2016年5月 9日 (月)

冨田勲さん、逝く。(ノ_-。) シンセサイザーの先駆者

Tomita_01 1970年代に、シンセサイザーを駆使したアルバムで世界を席巻した冨田勲さんが、今月5日に亡くなりました。 冨田さんといえば、世界的に知られているのがシンセサイザー・クリエイター兼奏者としてですが、50歳代の人々にとっては、テレビ番組のバックミュージックで馴染みがあると思います。

 僕が冨田さんの曲を最初に耳にしたのは、手塚治虫アニメの『ジャングル大帝』、『リボンの騎士』でした。 あのテーマ曲は今でも耳に残っています。 曲を聴けば、知っているだけでなく、懐かしく思われる方も少なくないと思います。 NHKのドキュメンタリーで『新日本紀行』というのがあったんですが、日本の原風景を訪ねる30分番組で、この番組のテーマ曲も冨田さんの作品で、和音階を使ったオーケストラ音楽で、日本の情緒豊かなこの曲聴きたさに、毎回この番組を観ていたように思います。

Tomita_moon01
 冨田さんが世界的に知られるようになったシンセサイザー音楽。 モーグのシンセサイザーを個人的に購入。 その部屋の写真は、まるでコンピュータールームって印象でした。 当時のシンセミュージックというと、クラウツ・シュルツがやっていたような無機質なものが出ていましたが、冨田さんの場合、多重録音を駆使して、モーグの生み出す様々な音色を使って、クラシックの名曲を独自のアプローチでオーケストレーション。 その傑作と言えるのが、最初に発表された『月の光』でした。 ドビュッシーの名曲で構成されたこのアルバムは、どの曲もカラフルで斬新だったんですが、特にタイトル曲は、レコード盤が擦り切れるほど聴きました。(*^-^) 他にもムソルグスキー『展覧会の絵』や、ホルスト『惑星』など画期的なアルバムを発表。 どれも別の世界にトリップさせてくれるようで、とても魅力的でした。 当時は、今みたいにボタン一つで音色を変えられるわけではなく、一つ一つ自分で作っていくしかなくて、単なる電子音を色彩豊かな音色にするのは、大変な労力だったと思います。

 冨田さんの成功後、コルグやローランド、YAMAHAといった企業が、音色開発の競争をし、今のようなキーボードを生み出したと言えると思います。 今の音楽シーンで、楽器の音の代行だけでなく、新たな音色を生み出した意味でもシンセサイザーの功績は大きいですし、そのきっかけを作った冨田さんの存在は大きいと思います。 ちなみに冨田さんは、TVや映画音楽だけでなく、童謡や合唱曲、校歌なども手がけておられました。

 享年84歳。 ご冥福をお祈りいたします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

またカリスマが逝く プリンス死去(ノд・。)

Prince_01
 アメリカン・ブラック・ミュージックで異彩を放っていたロックミュージシャンのプリンスが21日に亡くなりました。 自宅兼レコーディングスタジオであるペイズリー・パークで意識不明になり、そのまま亡くなったようです。 プリンスと言えば、バックバンドだったレボリューションを率いて、80年代に大ブレイクしたアーティストで、あのマイケル・ジャクソンに対抗していたアーティストとしても知られています。 マイケルが善のイメージなら、プリンスは悪のイメージ。 こういう対をセールスポイントにしていたアーティストと言えば、古くはビートルズローリング・ストーンズマドンナシンディー・ローパと言ったところが有名ですが、レコード業界としては、そういう風に対にすれば相乗効果があるということで、共にビッグセールスになっているんですよね。

Purplerain
 プリンスの魅力といえば、ブラックミュージックと言われるソウル、ファンク、ブルース、ジャズといった要素をロックに取り込み、そこにダンスまで取り入れた独特のスタイルで、なおかつポップであること。 その代表的な作品が、映画『パープルレイン』の中で歌われた曲々ですね。 「When Doves Cry」のようなシンプルなテクノポップっぽいものから、「Let's Go Crazy」のようなハードロック調のものまで様々なカラーを見せるこのアルバムは1984年を席巻しました。 映画の方も高い評価を受け、紫を基調といた独特の映像が話題となりました。 映画としては他に、1989年に映画『バットマン』のサウンドトラックを作り、歌無しの曲「Batdance」を全米No.1ヒットさせています。

