« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月24日 (日)

2018W杯ロシア大会、今夜セネガル戦!(*^-^

 今日は6月24日。 日照時間が一番長い時期ですし、梅雨の真っ只中。 今週は大阪高槻の地震から始まりました。 丁度、会社で事務作業を始めた時間で、ここ京都でもかなり揺れました。 その後、会議があったんですが、その間も揺れがありましたね。
Rossia_wcup  サッカーW杯も各グループの第1戦が終了し、第2戦が佳境を迎えています。 今夜、日本vsセネガル戦があって、その後のコロンビアvsポーランド戦で第2戦が終了します。 今大会は波乱が多く、初日にロシアがサウジアラビアに5対0で大勝。 ドイツがメキシコに敗れ、アルゼンチンは小国のアイスランドにドロー、クロアチアに対しては0対3で惨敗し、決勝トーナメント進出は風前の灯火。 メッシの今大会は予選敗退で終わってしまうのでしょうか?(^-^; 
 ドイツはつい数時間前にスウェーデンとの激闘の末、2対1で辛くも勝利。 イエローカード2枚で退場者が出て10人なったドイツが、アディショナルタイムにクロースのPKで勝利。 ようやく勝ち点3を獲得しました。
Revandofski_poland_2  さて日本代表のいるH組ですが、ここはまさに波乱の展開、下剋上の状況になっています。 戦前の予想では、コロンビアとポーランドが抜けるとされていましたが、第1戦でこの両国が揃って負けるなんて誰も予想していなかったと思います。 セネガルは身体能力とチームワークを生かして2対1でポーランドを退けました。 そして日本代表は強国コロンビアに2対1で勝利。 世界を驚かせました。 南米のチームに勝つのはW杯では初になります。
Kagawa_osako_vs_colombia_01  この試合、開始3分でコロンビアのサンチェス選手がハンドによるレッドカードで退場となり、いきなりコロンビアが1人少ない10人での戦いを強いられました。 このPKを香川選手が落ち着いて決め、先制。 ただ日本は10人になったことで、攻めに迷いが生じたのか、前半は逆に押し込まれる展開で、ファルカオ選手のトリックプレーでファウルを獲られ、FKをキンテーロ選手に決められてしまいます。 でも後半に入り、縦パスの多用で積極的に攻め始めた日本が主導権を握り、コロンビア陣内での時間が多くなりました。Osako_2nd_goal_vs_colombia  そして酒井宏樹選手が獲得したCKを途中出場の本田選手が蹴り、大迫選手がヘッドであわせて勝ち越し。 その後はハメス・ロドリゲス選手の決定的なシュートがありましたが、大迫選手が飛び込んでブロック。 大迫選手の攻守にわたる活躍で勝ち点3を獲得しました。 
 監督交代から2カ月。 西野監督の手腕が日本代表をここまで押し上げたんだと思います。 出場したどの選手も躍動感があって、連携も良くて、誰が欠けてもある程度フォローできる、短期間にもかかわらず、本当に良いチームに仕上がったな、という印象をうけました。Mane_senegal  そして今夜はセネガル戦。 前線のマネ選手と若手のニアン選手が、速さとうまさがあって怖い存在ですね。 日本はここで勝てば、決勝トーナメント進出はほぼ確定、引き分けでも可能性は高いです。(*^-^) 
 一方、コロンビアはポーランドと対戦。 こちらは生き残りを掛けた試合、負ければほぼ予選敗退となります。 ハメス・ロドリゲス選手が本調子ではないので、可能性は五分五分でしょうか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

サッカーW杯ロシア大会、始まりましたね♪(*^-^)

 4年に1度の祭典、サッカーW杯のロシア大会が始まりましたね。 先週から開幕して、すでに10ゲーム前後終了しています。 
Cristianoronaldo01  いきなり、開催国のロシアがサウジアラビアに5対0で圧勝するというサプライズから始まり、ポルトガル対スペインは3対3という、スペインVSクリスチャン・ロナウドという構図が色濃く出たゲームになり、アルゼンチンは小国のアイスランドに1対1のドローという意外な結果になりました。 何か予想外に面白い展開に、ワクワク感がありますね。 こんな流れで日本代表はどういう試合をするのでしょうか?(*^-^)
 今回のW杯はロンドン五輪世代が中心となるだろう大会で、各国のメンバーを見ても、あの時の選手が結構いますね。 スペインを見ると、サイドバックのアルバ選手やイスコ選手、キーパーのデ・ヘア選手なんかは、ロンドン五輪での日本戦のメンバーですね。Sareh_egypt01  準々決勝で日本と戦ったエジプトにはサラー選手がいます。 もっともあの時は、解説の三浦淳宏さんからサーレハ選手と呼ばれていました。 
 今大会の最注目選手は、やはりポルトガルのクリスチャン・ロナウド選手とアルゼンチンのリオネル・メッシ選手でしょうね。 怪我から復帰のネイマール選手も注目ですが、若手でフランスのムベッペ選手も注目です。 
 日本はここへ来て、パラグアイ代表との練習試合で勝利し、ようやく方向性が確認できた印象ですね。 ただ、岡崎選手の怪我の状態が良くなくて、サポートメンバーの浅野選手が加わるという話もあります。 逆に香川選手の状態が良いようで、初戦のコロンビア戦に間に合いそうな印象ですね。Inui01  乾選手との相性も良いようで、大迫、香川、乾、武藤、柴崎といった20代後半~30歳の世代で前を固める可能性が高くなってきました。 本田選手はどうもスタメンではなく、交代要員として流れを変えるキーマンとなりそうですね。 コロンビアは強敵で、ハメス・ロドリゲスファルカオという凄い前線がいるんですが、日本はしっかり守って、カウンターで崩すサッカーを見せてほしいですね。 前線のこの5人なら楽しみです。 中盤やサイドバックにロンドン五輪で活躍した山口選手や酒井宏樹選手が加わり、平愛梨と結婚後、乗りに乗っている長友選手が加われば、もしかすると番狂わせもあるかもしれません。 ロンドン五輪でのスペイン戦の再現があるかもです。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »