« 2017年6月 | トップページ

2017年7月17日 (月)

サッカー日本代表の未来に期待♪(*^-^)

Yamahoko01  7月半ば。 今日は祇園祭のメインイベントと言える山鉾巡行が行われました。 今年は日程に恵まれ、宵山と巡行が連休に当たるという興行上はベストの条件で、なおかつ天候も悪くなかったので、大勢の観光客でにぎわったと思います。 僕は今年は引越しの関係でスルーさせていただきました。 またPCを、東京に娘が就職したことで、娘の部屋に移動させたのを、ネット環境の悪さから、妹の部屋に移動させざるおえず、その時間にこの連休を使いました。 幸い、この妹の部屋はクーラー完備で、ネット環境としては最高なんですね。 但し、夜は妹が寝に来るんで、PCは使えないという弱点はあるんですが・・・。(^-^;
 さて、PCも無事設置でき、接続も完了したことで、記事を1つ記そうと思ったんですが、何を記そうかと考えて、やはり今一番関心があるサッカー日本代表の未来について記すことにしました。
In_spain  今の日本代表はロンドン世代やリオ世代がうまく台頭してなくて、その前の世代の香川や長友、本田、長谷部らが頑張っている現状。 本当なら、清武が中心にいて、山口、酒井宏樹、酒井高徳がメンバーにいるものの、永井や権田がレギュラーをとっていてもおかしくない時期なんですね。 リオ世代に関しても、リオにチーム事情で出られなかった久保裕也が加わっているものの、岩波、中島はまだ呼ばれてないですし、遠藤、植田もレギュラーとまではいっていませんね。 それがA代表のアジア予選の苦戦につながっていると思います。 救世主と言える選手も登場していますが、原口にしても、大迫にしてもオリンピックメンバーではないんですね。 その辺が歯がゆいんですが、将来的に日本代表に未来は無いかというと、そうではないんですね。 世界的に注目されている若手が二人います。
U20vs  一人は皆さんご存知の久保建英選手。 現在16歳ですが、U-20W杯での活躍は記憶に新しいと思います。 去年U-17W杯のアジア予選で活躍し、その段階ではJ3デビューまでで充分な感じだったんですが、今年に入り、まさかのU-20W杯抜擢。 それだけ成長しているという証なんでしょうね。 このまま成長し続ければ、おそらく来年にはJ1でレギュラー獲得も夢では無いと思います。 A代表に呼ばれる可能性もありますね。 技術は凄いですし、フィジカル面が備われば、時間の問題だと思います。
Soccer_nakaiku01  そしてもう一人が、現在13歳の中井卓大くん。 レアルマドリードの下部組織で活躍していて、トップ下で欠かせない存在になっています。彼のボールキープ力は半端なくて、ボールを持たせたら、ほとんど奪われないので、チームの信頼はかなり高いようです。 足の裏を使ったボールプレイは久保くんも見せていますが、中井くんは数倍凄いですね。 下手すると、16歳の若さで東京五輪代表になる可能性も無くはないです。 この二人が、東京五輪以降の日本を背負っていくのは間違いないと思います。 その時、日本のランキングがどこまで上がっているのか? 日本は過去9位になったことがあるんですが今の査定方法だと13位が最高順位。 あの中田英寿中村俊輔が居たころの順位に近づけるのか、今から楽しみですね。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