 個人的には、それ以前に発売された「1999」が好きなんですが、この曲なんかめちゃくちゃポップで、今聴いても凄く新鮮です。

 プリンスはプロデュース活動も結構していて、映画『パープルレイン』でのライバル役をしていたThe Time、「エジプシャン」、「冬の散歩道」で知られるBangles「Manic Monday」フリートフッド・マックの歌姫スティーヴィー・ニックス「Stand Back」などが有名なんですが、僕が印象に残っているのはシーラ・E「グラマラス・ライフ」ですね。

 彼女は日本のサックスプレイヤーである渡辺貞夫さんとライブを共にしていたジャズ・パーカショニストだったんですが、プリンスの目に留まり、セクシーなメイクと衣装をまとい、この曲で一躍ポップチャートに躍り出たんですね。 それ以前のシーラ・Eを知っている人にとってはとても衝撃的だったと思います。(o^-^o) ちなみに彼女は90年代に入っても、渡辺貞夫のライブには参加しているんですよね。 流行に囚われないミュージシャンとして尊敬できるプレイヤーだと思います。(*^-^)

 90年代にはアーティスト名を変更し元プリンスとして活動、21世紀に入ると再びプリンスに戻しています。

 死因はまだ良くわかっていないようですが、いずれ明らかになるんでしょうね。 彼の曲をカバーするアーティストは多いですし、彼の死により、更に数多くのアーティストがカバーしていくと思います。 デヴィッド・ボウイ同様、世界を代表するカリスマの一人でした。

 ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

海外の著名アーティストが続々と・・・(ノ_-。)

 年始のナタリー・コールの死去以降、続々と有名アーティストが他界されています。

Davidbowie01
 1月10日にはイギリスが誇るカリスマ的存在のデヴィッド・ボウイが、1月18日にはアメリカのウエストコースト・ロックの代表的存在であるグレン・フライが、さらに今月に入って、2月4日にはブラックミュージックの重鎮的存在といえるモーリス・ホワイトが亡くなりました。

 まずはデヴィッド・ボウイ。 70年代に流行ったグラムロックの代名詞的存在で、いろいろな試みをされているんですが、ロックとファッションの融合が特に有名でしょうか? 先のロンドン五輪閉会式でも「ファッション」が使われていましたね。

 僕が最初にデヴィッド・ボウイを知ったのは、確か中学生の頃だったと思いますが、ラジオで星新一のショートショートをドラマにしていて、そのバックで流れていたのがボウイの「スペース・オデッセイ」でした。 とても斬新な曲で、メロトロンのストリングス音がまるで宇宙飛行しているかのような気持ちにさせてくれて、当時はこの曲聴きたさに、このラジオドラマを聞いていた様に思います。 ちなみにボウイが世界的にブレイクしたのは、ジョン・レノンとのデュエット曲「フェイム」でしょうか?

 80年代に入ると、クィーンとの競演で「アンダー・プレッシャー」をリリース。 そして映画『戦場のメリークリスマス』に主演。 この映画は日本だけでなく、世界的にもヒットしました。 そして、同じ時期にナイル・ロジャースと組んで作った曲「レッツ・ダンス」が世界的なヒットとなります。 とてもポップなナンバーで、当時はこの曲をよく聴いていました。 その後、ミック・ジャガーと競演した「ダンシング・イン・ザ・ストリート」がヒット。 その後の軌跡は僕は知らないんですが、いろいろと試んでいたようですね。 死因は癌だそうで、18ヶ月も闘病生活をしていたそうです。 69歳でした。 ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

Photo
 次はグレン・フライ。 あのウエストコースト・ロックの雄、イーグルスのリーダーです。 イーグルス自体はリード・ボーカルをドラムのドン・ヘンリーが取ることが多く、多くのヒット曲はドン・ヘンリーがボーカルでした。 大ヒット曲「ホテル・カリフォルニア」もそうですね。

