« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年3月25日 (日)

高梨沙羅選手、前人未踏の54勝目! 

 オリンピックも終わり、今は高校野球が真っ盛り。 桜もそろそろ開花しはじめるこの数日、スポーツは、日本にとって非常に盛り沢山な内容だったと思います。
Naomi_osaka_01  先ずは女子テニスの大坂なおみですね。 世界の強豪たちを相手に次々と勝ち続け、初優勝した翌週には、遂に憧れのセレーナ・ウイリアムスにまで勝ちました。 残念ながら、体調不良で次の試合には負けましたが、連日、格上に勝利する金星の連続に、アメリカでは注目の的になっているようです。 近い将来、グランドスラムを獲るのではないかと、あの松岡修造さんも思っているそうですね。 僕も動画で彼女のプレイを観ましたが、パワーもあるし、ラリーもこなせるし、バックハンドも凄くうまいですね。 日本とアメリカの二重国籍を持っているそうですが、是非日本選手として東京五輪に出て欲しいですね。
Kazuki_tomono_01  次がフィギュアスケート世界選手権での健闘ですね。 女子は樋口若選手が会心の演技を見せて銀メダル、宮原知子選手も運が味方して銅メダルを獲得し、日本がW表彰台。 出場枠を3に戻しました。 男子も羽生選手の欠場で2枠になる恐れがあったんですが、シニアデビューの友野一希選手が会心の演技で5位入賞。 宇野昌磨選手も踏ん張り、銀メダル。 結果として3枠を確保しました。 

Sara_takanashi_54win  そして今朝の最大の話題は高梨沙羅選手です。 ドイツのオーベストドルフで行われているW杯最終2戦の初戦で優勝し、歴代最多の54勝目を獲得しました。 スキージャンプ史上、最多の記録です。 男子のシュリーレンツァウアー選手と53勝で並んでから、約1年ほど勝てずにいたんですが、風にも恵まれ、ようやくの勝利です。 今季に入って、ノルウェーのマーレン・ルンビー選手の成長により、勝利から遠ざかっていました。 この勝利が、高梨選手のさらなるステップアップになってくれることを期待しています。(*^-^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

平昌五輪、メダルラッシュに沸いた2週間♪(*^-^)

Pyong_chang_01_opening_ceremony  平昌五輪が終わって2週間が経ちました。 今はパラリンピックが始まり、早くも銀メダル2個と、日本チームは好調です。 
 平昌五輪でのメダル数は13個。 過去最多の獲得数で、金メダル4個も、長野五輪の5個に継ぐ記録です。 冬の五輪では、長野五輪以外で複数の金メダルを獲ったことが無かったので、国外での開催としては初となります。
 その原動力となったのが女子スピードスケート陣。 小平奈緒選手の500メートルを皮切りに、高木美帆・菜那姉妹のパシュート高木菜那選手のマススタートと3つの金メダルを獲得しました。 もちろん、どれも初の出来事となります。
Yuzuru_hanyu_01  そしてもう一つが男子フィギュアスケート羽生結弦選手。 怪我からの復帰戦で、奇跡的な2連覇でした。 しかもフィギュアスケート史上66年ぶりの快挙。 僕はリアルタイムで観ていたんですが、すごく感動しました。(*^-^)
 銀メダルは5個。 1つは男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手。 羽生選手とのワンツーフィニッシュでした。
 他に、男子ハーフパイプ平野歩夢選手。 あのショーン・ホワイト選手を追い詰めた滑りは凄かったですね。 
 後、ノルディック複合ノーマルヒル渡部暁斗選手。 ソチ五輪の再現となったエリック・フレンツェル選手とのデッドヒートでしたが、残念ながら、今回も敗れてしまいました。 でも怪我を負っての戦いだった事を思えば大健闘と言えると思います。
 残り2つは女子スピードスケート陣で、1000m小平奈緒選手と1500m高木美帆選手でした。 
Carling_pyong_chung01  銅メダルは4個。 1つは女子スピードスケート1000m高木美帆選手。  残りの3つは、スキージャンプ女子ノーマルヒル高梨沙羅選手、男子モーグル原大智選手、カーリング女子で、いずれも初ものでした。 高梨沙羅選手の飛び終えた後の涙、カーリング女子の3位決定戦でのラストショットと本橋麻里選手へのインタビューは心打たれました。
 各競技のW杯も再開されていて、高木美帆選手はオールラウンド世界選手権の総合優勝を決めています。 小平奈緒選手は500メートルの勝ち星を増やしたものの、体調不良で総合優勝はならなかったようです。 高梨沙羅選手はここまで勝ち星なし。 平昌五輪後は表彰台にも上がっていません。 今日のノルウェー・オスロ大会がラージヒルなんで、ここで表彰台に上がる可能性はあります。 最終のドイツ大会は2週間後。 でも優勝の可能性は低そうです。 来期に期待です。
 渡部暁斗選手は平昌五輪後の優勝を数時間前に決めました。 総合優勝の可能性は充分ありますね。
 男子モーグルでは堀島選手が優勝を取り、カーリング女子は来週にも世界選手権が行われます。 五輪後の日本選手の活躍にもまだまだ目が離せません。 もちろんパラリンピックもです。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »