2005年12月18日 (日)

続・映画版『電車男』観れました~♪

 昨日観た映画版『電車男』で、かみさんと二人で、最後のキャストの欄に田中美里の名前が載っていて、「いったいどこに出ていたんだろう?」、という話になった。

 全然印象に残っていないし、ほかの主なキャストは全部判ったのになぜだろう? きっと、ほんのワンカットでしか出ていないんじゃないか、って結論に至って、今朝、確かめて見ることにしました。

 朝は、何ぼ遅くても、僕だけは7時には起きてしまう癖がついていて、今日は6時半過ぎに起きて、DVDの置いてある台所へ寒い寒いといいながら、パジャマ姿でテクテク向かった。

 外は雪が軽く積もっていて、まだチラチラと降っています。 お湯を沸かして、モーニングコーヒーを飲みながら、コタツに入って、一人、映画鑑賞に浸る。  やっぱり前半の展開は速い、速すぎる・・・。  そうこうしているうちに、べノアティーの店のシーンが出てきた。  ひさしが 「ベアノティーありますか?」って訊いて、答えた店員さん・・・、あっいたいた、この店員さん、田中美里だぁ~・・。「べノア、でございます。」   本当にほんの10秒程度の登場でした。 こりゃ、判らない訳だぁ~・・・、短すぎ・・・。

 疑問が解けて、その後のシーンへ・・・。  やっぱり、ラストの30分はいい。(T_T) 中谷美紀が本当に自然な感じで、好感がもてるし、ネットの住人たちもいい。 ラストシーンはすごく印象的ですね。 二人の最初の出会いの場面へ帰っていく・・・。  だらしなく駅のホームを歩く電車男の姿とOrange Rangeの曲が感動的でした。o(^-^)o

キタ━━(゜∀゜)━━ !!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

映画「世界の中心で愛を叫ぶ」・・・

 この間、テレビでやっていた映画「世界の中心で愛を叫ぶ」を、夕方からかみさんと二人で観ました。

 第一印象では、大林宣彦監督の尾道シリーズを思い出したんですが、3時間近い話がすごく短く感じました。 いい映画って印象です。

 作と亜紀の愛が切なくて、涙がでそうでした。 飛行場に行ったのに台風で飛行機が欠航になったシーンは本当に感動しました。

 それにしても、長澤まさみと森山未来がいいですね~。 やっぱり、秋のドラマは「危険なアネキ」を見ることにしよ~う♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら、電車男SPの話を・・・

 遅ればせながら、木曜夜にやっていたTV「電車男 もう一つの最終回」を見直しました。 リアルタイムでも見ていたのですが、なかなか書き込みする時間が持てなくて、今日再度観て、書き込むことにしました。 

 本編の11話はもう何度も見直していて、その度感動しています。 どの回もいいシーンが組み入れられていて、なかなか飽きさせません。 本当によくできたTV版電車男です。

 僕は、実は本や映画のほうはTV放映されるまで、全然関心がなくて、すごく流行っているのは知っていたんですが、全然見る気がしませんでした。 それが、かみさんが観て見たいってことで録ったTV「電車男」の第1話を観て、「あっ、これはおもしろそうだなぁ~。」とおもって、それから、毎回DVDに録画して、休みの日に観るようになりました。 回を追うごとにはまっていきましたよ~(^o^)。

 恋愛ものは過程を丁寧に描いたものが良いって言いますが、「電車男」はまさに王道ですね。

 10話目に来たら、2チャンネルの掲示板にのっている「ダイジェスト版」を読んだり、本を立ち読みしたりして、もうすっかり電車男にはまっていましたね。

 さて、電車男SPの話ですが、全体としては、まずます゜って感じで、どちらかといえば、お笑い先行ってとこでしょうか? 松永、川本両氏による、あの告白シーンの吹き替えにはひっくり返ってしまいました。 お~い、感動のシーンをパロディーにするなよ~、って感じ・・・。