 1980年にイーグルスが解散。 その後、ソロ活動を始めるんですが、何といっても2つのタイアップ曲が有名ですね。 まずは映画『ビバリーヒルズ・コップ』の挿入歌「The Heat Is On」。 ノリの良いダンサンブルなポップロックで、当時は結構気に入って聴いていました。 もう一つがドラマ『マイアミヴァイス』の挿入歌「You Belong To The City」で、PVではダンディなグレン・フライが観られます。 死因は関節炎と肺炎の合併症だそうです。 67歳。 ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

Photo_2
 そして、つい先日亡くなったモーリス・ホワイト。 彼はあのアース・ウィンド&ファイアーのリーダーですね。 リード・ボーカルもとっていて、デヴィッド・ボウイ同様、音楽の融合を試みて成功した一人でもあります。 グループとしては「セプテンバー」、「宇宙のファンタジー」など様々なヒット曲があるんですが、日本では80年代にソニーのウォークマンのCMで使われたソロ曲「I Need You」が有名ですよね。 本当にスケールの大きな、洗練されたブラック・コンテンポラリー調のバラードで、初めて聴いたとき、凄く感動した憶えがあります。 僕のお気に入りのバラードナンバーです♪ この曲の入ったアルバムは本当にキャッチーなナンバーが多くて、当時よく聴いていました。 90年代後半にパーキンソン病を発症。 20年近く闘病生活をしていたようです。 74歳でした。 ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

 ナタリー・コールを含めて、4人とも時代を席巻した人たちだけに寂しい限りです。 改めてご冥福をお祈りいたします。m(_ _)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

ナタリー・コールさん逝く(ノ_-。)

 年始に飛び込んできたニュースで、びっくりしたのが、ナタリー・コールさんの死去でした。 心臓疾患によるもので、年の瀬も大晦日でのことだったそうです。 65歳でした。

Natalie_cole01
 ナタリー・コールさんを最初に知ったのは1987年。 当時発売になったアルバム『Everlasting』を聴いて、良いシンガーだなと思ったのを憶えています。 収録曲の「When I Fall in Love」がお気に入りだったんですが、この曲、父ナット・キング・コールの曲のカバーで、ホイットニー・ヒューストンアニタ・ベイカーのバラードのような、ブラック・コンテンポラリーなアレンジをされていました。 デヴィッド・サンボーンのサックスがとても気持ち良いんですよ。(*^-^) ナタリーが麻薬中毒に陥って、復帰してからのアルバムだったと思います。

 このアルバムからは、翌年、ブルース・スプリングスティーンのカバー曲「ピンク・キャディラック」をシングル・カットし、ブレイクしたのを憶えています。 その後、アルバム『Good to Be Back』が出て、暫くこのアルバムに嵌ってました。 収録曲の「Miss You Like Crazy」は、当時の彼女を代表する感動的なバラードで、今でも時々聴いています。 また、このアルバムのタイトル曲はラテンビートの効いた心地よいナンバーで、よくドライブの時に聴いていました。(o^-^o)

 その後1991年に『Unforgettable』というジャズボーカルアルバムを出すんですが、このラストに収録されているタイトル曲が大きな反響を呼び、グラミー賞の「ソング・オブ・ザ・イヤー」を受賞することになるんですが、この曲、父ナット・キング・コールの歌声の部分だけを抽出し、オーバーダブしていて、本当にデュエットしているかのように聞えるんですよね。 PVでも昔の映像を使ってデュエットしていて、僕もこの曲を良く聴いていました。

 2007年まではライブ活動をしていたようなんですが、翌年、腎臓を手術。 C型肝炎に感染しているのを公表したのもこの頃です。 本当に波乱万丈の人生なんですが、彼女の名前は父ナット・キング・コールと共に、アメリカの音楽史に残っていくと思います。 ご冥福をお祈りします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

今年の紅白歌合戦、出場者が決まりましたね♪(^-^)

 先日、第65回NHK紅白歌合戦の出場メンバーが発表されましたね。 北島三郎の紅白引退で、演歌勢の出場枠が大幅に減るのではないか、と言われていたんですが、ふたを開けてみると13組(和田アキ子を含む)とさほど減っていず、高齢視聴者層を配慮した選考と言えると思います。

