« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月17日 (土)

平昌五輪、金メダル1号は羽生結弦!o(*^▽^*)o

 平昌五輪が始まって一週間が経過し、日本はメダル数が過去最高になるペースで進んでいるんですが、未だ金メダルはゼロ。 最悪、金メダルナシもありうるな、と思っていたら、フィギュアの絶対王者がやってくれました。 Yuzuru_hanyu_01 去年の11月、練習中に右足を怪我し、五輪まで公式戦に一度も出ないまま本番を迎えた絶対王者、羽生結弦選手。 これまでの実績が評価され五輪メンバーに選ばれたものの、マスコミの五輪メダル予想では圏外扱いされていました。 大方の予想はスペインのフェルナンデスが金で、ネイサン・チェンが銀、宇野昌磨選手が銅でしたが、SPでネイサン・チェンがミスを連発して下位に沈み、羽生、宇野選手がベストスケーティングをすると、周囲の反応が一変しましたね。 フェルナンデスを含め、3人の争いとされ、そして今日を迎えました。 ポイントとなるのは羽生結弦選手のスタミナ。 最後までベストスケーティングが出来るかいなか、それによって金メダルの行方が変わってきます。 
 僕は今日の昼1時からリアルタイムで観ていました。 最初に登場した羽生結弦選手。 4回転サルコウと4回転トゥーループを綺麗に決め、スピンやステップも別格の滑り出し。 後半、問題視されていたスタミナの影響か、きわどいシーンが2度あったんですが、綺麗に演技をまとめて「晴明」のフィニッシュ・ポーズを決めました。 直後、お馴染みのプーさん・シャワーが。 そして、300点越えのポイントが出た直後の大歓声。 羽生選手がトップに立ち、同時に羽生選手の銅メダル以上が確定しました。 
 続くフェルナンデス選手の演技。 綺麗な滑りで、ジャンプも次々と成功させます。 ただ
、4回転が2回転になるミスが出て、これが明暗を分けました。 結果2位となり、この時点で、日本の金メダルが確定しました。Shoma01  後は、羽生選手が金メダルを獲るか、宇野選手が金メダルを獲るかという状況です。 宇野昌磨選手は冒頭の4回転に転倒したものの、その後を開き直ったかのように無難にまとめ、技術点で羽生結弦選手を上回りました。 結果2位となり、日本の金・銀メダル独占が決まりました。 これはフィギュアスケート史上初で、冬季五輪としても、歴史的快挙となります。 リアルタイムで観ていてすごく感動しました。 この勢いに乗って、小平奈緒選手や渡部暁斗選手、女子パシュートチームも金メダルを獲って欲しいです。 今後の日本選手の活躍にも期待しましょう。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

平昌五輪、いよいよ決戦の日! 高梨沙羅と高木美帆

 平昌五輪が始まって4日目。 皆さんはどの競技に注目していますか?(*^-^) 
Pyong_chang_01_opening_ceremony  開会式は極寒の中、五輪にしては割と控えめな内容で終わりましたね。 印象的だったのは、映像に映し出された美しい四季の風景と、ドローンによるパフォーマンスでしたね。 ドローンで描かれたスノーボーダーが五輪に変わっていくシーンは、五輪史に残るかもしれませんね。 後、初めの方に登場した人面鳥は、妙に印象に残りましたね。 
 さて、競技自体は、予選が開会式前日から始まっていて、スキージャンプノーマルヒル男子で葛西選手が登場し、8回目の五輪出場という記録を打ち立てました。 アルベールビル大会の時からですから、26年も出続けている訳で、これは凄い記録ですね。 
 Sara_t_01 ここまで、日本のメダル数は0。 ただ、今日はメダルラッシュが予想されています。 スキージャンプノーマルヒル女子の高梨沙羅選手。 スピードスケート女子1500mの高木美帆選手。 男子モーグルの堀島行真選手、女子スロープスタイルの鬼塚雅選手など、期待の選手が目白押し。 他にもフィギュアスケート団体があって、どれを観ようか迷ってしまいますよね。
 僕はスキージャンプノーマルヒル女子が観たいです。 高梨沙羅選手がどこまで復調しているのか楽しみですし、本来の調子に戻っていれば、充分金メダル争いが出来ると思っています。 沙羅選手が15歳の頃から、ずっと観ているので、凄く期待しています。 今大会は日本選手がメダル争いしそうな競技種目が多くて良いですね。 過去最高のメダル獲得数になるのではないかと期待しています。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

もうすぐ平昌五輪、期待の競技種目は?(*^-^)

Pyog_chung01  いよいよ今週末に迫った平昌五輪。 皆さんはどの競技に注目していますか?(*^-^)
 例によって、各地のマスコミがメダル予想をしていますね。 スポーツイラストレイテッド誌金3銀4銅7の計14個を予想していて、長野五輪で記録した計10個を抜いて、過去最高の獲得数になるとしています。 日本が複数の金メダルを獲得したのは長野五輪だけで、その時5個も獲得しているんですが、今回は可能性のある競技種目が沢山ありますね。 僕はその中で金メダルに近いと思える種目が8つはあると思っています。
Kodaira_nao_01  まずは女子スピードスケート小平奈緒選手ですね。 24連勝で負けなしの500mと、世界新記録を樹立した1000mは大本命と言えると思います。 そして、1500mの高木美帆選手。 今季4勝していて、これまた本命と言えると思います。 また高木姉妹の出る女子パシュートも可能性大ですね。
Hanyuyuzuru01  フィギュアスケートでは羽生結弦選手がシングル1本に絞って出場するんですが、ぶっつけ本番であの「晴明」をベストスケーティング出来るのか注目です。 SP、フリー共、ノーミスでいければ、金メダルは間違いないところなんですが、果たしてどこまで怪我が回復しているかがポイントですね。 
Akito_watabe01  雪上競技では、ノルディック複合渡部暁斗選手が今季絶好調で、先日の白馬を含め4連勝しているんですね。 ジャンプの出来が良ければ、ノーマルヒル、ラージヒルで金メダルを獲る可能性は高いです。
Ayumu_hirano01  そしてハーフパイプ平野歩夢選手。 先日のXゲームで前人未踏のダブルコークの連続技を披露して99.0で圧勝しました。 4回転を2回連続で決めた選手は過去誰もいないんですね。 この技をきっちり決められれば金メダルは間違いないと思います。 ライバルのベテラン、ショーン・ホワイト選手の仕上がりも気になるところではありますが・・・。
 他にメダルの可能性が高いのが女子ビッグエア鬼塚雅選手、フィギュアスケート宇野昌磨選手。 金メダルは難しいかもしれませんが、表彰台に上がる可能性は非常に高いと思います。 もちろんスキージャンプ高梨沙羅選手も可能性があります。 マーレン・ルンビー選手とカタリナ・アルトハウス選手にはここまで負け続けているものの、先日優勝したベテランのダニエラ・イラシュコ選手はジャンプ台によって当たり外れがあるので、沙羅選手の付け入るスキはあると思っています。 沙羅選手が本来の調子に戻っていれば、金メダル争いに加わる可能性はあるんですが・・・。
 他にも、スキーハーフパイプ小野塚彩那選手、モーグル堀島行真選手、スキージャンプ小林潤志郎・陵侑兄弟伊藤有希選手など注目選手が目白押し。
 解っているだけでもこれだけの選手に可能性があるので、僕も過去最大のメダル数になると思っています。 本当に今から楽しみですね。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »