄い才能の持ち主なのかわかります。
 U-16の日本代表としてU-17W杯のアジア予選で活躍したのが去年。 去年の末にはU-20日本代表候補たちと共にアルゼンチン遠征に行っているんですね。 今年に入り、U-20候補のドイツ遠征にも参加し、結果も残していて、その内容から、メンバー入りが確実視されていました。 そして今月に入り、代表21人の中に名を連ね、彼の注目度がさらに上がりました。 昨日のJ3の琉球戦では、あのジダン監督が現役の頃、得意としていたマルセイユ・ルーレットを披露。 皆を驚かせました。 あれは足の裏を使える技術が無ければできない技ですよね。 
 今月下旬にはU-20W杯が行われます。 ここで南アフリカや強豪ウルグアイ、堅守のイタリア相手にどこまでできるか注目されています。 日本は小川選手、岩崎選手、堂安選手、富安選手といったハイレベルな選手がいて、どれだけチームプレイができるかが生命線になりそうなんですが、その中で久保くんがどれだけ相手を撹乱できるかもポイントになりそうです。 とにかく久保くんには、怪我だけは気を付けて、最高のプレーを見せてほしいですね。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

2017年春ドラマ、主題歌・挿入歌どれがいい?(*^-^)

 お待たせしました。m(_ _)m 今季も「主題歌・挿入歌どれがいい?」をいかせていただきます。m(_ _)m
 今季は安室奈美恵平井堅絢香Kis-My-Ft2GENERATIONS from EXILE TRIBEなど豪華なメンバーが顔を揃えていますね。
 そんな中、最も印象的だったのがこの曲でした。
 
Ayaka_kotonoha02  絢香「コトノハ」です。 彼女は2006年に19歳でデビュー。 その年、「三日月」を大ヒットさせて、ヒットメイカーの仲間入り。 3年後には俳優の水嶋ヒロと入籍。 翌年に研音を退社して、自主レーベルを設立。 そのファーストアルバム「The bigining」がNo.1ヒットを記録する快挙を成し遂げました。 2年前に出産を経て、地道に活動を続けています。 
 今回のこの「コトノハ」は絢香らしい、ピアノをバックに使ったバラード。 
  "伝えたいことは あふれるほどあるけど あなたへのコトノハが時を超えて・・・"
と、心込めて歌う絢香の歌声が、すごく耳に残りますね。 NHKで放送されている『ツバキ文具店』エンディング曲です。(*^-^)
 最も印象的だったのはこの曲でしたが、他にも特筆すべき曲はありますね。
Hata_motohiro_girl01  まずは秦基博「Girl」です。
 彼は2006年に26歳でメジャーデビュー。 ビッグセールスと呼べる曲は無いのですが、存在感のあるハスキーボイスが印象的で、2014年に発売された「ひまわりの約束」が映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌に起用されロングヒット。 この曲は今改めて聞いても、涙が込み上げてきそうになりますね。 名曲だと思います。
 今回のこの「Girl」は2013年に発売されたアルバムからのシングルカットということなんですが、このドラマのエンディングを爽やかに彩っていますね。 『恋がヘタでも生きてます』エンディング曲です。(o^-^o) 
 
”僕は人間じゃないんです ほんとにごめんなさい
 そっくりにできてるもんで よく間違われるんです”
 そう歌いだすのはRADWINPS「棒人間」です。(*^-^)
Radwimps_01  RADWINPSは2001年結成で2003年デビュー。 ブレイクしたのは2006年以降ですが、僕としては、2011年にFIFAサッカー女子W杯のNHKテーマ曲に使われた「君と羊と青」が、ナデシコJAPANの活躍と重なって、非常に耳に残っていますね。 
 でも、彼らの代表作といえば、去年大ヒットした映画『君の名は』に使われた「前前前世」でしょう。 映画が2016年を代表するヒット作となり、この曲の入ったサントラもロングヒットになりました。 
 今回のこの曲は、珍しくゆったりとしたテンポの曲なんですが、非常にインパクトのある歌詞が耳に残ります。 『フランケンシュタインの恋』エンディング曲です。(o^-^o)
 
Beverly_01  さて、今季のドラマの中で、最もパワフルなハイトーン女性ボーカルを聴かせてくれているのがBeverly「I need your love」です。 彼女はフィリピンのシンガーで22歳。 アメリカとフィリピンで活動し、いくつか受賞歴もあるそうですが、一昨年から日本でも活動するようになったそうです。 ”a-nation”でのライブパフォーマンスが目に留まり、主演の小栗旬くんの推薦でドラマの曲に抜擢されたようです。 本当にこれからの活躍が楽しみなシンガーだと思います。 『CRISIS』オープニング曲です。
 
Kame_to_yamap01  さて、今季のジャニーズですが、実に4組も参戦していますね。 を筆頭に、KAT-TUN亀梨和也山下智久修二と彰以来のユニット、Kis-My-Ft2、そして、KAT-TUN中丸雄一のソロと豪華です。 その中から、2曲紹介しますね。 まずは修二と彰以来のユニットとなる亀と山P「背中越しのチャンス」です。
 亀梨和也山下智久のユニットでブレイクした修二と彰「青春アミーゴ」は2005年ですから12年前。 この曲がミリオンヒットとなり、翌年にKAT-TUNがブレイクしたんですよね。 今回のこの曲は、ヒロインの木村文乃と3人で踊るエンドクリップが印象的ですね。 シンプルでどこか懐かしいダンスが良い感じです。 『ボク、運命の人です。』エンディング曲です。(o^-^o)
Nakamaru01  そして、もう一曲がマッサージ探偵ジョー「お疲れサンクス」です。 このマッサージ探偵というのは、ドラマの役名で、中丸雄一くんが演じています。 エンドクリップでは、インド風のサウンドアレンジのこの曲にのって、飄々と踊っていて、凄くインパクトがありますね。 『マッサージ探偵ジョー』エンディング曲です。(*^-^)
 いかがでしたでしょうか? この中からどれだけヒット曲が生まれるんでしょうか?
 とりあえず、亀と山Pは堅いでしょうね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