Kohaku65_1d6a8056 全体を見てみると、ジュニーズ・AKB枠が予想以上に増えてて、非常に目立ちますね。 セールス的にも今はアイドル時代で、CDを売るにはオリジナルステッカーやポスターなどの付加物が必要で、何も付かないのであればインターネット配信でダウンロードすれば良いわけで、それが余計に、アイドル以外のCDセールスを落としている原因なんだろうと思いますが、それにしてもその差は顕著ですよね。 その理屈でいけば、アニメでも、付加物があれば、ヒットチャートの上位に来れることになりますが、現実はどうなんですかね?(o^-^o)

 ちなみにジャニーズは嵐、SMAPを筆頭に計6組、AKBファミリーが4組、EXILEファミリーが3組ですね。 また、NHK絡みがいるのも紅白の特徴で、朝ドラから絢香、中島みゆき、薬師丸ひろ子、スポーツから椎名林檎がいて、V6も井ノ原が「あさイチ」の司会をしていて、岡田が大河ドラマの主役ということで選ばれた印象がありますね。 初出場は5組。 その中には、大ヒット映画『アナと雪の女王』よりMay J.が選ばれています。 またその関係で神田沙也加も選ばれ、2度目の親子出演となりましたね。 そして初登場組と一緒に記者会見にいたのが企画組。 今年最もヒットしたアニメ『妖怪ウォッチ』からDream5、キング・クリームソーダジバニャンが登場し、場に花を添えていました。 Dream5は元々NHKの「天才テレビくん」から生まれたユニットなんで、その絡みもあったかもしれませんね。 でも、会見にジバニャンが登場するとは思ってもいませんでした。 子供向けの企画に登場するメンバーが、この会見に出るのは極めて珍しいことで、もしかすると初めてかもしれませんね。

 あと、お笑いやキャラ系でどんな人たちが出るのかも楽しみの一つなんですが、それはあまり公表されず、去年だとフナッシーなめこの参加が早めに公表されてましたが、今年は今のところ、宣伝部長としてバナナマンが発表されているだけですね。

 さあ、年末の紅白、どんなサプライズが待っているのか、吉高由里子の司会を含めて楽しみです♪(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

クリスマスの約束2013、観ましたよ~♪

 正月休みに入りましたね~♪(^-^) 

 会社によっては金曜日、つまり27日から休みに入っているところもあります。 その会社だと10連休になりますね。 

 今年は昨日が日曜日ということもあり、ほとんどの企業が土曜日ないし日曜日から日曜日までという、ほぼ一致した休みのとり方になることもあり、渋滞の仕方も判りやすく、また期間が最大10連休と長いこともあり、またアベノミクス効果で景気が良くなったこともあり、海外旅行の人足が増えたそうです。 安部総理の功績を物語る年末年始となりそうですね。

 ただ、当の安部総理は、景気回復で気を良くしたのか、この時期に靖国神社へ総理として参拝しました。 靖国へ参拝する真意は理解できるにしても、総理という立場の人が参拝することの対外的な影響を考えれば、ちょっと配慮の無い行為だと思えます。 オバマ大統領自ら非難するのも解ります。 

 まあ、それはともかくとして、本題に入りましょう。(^-^)

3426947116_1  今年も『クリスマスの約束』観ました♪(^-^) 2001年から毎年、クリスマスの時期に、小田さんメインで行われているコンサート。 小田さんが気になるアーティストの曲をカバーしたり、ゲストを呼んでコラボしたりする企画なんですが、昔は関西では放送されなくて、最初に放送されたのは年も遥かに明けた3月でした。 12月に放送されるようになったのは、ここ5~6年だと思います。

 最も印象的だったのが、2009年と2011年に行われたメドレー。 実に22分~28分にも及ぶ、出演アーティストたちの曲を繋げて、皆で歌いつづる、このメドレーは感動ものでした。

3426947116_3  今回の放送を観て一番の感動は、最初に登場した吉田拓郎でしょうか。 とにかく、僕の印象では、一緒に歌をうたうなんて考えられない組み合わせだったので、正直驚きました。

 二人の共演は17年ぶりなんだそうですが、改めて吉田拓郎の曲を聴いて、彼の詞は感じるものがあるなぁ、と実感しました。 フォークの世界ではメッセージが趣を置かれていた時代にラブソングを歌い、異端児扱いされていた彼の詞は、決して色あせてはいないと思いました。

 「今日までそして明日から」、「人生を語らず」。 改めて聴いて、いい曲だなと思いました。

3426947116_9  スキノスイッチ根本要ら、いつものメンバーとのコーナーのあと、登場したのが、2度目の登場となる桜井和寿(Mr.Children)。 まさか小田さんのために新曲を書き下ろして、一緒にうたうなんて、まさにクリスマスプレゼントと言った感じでしたね。

 その後は、小田さんの母校、東北大学の学長の依頼で、校友歌として書いた「緑の丘」を、東北大学合唱団と一緒に歌い、最後はJUJU、松たか子ディオンヌ・ワーウィックの名曲「What the World Needs Now Is Love」を披露。 最後に彼女らと歌った「やさしい夜」は小田さんの新曲なんですね。

 全体的に穏やかな感じで終わった今年の『クリスマスの約束2013』。 ゲストは小田さん相手で緊張しているという印象はありましたが、今年も心に残るものがありました♪(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

ドナ・サマー、逝く(ノд・。)

 1970年代後半から1980年代前半にかけて、アメリカのヒットチャートを席巻した女性ブラックシンガーがいました。 当時、日本では第1次ディスコ・ブーム。  ジョン・トラボルタ主演の映画『サタディナイト・フィーバー』が大ブレイクし、ヴィレッジ・ピープル「Y.M.C.A.」が流行りだした頃、アメリカではこの女性が最もブレイクしていました。

Dona01


 彼女の名は
ドナ・サマー。 イタリア出身のシンセサイザー奏者で、後に映画『フラッシュダンス』や映画『ネバー・エンディング・ストーリーの音楽を手掛けることになる名プロデューサー、ジョルジョ・モロダーと手を組み、米・英のポップ・チャートを賑し始めます。 ダンス・チャートを中心にブレイクしていったのですが、圧巻だったのが1979年で、この年リリースしたシングル5曲中、「ホット・スタッフ」、「バッド・ガールズの2曲がビルボード年間チャートトップ10に入る快挙。 それぞれ、7位と2位にランクインしています。

 ちなみにこの年の1位はナック「マイ・シャローナ」。 ロック界の名曲ですね。 そしてアルバムチャートの1位はビリー・ジョエル『ニューヨーク52番街』 あの「Honesty」「My Life」が収録された名作ですね。

 4位にロッド・スチュアート「アイム・セクシー、8位にヴィレッジ・ピーブル「Y.M.C.A.」がランクインしていて、そんな中での2曲ランクインは、いかに彼女がブレイクしていたか理解できますよね。

 彼女の代表曲の一つ、「ホットスタッフ」は2001年頃から梅宮アンナ主演のダイエットコーラのCMで流れていたので、この曲のイントロを聴けば思い出す人も多いと思います。 その後は長谷川京子、2007年頃にはhitomiバージョンで流れていましたよね。

 ドナ・サマーマドンナレディガガ、ビオンセにも影響を与えていると言われています。 まさにアメリカの音楽誌に名を残すにふさわしい人物と言えるんですが、死因は癌だそうで、まだ63歳。 

 僕も彼女の曲はよく耳にしました。 非常に残念なんですが、ご冥福をお祈りいたします。m(_ _)m 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

世界の歌姫ホイットニー・ヒューストン、逝く(ノ_-。)

 いや~、びっくりしました。(^-^; あのブラック・ミュージック界の歌姫、ホイットニー・ヒューストンが逝ってしまいました。

Whitney_first_album  ぼくが彼女を最初に知ったのは、マイケル・ジャクソンの兄、ジャーメインとのデュエット曲「Take Good Care of My Heart」でした。 

 あのジャーメインとデュエットなんて、きっと、凄い新人なんだろうなと思ったものです。

 デビューアルバム『そよ風の贈り物』を初めて聴いたときは、新人でこんなに歌えるなんて、と衝撃を受けました。

 CMにも使われた「すべてをあなたに(saving all my love for you)」は、1985年当時、お気に入りの1曲でした。

51_whitney セカンドアルバム『Whitney』「素敵なSomebody」を初めて聴いた坂本龍一が、あまりのイメージチェンジぶりに目を白黒させた、というエピソードを憶えています。

 映画『ボディーガード』で使われたドリー・パートンのカバー曲「オールウェイズ・ラブ・ユー」には、心打たれましたし、映画も感動しました。

Bobby  ニュー・エディションのメイン・ボーカルだったボビー・ブラウンと結婚して、女の子を出産してからは、麻薬やセックスに溺れ、ボビーのDVなどもあって、周りの助言もあり離婚。 2009年にはアルバムを出し、ビルボード・チャートの1位を獲得するものの、呼吸器系の問題や、アルコール・薬物依存症の問題で、ツアーをこなせず、今年に入って破産問題まで起こり、最悪の人生をおくっていたようですね。

 今、彼女の娘・クリスティーナは幸いにも18歳。 もし、幼かったら大変でした。 

 もう彼女はいないと思うと残念です。 追悼の意を表すると共に、久々に彼女の懐かしいナンバーを聴いてみたいと思います。(ノ_-。) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

2010年「クリスマスの約束」観ましたよ♪

 録りためてあったバラエティや音楽番組を、この年末年始に、ビールのつまみがわりに観ています♪f(^-^;  その中から、クリスマスイブの深夜にやっていた小田和正「クリスマスの約束2010」の感想です。

 10回目となる今回、今までと決定的に違うのは、終始ゲストが出ていて、皆でコンサートを盛りたてて、楽しんでいる点ですね。

 本来なら小田さんがいて、ゲストは呼ばれたら出てきて、1~2曲、ゲストの曲を一緒に歌うって感じだったんですが、前回、皆の曲をメドレー形式で、皆で歌うというコーナーがあって、それが凄く良かったんですね。

 今回は初めっから皆でコーラスを入れながら、お互いの曲を楽しんでいましたね。

 出演者は小田さんの他にスキマスイッチ根本要(スターダストレビュー)山本潤子(ハイファイセット)松たか子というお馴染みのメンバーと、清水翔太JUJUという、前回も登場した若手、それに玉城千春(Kiroro)キヨサク(MONGOL800)という初出場組の計8組。

 まったく新しい「クリスマスの約束」を見せてもらったという印象です。 でも、僕としては昔のように、小田さんが一人でカバー曲を歌い、ゲストが所々登場するスタイルの方が好きですね。 まあ、それでは小田さん的に、やる意味が無い、ってことになるんでしょうけどね。f(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『第61回紅白歌合戦』 観ましたよ~♪♪(o^-^o)

Cap011  昨日は、朝、両親や兄弟、家族皆で新年恒例のお雑煮を食べました♪ その際に、親父の台所側にあるDVDレコーダーに録ってあった『第61回紅白歌合戦』を観てました。

 リアルタイムでは、かみさんや娘たちが録りためたバラエティ番組を観ていたこともあり、小林幸子以降が観れただけだったんですが、それ以外を、一部飛ばし飛ばしながら全部観れました♪(o^-^o)

 前半はいつもの紅白以上に淡々と進行していたように思いました。 スタイルもほとんど変化なく、特に印象に残ったものはありませんでした。 HYクミコの戦争対決も、さほど印象に残らず、「キャラクター紅白歌合戦がまあまあ楽しかった位でしたね。 の大野くんの怪物くんは面白かったですよ。

Cap003  でも何と言っても圧巻だったのは、小林幸子からいきものがかりまでの5曲でしたね。 ここの部分はリアルタイムで観ていましたが、小林幸子のステージは相変わらず豪華でしたし、コブクロは曲が良いこともあり、しっかり聴かせてくれましたし、植村花菜「トイレの神様」は詞が素晴らしいのと、彼女の熱唱で感動してしまいました。 涙がこぼれました。Cap007  

 のステージはエンターテイメント豊かで素晴らしかったですし『ゲゲゲの女房』の映像から始まり、司会の松下奈緒のピアノ演奏からいきものががり歌へとつながる「ありがとう」は凄く印象的で感動的でした。 まあ、NHKの事だから、ここに力を入れてくるだろうなぁ、というのは予想がついていたんですが、それでも、良かったですね。

Cap009  桑田圭佑でトーンダウンしたものの、この5曲を観れただけでも、紅白を観る価値があったと思いました。

 結局、白組の勝利で終わりましたが、僕は引き分けか、僅差で紅組の勝ちとしたいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)