2017年1月 7日 (土)

年末年始はTV鑑賞三昧~♪(*^-^)

 新年を迎えてもう1週間が経ちました。 皆さんはどう年末年始を過ごされましたか?
 帰省された方、国内・海外旅行を楽しまれた方、趣味にいそしんだ方、いろいろなパターンがあると思いますが、僕は娘たちが学校行ったり、バイトだったりして、皆が揃っている時間が少なく、2日にかみさんの実家へ日帰りで行っただけで、あとはずっと家でのんびりしていました。(*^-^) おかげで毎日、ビール飲みながらTV鑑賞していましたよ。(^-^; 
Koi_dance_nigehaji  もっとも、リアルタイムで観ていたのは「後半歌合戦」「格付けチェック予選会」ぐらいで、あとはDVDに録画したものでした。
 29日から休みをいただいて、まず最初に観たのは秋ドラマの見逃し分。 『逃げるは恥だが役に立つの6話目以降が全然観れてなかったので、2日間で一気に観ました。 「紅白歌合戦」恋ダンスには間に合わせようと思っていたので、じっくり観たんですが、期待通り面白い内容でした。 妄想女子の森山みくりを演じる新垣結衣がめちゃくちゃ可愛くて、ドラマを観終えた後はちょっと逃げ恥ロスになりましたね。 妄想女子と草食系男子という、極めてマニアックな組み合わせながら、ラブコメとしては王道を行ってる感じで、ただの家事手伝いが本当の夫婦になるまでの過程が丁寧に描かれていたと思います。Nigehaji_aozoraichi  クライマックスの青空市のシーンは大団円って感じで、コメディらしいノリで良かったと思います。 最後は妄想女子らしく、結婚生活の妄想オンパレードでしたね。 おそらくSPが夏あたり有ると思うんで、期待したいと思います。
 もう一本、『勇者ヨシヒコと導かれし7人』の残り2話を観ていなかったので、それも一気に観ました。 低予算活劇らしく安っぽさは否めないものの、ユーモアが秀逸で、意外性があって全話通じて面白かったです。Yoshihiko11  最終回はゲーム感覚にタイムパラドックスを交えた内容で、ラストは振り出しに戻るという意外性があり、魔王役を堤真一がやっていたのも楽しかったです。 きっと4シーズン目もあるんでしょうね。 あったら観たいです。(*^-^)
Christmas_promise01  音楽番組では、「クリスマスの約束」を観ました。 小田和正の毎年恒例の番組なんですが、今回は原点回帰のような落ち着いた内容だったように思います。 宇多田ヒカルとのコラボが目玉でしたね。 小田さんの「オートマティック」は意外性がありましたね。(o^-^o)
 「紅白歌合戦」は夜11時近くまでリアルタイムで観ていました。 ユニークだったのは紅白の歌の祭典と震災の被災者とのふれあいという今までのラインに、タモリマツコデラックス演じる夫婦のショートストーリーと、シンゴジラ来襲という映画的なストーリーを織り交ぜて演出していた点ですね。2016kohaku_piko01  シンゴジラがNHKホールに来襲するんですが、良質な歌が効果的ということで演奏されたのが「PPAP」第9交響曲のコラボ。 ピコ太郎の指揮と歌に第9の合唱という不思議な混ぜ合わせで、とどめがX-JAPANというのはどうなんでしょうね?2016kohaku_tamori  僕としてはイマイチという印象だったんですが、もう一つのストーリー、タモリとマツコの話は、歌の間のつなぎ的に使われていて、面白かったと思います。 紅白の一般招待審査員として呼ばれたという設定で、どこから入っていいかわからずに、結局、警備員に追い出されるという展開が哀愁をおびていて、なかなか良かったです。 
 メインの歌では、CGやプロジェクション・マッピングを使ったもの、女優のダンスを取り入れたものなど、いろいろと面白い演出があったんですが、一番印象的だったのが椎名林檎でしたね。 時空が揺らいでいるかのような演出が素晴らしかったです。2016kohaku_aragaki  期待の星野源は、新垣結衣など女優やアーティスト達のステージ登場は無かったものの、客席の人々が座ったままで手話的に踊っていたり、新垣結衣が審査員席で控えめに恋ダンスを披露したりと、一体感が伝わってきていい感じだったと思います。 最後の投票で一般審査員とゲスト審査員の票が食い違ったのが気になりましたが、僕はまずまず内容のある紅白だっと思います。(*^-^)
 年が明けて最初に観たのが、深夜にやっていた「ぐるナイおもしろ荘」Gurunai_bruzon_01  毎年、どんな新人が出てくるのか楽しみにしていて、これまでおかずクラブ、日本エレキテル連合8.6秒バズーカ、あばれる君など流行芸人を続々と発掘しているんですね。 そして今回も例にもれませんでした。 最も印象的だったのがブルゾンちえみ。 「キャリアウーマン」というなり切りネタは癖になりますね。 ブレイクの予感がします。
 (追記) 2日に観たのが「2017芸能人格付けチェック」。 予選会から観ていたんですが、出川哲郎が12年目にして初の本戦出場となったものの、途中で映す価値無しまでランクダウンしてしまい、その後は音声すら出ませんでした。(^-^; リベンジに期待です。 また、乃木坂46の健闘も光りました。 あと、残り3日間でダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」を少しずつ観てました。 いろいろと面白いシーンがあったんですが、一番衝撃だったのが、やはり斎藤工サンシャイン池崎でした。 こんなインパクトのある映像はなかなか得られないと思います。 ガキツカ恐るべしですね。(^-^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

大晦日の長時間番組を観終えました。

 今日は年明けて3日目。 早い人で、明日から仕事初めという方もいらっしゃるようですね。 僕は5日からなので、まだもう少し時間がありますが・・・。 それにしても、この年始は暖かいですね。 3月並みの暖かさだそうで、昨日なんか、日中、暑くて上着を一枚脱いでいました。 本当に暖冬ですね。

