2018年7月23日 (月)

2018W杯が終わって、・・・(o^-^o)

2018wcup_france  2018W杯ロシア大会が終わって1週間。 フランスが優勝し、MVPは準優勝のクロアチアを牽引したモドリッチが獲得。 ニュースターとして、19歳のエムバペがクローズアップされました。 エムバペは得られた褒賞金を寄付する男気を見せ、人としても評価をあげましたね。 未来のスターなのは間違いないのですが、この大会は世代交代と、勢力図の変化を予感させる大会だったと思います。 
 サプライズだったのは元ユーゴスラビアのクロアチアとロシアと日本だったと思います。 クロアチアの場合、オシムさんがユーゴを率いて結果を出したあと、優勝も夢ではないと言われた矢先に国が崩壊し、内戦の末、多くの命が亡くなり、クロアチア、セルビアなどの小国が誕生しました。 ベテランのモドリッチ選手はそんな厳しい状況で、身の危険も感じる状況もあったと言います。 そう言った環境の中で、状況は良くなったとはいえ、クロアチアが準優勝したというのは、物凄く国民に感動を与えたと思いますし、国民の心の支えになるように思えますね。
2018wcup_japan_berguie  同様に、日本は、監督不信でハリルホジッチ氏を解任、西野朗氏に委ねるという苦渋の決断を強いられました。 しかし、ここから西野朗氏の選手とのコミュニケーションが功を奏して、W杯ロシア大会までのトレーニングマッチ3試合でベストメンバーを割り出し、あのコロンビア戦へとつながります。 そして、今大会ベストマッチともうたわれるベルギー戦が生まれました。 西野朗氏の海外での評価はかなり高いです。
 さて、今後の日本ですが、世代交代が問われる中、実は非常に期待できる若手が多いんですね。 おそらく、大幅にメンバーは変わると思います。
Kubo_fctokyo  U-21世代からは堂安律選手と富安選手。 U-20W杯をきっかけに世界のクラブへと移り、特に堂安選手の活躍は目を見張るものがありますね。 U-18世代からはお馴染みの久保建英選手と、中村敬斗選手、平川怜選手。 和製イニエスタの久保くんの突破から、W杯ハットトリックの中村選手の決定力、平川選手のボランチとしてのセンスが加われば、日本のホットラインの一つになりえますね。 そして、更に下の世代にはレアル・マドリード下部組織で活躍する中井卓大選手がいます。 彼がカタールで抜擢される可能性は充分にあると思いますし、彼が加われば、中盤の活性化にもつながります。 ここに現メンバーの柴崎、大迫、昌子、そしてリオ五輪メンバーの中嶋翔哉、植田直通、中村航輔、久保裕也選手といった辺りが加わるわけで、もしかすると、日本がかつてのスペインやドイツのようなプレーを見せるかもしれないですね。 
 とりあえず東京五輪、そして、それを見た上でのカタールW杯となると思います。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

2018サッカーW杯ロシア大会、ベスト4が出揃いました。(*^-^)

 サッカーW杯ロシア大会もいよいよ佳境。 ベスト4が出揃いました。 戦前の予想ではドイツ、ブラジル、スペイン、フランス、アルゼンチン、ポルトガルが優勝候補だったんですが、ドイツが韓国に敗れてまさかの予選落ち。 決勝トーナメントの1回戦でスペイン、アルゼンチン、ポルトガルが負けてしまい、ブラジルもベルギーにベスト8で敗退、フランスだけが生き残っている状況です。 ベスト4に残ったのは、フランスの他にベルギー、クロアチア、イングランド。 このうち、優勝したことがあるのはフランスとイングラントの2国です。 もしイングランドが優勝すれば、去年のU-17W杯、U-20W杯に続いて3冠になります。 これは快挙ですし、イングランド時代の幕開けとなる可能性があります。 どのチームもキープレイヤーがいて、どこが優勝してもおかしくないんですが、19歳の高速FWエムバペ(ムバッペ)のいるフランスが優勝候補筆頭と言えると思います。 
Inui_wcup  日本代表は決勝トーナメント1回戦でベルギーに2点リードしたものの、後半の残り30分に逆転されて敗退。 でもタレント軍団と言えるベルギー相手に大健闘です。 本当に素晴らしい内容だったと思います。 西野監督が辞任するのは残念なんですが、次の監督には西野さんのように、日本の良い面を引き出して、W杯ベスト8を目指してほしいですね。 
 日本はいなくなったけど、あと一週間、W杯は続きます。  どこが優勝するのか楽しみですね。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

2018W杯ロシア大会、今夜セネガル戦!(*^-^

 今日は6月24日。 日照時間が一番長い時期ですし、梅雨の真っ只中。 今週は大阪高槻の地震から始まりました。 丁度、会社で事務作業を始めた時間で、ここ京都でもかなり揺れました。 その後、会議があったんですが、その間も揺れがありましたね。
Rossia_wcup  サッカーW杯も各グループの第1戦が終了し、第2戦が佳境を迎えています。 今夜、日本vsセネガル戦があって、その後のコロンビアvsポーランド戦で第2戦が終了します。 今大会は波乱が多く、初日にロシアがサウジアラビアに5対0で大勝。 ドイツがメキシコに敗れ、アルゼンチンは小国のアイスランドにドロー、クロアチアに対しては0対3で惨敗し、決勝トーナメント進出は風前の灯火。 メッシの今大会は予選敗退で終わってしまうのでしょうか?(^-^; 
 ドイツはつい数時間前にスウェーデンとの激闘の末、2対1で辛くも勝利。 イエローカード2枚で退場者が出て10人なったドイツが、アディショナルタイムにクロースのPKで勝利。 ようやく勝ち点3を獲得しました。
Revandofski_poland_2  さて日本代表のいるH組ですが、ここはまさに波乱の展開、下剋上の状況になっています。 戦前の予想では、コロンビアとポーランドが抜けるとされていましたが、第1戦でこの両国が揃って負けるなんて誰も予想していなかったと思います。 セネガルは身体能力とチームワークを生かして2対1でポーランドを退けました。 そして日本代表は強国コロンビアに2対1で勝利。 世界を驚かせました。 南米のチームに勝つのはW杯では初になります。
Kagawa_osako_vs_colombia_01  この試合、開始3分でコロンビアのサンチェス選手がハンドによるレッドカードで退場となり、いきなりコロンビアが1人少ない10人での戦いを強いられました。 このPKを香川選手が落ち着いて決め、先制。 ただ日本は10人になったことで、攻めに迷いが生じたのか、前半は逆に押し込まれる展開で、ファルカオ選手のトリックプレーでファウルを獲られ、FKをキンテーロ選手に決められてしまいます。 でも後半に入り、縦パスの多用で積極的に攻め始めた日本が主導権を握り、コロンビア陣内での時間が多くなりました。Osako_2nd_goal_vs_colombia  そして酒井宏樹選手が獲得したCKを途中出場の本田選手が蹴り、大迫選手がヘッドであわせて勝ち越し。 その後はハメス・ロドリゲス選手の決定的なシュートがありましたが、大迫選手が飛び込んでブロック。 大迫選手の攻守にわたる活躍で勝ち点3を獲得しました。 
 監督交代から2カ月。 西野監督の手腕が日本代表をここまで押し上げたんだと思います。 出場したどの選手も躍動感があって、連携も良くて、誰が欠けてもある程度フォローできる、短期間にもかかわらず、本当に良いチームに仕上がったな、という印象をうけました。Mane_senegal  そして今夜はセネガル戦。 前線のマネ選手と若手のニアン選手が、速さとうまさがあって怖い存在ですね。 日本はここで勝てば、決勝トーナメント進出はほぼ確定、引き分けでも可能性は高いです。(*^-^) 
 一方、コロンビアはポーランドと対戦。 こちらは生き残りを掛けた試合、負ければほぼ予選敗退となります。 ハメス・ロドリゲス選手が本調子ではないので、可能性は五分五分でしょうか?(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

サッカーW杯ロシア大会、始まりましたね♪(*^-^)

 4年に1度の祭典、サッカーW杯のロシア大会が始まりましたね。 先週から開幕して、すでに10ゲーム前後終了しています。 
Cristianoronaldo01  いきなり、開催国のロシアがサウジアラビアに5対0で圧勝するというサプライズから始まり、ポルトガル対スペインは3対3という、スペインVSクリスチャン・ロナウドという構図が色濃く出たゲームになり、アルゼンチンは小国のアイスランドに1対1のドローという意外な結果になりました。 何か予想外に面白い展開に、ワクワク感がありますね。 こんな流れで日本代表はどういう試合をするのでしょうか?(*^-^)
 今回のW杯はロンドン五輪世代が中心となるだろう大会で、各国のメンバーを見ても、あの時の選手が結構いますね。 スペインを見ると、サイドバックのアルバ選手やイスコ選手、キーパーのデ・ヘア選手なんかは、ロンドン五輪での日本戦のメンバーですね。Sareh_egypt01  準々決勝で日本と戦ったエジプトにはサラー選手がいます。 もっともあの時は、解説の三浦淳宏さんからサーレハ選手と呼ばれていました。 
 今大会の最注目選手は、やはりポルトガルのクリスチャン・ロナウド選手とアルゼンチンのリオネル・メッシ選手でしょうね。 怪我から復帰のネイマール選手も注目ですが、若手でフランスのムベッペ選手も注目です。 
 日本はここへ来て、パラグアイ代表との練習試合で勝利し、ようやく方向性が確認できた印象ですね。 ただ、岡崎選手の怪我の状態が良くなくて、サポートメンバーの浅野選手が加わるという話もあります。 逆に香川選手の状態が良いようで、初戦のコロンビア戦に間に合いそうな印象ですね。Inui01  乾選手との相性も良いようで、大迫、香川、乾、武藤、柴崎といった20代後半~30歳の世代で前を固める可能性が高くなってきました。 本田選手はどうもスタメンではなく、交代要員として流れを変えるキーマンとなりそうですね。 コロンビアは強敵で、ハメス・ロドリゲスファルカオという凄い前線がいるんですが、日本はしっかり守って、カウンターで崩すサッカーを見せてほしいですね。 前線のこの5人なら楽しみです。 中盤やサイドバックにロンドン五輪で活躍した山口選手や酒井宏樹選手が加わり、平愛梨と結婚後、乗りに乗っている長友選手が加われば、もしかすると番狂わせもあるかもしれません。 ロンドン五輪でのスペイン戦の再現があるかもです。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

サッカーW杯、近づいてきましたね♪(*^-^)

 5月も最終の日曜日。 如何お過ごしですか? 僕は仕事が忙しかったり、体調面で今一つだったりして、なかなかブログを更新できずにいました。 ドラマ記事など書きたいところなんですが、そこまではたどり着けそうにありません。 せめて最近関心の深いスポーツ記事やニュース記事は書きたくて、ようやくPCの前に辿り着きました。(^-^; もう少し時間があればいいのですが、かみさんや娘のPC使用時間帯の問題もあり、うまくいかないものですね。(^-^;
 さて、ここ最近、色々と大きな出来事がありました。 最大の話題は北朝鮮の軟化でしょうね。 まさか、北朝鮮が米国との首脳会談に応じ、核実験場を破棄するとは思いもしませんでした。 米国側から一旦、会談は中止宣言されたんですが、北朝鮮が譲歩したところがあるようで、米国側が予定通り行えるよう再調整しているようですね。 誰も戦争は望んでいないんですから、良い形で決着してくれれば良いんですが・・・。
 芸能界では西城秀樹さん逝去が大きな話題でしたね。 もちろん色々な著名人が亡くなってますし、結婚やおめでたい報告もありましたが、西城秀樹さんの話題が突出していたように思います。 
 ハワイ島の噴火もありました。 イギリスではロイヤルウェディングもありました。
 そしてスポーツでは、アメフトの日大の悪質タックル問。 これはどう考えても、上層部の指示でやらせたとしか思えません。 やった本人の謝罪会見を聞いたとき、何か気の毒で同情すらおぼえました。 スポーツマンシップのかけらもないですね。 
 そしてサッカーでは、あのイニエスタ選手が神戸に移籍。 世界的なスターが日本でプレーします。 ちなみに、日本のメッシこと久保建英選手は、プレースタイルではイニエスタ選手に近いと言われているんですね。 二人が同じステージに立つ日が楽しみです。
20170831japan_soccer_member  そしてサッカー日本代表です。 ハリルホジッチ氏が突然契約解除となり、W杯2カ月前にして、西野朗技術委員長が監督に就任しました。 そして、つい先日、ガーナ戦に挑む27人が発表されました。 事実上、このメンバーがW杯に挑むメンバーになるということで、注目されていましたが、選ばれた選手は極めてオーソドックスでしたね。 ハリルジャパンを経験している選手ばかりで、サプライズは青山選手ぐらい。 その青山選手も怪我でリタイアということで、西野ジャパンはサプライズ無くシステムを築いていくことになりました。 
 ヨーロッパで絶好調の中嶋翔哉久保裕也堂安律選手を外しての布陣で、とはいえ久保選手だけはまだ可能性が残っているようですね。 今、代表としてトレーニングしている26名の調子如何では加わる可能性はあります。
 ただ、選ばれたメンバーをみると、実績をあげている好調な選手が目につきます。 
 海外組では大迫勇也選手や柴崎岳選手、乾貴士選手に、メキシコで活躍した本田圭佑選手、トルコリーグでの優勝の立役者である長友佑都選手、世界の名FWを何度となく止めている長谷部誠選手、ドイツでキャプテンも務めている酒井高徳選手など役者はそろっていますね。 ここに香川選手が本来の調子に戻れば、より良い試合が期待できます。 もちろん岡崎選手や原口選手、宇佐美選手も注目です。
 W杯は6月中旬から。 日本の初戦は19日のコロンビア戦です。 この試合で負けなければ、決勝トーナメントは見えてきます。(o^-^o) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

U-17W杯、優勝はイングランド

 10月ももうすぐ終わり。 夏の暑さはほぼ無くなり、朝は寒いぐらいになってきました。 明日は寒冷前線の影響で、かなり寒いそうで、そろそろ冬服を用意したほうが良さそうですね。 
 さて、国内では色々とスポーツの話題が目白押し。 プロ野球では、ドラフト会議で注目の清宮選手が日ハムに決まり、中村選手は広島と、それぞれ良い球団に指名されましたね。 彼等が成長して日本球界を引っ張っていく存在になっていくのか楽しみです。 フィギュアスケートでは宇野選手が絶好調。 本田真凛選手はお披露目のSPが散々な出来で、フリーで巻き返したものの5位止まりでした。 まあ、レベルアップを図って、チャレンジした上での失敗ということなんで、これからどんどん練習して精度を上げていってほしいですね。
England_2017u17wcup_er  サッカーでは、昨夜遅く、サッカーU-17ワールドカップの決勝が行われ、イングランドがスペイン相手に5-2の逆転勝利。 U-20とのW優勝となりました。 今回のイングランドは本当に強くて、全7試合中6試合で3得点以上取っていて、唯一得点出来なかったのが日本戦なんですね。 惜しくも日本はPKで負けた訳ですが、イングランドが優勝したことで、日本の評価は更に上がったと思います。 日本の選手たちは、イングランドやフランスの選手たちのプレーに衝撃を受けたようで、新たな目標として、彼らと対等に戦えるようにレベルアップを目指そうと、帰国後は努力しているようですね。 久保選手と平川選手はプロ契約して、近々J1に出れるようになるそうで、いよいよ地上波でも彼らのプレーを見れるようになりますね。 東京五輪のサッカー監督に森保氏が就任し、U-20世代のほかに、このU-17世代からどれだけの選手が加わってくるのかも注目です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

U-17W杯、いよいよ決勝トーナメント♪

 インドで行われているU-17ワールドカップW杯。 予選リーグが終了し、決勝トーナメントに進出する16カ国が出揃いました。 下馬評通りというか、予想されたチームはほぼ残りましたね。 その中で我が00 JAPANも無事通過。 フランスに次ぐ2位で進出しました。Kubo_new_karedonia_u17  心配なのが予選3戦目のニューカレドニア戦。 サブメンバーで戦ったとはいえ、内容があまりに悪く、1対1のドローで終えてしまいました。 ニューカレドニアとしては、勝ち点1を取ったのは史上初で、歴史的快挙に沸いていたようですが、日本としては、相手の守りを揺さぶって崩せなかったことが、実力差を考えると、残念で仕方ない印象でしたね。 
 とは言え、結果として決勝トーナメントに行けるのですから、この辺を反省点として捉えて、今後に生かしてほしいと思います。 1回戦の相手はイングランド。 タレントを擁する優勝候補です。 フランス、ブラジル、スペインと共に格上の相手です。 ここで勝てるか否かで、決勝へいけるか否かが見えてきます。 日本チームとしては、守りに入ったら勝ち目は無いと思われるので、どんどん攻めていってほしいですね。 是非ベスト4以上の成績を残してほしいと思います。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

00JAPAN大勝発進! u-17W杯

 今月6日に開幕したFIFA・U-17W杯インド大会。 インドの6都市で熱戦が繰り広げられています。 早くもD組ではブラジルvsスペインという好カードが行われて、ブラジルが2-1で勝利。 他のグループではイングランドドイツが順当に勝っています。 
Kubo_nakamura_u17w_cup  そんな中、昨日の深夜に日本vsホンジュラス戦が行われました。 グワハーティーというインド東部の都市で、周りをバングラデシュ、ブータン、ミャンマーに囲まれている、いわゆる飛び地になっている場所なんですね。 アッサムティーの生産地で知られるところですが、治安はイマイチのようですね。
 試合の結果は6-1で日本の勝利。 中村敬斗選手のハットトリックなどで快勝しました。 ボール保持率も64%と高く、ボール奪取率も高かったようです。 終始圧倒していた印象ですね。 00JAPANは強いです。 久保選手も終始活躍していて、1ゴール2アシストの活躍。 常にキーマンになっていました。 
 次の対戦相手は優勝候補のフランス。 ここでどれだけの戦いができるかで今後が占えると思います。 とりあえず1次リーグ突破は間違いないので決勝トーナメント1回戦でどことあたるかが問題ですね。 1位通過ならブラジルスペイン、2位通過ならイングランドメキシコが予想されるので、どこが来ても厳しい戦いになります。 これに勝てれば、日本のこれまでの最高順位であるベスト8を超える可能性が高いですね。 要注目です。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

サッカー日本代表の未来に期待♪(*^-^)

Yamahoko01  7月半ば。 今日は祇園祭のメインイベントと言える山鉾巡行が行われました。 今年は日程に恵まれ、宵山と巡行が連休に当たるという興行上はベストの条件で、なおかつ天候も悪くなかったので、大勢の観光客でにぎわったと思います。 僕は今年は引越しの関係でスルーさせていただきました。 またPCを、東京に娘が就職したことで、娘の部屋に移動させたのを、ネット環境の悪さから、妹の部屋に移動させざるおえず、その時間にこの連休を使いました。 幸い、この妹の部屋はクーラー完備で、ネット環境としては最高なんですね。 但し、夜は妹が寝に来るんで、PCは使えないという弱点はあるんですが・・・。(^-^;
 さて、PCも無事設置でき、接続も完了したことで、記事を1つ記そうと思ったんですが、何を記そうかと考えて、やはり今一番関心があるサッカー日本代表の未来について記すことにしました。
In_spain  今の日本代表はロンドン世代やリオ世代がうまく台頭してなくて、その前の世代の香川や長友、本田、長谷部らが頑張っている現状。 本当なら、清武が中心にいて、山口、酒井宏樹、酒井高徳がメンバーにいるものの、永井や権田がレギュラーをとっていてもおかしくない時期なんですね。 リオ世代に関しても、リオにチーム事情で出られなかった久保裕也が加わっているものの、岩波、中島はまだ呼ばれてないですし、遠藤、植田もレギュラーとまではいっていませんね。 それがA代表のアジア予選の苦戦につながっていると思います。 救世主と言える選手も登場していますが、原口にしても、大迫にしてもオリンピックメンバーではないんですね。 その辺が歯がゆいんですが、将来的に日本代表に未来は無いかというと、そうではないんですね。 世界的に注目されている若手が二人います。
U20vs  一人は皆さんご存知の久保建英選手。 現在16歳ですが、U-20W杯での活躍は記憶に新しいと思います。 去年U-17W杯のアジア予選で活躍し、その段階ではJ3デビューまでで充分な感じだったんですが、今年に入り、まさかのU-20W杯抜擢。 それだけ成長しているという証なんでしょうね。 このまま成長し続ければ、おそらく来年にはJ1でレギュラー獲得も夢では無いと思います。 A代表に呼ばれる可能性もありますね。 技術は凄いですし、フィジカル面が備われば、時間の問題だと思います。
Soccer_nakaiku01  そしてもう一人が、現在13歳の中井卓大くん。 レアルマドリードの下部組織で活躍していて、トップ下で欠かせない存在になっています。彼のボールキープ力は半端なくて、ボールを持たせたら、ほとんど奪われないので、チームの信頼はかなり高いようです。 足の裏を使ったボールプレイは久保くんも見せていますが、中井くんは数倍凄いですね。 下手すると、16歳の若さで東京五輪代表になる可能性も無くはないです。 この二人が、東京五輪以降の日本を背負っていくのは間違いないと思います。 その時、日本のランキングがどこまで上がっているのか? 日本は過去9位になったことがあるんですが今の査定方法だと13位が最高順位。 あの中田英寿中村俊輔が居たころの順位に近づけるのか、今から楽しみですね。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

サッカーU-17W杯、組み合わせが決まる!o(*^-^)o

 U-20W杯がベスト16止まりに終わったサッカー日本代表。 秋に行われるU-17W杯U17afc01_3 の組み合わせが決まりました。 日本の若きエース、久保建英選手にとってリベンジマッチとなるこの大会。 日本はE組。 ホンジュラス、ニューカレドニア、フランスと同組となりました。 日本にとってはやりやすい相手ばかり。 フランスが最強の相手となると思うんですが、久保、平川を軸とする日本攻撃陣なら、充分に対抗できる相手だと思います。 他のグループに目を向けると、日本のライバルと言える、アフリカの雄・マリがB組でパラグアイと同組になっています。 C組にはドイツがいて、死の組と言えるD組にはブラジルスペインがいます。 優勝候補の2チームが同組というのは面白いですね。 F組にはチリ、メキシコ、イングランド、イラクという伏兵がいて、ここが僕的には死の組という印象があります。
Kubo_nagatomo_01  いずれにしても日本は計算しやすい組に当たったという印象です。 日本には久保くんを中心に、平川選手という起点となる選手がいて、中村選手、棚橋選手というストライカーがいて、DFには監物選手、瀬古選手、GKには谷選手と、頼りになる守備陣がいるので、世界的にはダークホースと見られていると思います。 FIFAがいきなり、久保くんを記事に取り上げたように、日本は注目されているようですね。 過去の親善試合で日本が手強い相手と思っているのが、去年、U-16インターナショナルカップで優勝したマリ。 この時は、久保選手がゴール前で相手を数人引き付けて、平川選手にパスして1点をもぎ取った試合だったんですが、後半、相手のフィジカルに負けて、逆転負けしたんですね。 日本代表としては、リベンジマッチになります。 スペイン、ブラジル、チリという強敵はいますが、日本にとって、当面のライバルはマリということになると思います。 
 日本が決勝トーナメントに進出するのは間違いないと思いますが、当然、久保くんに対すKubo_u20_taiki るマークもキツイと思うので、そこを森山監督がどうアプローチするかに掛かってくるんですが、育成能力の高い森山監督ですから、影武者は当然用意していると思います。 久保くんには当然マークは厳しくくると思いますが、日本には、久保くんと同じFC東京に所属する平川選手がいるので、相手を久保くんがうまく引き付けて、平川選手が上手にお膳立てして、相手を翻弄するというプレイが見られると思います。  その術中にはまれば、日本には選択枠が多いので、アジア予選で観られたような大量得点も見られると思います。  
 10月開催のこの大会。 非常に楽しみですね。(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