 本編と松永と、牛島(阪神ファン)の話をうまくリンクさせて、展開するところは、いかにも映画的で面白かったです。 牛島の存在って、最後まで大きかったですね。 絶対実りそうも無い恋を結びつけちゃうんだもの、すごい行動力のある奴だよね~♪ 松永の告白を牛島がサポートするシーンは、本編同様の感動がありました。 ここだけでも観た甲斐がありました。

 ラストで電車とエルメスが温泉旅館に泊まるんだけど、いまどき別々の部屋にセッティングしてあったのを新婚だとおもって勝手に一部屋したり、混浴しかない旅館ってあるかい~? まず無いよ~!   (`_´メ)

 まあ、ネットの住人達を失神させるには、この位の毒も必要か・・・、って勝手に納得する私です・・・。

 全体としてはハッピーエンドでよかったです。  僕は伊藤美咲はタイプではありませんが、秋のドラマは「危険なアネキ」を見ようかなぁ~♪(^o^)  かみさんは森山未来(セカチューだよね~)が観たいそうですし~・・・。sto11_p_06

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月25日 (日)

電車男(^o^)最終回に萌え~♪

 電車男、とうとう終わりましたね~♪ 原作とは結構異なる部分が多かったけど、ポイントとなる部分は最終回も同じでしたね。 大人のキスまでいくとは思わなかったですが・・・。

 放送当日は仕事が忙しくて、途中から観ました。 告白シーンからだったと思います。 

 最初からみたのは翌日の祝日で、10話とセットで観ました。

 賛否両論あると思いますけど、僕はとてもハマリました。 2度3度と観ていくほど感動しました。 大概は、「ごくセン」のときみたいに、1回見て感動して、2度目は観ないってのが多かったんですが、このドラマはもう何回も観なおしました。 その度に涙が出てきます。 こんなのは、ドラマでは「101回目のプロポーズ」以来じゃないかなぁ~♪

 感動した場面は全部で3箇所ありました。

 1つ目は、エルメスが掲示板を読んでいるシーン。 電車男の想いがどんどん彼女の心に入っていって、最後に涙してしまうところがすごく印象的でした。 本当の意味で二人の心が結ばれたシーンです。

 2つ目は告白のシーン。 電車が上手く告白できず、エルメスがサポートして告白に導こうとしているのが、僕にはすごく心地よかったです。 お互い好きあっていたら、一方通行の告白ではなく、相手の導く姿があるのはかえって自然に思えました♪

 3つ目は1000レスのシーン。 1000レスに近づくにつれ、別れの寂しさがどんどんつたわってきて、車掌さんが、「電車、発車しま~す!」と言って、ホイッスルを鳴らすシーンは心打たれました。 僕は全体的にこの車掌さんと、カップルさんが好きでしたね。 阪神ファンも含めて、ポイントポイントでアクセントになっているんですよ。 

 当分はこの「電車男」を録画したDVDですごせそうです♪ 映画版の電車男も見てみたいなァ~♪

 レンタルショップに行ってみようかなぁ~♪ 

sto11_p_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

グリーンマイル・・・

 我が家は、いつも朝が早く、家内は5時過ぎに起き、私は5時半過ぎに起きます。 そのこともあり、寝る時間も10時半には寝室へ行き、11時には消灯して寝ます。

 そんな訳で、土曜日にやっていた映画『グリーンマイル』は録画して、翌日の日曜日に家内と二人で観ました。

 トム・ハンクス演じる主人公が、コーヒーと言う名の黒人の死刑囚に会い、彼の起こす奇跡を通じて、刑務所で起こる様々な出来事を、人間味豊かに描いているんですが、最後の5分手前まではとても感動的でしたが、ラストで自分がコーヒーに不老不死のような身にされ、これは彼を殺した罰なんだ、と唱えるあたりは正直言って、夢醒めしてしまいました。

 家内も言っていましたが、ラスト5分は要らないです。 最後は切々と訴えかけずに、静かに終わって欲しかったです。 とはいえ、最近観たものの中ではぴか一でした。

 また何か、いい映画やってくれないかなぁ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)