01
 さて、元旦は家族でお雑煮を食べた後、初詣に出かけ、帰ってからは、皆でこたつを囲んで、下の娘の希望で、大晦日にやっていた「ガキの使いやあらへんで 2015大晦日SP」を観てました。 僕はさほど関心の無い番組なんですが、かみさんと娘たちは大好きで、毎年見てますね。 しかし、最初の1時間ほど、SMAPの中居正広がゲストメンバーとして出て、行動を共にするとは思いませんでした。 バスの中のシーンだけだったと思いますが、おかずクラブオカリナとのやりとりは、爆笑を通り越して、衝撃でしたね。 オカリナがダウンタウンの浜田さんにキスしたのは良しとしても、まさか中居くんにまでキスするとは思いませんでした。 中居くんの方から手を伸ばしていましたが、これ、ジャニーズファンはショックでしょうね。 この後のオカリナに対するバッシングが心配です。 他にも、俳優の柳楽優弥が別のシーンでゲストメンバーとして登場していたんですが、ここでも、江頭2:50にキスされてましたね。 他のシーンも爆笑が満載で、登場するタレントや俳優たちが意外な役で出てくるのも魅力の一つなんですが、今回もサプライズだらけでしたね。 僕は所々観ていただけなんですが、月亭方正さんに関しては終始笑わせてもらいました。(*^-^)

Kohaku_akb48_2015
 2日はかみさんの里へ車で出かけてたんですが、行く前と帰ってからの少しの時間を使って、「紅白歌合戦2015」をポータブルTVで、スキップしながら観てました。 「ゴチになります」もリアルタイムで観ていたんですが、その前に一通り観終えました。 「紅白歌合戦」郷ひろみで始まって、松田聖子で終わるという、新旧アイドルの競演といってもいい内容の紅白でしたね。

Kohaku_golden_bomber サプライズもちゃんとあって、ゴールデンボンバーはお馴染みの「女々しくて」又吉直樹と相撲対決したり、AKB48のステージでは元メンバーの前田敦子大島優子が飛び込みで参加して、高橋みなみは知らされていなかったのか号泣してましたね。 全体としては目新しさが無かったので視聴率的には低くなるかな?という印象は受けましたが、良い企画もあったので、これはこれでアリかな、と言える紅白だったと思います。 ちなみに審査員紹介で又吉さんの背後に相方の綾部が顔を出していたのには笑ってしまいました。(o^-^o)

 ちなみに今日は、2日にやっていた「ネプリーグ新春SP」を観ています。 ラグビー日本代表チームが出ているんですが、トンガ出身のホラニ龍コロニアシ選手が意外と漢字が書けるのにはびっくりしました。 田中史朗選手は意外と笑いのペーソスを持っていますね。 好感の持てるキャラだと思います。 ゲームは独身チームが勝っていましたね。 気楽に観れる、学べるバラエティ番組としては面白いですね。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

ぐるナイ・ゴチ2016新メンバーにびっくり(^-^; 

 「ぐるナイ・ゴチ2016新メンバー発表」をリアルタイムで観てました。(o^-^o)

Nikaido01
 放送前の時点では、有村架純、能年玲奈、松岡茉優あたりを予想していたのですが、放送途中で史上最年少女優と発表されて、大ハズレしていることに気付きました。 それまでの最年少は佐々木希の21歳だったので、21歳以下となると松岡茉優(20歳)しか該当せず、主演映画が5本あると本人が発言していたので、松岡茉優に主演映画は無かったはずで、これも無いなと・・・。 で、21歳以下で検索していたら、唯一複数の主演を持っていそうな女優を見つけました。

 二階堂ふみ、彼女しかいない。 そう思ったら、程なくして発表されました。 本当に二階堂ふみでした。 ちょっとびっくりしましたね。 およそバラエティ向きじゃないと思っていたので、大丈夫かな?という想いが先にたちましたね。 たぶん、これを当てた人はほとんどいなかったと思います。 もし史上最年少女優というヒントがあったら、確率はかなり上がっていたとは思いますが・・・。

 それにしても、この女優、何か持ってますね。 いきなり1位通過はびっくりですし、思わず次回も観たいと思わせるものを持っていますね。 笑福亭鶴瓶さんが「彼女がゴチメンバーになるのは面白い。」と言っていたので、ちょっと期待したいと思います。 いやいや、正月早々、福袋を頂いた気分にさせてくれました(*^-^)。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

かみさんの実家から帰ってきました♪(#^.^#)

 昨日、かみさんの実家から帰ってきました♪

 毎年、正月は2日から4日まで出かけていて、今年も、例年と同じパターンです。

 朝11時ごろ出発したんですが、国道171号線、170号線共、全然混んでいませんでした。 例年なら、中振からHOME'Sの辺りまで渋滞しているのですが、今回はやや混み程度でした。 ただ、トイザラスの渋滞は全くありませんでした。 例年、クリスマス前後から年始にかけて、トイザラスを中心とした渋滞がどこでも起こるのですが、今回は異常なぐらい無いですね。 原油の高騰が原因なんでしょうか? 