サッカーU-17W杯、組み合わせが決まる!o(*^-^)o

 U-20W杯がベスト16止まりに終わったサッカー日本代表。 秋に行われるU-17W杯U17afc01_3 の組み合わせが決まりました。 日本の若きエース、久保建英選手にとってリベンジマッチとなるこの大会。 日本はE組。 ホンジュラス、ニューカレドニア、フランスと同組となりました。 日本にとってはやりやすい相手ばかり。 フランスが最強の相手となると思うんですが、久保、平川を軸とする日本攻撃陣なら、充分に対抗できる相手だと思います。 他のグループに目を向けると、日本のライバルと言える、アフリカの雄・マリがB組でパラグアイと同組になっています。 C組にはドイツがいて、死の組と言えるD組にはブラジルスペインがいます。 優勝候補の2チームが同組というのは面白いですね。 F組にはチリ、メキシコ、イングランド、イラクという伏兵がいて、ここが僕的には死の組という印象があります。
Kubo_nagatomo_01  いずれにしても日本は計算しやすい組に当たったという印象です。 日本には久保くんを中心に、平川選手という起点となる選手がいて、中村選手、棚橋選手というストライカーがいて、DFには監物選手、瀬古選手、GKには谷選手と、頼りになる守備陣がいるので、世界的にはダークホースと見られていると思います。 FIFAがいきなり、久保くんを記事に取り上げたように、日本は注目されているようですね。 過去の親善試合で日本が手強い相手と思っているのが、去年、U-16インターナショナルカップで優勝したマリ。 この時は、久保選手がゴール前で相手を数人引き付けて、平川選手にパスして1点をもぎ取った試合だったんですが、後半、相手のフィジカルに負けて、逆転負けしたんですね。 日本代表としては、リベンジマッチになります。 スペイン、ブラジル、チリという強敵はいますが、日本にとって、当面のライバルはマリということになると思います。 
 日本が決勝トーナメントに進出するのは間違いないと思いますが、当然、久保くんに対すKubo_u20_taiki るマークもキツイと思うので、そこを森山監督がどうアプローチするかに掛かってくるんですが、育成能力の高い森山監督ですから、影武者は当然用意していると思います。 久保くんには当然マークは厳しくくると思いますが、日本には、久保くんと同じFC東京に所属する平川選手がいるので、相手を久保くんがうまく引き付けて、平川選手が上手にお膳立てして、相手を翻弄するというプレイが見られると思います。  その術中にはまれば、日本には選択枠が多いので、アジア予選で観られたような大量得点も見られると思います。  
 10月開催のこの大会。 非常に楽しみですね。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内、ドラマ記事をお休みします。m(_ _)m

 7月上旬。 今年も暑い夏がやってきました。 今週に入ってスコールも2,3度発生しています。 梅雨前線と季節外れの台風の影響で、九州では大変な災害が起きています。 一方で、芸能界では小林麻央さんが癌で亡くなっています。 悲しい出来事が多いなか、東京都議選で都民ファーストが49議席を確保したり、将棋の藤井四段が29連勝したりと、明るい話題もありました。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 熱中症だけは注意してくださいね。 後、南米よりキアリが上陸しています。 死に至るアリということで、気を付けてください。 
 さて、我が家では、2~3年前にエアコンを支える壁が崩れて、エアコンが落ち掛けているという状況でした。 シロアリが柱部分を食い荒らして、支えきれなくなったんだと思います。 原因は2階にあるお風呂の排水管の水漏れ。 1階が台所で、その天井にシミができていました。 その影響で、毎年春にシロアリが発生し、一昨年、大掃除で押入れを整理していたら、軸となる柱がシロアリで食いつぶされ、ほとんど柱が無い状態になっていました。 いつ家が崩壊してもおかしくない状態で、ようやく先月になって、建て替えのGOサインがでました。 
 ここは僕の両親の家で、僕ら夫婦は同居している状態で、お風呂の下に僕ら夫婦の台所を作ってもらったんですが、おそらく阪神大震災やその後の地震の影響なんでしょうね。 正直、限界にきていました。 両親の家なので、父が納得しなければ立て直しはできない状況だったんですが、最近、父がベランダの異常に気付き、やっと現状を理解して、立て直しが決まりました。 今、ベランダの改修を行っていて、今月中には台所とお風呂の改修がはじまります。 その関係で、僕ら夫婦の台所が無くなり、両親との生活時間帯の違いから、建て替えの間、近くのマンションに部屋を借りることにしました。 先月末に仮住先が決まり、今週引越ししました。 但し、1Kなので、寝泊まりするのはかみさんと下の娘のふたりだけ。 僕は、寝室は改修しないので、工事の終わる11月まではマンションと実家を行き来することになります。 DVDレコーダーやTVはかみさんに優先権があり、マンションに持っていったこともあり、ドラマのチェックや曲のチェックは事実上できなくなりました。 そのため、申し訳ありませんが、年内のドラマ記事は休ませていただきます。 PCはマンションに置けないので、実家に残っています。 なので、記事は記せるのですが、ドラマは無理ですね。(^-^; 次回のアップは来年ということでご了承お願いします。 スポーツ記事などは、続けていきますのでよろしくお願いします。 
 スポーツ記事と言えば、サニーブラウン選手ですね。 以前から才能の高い選手として注目されていましたが、ここへきて、一気に日本のエースに名乗りを上げましたね。 日本人初の9秒台は彼が出す可能性が高いですね。 サッカーU-17W杯の組み合わせ抽選が行われ、日本は比較的やりやすい組になりましたね。 フランス、ホンジュラスと同組ですが、予選突破の可能性は高いです。 久保建英選手の活躍に期待です。 
 というわけで、ドラマ記事は年内休みます。 「ドラマ主題歌・挿入歌どれがいい?」は年内おやすみということで、ご理解お願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