 成田山の渋滞もしれてたし、170号線の石切の交差点に至っては、例年ならここを抜けるのに随分時間が掛かるんですが、全く混んでいませんでした。 これも原油の高騰によるのか、良く分かりません。  いずれも、ガソリン代が高いので、車をやめて電車にしているんじゃないかと、かみさんのお兄さんが言ってました。

 いつもなら、かみさんの実家へは夕方に着くのが、今回は3時過ぎには近くまで来ていました。 先にレンタルショップと、国分駅前のライフに寄って買い物をし、実家に到着。 新年の挨拶をした後、ちょっとコーヒーを頂いて、夕食までの間、レンタルショップで借りてきた「しんちゃん」のDVD(タイトル忘れました。すみません。)を観てました。   【書き忘れていましたが、かみさんは柏原市出身。 なにわ生まれの河内育ちという生粋の大阪人です。(^o^)】

 最初はハリーポッターの新作やパイレーツ・オブ・カリビアンの新作を借りるつもりでしたが、おそらくお兄さんが買っているだろうということで、やめておきました。

 お兄さんのDVDの棚を見てみたら、しっかり両方ともありました。 かみさんの予想は相変わらず的を得ています♪o(^-^)o

512o6pva3yl  夕食の後、皆で「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観ました。 今までで、一番ハラハラする内容でしたね。 ちょっとハリーの助っ人達が都合良く出てきすぎるきらいがありましたが、全体としては良かったと思います。 今後、後2作あるんですよね。 ハリーが死ぬのか、ボルデモートが死ぬのか、原作を見ていないので解りませんが、まあ、原作を読まずに、公開されるまで、楽しみに取っておきたいと思います。

 その後、メイキング映像を観ようと思ったのですが、お兄さんのDVDプレーヤーはこのDVDを読み取れないようで、結局観ることが出来ませんでした。 たぶん、古いタイプのプレーヤーなんだと思います。 他のも試して見たのですが、本編のDVD以外は再生できませんでした。 まあ、次回来たときに、お兄さんにお願いして借りたいと思います。 僕のDVDレコーダーなら観れますから・・・・。f(^-^;)

61rulvyj7l3  2日目は午前中は「パイレーツ・オブ・カリビアン(ワールド・エンド)を観て、昼食後、いつも訪ねる八尾のインターネット喫茶「メディア・パル」に行きました。 ここは、マッサージ室があるので、僕やかみさんにとってはありがたい所なんですよ。

 今回は、ここでの記事作成はしませんでしたが、PCをあまりしない代わりに、沢山置いてある漫画を読んでみようと思い、昔好きだった柳沢きみおさん新しそうな作品を読むことにしました。

 最近の柳沢さんの作品で売れたのと言えば、「特命係長、只野仁」がありましたね。 週刊現代かプレイボーイに掲載されていたアダルト漫画で、TVでは高橋克典主演でやってましたね。

 今回は「契約結婚」というのを途中まで読んでました。 やっぱりアダルトなんですけど、柳沢さんらしいコミカルな描写は健在でした♪o(^-^)o  ただ、最近はアダルトでしか見かけないように思うので、ティーンの本にも顔を出して欲しいですね。 

 その夜は、かみさんの兄姉や、その娘さんたちが集って、皆で焼肉を食べました。

 皆さん、仕事やバイトでなかなか一緒でいる機会が無いみたいで、皆が揃うのは今日が初めてとのことでした。

 翌日3日目は、昼食以外では外出せず、実家でゆっくりさせていただきました。 4時ごろ出発。 京都に帰ってきたのは6時ごろでした。  道中、行きと一緒で、石切や成田山、トイザラスの渋滞はほとんどありませんでした。 やはり、電車に切り替えている家族が多いのでしょうね。

 「マツモト」で買い物をして帰宅。 ここで買った寿司やうどんを晩飯として食べました。 寿司はスーパーのものにしては悪くなかったですよ。 味にうるさい上の娘も文句一つ無く食べていました。o(^-^)o

 帰宅してからは、DVDに録り溜めていた特番を順に観ました。 全部、バラエティ番組だったので、ビール片手に気楽に観れるものばかりです。  昨日、今日の二日間かけて全部観ました。 一番印象的だったのは、夏以来2度目の「ラブちぇん」の特番ですね。 番組自体は普段深夜にやっているので、ほとんど知られていないんですが、夫婦がパートナー交換して、奥さんが相手のご主人の生活を体験するというものです。 生活観の違いからくる出来事が結構面白くて、毎回観ているのですが、素人参加番組だけあって当たり外れがあるけれど、個性的な人が登場すると結構面白いです。  そんな中で、この番組の特番は、選りすぐった人選をしていて、前回同様楽しみにしていました。

Cap005jpg   今回登場したのは、福島の自給自足夫婦(Ⅰさん夫婦)と、名古屋のピンク夫婦(Sさん夫婦)でした。 福島の夫婦は、前回レギュラー放送で初めて見たとき、凄く夫婦の雰囲気が良くて、また山奥の不便なところで、子ども4人と年収50万程度で暮らす姿が逞しく、またご主人が大のスペイン好きで、家も生活もそれ一色に染めて貫き通しているところが凄いなぁと思ったんですが、この奥さんがまたいい感じの女性で、見ていてホノボノとしました。 この奥さんが何と、あの、融通の利かないピンク好きの金持ち夫のところにラブチェン、と言うことで、始まった時点で何が起きるのかワクワクしました。 そして一気に最後まで観たのですが、本当に期待以上に楽しませていただきました。 

Cap007jpg  ピンク夫(Sさん)の性格は親譲りだったんですね。(^o^) f(^-^;)  いやはや、兄弟がまた負けず劣らずって感じでした。 意外だったのが、Sさんの奥さんで、山の不便な生活に、苦労しながらも順応していましたね。 Sさんにはもったいない感じの良い奥さんでした。  自給自足夫(Ⅰさん)の部屋が映されたとき、PCが置いてあったので、きっとHPを立ち上げておられるのではと思い、建物の入り口にあった「Casa de Saca」を頼りに検索してみたら、ありましたよ~、HPが。 ちゃんと「ラブちぇん」出演と表示してある欄があったので確信し、お気に入りに入れました。

 「Casa de Saca」のHP→《http://casadesaca.hp.infoseek.co.jp/index/3.htm

Cap004jpg_2  どうやって生計を立てているのか、自給自足だけじゃないだろうと思っていましたが、やっぱりスペイン料理の出張サービスとか公演とかされているのを知り、納得しました。 子どもの教育費もさることながら、今後中学、高校と通わせるにはどうしてもお金が必要になりますから、どうするのか心配になっていたんですが、ちょっと安心しました。 

 「ラブちぇん」に登場した家族の中で、この自給自足家族と、前回の特番で登場した大家族は、正直な気持ち、頑張って欲しいと思います。o(^-^)o

 さて、只今、夜の10時過ぎ。 長い年末年始の休みも明日までです。 明日は、PCのキーボードカバーの買い替えと、年末に近所のレンタル店の更新の際、娘が借りた「ドラえもん」のDVDを返しに行ってきます。  明日は、この冬のドラマの事を、かみさんの意見を交えて、少し書くつもりでいます。 それでは皆さんおやすみなさい♪m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 6日 (日)

誕生日のプレゼントに・・・『タイヨウのうた』第4話ほか

 おはようございます♪ 今日は、朝6時に起きて、墓参りに行って来ました。 早朝だというのに、駐車場はほぼ満車。 皆さん、早起きです♪ というか~、暑くなりそうだから、早いうちに済ませて、ゆっくり、一日を過そうってことでしょうね。 休みの日に、こんなに早く起きて、用事を済ませてしまうと、まだ10時前だというのに、そろそろ昼飯の時間のように錯覚してしまいます。f(^-^;) その分、ゆっくり、ブログが書ける訳ですが・・・。(^-^;ゞ

Report_thumb_15_02  まずは、『タイヨウのうた』④から・・・。 

 観覧車の一件以降、部屋に引きこもり、弾き語りを辞めてしまった薫。 心配した父親は、お礼がてら孝治に会いに行きました。 孝治と話しているうちに、薫が弾いているギターが孝治のものだったこと、薫が変わったのも孝治が原因だったことを知り、孝治を薫の誕生日に招待することにしました。

 「もしかしたら、これが最後の誕生日になるかもしれないから・・・。」

 薫の誕生日パーティー。 父親からのプレゼントは、捨てたはずの薫のCDでした。 

 一番やりたいこと、辞めて欲しくなかったから・・・。」

 そこへ孝治がやってきました。 孝治からのプレゼントは手作りのピンクの防護服でした。

 「いろいろ探してみたんだけど、見つからなくて、自分で作ってみた。

 ちゃんと紫外線を通さない布でつくってあるから・・・。」

 その後、毎日、夜明け前に、孝治は薫の家を尋ねてくるようになりました。 うたを続けて欲しいと、訴えて。 そんなある日、窓の外の何人かの薫コールに驚いて外を見たら、防護服姿の4人が・・・。 孝治とその友達がゴレンジャーのポーズを決めて言いました。

 「薫ちゃん、桃レンジャーね♪」

 薫は呆れて、カーテンを閉めました。 

 「怒らせちゃったかな?」 

 暫くして、玄関が開き、ピンクの防護服を着た薫が現れました。

 日中、防護服を着て、路上ライブのびら配りをする5人。 子供たちの前でゴレンジャーのポーズをする頃には、薫も笑顔になっていました。

 路上ライブ当日。 あれだけびら配りをしたのに、集まったのは仲間達だけ。 でも薫が歌いだすと、びらを持った人々が続々と集まりだし、いつの間にか、観客で溢れていました。o(^-^)o

 最近、オープニングの柴崎コウの曲が耳に馴染んできました。 柴崎にしては普通の曲だと思うんですが、ドラマの感じに合ってるのか、良い曲に感じます。 そろそろ発売なんですね♪

 ところで、工藤は薫をゴーストライターとして使うつもりなんでしょうか? 麻美の行動が気になります。o(^-^)o

Mb1_1024_768__2  次は、ついさっき、朝飯を食べながら観た、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』⑤です♪o(^-^)o

 肝試し大会で逃げ出して、すっかり、ひかりに嫌われてしまったマッキー。 まるで反抗期の高校生のようにぐれてしまいました。

 星野にぐれ方を教えてもらうんですが、その内容が低レベル。(^O^)

 パチスロに、コンビニの前でアイスキャンディー食べたり、ナンパしたり・・・。  そんなマッキーを桜小路が尋ねてきました。

 「皆、心配してるよ。」 早紀たちもやってきて、

 「女心をわかってないなぁ~。 ひかりは嫌いじゃないんだよ。」

 その言葉に救われた思いのマッキー。 三者面談のことを思い出し、あわてて学校へ。 教室に入ると、百合子先生と父親が話しをしていました。 「あいつはこの学校で大切なものを学んでいる。」と感謝すると、百合子が言いました。

 「変わっているのは榊くんだけではありません。 榊くんが来てから、クラスも変わってきています。 そして私自身も・・・。」

 百合子もまた、父親に頭を下げました。 

 消防訓練で、皆をエスコートするマッキー。 ホースの扱いが下手で、クラスメートに手助けされました。 ひかりもその中に入り、最後は真喜男に笑顔を浮かべました。o(^-^)o

 三者面談、良かったですね♪o(^-^)o 父親の言葉、百合子先生の言葉、とても素敵でした♪ 黒井は百合子先生の肝試しの仮装姿を見て、美しい、と言いましたね♪(^O^) そして代理父として出席するために、選んでいた衣装も笑えました。(^O^)

 我が家では、家族揃って、このドラマを楽しんでいます♪ 次回は部下の和弥も学校へ行くんでしょうか? 要注目ですね。(^o^)

Story4_pic9  最後は『サプリ』④です♪ う~ん、いきなりガチャピンですか・・・。 亀梨くん、遊ばせ過ぎですよ~。 恋愛モードに入ると、顔文字が使いたくなる・・・。 う~ん、そうかなぁ~。(^-^;ゞ

 ミナミはすっかり、荻原に恋愛モードでしたね。 荻原はミズホとのこともあり、少し時間がほしい。 そんな中、香月ミカの発表会の招待状の日付が間違っていることに気づき、皆、客数確保に大あらわ。 なんとか無事、集めることができ、石田は香月ミカのサインをもらえて、すっかり上機嫌。  ミナミは記念品の整理中に荻原にキスされ、少し幸せモード。 しかし、その後、荻原の携帯を取り出したミズホに関係がばれてしまいます。 

 ミズホはある意味、魔性の女なのかも知れません。 荻原に近づいた女性には、牙をむけるかも。

 今岡は娘に、「パパは誰とも結婚しない。」と言ってました。 あれは本心でしょうか? それとも、娘へのポーズなんでしょうか? 

 

| | コメント (1) | トラックバック (12)

2006年8月 5日 (土)

ロール・キャベツの味(>_<)・・・『結婚できない男』第5話ほか

 今日も暑い一日でしたね♪ 僕はかみさんの付き添いで、町の主催の、中国拳法の半日体験を受けに行く予定だったんですが、会社の急な会議が入って、久々の土休だったのに休日出勤することになり、あえなくお流れ・・・。 かみさんと下の娘が行って、僕は留守番役。 午前中はドラマを2本観て、それから昼一にある会議に出かけました。 2時過ぎには帰宅して、いつものようにかみさんの買い物に付き合って、さっきまで、ビール飲みつつ、うとうとしつつ『レガッタ』を観てました♪

Pic05_04_1  3本アップします♪ まずは『結婚できない男』⑤です♪ 

いきなり一人掃除から始まりました♪(^O^) 潔癖症なんでしようか? これでもかってくらいに雑巾がけしてましたね。 便器のカバーが倒れてきても全然めげず、終わった時の達成感に満ちた表情・・・(‥;)、でもしっかりオチが付きましたね。 大事な書類まで捨ててしまい、ごみ置き場に直行でした。

 仕事はやる気満々の桑野さん。 3つも仕事を抱えて、食事も落ち着いて作る間もありません、と言いたいところですが、潔癖症が祟って、余計なことで時間が食われてしまい、過労で倒れてしまいました。 入院しても、体調がマシになったら、そそくさと病院を抜け出して、仕事のために自分の家へ。 でも大切な設計データの入ったUSBメモリーを病院に落してしまって、それを見つけた夏美が、診察をすることを条件に届けることに。 しかし、隙を付かれて、メモリーは桑野に奪い取られてしまいました。

 夏美はみちるの部屋で、心配して来た村上と共にお食事会。 いろいろ、桑野のことを話していたら、妙な音が・・・。 KENちゃんが壁に向かって見つめているのを見て、夏美が、「まさか倒れているんじゃ・・。」と、3人で隣へ向かいました。 防犯壁を破って、部屋に行くと、牛乳をこぼして、椅子にグデーっと座っている桑野の姿がありました。

 幸い、桑野は気が付き、いろいろと言葉のやり取りをしているうちに、夏美がそっと部屋に忍び込みました。 誰も入れたがらない部屋で、二人だけの診察が始まりました♪  翌朝、夏美とみちるが作ってくれた料理を、桑野は頂きました。 夏美のロールキャベツは塩辛くて煮込みすぎ・・・。

 「あいつ、一生、結婚できないな。」 

 あんたも一緒でしょ~。(=_=)

KENちゃん、今回は良いところで活躍していましたね♪ じっと壁の向こうを見つめる姿はなかなか良かったです♪ 次回もKENちゃんに期待期待。o(^-^)o

Repo11_11  次は、『花嫁は厄年!』⑤です♪

 明子の些細な一言で、次郎が上京してしまいました。 彼を連れ戻すために明子は東京へ。 テレビ局の仕事をさせて貰おうと、次郎は首都テレビを見学。 明子はなんとか福島に帰ってもらおうと、一郎に相談しました。

 「次郎はおふくろに認めてほしいんや。」

 「どうして、そんなことわかるの?」

 「オレもそうやったからや。 オレだけやない。 安土家のものは皆そうなんや。 解かってないのはおふくろだけや。」

 明子は、兄に勝ったら居てもいいけど、負ければ帰るという条件で、唯一兄に勝てそうだと言う、畑耕し対決を画策します。 結果は一郎の勝ち。 次郎は安土家に戻りました。

 幸恵に、「兄との勝負に負けて、帰って来ました。」 と言うと、幸恵は

 あなたの良いところは約束した事を守ることです。」 と言いました。 

 初めての母の褒め言葉でしょうか?

 一件落着ですが、幸恵が隠しカメラを見つけてしまったようです。

 次回、波乱の展開になりそうです。o(^-^)o

 今回は小山慶一郎くんが中心でしたね♪ NEWSの活動休止以降、ドラマづいています。 歌のほうは、山ピーみたいにユニットやらないんですかね?

 それはともかく、次郎の貯金箱は全て開けられて、空になってしまいました。 いったい幾ら入っていたんでしょうね♪

0402  最後は『レガッタ』④です♪ オーバーワークによる怪我で休まざるおえなくなった八木。 操に倉田と大沢のダブルスカルの映像を見せて欲しいと頼みました。 あの、急にオールが軽くなった感じはなんなのか。  其の頃大沢は、滝にレースを持ちかけられました。 デッドヒートをしているうちに急にオールが重くなり、その変化に気づいた滝が漕ぐのを止めて言いました。 

 楽しかったよ。」

 滝は全日本のマネージャーにこう言いました

 「あいつはまだ見えていないんだなぁ。」 

 滝に話を聞きに行った操は、単刀直入にこう切り出しました。

 「風の向こう側ですか?」

 「オリンピックにいけますか?」 イエスと言われ、倉田がかつて語っていた風の向こう側の入り口に大沢が来ていることを知りました。

 「風の向こう側にはもう一つ上の世界がある。」

 滝はパートナーを探しているんでしょうか? とりあえず、大沢が全日本の候補の一人であることが明らかになりました。 次回は八木の操への恋心が波を立てそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年7月30日 (日)

夜明けの観覧車・・・『タイヨウのうた』第3話、『マイ☆ボス・マイ☆ヒーロー』第4話

 買い物から帰って、さっそくビールを頂きました♪ 残り少なくて、スーパーで3本、発泡酒ばかり買いました。 本当は昨日ケースで買いたかったけど、安売りしてくれる、よく寄る酒屋さん、夜しか開いてないんですよね~。f(^-^;)  昨日、2時過ぎに会社の帰りに寄ったんだけど、シャッター閉まってました。 (=_=) まあ、平日、早上がりできそうな日に買い物したいと思います。

Interview_01_01  タイヨウのうた』③をアップします♪ 薫は、美咲と隆介を会わせるために、孝治に遊園地デートを提案しました。 偶然を装って、二人を会わせる予定だったんですが、それが、バイト仲間まで加わって8人に。 まあ、二人の仲は修復したんですが、最後に皆で乗った観覧車が事態を思わぬ方向に向かわせました。

 夜3時の閉園間際に乗った観覧車。 監視員の見落としで薫と孝治の乗ったゴンドラが降り口を通り過ぎてしまい、やがて、観覧車は二人を残したまま停止してしまいます。 一度停めると、再起動するのに40分掛かるのと、美咲への連絡が遅れたため、薫は夜明けの恐怖に晒されることに・・・。 夜がだんだん明けてきて、太陽が昇り始め、もう駄目かと思われたとき、観覧車が動き始めました。 孝治と美咲のおかげで異常なく済んだ薫。 でも、皆にXPであることがばれてしまいました。 

 夜中の3時まで営業している遊園地ってあるんですね。 知りませんでした。(#^_^#)

 観覧車でのシーンには心打たれました。(T_T) 次回は薫のために、いよいよ孝治が動き出すようです。 

Mb1_1024_768_  あと1本は『マイ☆ボス  マイ☆ヒーロー』④です♪

 マッキーは百合子先生にもらったツルケ゜ーネフの「はつ恋」を読むにつれ、胸の中に潜む小人に苦しみはじめます。 それがひかりに対する想いだとわかり、ひかりを意識するように。 やがて、小人はどんどん大きくなって木こりとなり、斧でハートを打ち始めました。 肝試しの日、ひかりと組むことになったマッキーは、祠の前で、ついに気持ちを抑えられなくなって、走り出しました。 マッキーの前に現れた牛のツルゲーネフ。 その前で叫びました。

 「これが初恋なのか、このヤロー!」 さあ、はたしてひかりはその想いに答えるんでしょうか?

 真喜男の想い、面白かったですね♪

 「なぜ空は青いんだ。なぜ夏は暑いんだ。なぜ信号は赤、青、黄なんだ。」

 「太陽は東に沈むって言ってたよな~。 ・・・そっか~。バカボンは嘘ついていたのか~。」

 しみじみと語る真喜男が笑えます。(^O^)  次回は失恋でもするんでしょうか? 荒れてましたね。(^-^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (11)

一人で花火を観るの?・・・『結婚できない男』第4話ほか

 小学校は夏休みの真っ最中。 おかげで、うちの子たちはDSにパソコンに遊び三昧(=_=)  まあ、朝のラジオ体操はちゃんと参加してたし、宿題もぼちぼちとやっているようだし、まあ、親としては、良しとしなきゃいけないのかもしれないけど、おかげでプログに記事を書く時間も制限されてしまい、今日もたぶん今からお昼までと、夕方の少しだけしか開けてもらえなさそう・・・。 非常に肩身の狭い想いをしています。f(^-^;ゞ

 その分、テレビを観られそうと言いたいところですが、なかなかそうでもないんですよね。f(^-^;ゞ  一人のんびり観ていたら、「今からゾロリ観るから、リモコンちょうだい~♪」、って言って、さっさと変えられてしまうし、EPGが作動している時はDVDは観られないし、日曜の10時からお昼まではかみさんの「いいとも増刊号」の時間だし、DVDに録ったドラマのCMカットや、保護設定などにも時間がいるので、正直、一日3本観れたら良いほうです。(^-^;)

  そんなこんなでも、なんとか平日観た分もいれて、全6本を消化しました。 うち4本をアップします。 前置きが長くなりましたが、手短に記して行きます♪o(^-^)o

Pic04_07   『結婚できない男』④です♪ 一人焼肉、一人人生ゲーム、ときて、次はなにかな?と思ったら、一人小旅行と、一人花火観賞ですか・・・。(^-^;)  しかし、今回は一人と言うわけにはいかなかったですね。 休日のわずかな時間をバスツアーでも楽しもうと「寅さん」のツアーに参加したものの、なんととなりの席には夏美が座っていた・・・。 一人で参加したのは、この二人だけらしく、必然的に隣の席に。 おかげで夫婦に間違えられるわ、桑野は得意の豆知識でバスガイドを泣かすわ、そのことを注意したら傷つくことを言うわで、夏美にとって散々なツアーでした。(^O^)

 みちるたちは夏美ら看護仲間を誘って、神宮花火大会へ。 インターネットで穴場と紹介されていた所へ行くと、新築のビルが邪魔してさっぱり観えません。 意気消沈しているみちるのために、夏美は桑野の誘いを思い出し、桑野を口説きに行きました。

 「ご一緒してもいいですか?」

 ちょっとその気のある桑野さん。 浴衣姿が効果あったんでしょうか? OKしちゃったら、みちるたちも一緒で、一人花火はあえなくTHE  END。 それにしても、桑野さん、花火のことも詳しいんですね。 どこで、そんな豆知識を拾ってくるのでしょう? さらに、双眼鏡、なんで予備があるの?

 なんとなくこの二人、気持ちが少し近づいてきたような気がします。 次回はどんな一人○○があるんでしょうか?  また、今回、出番の少なかったKENちゃんの活躍は?

Repo10_1   『花嫁は厄年!』④です♪ 安土家に突然、「一郎さんの子供を妊娠しています。」 という女性が現れました。 番組の企画が駄目になりそうなこの事にディレクターは、検査に行って来い、と指示。 そして、妊娠が事実とわかり、明子は諦めることにしました。 一郎が「その子の父親になる。」と言った時、初めてその女性は真実を語り始めました。 実は結婚していること。夫が仕事の虫で、自分をかまってくれないこと。 妊娠したことを言うと、おろせ、と言われたこと。 そして、最近、優しくしてくれた人が一郎だけだったことなど・・・。 安土家の暖かい思いやりが、その女性の心を開きました。 一郎の母が明子に手渡した、見た目の悪い桃。 でもその美味しさに明子は気づきました。 「すべてを見抜いておられたのですね。」

 明子の安土家の日常が戻ってきました。 でも次回は偽花嫁であることがバレてしまうようです。 それにしても、ドバイ行きはどうなったんでしょうね?(・・;)?

 妊婦の告白のシーンには感動しました♪ 安土家もなかなか良いファミリーじゃない♪

Story3_pic2  『サプリ』③です♪ 石田は、荻原のことを非難しながらも、ミナミのために、ふたりの時間をセッティングしました。 建築中のビルの屋上でクライアントが待っていると、二人にわざと嘘をつきました。 

ここ数年、花火を観たことがない、というミナミのために企てた石田の優しさが光ります♪

 藤井ミナミ史上、最高の夏にしなよ。」 花火を観ながら、二人は手を取り合いました。 

 今岡が娘とピアノを弾くシーンはジーンときました。 ちょっとは父親らしいところあるじゃない。 ところで娘の真意はどこにあるんでしょうね? 本当に復讐したくて来たんでしょうか?(-_-)?

0301  最後は『レガッタ』③です♪ 八木をダブルスカルのパートナーに決めた大沢。 しかし、息が全然合いません。 交流戦も近づいてきたある日、監督が交流戦の申し込み書を見つけて操に言いました。

 「なんでこれがここにあるんだ。 締め切りは昨日だったろう?」

 あわてて幹事を務める大学のボート部へ行くが、決まりだからねと取り合ってもらえない。 皆にやり込められる操を八木と大沢が助けました。

 「たかが交流戦じゃないか。 本大会じゃないんだから。」

 意気消沈している操のために大沢は、自らそのボート部へ頭を下げにいきました。 そこの監督が言いました。

 「もう一人、頭を下げに来た選手がいたよ。八木とかいったなぁ。」

 翌日、早朝からボートを漕ぎ出す二人。 見違えるようなスピードで、操は釘付けになり、倉田との日々を思い出しました。

 そんなとき、交流戦のエントリーが認められた事を知り、操に笑顔が戻りました。

 ブラザートムさん、今回はなかなか良い感じでした。 佐藤二朗さんと比べると出番は少なかったけど、印象は濃かったです♪

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年7月23日 (日)

ホストクラブでの出会い・・・『タイヨウのうた』第2話、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』第3話

 休みの日になると、ついつい昼下がりからビールを飲んでしまいます♪f(^-^;ゞ 不健康だとは思うけど、なかなか止められないんですよね~。f(^-^;ゞ これが・・・。

 平日だとできないんで、ついつい飲んじゃう。 休みの日は結局、缶ビール4本は開けてます・・・。 今日も、ついさっきまで、『マイ☆ボス  マイ☆ヒーロー』③を観ながら1本飲んでしまいました。(^-^;ゞ

Interview_01_03  2本、アップします♪ まずは『タイヨウのうた』②です♪o(^-^)o

自分の歌を売り込もうと、事務所に電話をかけた薫。 でも、昼の1時でないと会えない、と言われて、あえなく電話を切られてしまいました。 

一方、孝治はなかなかバイト先が見つからず、仲間達と民宿でバイトを始めました。 ハードな仕事を一日こなし、貰えるバイト代がたったの3000円。 割に合わない仕事にうんざりしていたところに隆介が通りかかり、30分でそれ位稼げる仕事がある、と誘われ、そこでバイトすることに・・・。 孝治たちは、隆介の通うホストクラブ「JACK」で働き始めます。

 最初は立っているだけの孝治たち。 そこで、孝治は沙耶(山本未来)という女性に指名されびっくり。 選んだ理由が「無愛想だったから・・・。」

 「私に愛想笑いするの、見たくないのよね。」 と言って、孝治にそっと、10万円を手渡しました。

 美咲に、隆介がホストクラブで働いている、と泣き付かれた薫は、クラブ「JACK」に行き、隆介を呼び出しましたが、そこで孝治に会ってしまいました。

 薫は幻滅しながらも、3年前の話を孝治に聞かせました。 孝治の持ち物だったギターの話を。  ギターの修理代と言って、自分の稼いだバイト代1万円の入った封筒を孝治に渡すと、あわてて家へと走り出しました。

 もうすぐ夜明け。 寸での所で、なんとか家にたどり着きました。 家には心配して待っていた美咲がいました。

 沙耶は、幼い頃に両親を亡くしていることを告白した孝治に、そっと200万円を差し出しました。 「明日の夜、このホテルで待っている。」

 どうしようか迷っていた孝治は、結局、ホテルに行き、沙耶に会いましたが、薫のことを言うと、その200万円を返却しました。

 沙耶は、一度は睨みつけましたが、笑顔で孝治を帰しました。

 孝治たちは結局、ホストクラブを辞めて、再び民宿で働き始めました。

 ラストで薫が孝治に5円玉で月を観るシーンは印象的でしたね。 あと、孝治を訪ねてきた麻美はどうなるんでしょうか? やっぱり、あの曲は孝治の書いたものなのでしょうか?

 次に、『マイ☆ボス  マイ☆ヒーロー』③です。  占いで赤色の最大の敵が現れる、と書かれていて、それが気になるマッキー。 それが、期末テストで赤点をとれば落第という、赤点の赤だと気づき、納得しました。 確かに最大の敵です。

 試験当日、問題を目にして、やっぱり全然わからない・・・。 仕方が無いので、鉛筆を使って、得意のルーレット攻撃! ヤマカンってやつですね。

 案の定、学年最下位。  でも鉛筆ころがしが以外と当たっていて、赤点は国語、英語、数学だった・・・。 

 追試となりましたが、最下位という成績に完全に打ちのめされたマッキー。 でもひかりと桜小路の励ましと協力で、追試の結果こそ悪かったですが、努力のあとが見える、という事で、補習でOKということになりました。o(^-^)o  ひかりの勝負ペンのおかげでしょうか?(#^_^#)

 分母と分子の話は爆笑してしまいました。(^O^)

 母親が子供を支えられなくなって、押し出されて、って話、応用問題では通用しないよなぁ~、とか思いながら・・・。

 あと、最後の熊田組との戦いは痛快でしたね。 トルネード真喜男の名に相応しい、一瞬の攻撃でした。(^o^)

 次回は恋の話ですか。 相手はひかり!? 百合子先生(香椎由宇)じゃないの?

 追記: 前回の話で、遅刻者がやっていた体操は、佐藤弘道さんの振り付けたものです。 知る人ぞ知る、NHKの体操のお兄さんです♪

| | コメント (1) | トラックバック (8)

本当に勝ちたい相手・・・『レガッタ』第2話、『花嫁は厄年!』第3話

 連休もらったのに、あっという間に1日が過ぎてしまった・・・。 本当に休みの日は時間の流れが速く感じます。 昨日はドラマを消化した以外、たいしたことはしていないんですよ~。(T_T)  まあ、きょうも何にも出来そうにないですけど・・・。 明日、会議があるので、その資料だけは作らなくてはいけないんですが・・・。

 昨日観たドラマの残り2本をアップします♪o(^-^)o

0203  まずは『レガッタ』②です♪ 八木と勝負することで部への復帰を取り付けた大沢。 しかし、1ヵ月後の勝負を、部員たちの挑発に乗ってしまい、1週間後にしてしまいます。 実力のある八木相手に、1週間では、1年のブランクは大き過ぎて無理だ、と誰もが思っていました。

 勝負の日、勢い良く飛び出した大沢でしたが、スパートをかけた八木にみるみる離されて行きます。 苦境に立たされた大沢の後ろに、亡くなった倉田が現れました。

 「力まかせに漕いでもだめだぞ。 水と喧嘩してどうする。 肩の力を抜いて、さあ、大きく漕いで・・・。」

 倉田と一緒に漕ぎ始めた大沢は見違えるように、ペースを上げ、ついに八木と並びました。  結果はわずかの差で敗退・・・。 

 「もう一度、チャンスを下さい。」

 監督に土下座をする大沢を見た八木は、

 「いいんじゃないですか。」 と、あっさり、部への復帰を認めました。

 「俺、本当の意味で勝ちたいんです。 一年もブランクのある相手に、一挺身も差をつけられなかったなんて、負けに等しいですから・・・。」

 八木にとって憧れだった倉田・大沢コンビ。 八木の想いが感じられた一言でした。o(^-^)o

 ところで、この大沢の役、別に、もこみちくんでなくても良かったんじゃないでしょうか? 視聴率を取りに行くのならKAT-TUNの赤西仁とか、適役がいるとおもうんですが・・・。 

Repo9_2   もう一本は、『花嫁は厄年!』③です♪

父親の13回忌に一郎を連れてくると、約束してしまった明子。 東京に戻って、一郎のもとへ行くが、断られてしまう。  そんな時、徹が現れて、「一緒にドバイに来ないか。」と言われ、航空券を渡されました。 どうしようか、迷っている明子のもとに一枚のファックスが・・・。

 〈 もしも13回忌に一郎さんを連れて来られなかったら、あなたは嫁失格 〉

 香里(小沢真珠)の恐怖のメールです。(^O^)  桃子からの電話もあって、急いで福島へ戻ることにしました。

 やっぱり、これは番組の企画だと、正直に言おうと決めて、安土家に戻った明子でしたが、そこでは13回忌の準備中。 あくせく働く安土家の面々に圧倒されて、言い出すチャンスもありません。 次々に仕事を押し付けられて、自家栽培している野菜などを、家までリヤカーで運ぶことに・・・。

 坂道をヒーヒー言いながら運んでいると、次々と安土家の知り合いの人々に、「これ、持ってって♪」 と、荷物を増やされていって、とうとう、リヤカーが前に進まなくなりました。 そこを助けてくれたのは孝二おじさん。 でも奥さんに、なにやってんの、と耳をつかまれて去っていき、結局、明子はたった一人で、家まで運びました。(^O^)

 その後、隠しカメラのチェック中に、一郎の喪服を手入れしている幸恵に会い、語り掛けました。

 「一郎さんのこと、愛してらっしゃるんですね。」

 「毎年、こうして、手入れしているけど、今年は着てくれるかしら・・・。」

 その言葉を聞いた明子は、もう一度東京へ戻らせて欲しいと頼み、一郎に会いに行きました。 死ぬ間際の父親に冷たい言葉をかけた母親が許せない、という一郎に、お父さんのために、13回忌に出て欲しい、と頼んだ明子。 結局追い出されて、THE END。

 13回忌当日、「一郎さんは来ません。お母さんにも責任があります。」、そう言った明子の前に、喪服姿の一郎が現れ、幸恵の横に座りました。

 また次回、大きな動きがあるようです。 明子はドバイ行きをどうするんでしょうか? お腹に一郎の子供がいる、と言う女性まで出現するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